プジョー 2008 新型。 プジョーのBセグSUV、2008 に新型…欧州で発表

新型プジョー2008発表!「208」をベースにしながらも更にアクティブかつスポーティーに。ピュアエレクトリックモデルも追加

プジョー 2008 新型

新型プジョー2008、日本への上陸はまだ先だけど気になりますね! 本国のおハナシですが、プジョーが2008のフルモデルチェンジを発表しています。 最も特徴的なのは、先に発表されている208同様、新世代のプジョー・デザインが採用されていること。 ライオンの爪痕をイメージした印象的なLEDランプ。 SUVらしく力強いフォルム。 全長が140mm伸びたこともあって、ルックスはガラリと変わりました。 インテリアも最新のiコクピットを柱に構成されています。 パワーユニットは100ps、130ps、155psの3タイプのガソリン1. 2Lターボ、そして100psと130psの2タイプのディーゼル1. 5Lターボ。 日本に導入されている現行の2008も穏やかで大人っぽい顔つきで魅力的ですが、いずれ上陸するだろう新型も気になりますね。 このカッコよさ……あざといなぁ。

次の

【好感度はクラス・ナンバー1】新型 プジョー2008 1.2ピュアテック 130に試乗

プジョー 2008 新型

~突如として新型「2008」が世界初公開!~ 以前、プジョーのエントリーハッチバックモデル・新型「208」がデビューしましたが、今回はその派生版となるエントリークロスオーバー・新型「2008」が世界初公開されました。 今回のフルモデルチェンジにて2代目を迎える新型「2008」ですが、新型「208/508」同様に新たなデザイン言語となるであろう牙を設けたようなフロントLEDデイタイムランニングライトを採用し、より一層のアグレッシブさと高級感を加味。 ボディサイズも、プラットフォームを一新することで少し拡大し、ホイールベースも140mm延長されることで室内空間も大きく改善されています。 ~全体的にスポーティながらも実用性も考慮した最強のエントリーモデル~ リヤテールライトに関しても、新型「208/3008/5008/508」に採用の3本の鉤爪のようなデザインを採用し、いかにもスポーティなクロスオーバーモデルを演出。 インテリアにおいては、「208/508」同様に先進的なレイアウトを採用し、ステアリングは非常にスポーティなフラットボトムスタイル、運転席側のインフォテイメントシステムと上手く並んだ大型インフォテイメントディスプレイを採用。 特にセンターディスプレイについては、ドライバの操作性を考慮して若干運転席側に向けられています。 こうした工夫はトヨタ「C-HR」やレクサス「UX」でも行われていて、操作性が大幅に向上するとのこと。 そしてセンターに集約されたピアノキーも健在。 こちらはトグルスイッチではなく、敢えてピアノタイプにすることで高級感とアンティーク感が加味されています。 センターコンソールはこんな感じ。 BMWに類似したセンターシフトノブを持ち、更に手前にはパーキングレバーが設けられています。 このことから、新型「2008」はエントリークロスオーバーでありながらも、電動パーキングブレーキを装備していることがわかります。 また先述にもある通り、今回ボディサイズが若干大きくなったことで、後席のフットスペースを拡大。 膝先がフロントのシートバックに接触すると言った問題も解消され、非常に快適な室内空間が提供されています。 また、トランク容量も434Lも準備されているため、ゴルフバッグを容易に積むことも可能になっています。 2L PureTech直列3気筒エンジンを搭載し、グレード毎に最高出力100hp/130hp/155hpを発揮する予定となっています。 一方でディーゼルモデルについては、排気量1. 5L BlueHDI直列4気筒ディーゼルエンジンを搭載し、最高出力130hpを発揮する予定。 安全装備については、アダプティブクルーズコントロールや車線逸脱支援+ステアリングホイールアシスト付、ブラインドスポットモニタ、自動緊急ブレーキ、オートヘッドライト等も全て標準装備されます。 価格帯については明らかにされていませんが、恐らく近日中に「e-2008」も発表される予定なので、これに併せてある程度の情報が明確になると思われます。

次の

プジョー2008新型登場は2019年末!フルモデルチェンジでEVも登場!

プジョー 2008 新型

『新型プジョー2008』のボディーサイズは現在のプジョーが参加するPSAグループ(プジョー、シトロエンなど)のCMP(コモン・モジュラー・プラットフォーム)を採用しています。 『新型プジョー2008』のボディーサイズ• 全長4300mm、全幅1770mm、全高1550mm、• 現行モデル(全長4160mm、全幅1740mm、全高1570mm) 比較すると全長が140mm長く、全幅は30mmワイド、全高が20mm低くなり全体的に一回り大きくなりました。 本国で販売されているパワートレイン• 2L 3気筒ガソリンターボエンジン(最大出力 100psから155ps)• 5L ディーゼルターボエンジン(100から130ps)• 電気モーター(134ps) 3種類のパワートレインがラインナップされています。 注目されるのは50kWのバッテリーを搭載した「e-2008」というピュアEV仕様(電気自動車)です。 最高出力が134ps、WTLPモードで310kmの航続を達成しています。 まずはガソリンエンジンが登場し、遅れてディーゼルまたはEVの投入となるかと思われます。 欧州のニューモデル、電気自動車(EV)が主役になりつつあります。 そんな車種が出ているのか、その一部を紹介しましょう。 トップはプジョーのe-2008。 BセグメントのクロスオーバーSUVですね。 一回の充電による最大航続距離は約430kmです。 ガソリン 280万円から• ディーゼル 299万円から• EV 460万円から 現行モデルの販売価格が275万円からとなっていますのでフルモデルチェンジで若干値上げとなり『新型プジョー2008』の日本での販売価格は【290万円】からと予想してみました。 まとめ 『新型プジョー2008』について今回は、• 発売時期は2020年4月• パワートレインは1. 2L 3気筒ガソリンターボ• 本国ではEVもラインナップされていて日本での登場も期待される。 価格は290万円から と以上のように予想してみました。 いまSUVは各自動車メーカーが力を入れているカテゴリーです。 初代の『プジョー2008』よりも洗練されたデザインでプジョーの本気が伝わってくる2代目『新型プジョー2008』。 日本でも充実のラインナップを揃えてくれることを期待しましょう。

次の