ニンフィア 育成 論 剣 盾。 【ポケモン鎧の孤島】ポリゴン2の育成論と対策|おすすめ性格【剣盾】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】リーフィアの育成論。オススメの型や努力値調整を解説

ニンフィア 育成 論 剣 盾

ほんとはHP191にしたかった オススメの型 自分が使ってみて強かった代表的な型を紹介します。 そのうちしれっと入れ替わってる可能性もあります。 4振りバンギ抜きさえしておけば耐久調整などしなくていい。 イーブイズパーティだけじゃなくて、普通のパーティでもシンプルに強いと思います。 何が強いのかいまいち伝わりにくいです。 プレート持って確定数が変わるポケモンは多すぎて計算してないです。 感覚でやってます。 すみません…。 役割対象がハッキリしていない。 今作は鋼技が至るところから飛んでくるため発動機会も多いです。 実際、一番よく鋼技を使ってくるドリュウズのアイアンヘッド程度なら耐久調整で耐えることも可能です。 しかし、戦いの中で 「HP満タンのニンフィアがダイマックスを使わずにドリュウズのアイアンヘッドを受ける」ことはほぼありません。 HPが削れている可能性、相手が「ダイスチル」を打ってくるリスク、そもそもマジカルフレイムじゃドリュウズを倒せない…など理由はたくさん思いつきますね。 そんなわけで、リリバの実が強いんです(説明が雑) 仮想敵というよりは鋼技を持つすべてのポケモンに対して選出段階で動きの想定が広がります。 なので文章で説明するのが難しいところです。 そんなわけで使い方は難しいので初心者にはオススメできないと言うことと「あくび」の枠は自由枠ですということだけ最後に言っておきます。 自由枠だけど「ダイウォール」が使えないとしんどいので、補助技のほうが良いと思います。 木の実持つしHP多めのほうが良かったかな? 育成当初は命の珠を持たせる構想もあって、とりあえずHPは反動考慮の189にしました。 瞑想がとても強いので、このニンフィアは結構オススメ。 サイコショックの枠を眠るに…とか思うかもしれませんが、瞑想合戦やドヒドイデへの打点としてめちゃ優秀なので必須だと感じています。 イーブイズパーティだと鋼技を受けてでもその相手を倒したい場面が多く、無茶してくれるこの型は非常にマッチしていた。 ただ、最終盤はリリバの発動機会がそこまで多くなかったのも課題。 エーフィ・ゲンガーをまったく見ないかというとそんなことはないので、振ったほうがいい。 意地っ張りキリキザンとかは中乱数1発なので注意が必要です。 シンプルに強いのでイーブイズパーティ以外でとりあえず適当に使いたいなら真っ先にオススメしたい。 フォルムロトムを抜くことも多いので非常に強かった。 ただしイーブイズパーティでメガネニンフィアが選出が難しかった感はある。 つぶらなひとみの枠は補助技ならなんでもよくて、無難なところならあくびとかうそなきでも。 その上位層ニンフィアは素早さを振ってないことが多いので上から瞑想や身代わりできるように12振りしている。 バンギラスは仮想敵じゃないので気にしないことにしています。 気にしろ。 キョダイラプラスが解禁されたこともあり、瞑想ニンフィアは強かったのですが、 パーティ全体として見たときに、食べ残し枠がニンフィアになるのが結構つらい気がした。 努力値配分や技構成は大いに変更の余地あり。 マジカルフレイムがびっくりするぐらい使わない。 明らかに強いことは強いのですが「後攻で壁を貼る動きがもったいない」「有限の壁と時間稼ぎになってしまうあくびの相性が悪い」「ニンフィアは強いポケモンだから壁貼り役にするのはもったいない」などの理由で使用率は微妙な感じだった。 上記理由もあり当初採用していた「あくび」はマジカルフレイムになりました。 これだと結構強いですよ、みなさん。 理由は一つだけで、「ダイアタック」を使えるからです。 相手の素早さを下げる追加効果のある「ダイアタック」はダイマックスしたニンフィアと相性バツグン。 ドリュウズと素早さを逆転させて突破、ヒートロトムを無理やり突破などダイマックス性能が飛躍的に向上します。 なお、物理耐久はかなりペラペラなので油断するとすぐやられます。 ダイアタックが強い型なので、耐久に振るとしたら特攻を削るしかないですね…。 「ダイマックス前提の動き」をするなら、絶対にメロメロボディの方が強いと思いました。 フェアリースキンさん、ダイマックス状態だと威力補正乗せてくれないんで。 他のイーブイズ育成論を見る.

