フロートリグ。 おすすめフロートリグの仕掛けやタックルについて[アジング]

【smallaqua fishingclub】 フロートリグ

フロートリグ

本日は、弊社お問い合わせフォームよりご質問の多い 『中通し式フロートリグと固定式フロートリグ Fシステム の使い分け』についてコチラでもご紹介させていただきます。 あくまでも弊社基準ではございますが、参考にしていただければ幸いです。 それぞれのフロートリグシステム】 2014年11月現在、弊社が推奨しておりますフロートリグシステムには、 二つの選択肢があります。 一つは を使用した最も一般的な中通し式のフロートリグシステム。 この二つのフロートリグシステムを使い分けることで、より状況にアジャストしたフロートリグをセレクトすることができます。 まず、を使用したFシステムのリグシステムは下図の通りです。 Fシステムの大きな特徴は、PEラインの先に結ばれたリーダー本線とその端糸に、それぞれ独立してジグヘッドとフロートが組まれていることです。 この特異なリグシステムにより、以下のようなメリットが生まれます。 キャスト時に、フロートが先行するカタチで飛行するため、中通し式のフトートリグより飛距離が伸びる。 フロートがジグヘッドに干渉することを抑えることができるので、沖の表層付近でジグヘッド単体リグのようなアクションを演出できる。 上記特徴を理解すると、一般的な中通し式のフロートリグと比べ、特に遠投&フロートリグが必須なフィールドでの優位性は非常に高く、その威力を発揮します。 しかし、を使用したFシステムに関して述べれば 、 シャローフリーク本体の残浮力が低いことで、残浮力以上のウエイトのジグヘッドを使用した際にリグが沈下してしまう点や、その特異なリグシステムが 他リグへ応用しづらいなどのご意見もあります。 そこで登場するのが、一般的にもポピュラーな中通し式のフロートリグシステムです。 ウエイトキャパシティーが低いロッドでもフロートリグを使用できるサイズラインナップがある。 SS スローシンキング モデルが規格品で存在し、フロートのローテーションを簡単に行える。 リグシステムが、キャロライナリグやスプリットショットリグなどの他リグへ変更しやすく、様々なシチュエーションに対応しやすい。 など、 【Fシステム】ではやや対応しづらい状況をカバーする役目を果たします。 また、 フロート越しにジグヘッドを沈下させることができるのも中通し式の大きな特徴。 フロート越しにジグヘッドをリフト&フォールさせて、藻場などのピンスポットを攻略する縦の釣りには、中通し式のフロートリグが効果的です。 つまり、 可能な限りの遠投が有効的なポイントや、細かいリグ操作が必要な状況では【Fシステム】。 ピンスポットの縦の釣りを演出したい場合や、他のリグとの流用が必要なシチュエーションなどでは【中通し式のフロートリグ】をセレクトするといった見解になります。 しかし、実際は Fシステムをカスタムしたり応用したりすることでカバーできるシチュエーションも増えていますし、逆に飛距離や細やかな操作性を必要としない、近~中距離でのリーリング主体の釣りなどでは、どちらのリグをセレクトしても構わないといった状況もあります。 私の場合、 遠投性に優れたフロートリグが圧倒的に有利なフィールドであるゴロタなどへ出掛ける際には、始めからFシステム。 水深があるポイントでのアジングなど、現状は水面直下に反応であっても、状況によってアプローチやリグを変更する可能性がある場合は、中通し式のフロートリグ。 軽量ジグヘッドリグのような繊細なアクションがバイトを誘発する場面ではFシステム。 先端に結ぶワームをノーシンカーで使用する際は中通し式。 などなど、 フィールドのシチュエーションや状況によって、どちらのフロートリグをセレクトするかを決定しております。 つまり、 目の前の状況に必要な性能を発揮しやすいリグ、持ち込んだタックルで使用できる範囲のリグをセレクトすれば良いということで、これはフロートリグに限った話ではありません。 以上、簡単ではありますが、 それぞれのリグ特性を理解した上で『どちらのフロートリグを組むか』、ご判断いただけると幸いです。 RECENT POSTS• CATEGORY• CALENDAR•

