ハンディ コミックス。 楽天ブックス: ごくせん(12)ハンディ版

楽天ブックス: ごくせん(12)ハンディ版

ハンディ コミックス

さまざまな業界で活用されるハンディターミナル ハンディターミナルは、直訳すれば「携帯端末」となり、携帯性に優れたデータ収集用の端末のことを指します。 近年は、バーコードや2次元コードなどによる部品・製品の管理が一般的です。 ハンディターミナルには、業界やシーンを問わずに使用できる優れた操作性と堅牢性、防滴・防塵性が求められます。 物流業界と製造業界、小売業界でシェアを拡大 ハンディターミナルの利点は、データをリアルタイムで収集・処理ができることです。 この利点を活かし、在庫管理や入出荷検品、納品、集荷といった各プロセスで常に新規のデータが発生し続ける物流業界で多く利用されています。 また入出荷業務やピッキング業務が日常的な物流業界だけでなく、製造業界でも今やハンディターミナルは必須です。 生産管理やトレーサビリティ、業務の省力化や効率化などに大きく貢献しており、また、小売業界でも在庫管理や商品管理などで広く利用されています。 意外なシーンでもすっかり主役に ハンディターミナルの身近な利用シーンのひとつが宅配業者です。 荷物の配達の際に伝票に印刷されたバーコードを「ピッ」と読み取っているシーンは、よく目にする光景のひとつです。 また最近では、放置車両の確認事務を行う駐車監視員もハンディターミナルを活用しています。 駐車違反車を見つけると、何かの機械で証拠写真を撮影したり、違反ステッカーを内蔵のプリンタで発行したりしていますが、あちらもハンディターミナルの活用法のひとつとなります。 ほかにも水道・電気などの検針業務にもハンディターミナルが浸透しています。 こうして見ると、さまざまなシーンでハンディターミナルが活用されていることがわかります。 ハンディターミナルの基本構造 ハンディターミナルがどんなものか、その基本構造を見てみましょう。 一口にハンディターミナルと言っても用途や活用シーンで求められる機能やスペックは大きく異なります。 こちらでは、あくまで物流の世界で多く用いられている汎用タイプを例に構造、操作系を説明していきます。 A:アンテナ部 無線LANやBluetoothのアンテナが搭載されていて、インターネットや社内(構内)LANを介してPCや他の端末と接続します。 モデルによっては無線機能のないものタイプもあります。 B:動作確認LED インジケータ バーコードなどを読み取った際、または読み取りエラーが生じた際に異なる色の光で知らせるLEDインジケータです。 照合の場合も同様の動作でOKかNGかを知らせます。 C:スキャナ部 バーコードや2次元コードなどを読み取るスキャナ部。 レーザスキャンモジュールまたは専用のカメラが内蔵されています。 D:ブザー部 動作/操作を音でお知らせするスピーカーです。 E:液晶表示部 用途などにより大型のもの、小型のものがあり、主にメニューや作業者への指示、読み取ったバーコードの結果や入力した文字などを表示します。 なお、表示内容はプログラムにより異なります。 中にはタッチパネル搭載の製品もあります。 F:キー操作部 電源スイッチのほかテンキー、ファンクションキーがレイアウトされていて、さまざまな入力作業に対応しています。 携帯電話のように同一キーを押し続けることで文字を選択できる機種も存在します。 G:トリガーキー コードを読み取る際、カメラのシャッターを切るように押します。 H:電池取付部 充電式バッテリーと、乾電池を用いるタイプがあります。 他:バイブレーション機能 動作/操作を振動で伝えます。 また、バーコードの読み取りエラーや照合エラーを振動で知らせます。

