テンセント ジャパン。 WechatとWeixinは別物です。その違いご存知ですか?(2016年現在)

『テンセントの転職情報』Tencent Japanの採用情報と待遇など

テンセント ジャパン

1998年 11月 テンセント設立• 1999年 2月 メッセージングサービスQQをローンチ• 2004年 6月 香港証券取引所に上場• 2008年 6月 香港ハンセン指数の構成銘柄に• 2010年 3月 QQの最高同時接続ユーザーアカウントが1億突破• 2011年 1月 モバイルソーシャルコミュニケーションサービス Weixinをリリース• 2011年 11月 テンセントジャパン設立• 2011年 6月 オープンプラットフォーム戦略開始• 2013年 1月 WeixinとWeChatの登録ユーザーが2億突破• 2014年 4月 QQの最高同時接続ユーザーアカウントが2億突破.

次の

やがて、コンテンツは「テンセント」に呑み込まれる

テンセント ジャパン

騰訊控股有限公司 Tencent Holdings Limited 市場情報 : 略称 騰訊 本社所在地 高新科技園北区深圳市騰訊大厦 設立 事業内容 インターネット経由のサービス 代表者 売上高 1057億67百万人民元 2019年 従業員数 31557人 決算期 12月期 主要株主 31. 2020年4月より、主力のゲーム事業、SNS事業に加え、『 the Animation』よりテレビアニメ制作事業にも参入した。 概要 [ ] にインターネットからにメッセージを送るためのソフトウェアの販売を計画して創業。 にに上場する。 にはの構成銘柄になった。 売上高では世界最大級のゲーム会社であり 、の収益は2017年に世界一を誇り 、 や など他のゲーム会社の大株主でもある。 創業者のはアジア1位の富豪にもなっており 、では最大の企業だったこともある。 2017年にはアジアの企業で初めて5000億ドルを突破し、を超えて・(親会社の)・・といった世界五大企業に入っている。 このうちグーグルとはで提携している。 世界最大のPCゲーム「」を運営する米社、から「最も成功した」 と認められたで知られる米社、世界1位のモバイルゲーム 「」を運営するの親会社でもあり、また、最大のモバイルチャットアプリ「」を提供する韓国企業、および韓国最大のモバイルゲーム企業である()の大株主でもある。 テンセントも出資 するの車やのを実演してセキュリティ面の脆弱性の修正に協力するの活動も行っている。 などに出資しての映画製作にも携わっており、はやゲームの映画化も手掛けてのも製作・配信している や日本の漫画を翻訳出版している にも出資し、を通じて日本のの買収 や日中合作アニメの制作 も行っている。 の他、の研究開発にも力を入れており 、テンセントのプログラム「」はやなど国際大会で優勝している。 また、でもアリババに匹敵するシェアを誇っている。 中国ので世界初のによるを進めており 、ゲーム大学や競技場などを建設している。 中国で全国民14億人の格付け のために運用されているをゲーム世界にもテンセントゲームクレジットとして導入しており、模範的なユーザーに特典を与えてチーターやマナーを守らないプレイヤーなどには実名登録されたアカウントにペナルティを与えている。 経歴 [ ]• 1998年、(現)が深圳で起業• 1999年、メッセージングサービス「OICQ(現)」を公開• 2001年、が株式の46. 5%を取得• 2004年、香港証券取引所に上場• 2005年、Foxmailを買収• 2008年、香港ハンセン株価指数の構成銘柄に入る• 2011年、日本のと提携。 テンセントジャパン(Tencent Japan合同会社)を設立。 を買収• 2012年、日本のと提携• 2013年、日本の、と提携• 2014年、日本の、と提携• 2015年、日本のと提携。 と企鵝影視を設立• 2016年、を買収。 Tencent Music Entertainment Groupを設立• 2017年、日本の、と提携。 China Literatureが香港証券取引所に上場• 2018年、日本の、と提携。 