カフェイン過敏症 検査キット。 カフェインアレルギーとは?概要・チェック方法を紹介します

遺伝子検査キット|Tezuka Project

カフェイン過敏症 検査キット

息苦しい動悸とコーヒーの関係 日常生活で胸が高鳴ることは珍しくありません。 例えば緊張したときやミスをしてしまったときなど精神的なことから動悸が激しくなる人もいるでしょう。 カフェインには眠気防止や集中力の向上、強心作用といった覚醒作用があることは有名ですが、そのメカニズムはご存知でしょうか。 人間の体内には『アデノシン』という物質があり、主な働きは…… ・睡眠を誘発 ・頭痛などを誘発 ・筋肉を弛緩させ、血管を拡張する ・心拍数を穏やかにする ・腎臓への血流を穏やかにする などが挙げられます。 カフェインはこのアデノシンの働きを抑制する効果があるのです。 ですが、アデノシンは生体内で重要な役割を担っており、カフェインによって何度もその作用を抑制してしまうのは危険です。 上記にも挙げましたが、アデノシンの働きの1つに『心拍数を穏やかにする』というのがあります。 カフェインの『強心作用』とは、このアデノシンの作用を抑制することで発揮しているのです。 つまり、コーヒーを飲んで動悸を感じた場合はカフェインが作用しているということになります。 この動悸が慢性的なものになると、人によっては不安を感じパニック障害や精神障害を引き起こしてしまう恐れが出てきます。 もちろん、普通にコーヒーを飲んでいるのであれば、このような心配はありません。 しかし、『普通の摂取量』というのは曖昧で分かりにくいですよね。 次項では適度なコーヒーの摂取量を解説していきます。 動悸に注意? 一日に摂ってもいいカフェインはどのくらい? 欧州食品安全機関 EFSA によると1日のカフェインの摂取上限は約400mgとしています。 これをカップ数 1カップ180ml に換算すると 『コーヒーの適量は1日3~4杯』と言われています。 また、1度に摂取しても問題ないとされるカフェインの上限は200mgです。 この量を越えてカフェインを摂取すると動悸、吐き気、めまいといった体調不良を起こしかねません。 これらの症状は『カフェイン中毒』の可能性があります。 カフェインの過剰摂取はコーヒーだけではなく身近なカフェイン飲料の飲みすぎにも注意しましょう。 例えば紅茶に含まれるカフェインは約75mg、煎茶やウーロン茶は約50mg、エナジードリンクに至っては1本で150mg以上のカフェインを含有している商品もあります。 カフェイン入りの飲み物を飲んだあとに動悸などを感じたら、1度飲むのを止め数時間置くか、その日は控えるようにしてください。 続いてカフェイン中毒の症状に似たカフェイン過敏症という症状について解説します。 誰にでも起こりえる?カフェイン過敏症による動悸 カフェイン中毒はカフェインの過剰摂取によるものですが、カフェイン中毒と似た症状に『カフェイン過敏症』というものがあります。 カフェイン過敏症は別名コーヒーアレルギー、カフェインアレルギーとも呼ばれ、誰にでも発症する可能性があります。 症状としてが痒み、頭痛、動悸、吐き気などが挙げられますが、他にも焦燥感や幻聴・幻覚、不安など精神的な変調も引き起こすことがあります。 カフェイン過敏症で注意しなければならないのは『じつはカフェイン過敏症なのに気付いていない』場合です。 カフェイン過敏症は一律に『カフェインを摂った瞬間に発症』するわけではないのです。 コーヒー1杯で発症する人や、2,3杯で発症する人など個人差があります。 自分がカフェイン過敏症かどうかは病院の検査で知ることができますが、現時点では完治させるのは難しいと言われています。 