王将 デリバリー。 「餃子の王将」のデリバリー対応店舗が大幅増 出前館から注文可

「餃子の王将」と「日高屋」、なぜ業績に明暗?テイクアウト&デリバリー需要の獲得で大差(Business Journal)

王将 デリバリー

販売する13商品は、「超ニンニクカルビ炒飯」「レバニラ焼きそば」「ガーリックホイコーロー」「麻婆レバレバ豆腐」「辛味ムーシーロ」「シビカラ麻婆豆腐」「燃えろ! 辛旨レバー炒め」「マシマシガーリック炒飯」「ニンニク唐揚げ」「ガーリックねぎ塩焼きそば」「青菜ガーリック炒め」「肉撃焼きそば」「肉撃黒炒飯」。 〈「大阪王将」テイクアウト・デリバリー限定商品 税別価格 〉 ・「超ニンニクカルビ炒飯」991円 特製ニンニクタレで香ばしく焼き上げた牛カルビと、ニンニクをガッツリと効かせた特製炒飯の相性がよいメニュー。 ・「レバニラ焼きそば」760円 ニンニクを効かせた人気のレバニラ炒めと、自慢のもちもち太麺を使った焼きそばを、一度に食べられるメニュー。 ・「ガーリックホイコーロー」723円 定番のホイコーローにニンニクを加え、パンチのある商品に仕上げている。 ・「麻婆レバレバ豆腐」686円 豆板醤のコクと四川花椒が香る麻婆豆腐に、レバーを豪快に加えたメニュー。 ・「辛味ムーシーロ」639円 ふわふわの玉子と、小松菜のシャキシャキとした食感が味わえるムーシーロに、豆板醤のコクと辛味を加えたメニュー。 ・「シビカラ麻婆豆腐」650円 特製辛味タレと、痺れる辛さが特徴の四川花椒を使った、辛い物好きにはたまらないというメニュー。 ・「燃えろ! 辛旨レバー炒め」686円 人気のレバニラ炒めに、ニンニクと豆板醤の特製タレを加えた、後引く辛さが特徴。 ・「マシマシガーリック炒飯」695円 炒飯に、ニンニクの芽、フライドガーリック、おろしニンニクを加えた、スタミナのつくメニュー。 ・「ニンニク唐揚げ」630円 ニンニク風味の唐揚げに特製ニンニクタレ纏わせた、コクのあるメニュー。 ・「ガーリックねぎ塩焼きそば」686円 もちもち太麺を使った焼きそばにスライスしたニンニクとたっぷりのネギと豚肉を加えたボリューム満点のメニュー。 ・「青菜ガーリック炒め」454円 シャキシャキとした食感の青菜炒めに、刻んだニンニクを加えることで、パンチのある逸品に仕上げている。 ・「肉撃焼きそば」797円 もちもち太麺を使った焼きそばに、豚肉をたっぷりと加えた食べ応え満点のメニュー。 ・「肉撃黒炒飯」797円 特製タレで柔らかく香ばしく焼き上げた豚肉と、コク深い黒炒飯の相性がよいメニュー。 食品産業新聞 時代をリードする食品の総合紙 食品・食料に関する事件、事故が発生するたびに、消費者の食品及び食品業界に対する安心・安全への関心が高っています。 また、日本の人口減少が現実のものとなる一方、食品企業や食料制度のグローバル化は急ピッチで進んでいます。 さらに環境問題は食料の生産、流通、加工、消費に密接に関連していくことでしょう。 食品産業新聞ではこうした日々変化する食品業界の動きや、業界が直面する問題をタイムリーに取り上げ、詳細に報道するとともに、解説、提言を行っております。 創刊: 昭和26年(1951年)3月1日 発行: 週2回刊(月・木) 体裁: ブランケット版 8~16ページ 主な読者: 食品メーカー、食品卸、食品量販店(スーパー、コンビニエンスストアなど)、商社、外食、行政機関など 発送: 東京、大阪の主要部は直配(当日朝配達)、その他地域は第3種郵便による配送 購読料: 3ヵ月=本体価格12,000円+税 6ヵ月=本体価格23,000円+税 1年=本体価格44,000円+税.

