坂口 拓 ウェーブ。 坂口拓の経歴がすごい!身長などのプロフィールや学歴(高校・大学)も調べてみた!

【ウェイブマスターvsウェイブ創始者】坂口拓が師と戦ったらどうなる!?

坂口 拓 ウェーブ

さん tak. 一度引退した理由は、『狂武蔵(くるいむさし)』という自主映画を撮った際に、 「日本でどんなに頑張っても受け入れられてはもらえない。 誰もついてきてはくれない。 」 と感じてしまい、アクションに未来を感じられなくなってしまったからでした。 ゼロレンジコンバットという格闘術の創始者でもあります。 映画『RE:BORN』でも実際に出演されていますね! 坂口拓さんの師匠稲川さんが、ウェイブを体得してもらうためのトレーニング方法をコメントしていたので、抜粋いたしました。 「拓さんにまずやっていただいたのは、これまでの鍛錬で身につけたものを一度全部捨て去ってもらうことでした。 戦闘術に必要なものはジムやスポーツでつけた固い筋肉ではなく、実戦で長期間戦える柔らかい筋肉が大切だからです。 最初の半年間はひたすら肩甲骨をまわすことと肚まわりの胆力の集中だけをやってもらいました。 それ以外は何も教えません。 聞けば拓さんは実際、日に一万回は肩甲骨だけをひたすらまわし腹式呼吸を続けたそうです。 戦闘に役立つ筋肉、いわゆる身体操作に使うインナーマッスルコントロールには肩甲骨を自由自在に動かすことが必須です。 ここを柔らかくして初めて、後述する「ウェイヴパンチ」をはじめとする技をたたき込むことができるのです。 坂口拓さんですら、「ウェイブ」を身に着けるのに一年かかったそうです。 「ウェイブ」を習得するには、肩甲骨まわしが自由自在にできるレベルになるまで鍛錬が必要ですね!.