次の

ハンディターミナルとは

ハンディ コミックス

BookLive! コミック】に変更しました。 BookLive! コミックは凸版印刷グループに属する「」が運営をしている スマホ、タブレット専用の電子コミックサイト。 BookLive! とはまた一味違った漫画、コミックのラインナップでニッチジャンルに強い電子コミックサイトになっている。 BookLive! コミックは、と同じく月額ポイント制を採用。 ポイントを消費して作品を購入する形となっています。 巻購入、話購入に対応した作品も多くあり。 BookLive! が一般漫画、コミックに強い一方でBookLive! ミックは BL・TL・成人向け漫画といったニッチジャンルの作品に強くなっています。 ドコモ、au、SoftBankの大手携帯キャリアを使っていれば1分で無料会員登録も完了。 支払いもキャリア決済なので携帯料金に合算して利用することができます。 ニッチジャンルに強いと微妙に配信作品も違ったりするので比較して選ぶと良いです。 BookLive! コミックのおすすめポイント• 無料配信作品が多数• 携帯キャリア決済に対応• ニッチジャンルの作品ラインナップが豊富• BookLive! 運営だから安心して利用できる• 話購入でも閲覧有効期限が長い BookLive! コミックの特徴として巻購入であっても端末にダウンロードすることができません。 基本的にブラウザを利用したストリーミング再生となります。 この点はデータ通信量を気にする方は少し不満を覚えるかもしれません。 ですが、BookLive! コミックを解約してもそれまでに購入した作品はログインすれば読むことができます。 解約すると購入作品が読めなくなる電子コミックサイトもありますので非常に嬉しいポイントと言えます。 人気の一般漫画、コミックは運営元であるBookLive! を活用してニッチジャンルの漫画が読みたい時はBookLive! コミックを利用するのが個人的なお勧めです。 BookLive! は専用アプリに購入した作品をダウンロードしてオフライン再生が可能です。 BookLive! コミックの配信ジャンル 少年・青年 少女・女性 17000作品以上 29000作品以上 ボーイズラブ ティーンズラブ 19000作品以上 190000作品以上 ガールズラブ 成人向け 600作品以上 25000作品以上 運営元のBookLive! と比較するとBL・TL・成人向け作品は約倍以上の作品ラインナップがあります。 ニッチジャンルのラインナップは業界トップクラスといっても過言ではありません。 またBookLive! コミックではジャンルを細かく分類しており絞り込み検索が可能です。 出版社別にも絞り込むことができます。 タイトルのわからないニッチな作品であっても探すことが簡単にできます。 意外とにラインナップされていない作品をBookLive! コミックで探すとヒットしたりします。 BookLive! コミックの月額料金 BookLive! コミックは月額ポイント制プランとなっている。 支払い方法も携帯キャリア決済のみ。 追加ポイントを購入する時だけクレジットカードで支払いすることが可能となっている。 BookLive! コミックで用意されている月額プランは以下の通り。 コース 月額料金 通常ポイント ブックライブコミック 300 324円 324pt ブックライブコミック 500 540円 540pt ブックライブコミック 1000 1080円 1080pt ブックライブコミック 2000 2160円 2160pt BookLive! コミックでは通常ポイントに加えて「初月ボーナス」「毎月継続ボーナス」といったボーナスポイントが各プランに付与される仕組みになっている。 各月額プランのボーナスポイントは以下の通り。 通常ポイントに加えてボーナスポイント分が毎月の利用できるポイント数となる。 コース 初月ボーナス 毎月継続ボーナス ブックライブコミック 300 0pt 32pt ブックライブコミック 500 108pt 54pt ブックライブコミック 1000 216pt 162pt ブックライブコミック 2000 432pt 432pt 上位プランほどボーナス付与ポイントが多くなっていきます。 解約して新たに月額コースに登録をしても初月ボーナスは対象外となります。 月額コースに関しては複数契約が可能。 BookLive! コミックの安全性 運営元がBookLive! なので安全性の信頼はあります。 また決済方法も携帯キャリア決済に対応。 セキュリティ面を見ても万全になっています。 私自身もメインはBookLive! を利用してたまにニッチジャンルの漫画を読みたい時はブックライブコミックを利用していますが トラブルが起こったことは一切ありません。 快適に利用することができます。 ちなみに携帯料金と合算なので携帯の請求書に記載されますが購入した漫画のタイトルなどは表記されません。 明細には「Handyコミック」といった記載のみです。 親御さんに携帯料金を払ってもらっている方も購入した漫画を知られることはありません。 BookLive! 携帯大手キャリアを利用している人は登録も簡単なので漫画好き、ニッチジャンル好きには 高評価な電子コミックサイトになっています。 悪評になっている部分があるとすれば「まんが王国」同様に広告です。 ハンディコミックが出稿している多くの広告はグロい系、エロ系だったりするので不快に感じている人も中にはいました。 広告は不快でもサービス自体はしっかりとしているので安心して利用ができます。