続いてはコーヒー カフェイン を摂取する時間帯と動悸の関係を解説していきます。 起床後のコーヒーの注意点!朝コーヒーは良い?悪い? それぞれのライフスタイルによってコーヒーを飲む時間帯は違いますよね。 ですが、なかでも多いのは『朝にコーヒーを飲むスタイル』ではないでしょうか。 朝といっても『起床後すぐに飲む』という人や『朝食時に飲む』、『朝食後に飲む』など細かく分かれると思います。 米国軍保健衛生大学のスティーブ・ミラー博士によると『起床してすぐのコーヒーは体調不良になってしまう可能性がある』と指摘しています。 ミラー氏の発表によると起床時の人間の身体はコルチゾールという物質を多く分泌しており、そのタイミングでカフェインを摂取すると神経に負担を掛けてしまうということです。 そして、もう1つ大事なのは胃の状態です。 胃の中が空っぽの状態でコーヒーを飲んでしまうと、胃がカフェインを多量に吸収してしまい、動悸や頭痛、吐き気といった症状を引き起こす恐れがあります。 そのため空腹時のコーヒーの飲用は控えるようにしましょう。 では、もしもコーヒー飲用後に動悸を感じたときはどのように対処すればいいのでしょうか。 関連記事: 動悸を鎮める民間療法・治し方 コーヒーが原因となる動悸はカフェインが元となっているので、まずは身体のカフェインを薄める必要があります。 単純な対処法ですが『水を飲む』のをおすすめします。 深呼吸をして安静にするなど『身体』と『気持ち』を落ち着かせるのも単純かつ効果的な方法になります。 また、東洋医学に『動悸を抑えるツボ』というものがあります。 1つは『神門』と呼ばれるツボで、手の平の付け根、小指側にやや凹んでいるところがあると思います。 そこを親指で左右交互に押すことで動悸が緩和されると言われています。 もう1つのツボは『膻中 だんちゅう 』というもので、左右の乳頭を結んだ真ん中の部分になります。 呼吸を整え、このツボを両中指で1分ほど押すと動悸が鎮まると言われています。 ですが、明らかに症状が重いと感じた場合はすぐに病院に行くようにしてください。 激しい動悸や吐き気、頭痛、めまい、痒みなどが発症するのはカフェイン中毒やカフェイン過敏症の疑いがあります。 この記事を読んで「ちょっとコーヒー飲み過ぎかな?」と気を配れるようになってもらえれば幸いです。 恋は身体に悪い 昔に比べると足腰が多少弱くなってきたものの、まだまだ病気とは無縁な身体である。 しかし、不思議なもので歳を重ねると惚れた腫れたといった色事に関心が薄れていくのはなぜだろうか? この原因として考えられるのは過去に普通の人よりもキュンキュンしてきたからではないかと推察する。 若い時分、僕は惚れっぽく意中の女性の一挙一動に激しく胸を高鳴らせたものだ。 はたから見れば、なんともメデタイ野郎だと思われるかもしれないが、胸を高鳴らせてる側からしてみれば、ただただ苦しいだけなのである。 この動悸のせいで睡眠不足を始め、食欲不振、注意散漫、焦心苦慮な状態に陥ってしまい自分のみならず、周囲にまで悪影響を与えてしまった。 それで恋が実っていればまだ救いようがあるものの大抵『動悸を伴なう恋』というのは失敗に終わるのが常である。 長くなってしまったが、僕は本気で恋をすると体調不良になってしまう。 ここ最近の心の平穏は過去の失敗から学んだ賜物ではないだろうか。 最後になるが、実は「」と「時間が経過して酸化しまったコーヒー」では、味の違いだけでなく身体に与える影響も異なるのだ。 もし僕が本気の恋のお供に選ぶとしたら、間違いなく動悸が起こりにくい新鮮なコーヒー。 失敗続きの「動悸が伴う恋」にならぬよう、「動悸が伴わないコーヒー」を飲みたいものだ。