次の

【育成論】ニンフィアの調整案【ポケモン剣盾】:げんそのちから

ニンフィア 育成 論 剣 盾

【ポケモン剣盾】ニンフィアの育成論と対策【対邪竜サザンドラ最終兵器】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回は強くて可愛いニンフィアについて育成論と対策を考えていきたいと思います。 図鑑説明の「恐ろしいドラゴンポケモン」ってサザンドラですかね。 ニンフィアの基本ステータス いつもどおりという神サイトでステータスを確認してみると、以下のようになっています。 【ニンフィアの特徴1】高い特殊耐久 ニンフィアの一番の特徴は特防種族値130という非常に高い特殊耐久です。 HP種族値も95となっており、ほぼ100のため特殊方面には強く出られることがわかります。 これを活かして特殊型のサザンドラの攻撃を耐えたうえで倒すことができるサザンドラキラーとして有名です。 サザンドラはみがわり型もありますが、音わざによってみがわりも貫通して攻撃できるのも強力な点です。 【ニンフィアの特徴2】高い特攻 特攻種族値も110となっており、伸ばせば1撃で落とせるとは限らないものの、相手に7〜8割ダメージを与えられるくらいの火力を持っています。 【ニンフィアの特徴3】夢特性フェアリースキン ニンフィアは夢特性のフェアリースキンによってノーマルタイプのわざをすべてタイプ一致フェアリーわざに変化させることができます。 ニンフィアの使うハイパーボイスが本来ノーマルタイプであることを知っている人は意外と少ないかもしれません。 通常特性のニンフィア(=げきりんの湖に出る個体)はあまり強くないので、レイドで夢特性イーブイを捕獲して夢特性ニンフィアにするのがおすすめです。 【ニンフィアの特徴4】強力な音わざ(みがわり貫通) ニンフィアといえばメインウェポンはハイパーボイスというくらいに定番です。 このハイパーボイスは「音わざ」に分類されるため、相手のみがわり状態を貫通します。 サザンドラはみがわりわるだくみ型がいるので、この点でもサザンドラキラーであるといえるでしょう。 【ニンフィアの特徴5】貧弱な物理耐久と鈍足 ニンフィアは特殊方面には非常に強いものの、物理攻撃・防御は種族値65と非常に低いです。 HPに努力値をふればなんとか耐えられるものの、基本的には物理には弱いと思っていいです。 鬼火をまけるヒートロトムやウォッシュロトム、物理耐久型のアーマーガアなど、物理相手に強く出られるポケモンと一緒に選出してあげるのがいいでしょう。 ニンフィアの育成論と戦い方 ニンフィアはのどスプレー型が強いので、それをメインに紹介します。 のどスプレーニンフィア• 性格:ひかえめ• 特性:フェアリースキン• もちもの:のどスプレー• わざ:ハイパーボイス・でんこうせっか・マジカルフレイム・シャドーボール はハイパーボイスなど音わざを使うと特攻が1段階上昇する持ち物です。 要するにハイパーボイスを1回うてば、こだわらずにこだわりメガネ同様の火力を出すことができます。 デメリットとしては交代すると火力はもとに戻ってしまうことと、1回目のハイパーボイスには火力UPがのらないことです。 そのため、役割対象に対して最低2発は耐えられるように調整し、確定2発だとしても50〜60%のダメージで抑えて、さらにできれば2発目以降はダイマックスを切って相手の2体目の攻撃も耐えたうえで倒していくことが理想です。 すばやさが60族と鈍足なので相手の攻撃を受けてから動く場面も多く、耐久に振るのが必要になるでしょう。 物理相手にはBに振ることで1撃でやられることを阻止していますが、相手を1撃で倒すことができる火力はないので、基本的には他のポケモンで鬼火をまいてから降臨したり、むしろ物理の相手はニンフィアに任せるのをやめてBに振る努力値はDに振ってvs特殊対面に安定して強いポケモンにするのもいいでしょう。 鬼火をまけるロトムやアーマーガア、ローブシンなどは物理に強いので一緒に組むといいかもしれません。 のどスプレーニンフィアはわざが固定されないので、ちょい残しした場合でもフェアリーでんこうせっかで掃除していくこともできます。 バトル終盤に役に立つことがあるので、苦手対面であれば捨てずに一旦引いて、終盤の掃除役として活躍の機会を取っておくのもおすすめです。 今作のニンフィアはマジカルフレイムという鋼タイプに強く出られるわざを使えるので、ナットレイやアーマーガアにも強く出られるのがいいですね。 シャドーボールはゴースト自体が通りが良いタイプなので、交代読みでうつとかフェアリー・炎がききにくい炎タイプ相手に使えます。 ちなみにサイコショックにするとドヒドイデに強く出られるようになるでしょう。 受けニンフィア• 性格:ずぶとい• 特性:フェアリースキン• もちもの:とつげきチョッキ• わざ:ハイパーボイス・でんこうせっか・マジカルフレイム・シャドーボール 受けに特化したニンフィアです。 物理耐久もガン積みして特殊耐久はとつげきチョッキで上げているので、苦手対面ができたときのクッションとして役立ってくれるでしょう。 積みニンフィア• 性格:ひかえめ or おだやか• 特性:フェアリースキン• もちもの:カゴのみ• わざ:ハイパーボイス・マジカルフレイム・ねむる・めいそう ただでさえ高い特防とHPに努力値フルぶっぱして特殊対面に出してめいそうを積んで特攻・特防をあげます。 積んでいる間に受けたダメージはねむる+カゴのみで回復してからダイマックスを切れば安定です。 初手で出しても物理ポケモンに交代されて活躍できないと思うので、相手の駒がわかってきた中盤戦以降に出したり、そもそも相手が特殊ポケモンを出したくなるようなパーティ構築(選出誘導)をするのもいいでしょう。 (アーマーガアなど物理耐久ポケモンが非常に多い+明らかな鬼火まきポケモンが非常に多いパーティなど) 下記のすばやさ調整の通り、Sに60ふると無振りアーマーガアを抜けます。 耐久ぶっぱアーマーガアでもSに4振ってることもあることを考えると、Sに68振っておくと安心して抜けますね。 その他の型 細かい調整やダメージ計算がされた育成論はに今後もアップされていくと思うので要チェックですね。 ニンフィアの育成論を上げている動画があったのではっておきますね。 ニンフィアの対策 ニンフィアの対策は高火力物理鋼です。 ドリュウズ• アイアント• ギルガルド これらのポケモンは物理攻撃が高く、鋼わざでニンフィアをほぼ確定1発で倒すことができます。 ドリュウズとアイアントはニンフィアより速く、ギルガルドはシールドフォルムの防御力が非常に高いのでほぼ確実にニンフィアを狩れるでしょう。 その他にも、一般的にニンフィアは物理耐久が紙なので物理アタッカーで削るのもいいでしょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】ニンフィアの育成論と対策【対邪竜サザンドラ最終兵器】 いかがでしたでしょうか。 ちょっと捕獲&育成が面倒くさいんですが、つよくて可愛いニンフィア育ててみてはいかがでしょう。 それでは今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 長時間座ってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 「」 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【ポケモン剣盾】ニンフィアの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

