煽り立てる 意味。 「煽り立てる」に関連した英語シソーラスの一覧

「煽る」の類語・意味や別の表現方法(言い換え・言い回し):類語・類義語(同義語)辞典

煽り立てる 意味

「携わる」の意味と読み方 「携わる」の意味は「ある事柄と接点を持つ」こと 「携わる」の意味は、「ある事柄と接点を持つ」「手と手をとりあうさま」です。 ビジネスシーンでは、「何かに関係している」という文脈で使われることが多いです。 「携わる」の読み方と送り仮名 「携わる」の読み方は「たずさわる」。 「携」(たず)は音読みになります。 「たずさわる」の送り仮名として、「携わる」と「携る」があります。 原則としては、「携る」と記載すると「携わる」なのか「携える」なのか判断がつかなくなってしまうため、「携わる」という送り仮名が正しい表現になります。 「携る」も誤用ではないですが、「携わる」としたほうがよいでしょう。 「携わる」の使い方や敬語表現 「携わる」という言葉は、ある事柄と接点を持った場合に用いられます。 私はスマートフォン向けアプリの開発に携わっています。 彼は田舎に戻り、農業に携わりました。 将来は後進の人材育成に携わりたいです。 彼女は今回のプロジェクトの初期段階から携わっていた。 「携わる」の敬語表現 「携わる」を敬語で表現するには、尊敬語・謙譲語・丁寧語の3パターンがあります。 尊敬語では「携われる」などと用いられます。 謙譲語には「携わる」の直接的な表現はありませんが「携わせて頂きました」など、携わるにつながる言葉を謙譲語にして表現します。 丁寧語では「携わります」など、「です・ます調」になります。 目上の人などに対しては「携われる」など、尊敬語で用います。 自分の経験を述べる場合は「携わっておりました」など、謙譲語で用います。 「携わる」を志望動機での使う場合 「携わる」はビジネスシーンだけでなく、就職活動でも頻繁に用いられる表現です。 特に志望動機をアピールする場合に用いられます。 具体的な目標など、積極性をアピールすることで、就職活動を有利に進めることができます。 」など、自身の経験などをアピールできます。 より強く志望動機をアピールすることで、転職活動を有利に進めることができます。 「携わる」の類語・同義語とその違い 携わるの類語は「関与」「参加」 「携わる」の意味・使い方としては「ある事柄と接点を持つ」であると紹介しました。 「関与」「参加」など、ある事柄に関わったことを表す言葉であれば、表現を使い分けても良いでしょう。 「携わる」と「関わる」との違い 「携わる」は「関わる」という言葉と比較されますが、厳密には意味が異なります。 「関わる」の意味は「ある事柄と関係を持つ」「ある事柄にこだわる」となります。 「関わる」は「ある事柄と関係を持つ」という意味ですが、「携わる」は「ある事柄に仕事として関わる」という意味です。 「生死に関わる問題」「心臓に関わる病気」などと表しますが、「生死に携わる問題」「心臓に携わる病気」とは表しません。 「携わる」と「従事」の違い また「携わる」は「従事」という言葉とも比較されます。 「従事」の意味は「仕事に携わるさま」となります。 どちらも「仕事に取り組む」という、共通の意味があります。 しかし「携わる」には「手と手をとりあうさま」という意味が含まれる部分が異なります。 「携わる」を英語で表現すると? 英語表現は「participate」「take part」 「participate」は、「携わる」「参加する」という意味。 「take part」は、「手伝う」「参加する」という意味。 「携わる」を英語で表現するなら、「携わる」を表している「participate」のニュアンスが近いです。 また英語表現において「participate」は「take part」よりも丁寧な表現なので、ビジネスシーンでは「participate」を用いましょう。 まとめ 「携わる」は、ある事柄と接点を持った場合に用いられます。 特にビジネスシーンでは、「プロジェクトや案件に関わっている」という意味で多く用いられています。 敬語表現を押さえることで、相手に対して失礼のないやり取りが行えます。 「関わる」「従事」との違いをしっかりと理解できれば、表現の幅を広げることができるでしょう。

