東海 シクロ。 岐阜県自転車競技連盟 普及委員会

続•東海シクロ‼︎‼︎

東海 シクロ

大雨に祟られながらも多くのライダーが集まった東海シクロクロス・最終戦 ベルギーのコクサイデを思わせる難コース ブースで温かいコーヒーを提供するBUCYO COFFEE 大会当日はあいにくの大雨となったが、東海地方だけでなく関西からも参加者が続々と集まった。 この日のレースにエントリーしたのは267人。 木曽川のほとりにあるワイルドネイチャープラザのコースは、かつての河川氾濫の名残と思われる目の細かい砂が、公園のグラウンドと土手に広がる。 砂丘のような景色は、シクロクロス・ワールドカップで砂のコースとして有名なベルギー・コクサイデを彷彿とさせる。 C1クラスで競り合った筧五郎(左、56cycle)と池本真也(和光機器) 7周回となったレースは、さらに雨足が強まって過酷な状況となったが、それでも地足のある筧とテクニシャンの池本による攻防戦は変わらない。 2人は先頭を入れ替わりながら周回を重ね、勝負はラストラップにまでもつれ込んだ結果、砂の上りで先頭に出た池本が徐々に筧を引き離し、さらに下り区間で一気に差を広げて勝利をもぎ取った。 横浜から参戦した池本は、「今日のコースはアップダウンのある、国内では珍しいコンディションの砂のコースだったので、とても楽しみにしていた。 下りの砂を走るのに轍を使うのが楽しかった。 雨だったので砂が締まっていたが、晴れていればまた違う展開になったと思う」とコースの感想を語った。 長年培ったシクロクロステクニックでコースを走る池本真也(和光機器) 優勝した池本真也(和光機器) また初参戦だったという東海シクロクロスについて、池本は「もっとローカルだと思っていたが、しっかり運営されていて、来て良かったと思った。 また参加したい」と好印象を語った。 現役選手が作るコース ワールドカップも意識 コース設計をして自身も走る筧太一さん シリーズの全てのコース設計は、BUCYO COFFEEの代表で、AJOCC年代別チャンピオン(マスターズ王者)の経験もある筧太一さんが行う。 自らコース設営で杭を打ち、当日はブースで調理して、さらにC1のレースを走る。 あらゆる面から東海シクロクロスを盛り上げる立役者だ。 筧さんは今回のコース設計について、「前回(同会場で開催した第5戦)は砂丘の区間を1カ所の長い担ぎ区間にしてしまい、レースとして面白くなかったので、今回は所々に降りた方が速い区間を設けた」とポイントを語った。 100%乗車できるコースでありながら、降りる所・乗る所の見極めを大事にしたという。 「前回よりも差が付きにくくなったと思う」と筧さんは満足げだ。 ワールドカップなどの映像をよく見て研究し、コース作りの参考にしているという。 「選手からここをこうした方がいいよとアドバイスを受けたので、来年はもっと面白くなる」と、早くも来シーズンに向けて意欲をみせた。 レースを実況するMCを務めたのは丸山由紀夫さん。 元マウンテンバイク・ダウンヒル(DH)のトップライダーで、「」や「」など、自分の企画するレースのプロデュースも行っている、東海地区のオフロードシーンではお馴染みの人物だ。 MCは元ダウンヒルライダーの丸山由紀夫さん C1表彰式。 (左から)2位の筧、優勝の池本、3位の藤川正人(岩井商会レーシング) プレ大会から3シーズンを経た東海シクロクロス。 来季、AJOCCの認定大会になれば、国内統一カテゴリーとポイントランキングの対象となる。 シリーズ戦を運営する岐阜県自転車競技連盟の山田冨美雄さんは、最終戦を終えて「この雨の中でこの盛り上がりは凄いですね」と大会の成長を実感。 今シーズンを振り返って「最初はたくさんの人が集まってくれるか心配だったが、回を重ねるごとに人数が増えて大成功に終わった」と総括し、来季に向けて「シクロクロスの面白さをどんどん知ってもらい、300人が集まる大会にしたい」と抱負を語った。