次の

BookLive!コミック(旧:ハンディコミック)の評判・料金・無料試し読み

ハンディ コミックス

さまざまな業界で活用されるハンディターミナル ハンディターミナルは、直訳すれば「携帯端末」となり、携帯性に優れたデータ収集用の端末のことを指します。 近年は、バーコードや2次元コードなどによる部品・製品の管理が一般的です。 ハンディターミナルには、業界やシーンを問わずに使用できる優れた操作性と堅牢性、防滴・防塵性が求められます。 物流業界と製造業界、小売業界でシェアを拡大 ハンディターミナルの利点は、データをリアルタイムで収集・処理ができることです。 この利点を活かし、在庫管理や入出荷検品、納品、集荷といった各プロセスで常に新規のデータが発生し続ける物流業界で多く利用されています。 また入出荷業務やピッキング業務が日常的な物流業界だけでなく、製造業界でも今やハンディターミナルは必須です。 生産管理やトレーサビリティ、業務の省力化や効率化などに大きく貢献しており、また、小売業界でも在庫管理や商品管理などで広く利用されています。 意外なシーンでもすっかり主役に ハンディターミナルの身近な利用シーンのひとつが宅配業者です。 荷物の配達の際に伝票に印刷されたバーコードを「ピッ」と読み取っているシーンは、よく目にする光景のひとつです。 また最近では、放置車両の確認事務を行う駐車監視員もハンディターミナルを活用しています。 駐車違反車を見つけると、何かの機械で証拠写真を撮影したり、違反ステッカーを内蔵のプリンタで発行したりしていますが、あちらもハンディターミナルの活用法のひとつとなります。 ほかにも水道・電気などの検針業務にもハンディターミナルが浸透しています。 こうして見ると、さまざまなシーンでハンディターミナルが活用されていることがわかります。 ハンディターミナルの基本構造 ハンディターミナルがどんなものか、その基本構造を見てみましょう。 一口にハンディターミナルと言っても用途や活用シーンで求められる機能やスペックは大きく異なります。 こちらでは、あくまで物流の世界で多く用いられている汎用タイプを例に構造、操作系を説明していきます。 A:アンテナ部 無線LANやBluetoothのアンテナが搭載されていて、インターネットや社内(構内)LANを介してPCや他の端末と接続します。 モデルによっては無線機能のないものタイプもあります。 B:動作確認LED インジケータ バーコードなどを読み取った際、または読み取りエラーが生じた際に異なる色の光で知らせるLEDインジケータです。 照合の場合も同様の動作でOKかNGかを知らせます。 C:スキャナ部 バーコードや2次元コードなどを読み取るスキャナ部。 レーザスキャンモジュールまたは専用のカメラが内蔵されています。 D:ブザー部 動作/操作を音でお知らせするスピーカーです。 E:液晶表示部 用途などにより大型のもの、小型のものがあり、主にメニューや作業者への指示、読み取ったバーコードの結果や入力した文字などを表示します。 なお、表示内容はプログラムにより異なります。 中にはタッチパネル搭載の製品もあります。 F:キー操作部 電源スイッチのほかテンキー、ファンクションキーがレイアウトされていて、さまざまな入力作業に対応しています。 携帯電話のように同一キーを押し続けることで文字を選択できる機種も存在します。 G:トリガーキー コードを読み取る際、カメラのシャッターを切るように押します。 H:電池取付部 充電式バッテリーと、乾電池を用いるタイプがあります。 他:バイブレーション機能 動作/操作を振動で伝えます。 また、バーコードの読み取りエラーや照合エラーを振動で知らせます。

次の