ニンフィア 育成 論 剣 盾

物理攻撃を受けた時、敵にダメージを与えられる道具「ゴツゴツメット」を最大限に活かしつつ、技「ねがいごと」で回復もできるので相手の降参を誘うことができます。 基本的には、技「あくび」で相手を牽制しつつ、技「イカサマ」と道具「ゴツゴツメット」で着実にダメージを与えて行く動きが強力です。 1ターン分稼げるので、ダイマックスターンの消費にも向いている。 ブラッキーの役割と立ち回り 受けベースで戦う 「ブラッキー」の基本的な動きとしては、 物理アタッカーの受けポケモンとして使用することです。 特防の種族値も130あるので、特殊アタッカーに対しても受けとして使用できます。 後続のサポート役も担える 「ブラッキー」の技「ねがいごと」「あくび」は後続サポートに向いています。 技「ねがいごと」は自分以外のポケモンを回復させる動きを可能にし、技「あくび」は相手が交代して来なければ眠らせることができます。 ダイマックスしている相手に対して技「あくび」を打つと交代しないといけない状況を作り出せるので非常に強力と言えます。 ブラッキーの対策 「ちょうはつ」で技を縛る戦略 「ブラッキー」は補助技で技枠を殆ど埋めてしまうポケモンなので、補助技を縛れる技「ちょうはつ」で機能停止を狙えます。 技「ちょうはつ」で補助技を縛ると、技「イカサマ」しか選択できなくなるので、 積みの起点にしたりエースで一気に倒しきる動きができます。 特性「フェアリースキン」の恩恵を受け、ブラッキーを技「ハイパーボイス」で確定1発できます。 ダイマックスすれば 「ダイフェアリー」の効果で眠り状態を防ぐことも可能なので、ブラッキーを完全に対策できます。 また、特性「」の「ブリムオン」なら「あくび」も跳ね返せるため、おすすめのポケモンと言えます。

次の