Tencent Music Entertainment Groupがニューヨーク証券取引所に上場• 2020年、日本の、と資本提携 サービス項目 [ ]• (微信)• (騰訊QQ=)• (QQ空间=・サイト)• (騰訊視頻) グループ企業 [ ]• 騰訊計算機(Tencent Computer)• 騰訊科技(Tencent Technology)• 深圳市世紀凱旋科技有限公司(Shenzhen Shiji Kaixuan Technology Company Limited)• Tencent Asset Management Limited• 南京網典科技有限公司(Nanjing Wang Dian Technology Company Limited)• 北京英克必成科技有限公司(Beijing BIZCOM Technology Company Limited)• 北京市掌中星天下信息技術有限公司(Beijing Starsinhand Technology Company Limited)• 添曜有限公司(Morespark Limited)• 北京騰訊文化傳媒有限公司(Beijing Tencent Culture Media Company Limited)• Tencent Music Entertainment Group【49. 【66. NNA ASIA 2018年3月26日 2018年3月28日閲覧• テンセント 知られざる中国デジタル革命トップランナーの全貌. プレジデント社. 2019-10-15. CoinDesk Japan 2019年10月25日. 2020年5月26日閲覧。 2016年7月6日閲覧。 TechCrunch Japan 2017年3月19日. 2017年3月8日閲覧。 joystiq. com, Retrieved 2014-02-28. 2018年3月23日. 2018年3月23日閲覧。 プレスリリース , , 2018年1月22日 , 2018年1月23日閲覧。 プレスリリース , , 2016年9月7日 , 2017年6月19日閲覧。 プレスリリース , , 2016年9月20日 , 2017年6月19日閲覧。 2017年11月22日. 2017年11月24日閲覧。 2018年1月19日. 2018年1月20日閲覧。 Guinness World Records. 2018年1月23日閲覧。 2016年6月22日. 2016年7月6日閲覧。 2016年6月23日. 2017年12月27日閲覧。 2017年3月29日. 2018年1月20日閲覧。 2018年8月16日. 2018年12月28日閲覧。 2016年9月21日. 2018年1月20日閲覧。 2016年9月21日. 2018年1月20日閲覧。 2016年9月24日. 2018年1月20日閲覧。 2017年7月28日. 2018年1月20日閲覧。 2018年1月29日. 2019年1月1日閲覧。 2018年2月17日閲覧。 2016年9月6日. 2018年2月17日閲覧。 アニメーションビジネス・ジャーナル 2017年9月1日. 2017年12月27日閲覧。 アキバ総研 2015年11月20日. 2016年7月6日閲覧。 2016年9月25日. 2017年6月29日閲覧。 MIT Tech Review 2017年1月18日. 2017年6月29日閲覧。 2017年11月22日. 2018年3月21日閲覧。 eSports Pro. 2017年5月18日. 2018年1月5日閲覧。 GameSpark. 2017年5月17日. 2017年12月18日閲覧。 2017年12月14日. 2017年12月18日閲覧。 AUTOMATON. 2017年12月22日. 2018年1月19日閲覧。 Shacknews. 2018年7月31日閲覧。 2018年1月17日. 2018年1月19日閲覧。 2018年5月2日. 2018年5月14日閲覧。 2016年11月30日. 2018年5月14日閲覧。 2018年4月10日. 2018年4月12日閲覧。 TechCrunch. 2020年5月26日閲覧。 ,GAME Watch,2020年1月7日• ,GAME Watch,2020年5月25日• Tencent Holdings. 2020年5月27日閲覧。 関連項目 [ ]• - 中華人民共和国を代表する通信会社(Baidu, Alibaba, Tencent, Huawei)の総称。 外部リンク [ ]• 定期レビュー適用時点でのウェイト順• 赤字は金融株、茶字は公益事業株、緑字は不動産株、他は商工業株• 上位1銘柄は全体の10%にウェイト制限• 100. 万科企業.

次の

WechatとWeixinは別物です。その違いご存知ですか?(2016年現在)