次の

餃子の王将、コロナ外食不況でも健闘している理由

王将 デリバリー

販売する13商品は、「超ニンニクカルビ炒飯」「レバニラ焼きそば」「ガーリックホイコーロー」「麻婆レバレバ豆腐」「辛味ムーシーロ」「シビカラ麻婆豆腐」「燃えろ! 辛旨レバー炒め」「マシマシガーリック炒飯」「ニンニク唐揚げ」「ガーリックねぎ塩焼きそば」「青菜ガーリック炒め」「肉撃焼きそば」「肉撃黒炒飯」。 〈「大阪王将」テイクアウト・デリバリー限定商品 税別価格 〉 ・「超ニンニクカルビ炒飯」991円 特製ニンニクタレで香ばしく焼き上げた牛カルビと、ニンニクをガッツリと効かせた特製炒飯の相性がよいメニュー。 ・「レバニラ焼きそば」760円 ニンニクを効かせた人気のレバニラ炒めと、自慢のもちもち太麺を使った焼きそばを、一度に食べられるメニュー。 ・「ガーリックホイコーロー」723円 定番のホイコーローにニンニクを加え、パンチのある商品に仕上げている。 ・「麻婆レバレバ豆腐」686円 豆板醤のコクと四川花椒が香る麻婆豆腐に、レバーを豪快に加えたメニュー。 ・「辛味ムーシーロ」639円 ふわふわの玉子と、小松菜のシャキシャキとした食感が味わえるムーシーロに、豆板醤のコクと辛味を加えたメニュー。 ・「シビカラ麻婆豆腐」650円 特製辛味タレと、痺れる辛さが特徴の四川花椒を使った、辛い物好きにはたまらないというメニュー。 ・「燃えろ! 辛旨レバー炒め」686円 人気のレバニラ炒めに、ニンニクと豆板醤の特製タレを加えた、後引く辛さが特徴。 ・「マシマシガーリック炒飯」695円 炒飯に、ニンニクの芽、フライドガーリック、おろしニンニクを加えた、スタミナのつくメニュー。 ・「ニンニク唐揚げ」630円 ニンニク風味の唐揚げに特製ニンニクタレ纏わせた、コクのあるメニュー。 ・「ガーリックねぎ塩焼きそば」686円 もちもち太麺を使った焼きそばにスライスしたニンニクとたっぷりのネギと豚肉を加えたボリューム満点のメニュー。 ・「青菜ガーリック炒め」454円 シャキシャキとした食感の青菜炒めに、刻んだニンニクを加えることで、パンチのある逸品に仕上げている。 ・「肉撃焼きそば」797円 もちもち太麺を使った焼きそばに、豚肉をたっぷりと加えた食べ応え満点のメニュー。 ・「肉撃黒炒飯」797円 特製タレで柔らかく香ばしく焼き上げた豚肉と、コク深い黒炒飯の相性がよいメニュー。 食品産業新聞 時代をリードする食品の総合紙 食品・食料に関する事件、事故が発生するたびに、消費者の食品及び食品業界に対する安心・安全への関心が高っています。 また、日本の人口減少が現実のものとなる一方、食品企業や食料制度のグローバル化は急ピッチで進んでいます。 さらに環境問題は食料の生産、流通、加工、消費に密接に関連していくことでしょう。 食品産業新聞ではこうした日々変化する食品業界の動きや、業界が直面する問題をタイムリーに取り上げ、詳細に報道するとともに、解説、提言を行っております。 創刊: 昭和26年(1951年)3月1日 発行: 週2回刊(月・木) 体裁: ブランケット版 8~16ページ 主な読者: 食品メーカー、食品卸、食品量販店(スーパー、コンビニエンスストアなど)、商社、外食、行政機関など 発送: 東京、大阪の主要部は直配(当日朝配達)、その他地域は第3種郵便による配送 購読料: 3ヵ月=本体価格12,000円+税 6ヵ月=本体価格23,000円+税 1年=本体価格44,000円+税.