次の

映画『RE:BORN』第二回【ウエイヴ基本編】

坂口 拓 ウェーブ

お盆前に、また太田Pから突然連絡が来た。 「拓ちゃんが『24時間テレビ』に出ます。 24日空いてますか?」 ……情報が少な過ぎて、何の事やらさっぱり分からない(汗)。 しかし、こっちも細かい事気にしない人間だし、情報過少にも慣れて来たので(笑)スケジュール確認後「空けておきます」の返信をする。 WiiBERブログの取材は結局出たとこ勝負なのです……とほほ。 当日19時頃、集合場所であるユーデンフレームワークスに到着すると、既に拓さん、太田P、冒頭坂口と出演する三木一輝君と、アシダユウキ君、拓さんのマネージャー倉持さんも到着している。 拓さん達は軽く身体を動かし、下村監督と太田Pは別仕事をしている。 地下駐車場に着いた時にはまだ静かな感じだったのだが、楽屋階に上がるとロビーは既に準備に追われる多くのスタッフが行き交っている。 間も無く、ここ番町スタジオで始まる生放送に向けて、多くの俳優、タレント達が楽屋入りする模様。 ズラッと並んだ、全国的有名人の名前の掲げられた楽屋。 数時間後には騒然となるのでしょう……。 楽屋入りするや否や、出演者は担当の方から衣裳部屋へ案内され、10分後には、精悍な侍姿で楽屋へ戻って来た。 映画『キングダム」左慈役での好演が転じての『24時間テレビ』なのに、まるで『狂武蔵』の宣伝の様なのは……まあ気にしないでおく(苦笑)。 どのみち全員めちゃくちゃカッコイイのは一緒なんだから。 着崩れない様しっかり着付けされた為、キツイ帯に拓さんは既に食欲減退(そもそもアクション前にはあまり食事はしないそうだが)、残り三人も足元の確認(滑りやすい足元だと地獄)に余念が無い。 てっきりスタッフさんかと、間抜けた「は~い」と共に開けてみたら……何と田中圭さんっ!!!!!!!!(鼻の穴膨らむよね) 「拓さん!!!」「お~!!!圭、久し振り!!!」と男の熱い抱擁を交わし、暫し廊下でロン毛の厳つい侍と、今をトキメク田中圭さんが談笑している。 実は私達もスタジオに向かう車中で初めて聞いた事なのだが、拓さんがかつて所属していた俳優事務所から、外部の演技レッスンを受ける様に促され、そこで会ったのが当時中学3年生の田中圭さんだったそうだ。 しかもグループも一緒だった事から、当時はとても親しくしていたそう。 「圭も有名になっちゃったから、きっと俺とは話してくれないよ」……な~んて、冗談みたいに言ってたけど、ほんまにただの冗談やん(笑)。 「出演者に拓さんの名前があって凄く嬉しかった!」と嬉々と話す田中圭さんのお姿に、楽屋内の全員がにやけていた(笑)。 田中さんが楽屋に戻って暫くすると、またノック。 「お、場当たり(立ち位置など含めた進行確認)にお呼びかな?」とドアを開けると……お次は横浜流星さん(驚)……。 丁寧な楽屋挨拶を受け、いよいよこちらは場当たりの時間。 実際のスタジオセット内で、登場のタイミング・立ち位置・そこからの進行等を確認する時間。 ここは5分も掛からずスムーズに終わり、後は楽屋に戻り(ちょこっと楽屋内で撮影したり)メイクを済ませ、本番を待つのみである。 恐らく後30分以内にはお呼びが来るだろう……そんな直前。 坂口「さ、本番前に軽く動いて身体ほぐすか」と、絡み三人と我々を連れ立って人気の無い、広い広いエレベーターホールへ。 二度三度と、軽い手合わせを行った。 30%の力も出していない程度のものだが、それでも身体も技もキレており、倉持MGも太田Pも一安心……じゃなかった。 坂口「本番はさぁ~、これを目隠ししてやるわ~」 ええええええええええええーーーーーーーーー!!!!!!!???????? いやいやいやいやいやいや生放送だし!!!『24時間テレビ』だし!!!!もうコーナー始まってるし!!!!頭おか〇いよ(汗)!!!!!! 「倉持~衣裳部さんに目隠し出来る布無いか訊いてきてくれ」と平然と指示を出している。 前室(スタジオ入口手前の広い待合場所)で衣裳を最終直しを受け集中を高める四人。 突然「屋敷ぃ~」と拓さんからお呼びが。 坂口「段取通りのアクションをやったとて、俺は全く興奮しないんだよ。 アクションマンにとってもそれ位の挑戦があった方が良い。 だから彼等にも付いて来て欲しいんだよ。 リハーサルもしたけど、やっぱり俺は好きな様に暴れさせて貰うから」 突如そう言い残すと、歓声と煌々としたライトの中へと消えていったのです。 そして『24時間テレビ』生放送中段取りを無視し、本当に懐から一枚の布を悠々と取り出し目隠しを始めた瞬間、スタジオ全体が大きくざわついた事は言うまでもない……よね……(大汗)。 『たくちゃんねる』 【25万再生】【24時間テレビ 嵐にしやがれ 気配斬り対決】本番直前に段取りを変えた坂口拓!?司会、スタッフを大いにざわつかせた舞台裏映像!! WiiBERブログ 新企画 次回 9月3日 火曜 毎週火曜日に投稿する新企画 お楽しみにぃ!• 最近の記事 カテゴリー• 7 アーカイブ• おすすめの記事• 570件のビュー• 158件のビュー• 136件のビュー• 113件のビュー• 98件のビュー• 81件のビュー• 80件のビュー• 78件のビュー• 76件のビュー• 75件のビュー 映画『狂武蔵』現在制作中!.

次の

忍者・坂口拓が使うウエイブとは何か?ナルトの螺旋丸的な?行列のできる法律相談所

坂口 拓 ウェーブ

*坂口拓 【坂口拓主演 映画 狂武蔵公式twitter】 海外でも知名度が高い本格アクション俳優。 主な映画主演作は「VERSUS」(01)、「魁!! 男塾」(06)など。 園子温監督の「地獄でなぜ悪い」(13)に出演した後、一度は俳優業から引退したが、「RE:BORN リボーン」(17)で復帰。 近年の主な出演作に映画「ブルーハーツが聴こえる」(17)、「キングダム」(19)など。 また、ネオ忍者集団「靁凮刄」のプロデュースも務めており、現代の忍者として山梨県の忍野しのびの里で公演を行っている。 映画「RE:BORN」では戦闘術アドバイザーを務め、その他映画制作活動にも携わる。 In this video, TAK will perform a variety of tactical skills and teach you how to use it. 危険なシーンは全て演出であり演技です。 よい子のみんなは真似しないで下さいね(真似できないかも?) 【坂口拓 Twiterアカウント】 【坂口拓主演 映画 狂武蔵公式twitter】 【映画 狂武蔵 クラウドファンディング 活動報告】 【映画 狂武蔵 公式ホームページ】 【坂口拓 インスタグラム】 【映画 狂武蔵 インスタグラム】.

次の