次の

盛り上がりをみせた「東海シクロクロス」 砂の最終戦は雨中のマッチレースに

東海 シクロ

「 俺のシーズンは、まだ終わっていない 」 はい、経験値を出稼ぎに行くワタルです。 今シーズンの関西シクロは終わりましたが、2月は東海地区の「東海シクロ」があるとの事でエントリー。 シクロクロス始めた頃は、滋賀県内の近場でも結構レースがあるのにわざわざ遠征とかって「みんな、よーやるわ。 」と若干引き気味でしたがw、今期M2に昇格して少しでも経験値を稼ぐべく東海へのエントリーを決めました。 朝は5時半に起きて、チャッチャと出発。 会場には7時過ぎに到着。 うん、それほど遠くは無いが近くもないな…。 コース試走が7時半からなので(関西シクロは8時から)、若干巻きでローラーでアップしてからコースの試走へ。 平坦系クネクネコースとは事前に知っていたが、180度ターンの応酬になかなか忙しい。 関西シクロと同様にコーステープが張られていますが、どうもこのテープが見づらくて仕方なかった。 (細いのかな?) 1周目はテープ見ていても曲がる方向が全然分からず四苦八苦。 前に人が走っていたらその動きで何となく分かるんだけど。 とりあえず何周も回って覚えるしかない。 ワタルは、平坦クネクネ系コースが好きだ。 堺でも直線でガッツリ踏んで、クネクネで少し足を休める…というリズムで結構気持ちよく走れた。 今回の桜堤でも、ガッツリ踏めそうな区間を探していく。 ・・・と踏める区間が前半・中盤・後半と何処でもあるある。 もうホントに、踏み放題タレ放題。 w このコース、めっちゃハードやな。。 いつもなら試走後の第1レースがM2だが、今回は11:40スタート。 すげぇ時間があるな。 他のレースを見ながらマッタリ過ごす。 M3レースではサムズのホットドッグさん・テルさん・おしやんが出走。 序盤、ホットドッグさんが得意のスタートダッシュを決めたかと思いきや、1. 2コーナーを回って4. 5番手。 こりゃ舞い上がっているかもと、おしやんの表情を見ると意外と落ち着いていてイイ感じ。 その後、ジワジワと順位を下げていきましたが、終盤も必死にテルさんのお尻に食らいつき、決して諦めない走りは凄くカッコ良かったです。 ワタルは次のレースなのでウォームアップしながら観戦。 レースは先頭のラップが早すぎで4周回に。 3周目辺りから苦しそうなパインちゃんに「頑張れー!」って念を送っていました。 さて、ワタルのM2レース。 目標は、真ん中より上を取って背中の初心者マークを外すこと。 あと、サムズのぞのさん・ひろやんより前でゴールしたい。 スタートは3列目。 と言っても出走人数が20名程度なのでこれで最後尾。 いつも普通に60人とかいるので少し不思議な感じ。。 さぁ、スタート。 最初は真っすぐな舗装なので、ガシガシ踏んでいく。 ガーブしてコースが狭くなって集団が縦長になる。 序盤の混戦で少しでも前に出たいが、ミスってコケるのは避けたい。 慎重に180度ターンを回る。 とにかく、前のぞのさんに離されてはいけない。 狭いカーブを回って、少しコースが広がった所でガシガシ踏んで、ぞのさんの前に出る。 その後のカーブはラインさえ守れば抜き返されないはず・・。 でも後ろからのプレッシャーが凄い。 1周目のシケインをぞのさんの前でクリア。 (関西シクロよりだいぶ低いシケインでした。 ) シケイン後の直線でワタルの出足が鈍る。 さっき前に出るときに脚を使いすぎた!? 当然ぞのさんがサクっと横を抜いていく。 ここで離されたら終わる・・・。 加速して ぞのさんを追いかける。 コーナーの減速で差が詰まるが、並びかけるまでは届かない。 直線でガッツリ踏むも、差が縮まらない。 うーん、ぞのさん速いぃぃ。 その後ジワジワとぞのさんとの差が開く。 ワタルはもう2周目で脚がヤバい。 カーブの立ち上がりで少しサボると、すぐに後ろから抜かれる。 慌てて応戦して抜き返す。 この日は風が強くて、向かい風を下ハンで耐える。 3周目(ファイルラップ)、前に2.3人の選手が見えている。 もう脚は無いがとにかく「回せ!回せ!!」。 一人でも抜くんだ。 最終コーナー手間で、少し強引にインに入る。 前の選手もしっかり体を寄せてきて、軽く肩が当たる。 ワタルが一旦引いて、最終コーナーはクロスラインで前に出る。 そこからダンシングでラストスパート。 前にもう一人見えたので、オリャーと並びかけてゴール。 ラストは「差した!」感覚でしたが、実際は届いてなかった。。 東海シクロ カテゴリーM2 13位 / 20名出走 トップとの差 0:22 ぞのさんとの差は20秒ほど。 スピード、スタミナ、コーナーリングとドコをとっても完敗でした。 うーん、もう少しバトル出来るかと思っていたのだが、抜き返されてからは全く抵抗出来なかったのが悔しいです。 ぞのさんの安定した速さ、ぜひ僕も身につけたい。 ゴール後の写真。 ワタル、スゲェ悔しい顔してます。 ww ぞのさんとは、もう1戦出来るので次こそは!! ちゃんと練習しよ。。