次の

コーヒーアレルギーとカフェイン中毒の症状は?検査方法と治療について

カフェイン過敏症 検査キット

カフェイン中毒における症状 中毒症状にはまず身体的に表れる症状と精神的に表れる症状があります。 またその中でも突発的に発生する急性症状、ゆっくり症状が表れ継続的に影響を与える慢性症状があります。 それぞれ中毒症状はどういったものがあるか、それをお伝えしていきたいと思います。 カフェインと聞きまず最初に思い浮かべるといえば、やはり睡眠障害だと思われます。 寝る前にコーヒーを飲んだからなかなか寝付けない、勉強中で寝るわけにはいかないからエナジードリンクを飲もうと睡眠を調整する行為にカフェインの話題は欠かせないかと思います。 事実カフェインの摂り過ぎ、摂る時間帯により睡眠障害へと発展します。 どれぐらいの量で摂り過ぎになるのかというと、通常1日250mgのカフェインを摂取する事により不眠などの障害を起こす可能性が高いと言われます。 個人差はありますが平均的な統計としてこちらが打ち出されております。 またこの数値はカフェイン過敏症の方にとっては、関係ないと言えるでしょう。 症状の違いにもよりますが、1杯・1口飲むだけでもこの様な症状を引き起こす可能性が高いからです。 また過敏症でない方ですとカフェインは普段から継続的に飲まれる方は4時間、飲まれない方は8時間以上のカフェイン効果を発揮します。 夜に飲むと寝付けないというのはカフェインを摂取し、中枢神経が興奮状態によるところが大きいという事です。 またカフェイン過敏症の人はここから特に気を付けてもらいたいのですが、あくまでの睡眠障害は初期症状といえます。 悪化に伴い落ち着きが無くなり多弁や気分の高揚、さらに悪化するとパニック障害に陥ります。 また不安や焦燥感からの不眠症、悪化するとうつ病や精神の錯乱にまで発展する事があります。 基本的には身体的に表れる症状にて軽度なものは体調不良や蕁麻疹にかゆみが多くなります。 これは先程お話させてもらったご飯を食べた時に引き起こされるアレルギーと考えてもらえると分かりやすいと言ったものに繋がります。 しかしこちらはあくまで軽度であり症状の悪化につれ、嘔吐や不整脈になったりひどいときには足を攣ったり歩行困難になる可能性もあります。 足を攣ったり歩行困難になるという方はほとんどいませんが、それでも重度の過敏症の方になると楽観視できないのも事実です。 今この時までこの様な中毒症状をコーヒーや紅茶を飲んだ後に起こしている方がいて、カフェインに対する中毒か不安な方はどうすればよいか。 過敏症の治療や検査方法 治療は基本的にカフェイン中毒の治療になります。 また検査においてはカフェインアレルギーとしての検査となります。 病院や自宅における検査キットにてアレルギーがどうか発見する事が可能です。 カフェイン過敏症はアレルギーになります。 ただしカフェインアレルギーという病名は存在しません。 それは医学的に不確かな為認められていないからです。 ただし言葉としてカフェインアレルギーに置き換えられるのも事実です。 病院に行き検査をすれば発見へ至るでしょう。 ただしその後治療になると話は別となります。 基本的に処方箋や特効薬と言ったものは存在しません。 どれだけ日常生活でカフェインを摂らないかという方向に注視していきます。 身体から全てカフェインを抜き取った後少しずつ年月を重ねるごとにカフェインを摂れるかもしれないという希望的観測で行います。 言い換えますと最初にもお伝えしておりますがお酒同様、身体がカフェインという物に敏感に反応する為カフェインに弱い体質というだけになります。 その為明確な治療というものがないのですね。 残念ながら病院へ行って確実に治すという事は現段階ではまだ出来ません。 ただしアレルギーかどうかは発見出来ますので、そちらは是非確認しておいた方が良いでしょう。 自身がアレルギーかどうかを知っているという事は生活に大きく影響します。 またこちらも残念な事ではありますが、カフェインアレルギーという物が認められていない為に医師の方もカフェインにアレルギーは無いと考えられている方もいらっしゃるのが事実です。 まとめ 今回はカフェイン過敏症についてお話させて頂きました。 難しかったり楽しいお話ではなかったと思いますが、カフェインを知っていくにあたり避けては通れない道だと思ってます。 楽しくカフェインライフを過ごしたいのに、そのカフェインによって楽しめないという可能性もありますからね。 カフェイン過敏症に関しては確実な治療は難しいですが日常生活における注意点や生活の仕方など、医師と二人三脚で考えるのも立派な治療の一つです。 またカフェインの摂取は出来ませんがノンカフェイン飲料というものが数多く存在する為、コーヒーや紅茶を飲みたい!でもカフェインが!という方にはノンカフェイン飲料はオススメです。 ノンカフェインはカフェインが含まれません。 その為飲んでも体に害はない為美味しくカフェの時間を楽しむ事が出来るという事です。 ちなみにカフェインレス飲料となると通常のカフェイン飲料よりカフェインの量は少なくなりますがカフェインが含まれる為、この違いにはご注意くださいね。 多少とはいえカフェインが含まれる為過敏な方においては大変なことになると思われます。 それでは良いノンカフェインライフを。

