ストーリー閲覧者上位。 インスタのアプデ後ストーリーの足跡が、興味順から閲覧順に変わった?詳細を徹底解説

【インスタグラム】ストーリーの足跡の確認方法や順番が変わる法則

ストーリー閲覧者上位

インスタグラムの ストーリーズ機能は、24時間限定で公開される画像や短い動画の投稿機能です。 24時間限定なので後腐れなく気軽に公開できるため、普通の投稿とは一味違う刺激的な投稿やプライベートが垣間見える投稿が少なくなく、人気を呼んでいます。 しかしインスタグラムの ストーリーズは、そうした普通の投稿からはみ出したものがあるためか、 閲覧すると足跡が残り、投稿者はその履歴から あなたがストーリーを見たことを確かめられます。 ただし、投稿したストーリーの閲覧履歴・足跡を見られるのは投稿者本人だけです。 それくらいなら構わないのであれば、用心しすぎる必要はありません。 しかし、あなたの 閲覧がバレるのを恐れるのであれば、ストーリーズは徹底的にスルーしてください。 なおインスタグラムのストーリーズの詳細については以下の記事を参照してください。 実は ログインをしないでインスタグラムを利用すれば、あなたの閲覧履歴・足跡は残りません。 いわば表門を通らずに裏口からインスタグラムにお邪魔する感覚です。 ただし正式なお客ではないので、 インスタグラムのサービスを完全には利用できません。 インスタグラム公式アプリを使うと表門に回されるので、 ログインせずに裏口から 入るにはブラウザを使います。 ただしこの手法を使うには プロフィールを見たいアカウントのユーザー名が必要です。 あらかじめインスタグラム公式アプリのユーザー検索でユーザー名を確かめてください。 ただし誤ってユーザー検索の結果画面でアカウントをタップしてプロフィール画面にまで行ってしまわないように注意してください。 そこまで行ってはわざわざ裏口を使う意味がありません。 Repost Story for InstagramはiOSのストーリー閲覧・保存の専用アプリです。 あなたのアカウントでアクセスすると、あなたのフォローするアカウントのストーリーがずらりと並びますので、そこから見たいストーリーを選ぶだけです。 ほかにもハッシュタグやユーザー検索してストーリーを見ることも可能です。 いずれの場合もあなたのアカウントは閲覧履歴に残りませんし、その上24時間を超えてストーリーの保存までできます。 複数アカウントでの利用には課金が発生しますが、単一アカウントであれば2018年12月現在無料で利用できます。 ストーリーは見たいけれど足跡はつけたくないというあなたのような人にはぴったりなアプリです。 確かにアカウントを一時停止したり削除したりすれば足跡は消せます。 しかし、そんなことをするくらいであれば、別アカウントを作ることを強くおすすめします。 今の足跡のついたアカウントはほとぼりがさめるまで一時停止しておいて、閲覧履歴・足跡が残っても関係のないアカウントを作成して、そちらでどんどん見たいものを見まくる• 今の足跡のついたアカウントは開き直って汚れアカにして、新たに作成したアカウントは清く美しく運用して、そちらの本アカ化を目指す• etc. こんなふうに運用すれば、これまでのアカウントを活かしつつ、閲覧履歴・足跡を残すことを怖がらずにインスタグラムを楽しめるでしょう。 複数アカウントの取得や運用についての詳しい説明は下の記事に譲ります。

次の

インスタストーリー閲覧者リスト見れない|再表示・元に戻す方法は?