次の

「煽る」の類語・意味や別の表現方法(言い換え・言い回し):類語・類義語(同義語)辞典

煽り立てる 意味

「携わる」の意味と読み方 「携わる」の意味は「ある事柄と接点を持つ」こと 「携わる」の意味は、「ある事柄と接点を持つ」「手と手をとりあうさま」です。 ビジネスシーンでは、「何かに関係している」という文脈で使われることが多いです。 「携わる」の読み方と送り仮名 「携わる」の読み方は「たずさわる」。 「携」(たず)は音読みになります。 「たずさわる」の送り仮名として、「携わる」と「携る」があります。 原則としては、「携る」と記載すると「携わる」なのか「携える」なのか判断がつかなくなってしまうため、「携わる」という送り仮名が正しい表現になります。 「携る」も誤用ではないですが、「携わる」としたほうがよいでしょう。 「携わる」の使い方や敬語表現 「携わる」という言葉は、ある事柄と接点を持った場合に用いられます。 私はスマートフォン向けアプリの開発に携わっています。 彼は田舎に戻り、農業に携わりました。 将来は後進の人材育成に携わりたいです。 彼女は今回のプロジェクトの初期段階から携わっていた。 「携わる」の敬語表現 「携わる」を敬語で表現するには、尊敬語・謙譲語・丁寧語の3パターンがあります。 尊敬語では「携われる」などと用いられます。 謙譲語には「携わる」の直接的な表現はありませんが「携わせて頂きました」など、携わるにつながる言葉を謙譲語にして表現します。 丁寧語では「携わります」など、「です・ます調」になります。 目上の人などに対しては「携われる」など、尊敬語で用います。 自分の経験を述べる場合は「携わっておりました」など、謙譲語で用います。 「携わる」を志望動機での使う場合 「携わる」はビジネスシーンだけでなく、就職活動でも頻繁に用いられる表現です。 特に志望動機をアピールする場合に用いられます。 具体的な目標など、積極性をアピールすることで、就職活動を有利に進めることができます。 」など、自身の経験などをアピールできます。 より強く志望動機をアピールすることで、転職活動を有利に進めることができます。 「携わる」の類語・同義語とその違い 携わるの類語は「関与」「参加」 「携わる」の意味・使い方としては「ある事柄と接点を持つ」であると紹介しました。 「関与」「参加」など、ある事柄に関わったことを表す言葉であれば、表現を使い分けても良いでしょう。 「携わる」と「関わる」との違い 「携わる」は「関わる」という言葉と比較されますが、厳密には意味が異なります。 「関わる」の意味は「ある事柄と関係を持つ」「ある事柄にこだわる」となります。 「関わる」は「ある事柄と関係を持つ」という意味ですが、「携わる」は「ある事柄に仕事として関わる」という意味です。 「生死に関わる問題」「心臓に関わる病気」などと表しますが、「生死に携わる問題」「心臓に携わる病気」とは表しません。 「携わる」と「従事」の違い また「携わる」は「従事」という言葉とも比較されます。 「従事」の意味は「仕事に携わるさま」となります。 どちらも「仕事に取り組む」という、共通の意味があります。 しかし「携わる」には「手と手をとりあうさま」という意味が含まれる部分が異なります。 「携わる」を英語で表現すると? 英語表現は「participate」「take part」 「participate」は、「携わる」「参加する」という意味。 「take part」は、「手伝う」「参加する」という意味。 「携わる」を英語で表現するなら、「携わる」を表している「participate」のニュアンスが近いです。 また英語表現において「participate」は「take part」よりも丁寧な表現なので、ビジネスシーンでは「participate」を用いましょう。 まとめ 「携わる」は、ある事柄と接点を持った場合に用いられます。 特にビジネスシーンでは、「プロジェクトや案件に関わっている」という意味で多く用いられています。 敬語表現を押さえることで、相手に対して失礼のないやり取りが行えます。 「関わる」「従事」との違いをしっかりと理解できれば、表現の幅を広げることができるでしょう。

次の

「荒立てる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

煽り立てる 意味

デマゴギーdemagogyの略。 わが国では流言やうわさなどの同義語としてしばしば用いるが、本来は政治指導の好ましからざる形態を表し、通例、非難の意味を込めて用いる。 ギリシア語のデマゴゴスに由来することばである。 いわゆる(扇動政治家)が情動的シンボル、扇情的スローガン、虚偽情報などを巧みに駆使して、民衆を政治的に操作し、意図した方向に誘導、動員する支配形態のことである。 A・P・シンドラーはデマゴギーを判定する基準として、〔1〕政治指導者の利己的、打算的な意図や動機、あるいは不誠実さといった人格的要因、〔2〕論点の極度の単純化、非合理的アピールなど大衆的アピールの方法、〔3〕民衆の不満を真に解決しうる建設的な行動プログラムを提起せずに、ひたすら政治指導者への情緒的一体化の高揚をてこに、民衆の共鳴と支持を得ることに腐心するデマゴギー的なアピールと指導の帰結として、社会的、政治的不満の真の原因の正しい認識を阻害する逆機能的結果、をあげている。 デマゴギーの政治手法は昔から支配者の常用手段であったが、現代の大衆民主主義のもとでも、大衆操作の有効な手段として利用され、マスコミの高度な発達とともに、ますます巧妙かつ隠微な性格を帯びてきている。 社会的、政治的な危機状況はデマの発生と伝播 でんぱ の格好な温床である。 こうした状況のもとでは、一つには、民衆の不安、恐怖、偏見、敵意などが拡大再生産されて、被暗示性を高進せしめるからであり、いま一つは、マスコミをはじめとする社会的コミュニケーションの情報回路が著しく混乱し、正常な営みを遂行しにくくなる結果、民衆の情報欲求が異常に高まるからである。 支配者はデマの操作によって権力の掌握や維持を策動するだけでなく、民衆の間で自然発生的に生まれ、ひそかに伝播される反権力的志向の流言に、「デマ」のレッテルを貼 は って、「事実無根の流説」とか「秩序紊乱 びんらん の悪質デマ」といった印象を植え付けることで禁圧し、葬り去ろうと画策する。 こうして、デマと流言との概念的混乱が生じる。 民衆のなかで自然発生的に生まれ、口コミで伝播する「下からのデマ」は、しばしば真実の核心を内蔵し、政治権力の弾圧や抑圧への消極的抵抗として発生することが少なくない。 したがって、支配者が自己の政治的目的のために、意図的かつ組織的に計略し、流布する「上からのデマ」(官製デマ)と、「下からのデマ」(流言飛語)とは本来、概念的に区別されなければならない。 しかし、支配者が内密に民衆のなかに虚偽情報を植え付け、あたかも自然発生的な流言であるかのように仕組んで、民衆の抑圧や操作への口実を意図的につくったりするなど、両者を判然と区別しにくい場合もある。 いずれにせよ、デマが飛び交い、はびこる社会はけっして健康ではない。 表現の自由に裏打ちされた多様な情報の自由な流通と競合のメカニズムが、デマの氾濫 はんらん と跳梁 ちょうりょう にとってかわるときに、民主主義政治は活力に満ちた前進的な発展を遂げるのである。

次の