次の

餃子の王将 デリバリーサービス開始のお知らせ|株式会社王将フードサービスのプレスリリース

王将 デリバリー

販売する13商品は、「超ニンニクカルビ炒飯」「レバニラ焼きそば」「ガーリックホイコーロー」「麻婆レバレバ豆腐」「辛味ムーシーロ」「シビカラ麻婆豆腐」「燃えろ! 辛旨レバー炒め」「マシマシガーリック炒飯」「ニンニク唐揚げ」「ガーリックねぎ塩焼きそば」「青菜ガーリック炒め」「肉撃焼きそば」「肉撃黒炒飯」。 〈「大阪王将」テイクアウト・デリバリー限定商品 税別価格 〉 ・「超ニンニクカルビ炒飯」991円 特製ニンニクタレで香ばしく焼き上げた牛カルビと、ニンニクをガッツリと効かせた特製炒飯の相性がよいメニュー。 ・「レバニラ焼きそば」760円 ニンニクを効かせた人気のレバニラ炒めと、自慢のもちもち太麺を使った焼きそばを、一度に食べられるメニュー。 ・「ガーリックホイコーロー」723円 定番のホイコーローにニンニクを加え、パンチのある商品に仕上げている。 ・「麻婆レバレバ豆腐」686円 豆板醤のコクと四川花椒が香る麻婆豆腐に、レバーを豪快に加えたメニュー。 ・「辛味ムーシーロ」639円 ふわふわの玉子と、小松菜のシャキシャキとした食感が味わえるムーシーロに、豆板醤のコクと辛味を加えたメニュー。 ・「シビカラ麻婆豆腐」650円 特製辛味タレと、痺れる辛さが特徴の四川花椒を使った、辛い物好きにはたまらないというメニュー。 ・「燃えろ! 辛旨レバー炒め」686円 人気のレバニラ炒めに、ニンニクと豆板醤の特製タレを加えた、後引く辛さが特徴。 ・「マシマシガーリック炒飯」695円 炒飯に、ニンニクの芽、フライドガーリック、おろしニンニクを加えた、スタミナのつくメニュー。 ・「ニンニク唐揚げ」630円 ニンニク風味の唐揚げに特製ニンニクタレ纏わせた、コクのあるメニュー。 ・「ガーリックねぎ塩焼きそば」686円 もちもち太麺を使った焼きそばにスライスしたニンニクとたっぷりのネギと豚肉を加えたボリューム満点のメニュー。 ・「青菜ガーリック炒め」454円 シャキシャキとした食感の青菜炒めに、刻んだニンニクを加えることで、パンチのある逸品に仕上げている。 ・「肉撃焼きそば」797円 もちもち太麺を使った焼きそばに、豚肉をたっぷりと加えた食べ応え満点のメニュー。 ・「肉撃黒炒飯」797円 特製タレで柔らかく香ばしく焼き上げた豚肉と、コク深い黒炒飯の相性がよいメニュー。 食品産業新聞 時代をリードする食品の総合紙 食品・食料に関する事件、事故が発生するたびに、消費者の食品及び食品業界に対する安心・安全への関心が高っています。 また、日本の人口減少が現実のものとなる一方、食品企業や食料制度のグローバル化は急ピッチで進んでいます。 さらに環境問題は食料の生産、流通、加工、消費に密接に関連していくことでしょう。 食品産業新聞ではこうした日々変化する食品業界の動きや、業界が直面する問題をタイムリーに取り上げ、詳細に報道するとともに、解説、提言を行っております。 創刊: 昭和26年(1951年)3月1日 発行: 週2回刊(月・木) 体裁: ブランケット版 8~16ページ 主な読者: 食品メーカー、食品卸、食品量販店(スーパー、コンビニエンスストアなど)、商社、外食、行政機関など 発送: 東京、大阪の主要部は直配(当日朝配達)、その他地域は第3種郵便による配送 購読料: 3ヵ月=本体価格12,000円+税 6ヵ月=本体価格23,000円+税 1年=本体価格44,000円+税.

次の