テンセント ジャパン

高品質なゲームが提供する革新的なプレイ体験の新たな幕開けとなった本発表には、ゲームの自社開発ならびにファンが待ち望んでいた知的財産(IP)のライセンス契約も含まれています。 さらに、クロスプラットフォーム市場において、テンセントゲームズが世界的なフランチャイズに適応を進めていることも示しました。 「Spark More! 」(もっと刺激的に!)をテーマとした本カンファレンスでは、革新的でエキサイティングなゲーム体験を届けるために、テンセントゲームズが自社開発した新作ゲームに加え、世界有数のIPオーナーやゲームソフト開発会社およびパブリッシャーとの提携も発表されました。 テンセントのシニア・バイスプレジデントであるスティーブン・マー(Steven Ma)は開会にあたり、テンセントゲームズが掲げる戦略の3つの軸をテクノロジー、ゲームプレイ、ストーリーラインであると説明し、これらがゲーム業界を未来への進化へと導くものであると語りました。 (テンセント シニア・バイスプレジデント スティーブン・マー) マーは、「新たなテクノロジーへの人気は世界的な加速を見せ、ゲームプレイのイノベーション・サイクルが短縮され、ストーリーのIP創出がこれまで以上に豊富になっています。 ゲーム業界がエキサイティングな可能性に満ちた新しい時代に直面しています。 この大きなチャンスを生かし、想像力を育み、クリエイティビティの新たな可能性を探索することで、ゲームコミュニティーに向けて新たな価値を提供できる絶好のタイミングです」と述べています。 テンセントはグローバルなコラボレーションを可能にするネットワーク体制を保有し、全世界で100を超えるゲーム会社やスタジオに対して新たなゲーム開発を目的とする技術的リソースを提供しています。 ゲーム業界で最も重要な資源を人材であると考えるテンセントは、将来の成長を牽引する優秀な人材育成のために、世界をリードする複数の大学と協力体制も構築しています。 テンセントゲームズは、本日の年次カンファレンスにおいて、人気ゲームIPとの新たなパートナーシップと新作ゲームタイトルを発表しました。 ・メタルスラッグ系モバイルゲーム(名称未定):テンセントゲームズでゲーム開発を担当するTiMi Studiosは、長期にわたり人気が高いアーケードゲームシリーズ「メタルスラッグ」の新作モバイルゲーム(名称未定)の開発において、株式会社SNKと新たなパートナーシップを締結しました。 このゲームは「メタルスラッグ」のアーケードゲームでおなじみのシューティングプレイを、どこででもプレイできるモバイル版として忠実に再現するものとして、新作トレーラーもあわせて公開されました。 今回のパートナーシップは、世界中で多くの人々にプレイされている「コール オブ デューティ モバイル(Call of Duty: Mobile)」と「伝説対決 -Arena of Valor」のグローバル展開の実績としてTiMi Studiosが認められた結果、実現しました。 新たなモバイル版「アラド戦記」は、同シリーズの象徴でもあるアーケードスタイルの2D横スクロールタイプによるアクションゲームプレイを残しながら、深い没入感が味わえるマルチプレイ型RPG(ロールプレイングゲーム)として、絶えず展開が進むストーリーが特徴です。 モバイル機器向けに最適化されたモバイル版「アラド戦記」は、シリーズの代名詞でもある、スピード感とおもしろさ、豊富なアクションプレイ体験をお届けします。 さらに、テンセントゲームズは、PCおよびコンソール向けに販売されるFPSゲーム「SYN」のデモを世界で初公開しました。 テンセントゲームズのLightspeed and Quantum Studiosが開発を担当し、Epic Gamesのストランドベースで微細な髪の毛を表現するシステムを採用しています。 最新鋭のリアルタイム・グラフィクスを深化させ、好奇心を高める印象的なビジュアルにより、サイバーパンクスタイルの世界を作り出しています。 テンセントゲームズについて テンセントゲームズは、世界トップレベルのゲーム開発・パブリッシュを行うとともに運用プラットフォームの提供、中国最大のオンラインゲームコミュニティを運営しています。 あらゆるプレーヤーに、高品質で魅力あるインタラクティブ・エンターテインメント体験をお届けすることに注力しています。 テンセントゲームズは現在、200以上の国と地域に、140タイトル以上の自社開発およびライセンス契約のゲームを提供し、多くのユーザーにクロスプラットフォームのインタラクティブ・エンターテインメント体験を提供しています。 世界で人気の高い代表的なタイトルとして「王者栄耀(Honor of Kings)」や「PUBG MOBILE」、「リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)」などを有しています。 ゲームのさらなる可能性を追求するため、文学からアニメ、映画、テレビにわたりテンセントの豊富なIPリソースを活用し、テンセントゲームズは高品質なインタラクティブ・エンターテインメント体験を創出していきます。 (日本語リリース:クライアント提供).

次の