次の

東海シクロクロスに初参戦!2019年愛知牧場

東海 シクロ

今回は始めて東海シクロクロスの愛知牧場2日目に出走させて頂きました。 関西シクロクロスのシステムにやっと慣れてきたところだったのですが、東海シクロは初めてだったので、ちょっとドキドキしながら、また強敵が多いそうなので、ワクワクもしながら行きました。 東海地区では、有名?な牧場らしいのですが、私は初めて聞きました。 愛知県の日進市にあるどうで、関西からだと約3時間かかるとのこと。 また早朝7時半から初心者講習会があり、その後すぐにキッズレースのスタートとなるそうなので、6時半には到着しておかなくてはなりません。 と、いうことは、約10分ほどのレース時間なので、9時までには、表彰式まですべて終わってしまう(笑)辛いなぁ。 と、思いながらなのですが、Y君はやる気満々なので、エントリーし、当日を迎えます。 今回は、2時起きで3時出発を予定。 Y君は、いつも通りに寝ましたが、私はそんなに早くは眠れません。 何とか数時間だけ睡眠を取り、予定通り早朝3時に出発致し、日が昇る頃に丁度到着することが出来ました。 いやーしかし、寒い。 駐車場の芝生は霜で真っ白です(笑) にもかかわらず、すでに駐車場はほぼ満車状態。 本当に自転車好きの人はすごいです。 寒い中準備をし、レース会場へ向かいます。 ほんま寒いです。 快晴なのが救いです。 到着後、チームスポンサーのアスリチューンブースに向かい、ブース内で休ませて頂きました。 自転車などの最終チェックをし、しばらくしたらもう講習会の集合時間です。 東海シクロではキッズレースの前に、キッズ講習会を有志のライダーさんが行ってくれているそうで、たくさんの方々がご協力下さっておられました。 人数が多い人もかかわらずアットホームで、いい大会だなぁ。 と、いう好印象。 (個人的には寒いこと以外は(笑)) 今回、シケインという、低いハードルのような障害物が設置されていました。 関西シクロでも大人のレースでは、シケインや階段などの障害物は当たり前なのですが、キッズレースにはありません。 小学校高学年~の上手な人は、自転車に乗ったまま飛び越えて行く人も少数ながらいるのですが、そんな能力を備えた低学年はいないので、シケイン手前で自転車を降りて、自転車を持ち上げて超えて行かなければなりません。 しかし、子供たちにとって、約10キロ超の自転車を持ち上げるのはかなり大変。 またスムーズに乗り降りをしなくてはなりません。 ここをどう乗り越えるかで、大きく順位に影響します。 とはいえ、みんな条件は同じ、キッズ講習と試走が終ったら、そのまま召集時間となり、スタートです。 今回は最前列からのスタート! スタートがいつも苦手なんですが、今回は、なかなかの好スタートを切りました! レース中に聞いたのですが、この愛知牧場は毎年成人式の連休の際に、2日連続で行われ、(内1日はJCX戦)で、東海地区は、関西と関東の真ん中でアクセスもよくことから、非常に人数が集まりやすいという事で、多くのキッズが集まっています。 つまり強敵も多い理由はそういうことだそうです。 CK1(小学1、2年生の部)は今回18名の出走。 早速飛び出したのは、関西でもタイトルを総ナメにしているI君。 1日目も優勝したそうです。 Y君頑張って走っていますが、相変わらずギアチェンジが遅い。。。 ずるずると下がっていきます。 トップから第3グループあたりを何とか走っている感じですが、いつもより一生懸命に走っているような感じは出ています。 今回は2キロのコースを1周回です。 集団内で、抜きつ抜かれつを繰り返しながら、初挑戦のシケインに突入。 かなり苦しそうにもがきながら、何とか重い自転車を押して、シケインを突破! 前を走る子を何とか射程圏内に収めて、最後はL字コーナーとゴール前の直線を残すのみ! 「イケー!!!」と、声援を掛け、Y君も「イケル!!」と、信じていたそうです。 が、この90度のL字コーナーでスリップ。 路面が砂地だったので、特に痛くはなかったようで、何事もなかったかのように、起き上がり、追いかけて、抜くことが出来ず、そのままゴール! 監督はじめ、チームメイトも大爆笑で、初めての愛知牧場でのシクロクロスを終えました(笑) リザルトは8位。 初めてのシケイン、遠征。 落車もありながらのレースにしては、上出来だったのではないかな?と、思います。 ですが、Y君は悔しそうでした(笑) 悔しさを胸に、次回も頑張ってほしいものです。 時間は午前9時、200キロ超の会場に来て、約10分でレースは終了。 なんだかもったいないなぁ。 他の関西から来ている親御さんたちは本当にすごいなぁ。 と思いながら、後は、チームメイトの応援をし、夕方帰路に着きました。 今回も何よりの感想は、寒かったー。 です(笑).

次の