ディープ インパクト 安楽 死。 ディープインパクト死亡!頚椎骨折でなぜ安楽死を選択?理由や骨折の原因を調査!

ディープインパクト 安楽死

ディープ インパクト 安楽 死

中央競馬で2005年に無敗で皐月賞、ダービー、菊花賞のクラシック3冠を達成し、GIレースで7勝するなど活躍した名馬ディープインパクトが30日、死んだ。 北海道安平町の社台スタリオンステーションが発表した。 それによると、痛めていた頸部の手術を28日に受け、術後も安定していたが、翌29日の午前中に突然、起立不能に陥った。 懸命な治療を行ったものの、30日早朝に行ったレントゲン検査で頸椎に骨折が見つかり、回復の見込みが立たないことから、安楽死の措置が取られたという。 競走馬としての成績は武豊騎手とのコンビで日本で13戦12勝、GIレースは7勝。 06年にはフランスの凱旋門賞に出走して3着に入ったが失格となった。 その後、ジャパンカップ、有馬記念を制して引退した。 07年からは種牡馬として有力馬を送り出し、昨年まで7年連続種牡馬ランキングで1位だった。 日本のみならず、イギリスやフランスでもGI馬に輝いている。 今年の種付けを行っていたが、3月に頸部に痛みを発症して中止していた。

次の

「骨折だけで殺すとか…」 競走馬の安楽死を否定する人に知ってほしい思い

ディープ インパクト 安楽 死

Contents• ディープインパクトの頚椎骨折の理由は? 原良馬さんのご葬儀の後、舞浜駅でディープインパクト死去の報を知りました。 すごい馬と旅立たれたのですかね……。 「ディープと一緒とは僕も思わなかったよ。 」原さんの声が聞こえる気がします。 写真は昨年8月21日社台SSにて。 — 渡辺 和昭 kazzwat ディープインパクトは何故頚椎骨折を引き起こしのでしょうか? その理由は明記されていませんでしたが、 おそらく現役中のレースによって蓄積したダメージが原因だったのでは?と思います。 そもそも頚椎とは首の骨の事であり、馬の運動時には頚部に過度な力がかかるそうです。 レース中に競走馬が首を振りながら走っている様子からもその事が分かると思います。 さらに「名馬は首で走る」という言葉があるくらいで、競走馬への首の負担がもの凄いであろう事は想像に難しくないですよね。 ましてやディープインパクトは名馬中の名馬! レースや調教の度に頚部へダメージを蓄積させていたに違いありません。 実は頚椎へのダメージは受傷時には重症とならずに時間の経過と共に徐々に症状が進行する場合があるそうです。 ディープインパクトは28日に頚部の手術を受けているそうですが、おそらくこのダメージの蓄積が原因での手術だったのではないでしょうか? しかし、手術の甲斐も無く、29日に頚椎の骨折が発覚し、安楽死の措置が取られました。 頚椎骨折で安楽死を選択した理由は? ディープインパクト、永眠 たくさんの感動をありがとう その馬は、ひょうよりも速く、日暮れの狼よりも敏しょうだ。 1:8 — 上馬キリスト教会 kamiumach 頚椎が骨折した為、安楽死という措置が取られていますが、頚椎骨折=安楽死と結びつける理由がいまいち分かりませんでした。 その為、この理由を調べてみたところ、 どうやら頚椎骨折が安楽死の直接の原因ではなく、頚椎骨折によって引き起こされる麻痺からの起立不能がその理由となっていました。 頚椎が損傷すると頚椎内に走っている神経が傷つくケースがあり、その結果、馬の身体に麻痺が残ります。 このような症例は人間でも実際に起こる事ですよね。 そして、麻痺が発生する事で起立不能に陥ってしまうと、馬の第二の心臓と呼ばれる蹄を動かすことが出来なくなってしまいます。 馬はその身体が大きい事から、心臓のポンプ運動だけでは血液を全身に回すことが出来なく、歩行時の蹄の収縮と拡張作用を利用し、血液の循環を補助しています。 蹄機作用と呼ばれている現象ですね。 しかし、起立不能となってしまいますと当然この蹄機作用を得ることが出来ませんので、全身へと血液を循環することが不可能となってしまいます。 脚部への損傷が原因で安楽死が取られる理由がまさしくこちらです。 ディープインパクトも29日には立てなくなっていたと報道されていますので、この理由が安楽死の原因と言えるでしょう。 さらには、蹄機作用が失われた結果、血液の循環が滞り、皮膚の壊死へと発展してしまうそうです。 愛馬が苦しんでいる姿を見るのはとても心苦しいです・・・ 今回の措置はその為なのでしょうね。 頚椎骨折が原因で安楽死と言う措置が取られたディープインパクトでしたが、直接の原因は歩行不能による物のようですね。 ディープインパクトという名馬の死に多くのファンが衝撃を受けていました。 きっと安楽死という措置を決めた馬主もとても悩まれた結果だったんでしょうね。 たくさんの衝撃を我々に与えてくれてディープインパクト。 ご冥福をお祈りします! 本当にお疲れ様でした。 sankei. html•

次の

ディープインパクト安楽死…競馬の世界観を変えた圧倒的な追い込み馬|カタスさん@競馬をやって何が悪い。|note

ディープ インパクト 安楽 死

史上最強馬と呼ばれたディープインパクトが30日、死んだ。 頸椎(けいつい)の骨折が原因。 17歳だった。 29日に立てなくなり、30日に頸椎の骨折が見つかった。 回復の見込みがないため、安楽死の処置がとられた。 2005年に皐月賞、ダービー、菊花賞を制し、史上6頭目の3冠馬になった。 06年のフランスの凱旋門賞では、3位に入ったが、後に禁止薬物が見つかり、失格になった。 通算14戦12勝。 国内で負けたのは、05年の有馬記念のみ。 現役を引退後は優秀な子を送り出した。 子どもたちの獲得賞金でランキングを決める種牡馬(しゅぼば)成績は、12年から昨年まで7年連続で中央競馬のトップ。 キズナなど5頭のダービー馬を送り出した。

次の