次の

フロートリグで使うおすすめのフロートと付け方

フロートリグ

やメバリングにおいて、表層を狙うのにとても役立ってくれるのがフロートリグです。 フロートリグがあれば、軽いワームやルアーでも遠くまで飛ばすことができ、釣果を伸ばすサポートとなってくれます。 本記事では釣り歴20年以上となる筆者がフロートリグの選び方やおすすめ品をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 フロートリグを選ぶときの3つのポイント ロッドのキャストウエイト上限を守る フロートリグには大小さまざまな大きさと重さがあります。 フロートリグを選ぶときには、自分が持っているロッドのキャストウエイト上限を必ず守るようにしましょう。 キャストウエイトの上限を超える重さのフロートリグを使うと、ロッドを破損してしまう可能性が高くなりますので注意が必要です。 特に繊細なアジングロッドやメバリングロッドでは気をつけるようにしておきましょう。 見やすさを付加してあるものを選ぶ アジングやメバリングは夜に行うことが多い釣り方です。 そのためフロートリグは見やすい色や工夫がされたものを選んでおきましょう。 フロートリグはプラスチックで形成されているものが多く、暗いなかで見失ってぶつけてしまうと、壊れてしまうこともあります。 具体的にはホワイトやピンクといった視認性の高い色のものや、発光体を装着できるようになっているフロートリグがおすすめです。 適切な浮力のものを選ぶ フロートリグは海面付近を釣っていくのに適した仕掛けですが、あまりにも浮力が強いものを使うと波や風の影響を受けやすくなり、釣りがしにくくなってしまいます。 そのためほんのわずかに浮力が抑えられたものや、ゆっくりと沈んでいくタイプのフロートリグを選んで使っておくのがおすすめです。 同じ製品のラインナップに、浮力の違うモデルが販売されていることが多いので、選ぶときには注目してみてください。 フロートリグおすすめ人気ランキングTOP5 ここからはフロートリグのおすすめ人気ランキングTOP5をご紹介。 筆者がフロートリグ選びのポイントを踏まえたおすすめ品なので、ぜひ参考にしてみてください。 5位 ダイワ 月下美人 月ノ雫II F Amazonの情報を掲載しています フロートリグの自重:3. 8g 海面ぎりぎりに浮くように浮力が調整されているシマノのフロートリグ。 ラインを切らずにセットできる仕組みが人気の理由となっています。 Amazon商品価格(2018年4月29日現在) 864円 フロートリグ使用上の注意点 ゆっくり大きな動作で投げる フロートリグはルアーとの間に「リーダー」といった先糸があり、うまく投げないと仕掛けが絡んだり、には自分に針が引っ掛かってしまったりすることもあります。 フロートリグを投げるときには、ゆっくりと大きな動作で投げるのがコツです。 瞬間的なインパクトで投げても飛距離は伸びず、トラブルの原因となるだけなので覚えておきましょう。 ロッドティップからフロートリグまでのタラシを、50cmほど取っておくと投げやすいので参考にしてみてください。 【こちらもCHECK】フロートリグに関連するおすすめ動画はこちら.

次の

【メバリング】フロートリグの使いこなし術!仕掛けの作り方と誘い方のコツとは|TSURI HACK[釣りハック]

フロートリグ

本日は、弊社お問い合わせフォームよりご質問の多い 『中通し式フロートリグと固定式フロートリグ Fシステム の使い分け』についてコチラでもご紹介させていただきます。 あくまでも弊社基準ではございますが、参考にしていただければ幸いです。 それぞれのフロートリグシステム】 2014年11月現在、弊社が推奨しておりますフロートリグシステムには、 二つの選択肢があります。 一つは を使用した最も一般的な中通し式のフロートリグシステム。 この二つのフロートリグシステムを使い分けることで、より状況にアジャストしたフロートリグをセレクトすることができます。 まず、を使用したFシステムのリグシステムは下図の通りです。 Fシステムの大きな特徴は、PEラインの先に結ばれたリーダー本線とその端糸に、それぞれ独立してジグヘッドとフロートが組まれていることです。 この特異なリグシステムにより、以下のようなメリットが生まれます。 キャスト時に、フロートが先行するカタチで飛行するため、中通し式のフトートリグより飛距離が伸びる。 フロートがジグヘッドに干渉することを抑えることができるので、沖の表層付近でジグヘッド単体リグのようなアクションを演出できる。 上記特徴を理解すると、一般的な中通し式のフロートリグと比べ、特に遠投&フロートリグが必須なフィールドでの優位性は非常に高く、その威力を発揮します。 しかし、を使用したFシステムに関して述べれば 、 シャローフリーク本体の残浮力が低いことで、残浮力以上のウエイトのジグヘッドを使用した際にリグが沈下してしまう点や、その特異なリグシステムが 他リグへ応用しづらいなどのご意見もあります。 そこで登場するのが、一般的にもポピュラーな中通し式のフロートリグシステムです。 ウエイトキャパシティーが低いロッドでもフロートリグを使用できるサイズラインナップがある。 SS スローシンキング モデルが規格品で存在し、フロートのローテーションを簡単に行える。 リグシステムが、キャロライナリグやスプリットショットリグなどの他リグへ変更しやすく、様々なシチュエーションに対応しやすい。 など、 【Fシステム】ではやや対応しづらい状況をカバーする役目を果たします。 また、 フロート越しにジグヘッドを沈下させることができるのも中通し式の大きな特徴。 フロート越しにジグヘッドをリフト&フォールさせて、藻場などのピンスポットを攻略する縦の釣りには、中通し式のフロートリグが効果的です。 つまり、 可能な限りの遠投が有効的なポイントや、細かいリグ操作が必要な状況では【Fシステム】。 ピンスポットの縦の釣りを演出したい場合や、他のリグとの流用が必要なシチュエーションなどでは【中通し式のフロートリグ】をセレクトするといった見解になります。 しかし、実際は Fシステムをカスタムしたり応用したりすることでカバーできるシチュエーションも増えていますし、逆に飛距離や細やかな操作性を必要としない、近~中距離でのリーリング主体の釣りなどでは、どちらのリグをセレクトしても構わないといった状況もあります。 私の場合、 遠投性に優れたフロートリグが圧倒的に有利なフィールドであるゴロタなどへ出掛ける際には、始めからFシステム。 水深があるポイントでのアジングなど、現状は水面直下に反応であっても、状況によってアプローチやリグを変更する可能性がある場合は、中通し式のフロートリグ。 軽量ジグヘッドリグのような繊細なアクションがバイトを誘発する場面ではFシステム。 先端に結ぶワームをノーシンカーで使用する際は中通し式。 などなど、 フィールドのシチュエーションや状況によって、どちらのフロートリグをセレクトするかを決定しております。 つまり、 目の前の状況に必要な性能を発揮しやすいリグ、持ち込んだタックルで使用できる範囲のリグをセレクトすれば良いということで、これはフロートリグに限った話ではありません。 以上、簡単ではありますが、 それぞれのリグ特性を理解した上で『どちらのフロートリグを組むか』、ご判断いただけると幸いです。 RECENT POSTS• CATEGORY• CALENDAR•

次の