ストーリー閲覧者上位

インスタグラムの ストーリーズ機能は、24時間限定で公開される画像や短い動画の投稿機能です。 24時間限定なので後腐れなく気軽に公開できるため、普通の投稿とは一味違う刺激的な投稿やプライベートが垣間見える投稿が少なくなく、人気を呼んでいます。 しかしインスタグラムの ストーリーズは、そうした普通の投稿からはみ出したものがあるためか、 閲覧すると足跡が残り、投稿者はその履歴から あなたがストーリーを見たことを確かめられます。 ただし、投稿したストーリーの閲覧履歴・足跡を見られるのは投稿者本人だけです。 それくらいなら構わないのであれば、用心しすぎる必要はありません。 しかし、あなたの 閲覧がバレるのを恐れるのであれば、ストーリーズは徹底的にスルーしてください。 なおインスタグラムのストーリーズの詳細については以下の記事を参照してください。 実は ログインをしないでインスタグラムを利用すれば、あなたの閲覧履歴・足跡は残りません。 いわば表門を通らずに裏口からインスタグラムにお邪魔する感覚です。 ただし正式なお客ではないので、 インスタグラムのサービスを完全には利用できません。 インスタグラム公式アプリを使うと表門に回されるので、 ログインせずに裏口から 入るにはブラウザを使います。 ただしこの手法を使うには プロフィールを見たいアカウントのユーザー名が必要です。 あらかじめインスタグラム公式アプリのユーザー検索でユーザー名を確かめてください。 ただし誤ってユーザー検索の結果画面でアカウントをタップしてプロフィール画面にまで行ってしまわないように注意してください。 そこまで行ってはわざわざ裏口を使う意味がありません。 Repost Story for InstagramはiOSのストーリー閲覧・保存の専用アプリです。 あなたのアカウントでアクセスすると、あなたのフォローするアカウントのストーリーがずらりと並びますので、そこから見たいストーリーを選ぶだけです。 ほかにもハッシュタグやユーザー検索してストーリーを見ることも可能です。 いずれの場合もあなたのアカウントは閲覧履歴に残りませんし、その上24時間を超えてストーリーの保存までできます。 複数アカウントでの利用には課金が発生しますが、単一アカウントであれば2018年12月現在無料で利用できます。 ストーリーは見たいけれど足跡はつけたくないというあなたのような人にはぴったりなアプリです。 確かにアカウントを一時停止したり削除したりすれば足跡は消せます。 しかし、そんなことをするくらいであれば、別アカウントを作ることを強くおすすめします。 今の足跡のついたアカウントはほとぼりがさめるまで一時停止しておいて、閲覧履歴・足跡が残っても関係のないアカウントを作成して、そちらでどんどん見たいものを見まくる• 今の足跡のついたアカウントは開き直って汚れアカにして、新たに作成したアカウントは清く美しく運用して、そちらの本アカ化を目指す• etc. こんなふうに運用すれば、これまでのアカウントを活かしつつ、閲覧履歴・足跡を残すことを怖がらずにインスタグラムを楽しめるでしょう。 複数アカウントの取得や運用についての詳しい説明は下の記事に譲ります。

次の

インスタグラムのストーリーを何回も見ると足跡で回数はバレる?