次の

「カフェイン依存症度」チェック Doctors Me(ドクターズミー)

カフェイン過敏症 検査キット

コーヒーアレルギーとは コーヒーアレルギーとは、一般的に言われる食物アレルギーのことです。 食物と思いがちですが、実は紅茶や緑茶などのお茶でもアレルギーはあり、検査をすることもできます。 勘の良い人は気づいたかもしれませんが、これは「カフェインアレルギー」とも言われていて、別名「カフェイン過敏症」とも言われています。 このカフェインに対してアレルギー反応を起こす人は、紅茶や緑茶、コーラなどでも体調が悪くなる可能性が高いです。 また似たような言葉で 「カフェイン中毒」がありますが、こちらはある程度の量のカフェインを摂取した場合に起こる症状のことです。 「カフェインアレルギー」は少量でも体に反応が現れてしまうところが、大きな違いとなります。 上の記事でも説明していますが、この食物アレルギーでは即時型と遅延(遅発)型があり、 即時型はコーヒーを飲んでから2時間以内に症状が出る場合。 そして遅延(遅発)型はコーヒーを飲んでから2時間以上経過してから症状が出る場合のことを指します。 食物アレルギーの場合は、大体は即時型の方が多いのですが、コーヒーアレルギーは遅延(遅発)型の方が多いようです。 また心配なのは、ずっとコーヒーを好きで飲み続けていた人が、突然アレルギーになるケースです。 おそばなどでも、大好きで良く食べていた人が突然アナフィラキシーショックを起こす、なんてこともあるので、かなりまれなケースですが覚えておくと良いかもしれません。 それでは具体的なコーヒーアレルギーの症状をみていきましょう 下痢、吐き気、胃痛 コーヒーアレルギーの症状で多いのが、吐き気や胃痛、下痢の症状です。 コーヒーを飲みすぎるとお腹がゆるくなる、というレベルではありません。 1杯飲んだだけで、これらの症状が出るようであれば、アレルギーの症状を疑われます。 アレルギーと言うのは体に本来あって良いものを異物と認識し、体の外に出そうとするものです。 ですので、自己防衛本能として吐き気などの症状が現れるということですね。 湿疹、かゆみ、蕁麻疹 コーヒーを飲んだ後は体がかゆくなる、湿疹や蕁麻疹が出る、と言う場合にもコーヒーアレルギーが疑われます。 蕁麻疹は特にアレルギー症状の代表と言えるような症状ですが、コーヒーアレルギーの症状でも多いようです。 実際には、コーヒーに反応してアレルギーが出る場合と、食品などに含まれるヒスタミンと言う物質が直接働きアレルギー症状を引き起こす場合と2種類あるようです。 後者の場合は、同じコーヒーを飲んだとしても、使われる材料やその日の体調によって、症状が出たり出なかったりするようですよ。 動悸、咳、喉、鼻水、頭痛 動悸はアナフィラキシーショックのようで心配ですね。 程度にもよると思いますが、飲んですぐ激しい動悸がした場合には、一刻も早く病院に行ってください。 他にも少数派ですが、咳や鼻水、喉の違和感、頭痛などもあるそうです。 デカフェ(ノンカフェイン)なら大丈夫なのか コーヒーアレルギーはカフェインアレルギーと言われるくらいなので、 デカフェ(ノンカフェイン)のコーヒーであれば、ほとんどの場合で症状が現れることはないでしょう。 ですので、デカフェ(ノンカフェイン)のコーヒーを試しに飲んでみると良いかもしれませんね。 ただコーヒー以外にも、 「カカオ豆アレルギー」もまれにありますから、デカフェ(ノンカフェイン)のコーヒーでも症状が出た場合は、このカカオ豆アレルギーである可能性も否定できません。 あとがき 今回はコーヒーアレルギーの症状についてまとめました。 私はコーヒーを飲みすぎて具合が悪くなるのは、みんなカフェイン中毒のことなのかと思っていました。

次の