ストーリー閲覧者上位

鵲橋会 プロローグ そびえ立つ山々の周りに、雲霧がゆらゆらと渦巻いていた。 山の麓には桃の林が連綿と広がっていた。 林を越えた先には、古色を帯びた庭園があった。 流水は止めどなく流れ、桃の香りが立ちこめていた。 雷雲十五日 昼 庭園の東屋 湖に波紋が広がっており、柔らかな水の音と共に、庭園から軽やかな笛の音色と歌声がこだました。 しばらくして、笛の音色が止まると、歌声も止んだ。 :……廬山、申し訳ありません、また気が散ってしまいました。 :問題ない。 悩みがあるのでは? :……いいえ……ただ…… :ただ? :……暑過ぎるが故に、疲れてしまったのかもしれません。 :…… :それなら早めに休んだ方が良い。 :申し訳ありません…… 笛の音が再び鳴り響き、は湖に沈んでいくを見送った。 :(彼女になにかあったのか?) :(まあ良い、今日はもう戻るとしよう。 ) :(廬山に……気付かれてしまった?) ストーリー1-2 雷雲十五日 昼 書斎 はいつも通り書斎に本を取りに来たが、そこである人に出会った。 は静かに机の前に座り、一通の手紙をまじまじと読んでいた。 ・<選択肢・中>まず他の事を話し始める。 ・<選択肢・下>それとなく酢魚の事を持ち出す。 :……何かあったのか?顔色がおかしいような。 :おかしい? :あぁ、少しだけ。 何かあったのか? :酢魚が…… :酢魚の事か? :……近頃、彼女は少し情緒が不安定な様子。 :先程のそなたの表情が彼女のものと似ていた故…… :だから私に聞いたのか? は指で手紙を軽く撫でた。 :さっきは……ただ昔の事を偲んでいただけだ。 :では、酢魚も…… :それはわからない。 しかし、酢魚は確か怪我を負った事があっただろう? :彼女の身と心を、ここまで傷つけられるのは、きっと彼女の近しい人だけだろう。 は窓の外を眺め、視線は揺れ動いていた。 :もうすぐ七夕だ。 七夕、そして彼女を傷つけた近しい人……ほら、答えもうそこにあるだろう? :七夕…… :捨てられた……愛する物か? :何か思いついたみたいだな。 ストーリー1-4 雷雲十五日 昼 湖畔 は湖畔の岩に寄り掛かり、思い出に浸っていた。 この時、彼女の背後から男性の声が聞こえて来た。 ・<選択肢・中>話をそらす。 ・<選択肢・下>黙ったままでいる。 :いいえ……あれは…… :別に君を責めるつもりはない、ただ何に悩んでいるのかを知りたいだけだ。 :私が役に立てるなら。 :…… :……思慕の言葉。 :妾は好奇心故に灯籠を開け、その中に思慕の言葉が書き綴られている紙を見つけました。 :あの文字を見ていると、思わず廬山の事を思い出したのです。 :だから妾は…… は身体を沈めた、湖の水は彼女のあごまで隠した。 白い頬が薄紅に染まっている姿は、言いようのない美しさがあった。 ストーリー1-6 雷雲十五日 昼 書斎 :ありがとう、酢魚の悩みはもうわかったわ。 ) ・<選択肢・上>に聞く。 ・<選択肢・中>自分で調べる。 ・<選択肢・下>飩魂に聞く。 :廬山らしいな。 :…… はに七夕の行事を風習を教えたが、いくつかの点はぼかしながら伝えていた。 :故に、彼女に何か贈り物を用意するべきだと? :気持ちを込めて贈り物を選び、行動で彼女に示したらいい。 過去に囚われず、今彼女を大切にしている者がいると。 :これが、この症状を治す最適な薬だ。 :…… :一理ある。 ストーリー2-2 雷雲十五日 昼 湖畔 :わかった。 :まず、それは恥ずかしい事でも不安になるような事でもないという事をはっきりと理解するべきだ。 :……妾にはわかりません。 :あれは七夕の下準備。 :人々は自分の願いが書かれた紙を灯篭に入れ、川に流す。 :自分の願いが叶うように。 :七夕……ですか? :あぁ、七夕は美しい気持ちの象徴だ。 :君を困らせている感情は、これらの気持ちに影響され生じたのだろう。 :美しい気持ちに感化され廬山の事を想うのは、これは嬉しい事ではないのか? :……わかりません……しかし妾は確かに不安な気持ちになりました。 :では廬山に自分の気持ちをそのまま伝えるのはどうだ? :いいえ!そのような事は……出来ません。 :何故? :……わからない……妾にはわかりません…… :不安の原因は、私の解説だけしか聞いていないから。 こういった事は自分で確かめに行かねばならない。 :君が一番知りたいのは、廬山が君のその気持ちをどう受け止めるかだろう? :自分で伝えなければ、その不安は永遠に続くだろう。 :…… :……先生、もう少し何か助言を。 :まあいい、君は直接廬山に言えないだろう、では何か贈るといい。 :贈り物で自分の気持ちを伝えればいい。 ・<選択肢・中>菓子を作ってあげる。 ・<選択肢・下>竹笛を贈る。 これだけは忘れるな。 :本末転倒にならないように。 :気持ち込める…… :ありがとうございます、勉強になりました。 ・<選択肢・上>耳飾りを贈る。 ・<選択肢・中>同心結びの飾りを贈る。 ・<選択肢・下>腕輪を贈る。 :…… :ただ迷っているだけ。 :装飾品は……適切ではないような気が。 :じゃあ、君の考えを聞かせてもらおうか。 :そなたの言う通り、贈り物で気持ちを伝えるのは良い。 :しかし金や銀の装飾品を贈るというのは…… :俗っぽさが過ぎるのでは。 :もしや曲を贈ろうと考えているのか? :…… :確かにそうしようと思っている。 :ダメだ、それは良くない。 :何故? :他の者であるなら、確かに趣向を凝らした良い案ではある。 :気持ちも込めやすい、しかし廬山はダメだ。 :その理由は? :廬山が、そういうひとだから。 :物にこだわりがなく、気持ちだけ重視する。 :だが酢魚は君とは違う。 :彼女は雅な女子だが、無欲な訳ではないだろう。 :彼女は繊細で、悲しい過去によって常に安心感が欠けている。 :もし曲のような実体のない物で気持ちを伝えたとして、酢魚はいつもと違う君の気持ちをすぐ気付けなければ、また考え込んでしまうだろう。 :つまり逆効果になってしまう。 :…… :理解できたか? :多少…… :……とにかく、贈り物を用意しよう。 :……わかった。 ストーリー2-6 雷雲十五日 昼 部屋 とはある部屋にやってきた。 飩魂はそこでが言っていた箱をあちこち探していた。 :廬山の御侍は本当に装飾品を残したんだ? :御侍は、女性たるもの装飾品を持っていた方が良いと。 :廬山が身に着けている所は一回も見た事はないが。 :……それで良い。 :まあ、廬山はそういった面倒な物は好きではないだろうな。 :いつか君が急に装飾品を見繕い始めたら、それこそおかしな話だ。 :…… :冗談だ。 :構わない、確かに装飾品に興味はない。 :全てそなたに任せる。 はヒヤッとした。 この時、飩魂は一つの木箱を頭に乗せて、ゆらゆらと部屋の奥から出てきた。 :ここに置いて。 えっ、飩魂どこに行くんだ? :ん?まだ終わらない? :あと二、三十箱位ある? :…… :廬山…… :あの方は数えきれない程の命をお救いになった。 :お礼の品が多少あるのはおかしくない。 :多少…… 同じ頃、湖畔の東屋 :なるほど、このような贈り物にしたのか。 :今最も重要な事は、練習と事前準備だ。 :……しかし妾は長時間霊力を安定させる事は出来ない。 :私の力を合わせれば十分だろう、協力してやる。 :……先生、ありがとうございます。 :大した事ない、後は…… :……先生? :服も着替えたらどうだ? :えっ?服ですか? :あぁ、先日山の外で見た服の方が、七夕に合うだろう。 :し……しかし、人間の前に出るのは少し…… :……まあいい、手伝うと決めたんだ最後まで付き合う。 私が買ってきてやろう。 :それは…… :決定事項だ。 君は先に準備を始めておけ、すぐ戻る。 :……あ……ありがとうございます、先生。 いつも通り、会話もせず、二人の演奏は始まった。 気付けば夜になっていた。 笛の音が止まり、歌声も止んだ。 二人は無言でお互いの顔を見た。 :廬山? :そなたへの贈り物がある。 は一本の木の簪を取り出した。 :そなたの過去を、私はよく知らない。 :しかし、私はそなたの命を救った。 :そして、そなたも私の傍に残ってくれた。 は手で、一本の簪を二本に分けた。 :光耀大陸にある古い風習で、 :木の簪を二つに分け、大切な人に贈るという物があるそう。 :故に今日そなたに、これを贈る。 :過去を忘れ、もう悲しむな。 :……うっ……わ……妾は……あ……ありがとうございます、廬山。 は顔を上げて、笑顔を浮かべた。 彼女の目尻は微かに光っていた。 :廬山…… :ええ? :妾も…… :妾も贈りたい物があります。 の尾が軽く揺れ、湖に波紋が広がり、光が差した。 いつも通り、会話もせず、二人の演奏は始まった。 気付けば夜になっていた。 笛の音が止まり、歌声も止んだ。 二人は無言でお互いの顔を見た。 :今日……この日には特別な意味があると。 :故に……つまらない物かもしれませんが、贈り物があります。 の尾が軽く揺れ、湖に波紋が広がり、光が差した。 光は少しずつ強くなっていき、明るいが目には優しい光であった。 蓮の花の形をした灯籠が、霊力によって柔らかな光を放ちながら、水流に乗って湖に広がっていった。 灯りは夜色の中点滅し、揺らいでいた。 顔を上げたの顔には、普段見せない羞恥の色が浮かんでいた。 :廬山、貴方が治してくださったのは妾ののどだけではありません。 :この弱く、苦しい心も救ってくださいました。 :廬山は既に妾の大切な人でありますが、 :貴方が妾の事をどう思っているのかはわかりません。 :しかし、妾のこの気持ちは伝えたいのです。 :どうか廬山…… :それ以上はもう良い。 :廬、廬山……妾の事は好きではないと? :そなたの気持ちは良くわかった。 :えっ? :私にもそなたに贈りたい物がある。

次の