ジャンガリアン ハムスター 餌。 ジャンガリアンハムスターの飼育方法|寿命、色別種類と値段、性格、餌について

ジャンガリアンハムスターが餌を食べない・水を飲まない理由は?ストレスや病気のサイン?

ジャンガリアン ハムスター 餌

[ ] は [ ] で見ることができます。 分類 齧 歯 目 ネ ズ ミ 亜 目 ネ ズ ミ 科 キ ヌ ゲ ネ ズ ミ 亜 科 ゴールデンハムスター属 ゴールデンハムスター ヒメキヌゲネズミ属 ヒメキヌゲネズミ キャンベルキヌゲネズミ ロボロフスキーキヌゲネズミ キヌゲネズミ属 モンゴルキヌゲネズミ 海外では、ジャンガリアンハムスター(Djungarian Hamster)の他に、ウインターホワイトハムスター(Winter White Hamster)、ロシアンドワーフハムスター(Russian Dwarf Hamster)、ロシアンハムスター(Russian Hamster)など、いろいろ呼ばれます。 また、キャンベルハムスターのことを、ジャンガリアンハムスターと言ったり、キャンベルロシアンハムスター(Campbells Russian hamster)ということもあり、さらにややこしいです。 学名は世界共通なので、海外から情報を探す場合は、必ず学名を見て判断してください。 モンゴルの西にあるジュンガル盆地から、ジャンガリアンと名前が付いています。 キャンベルハムスターと同じようなハムスターですが、別の種類のハムスターです。 特徴 一言で言うと「わがまま」で、噛むハムスターはコイツです。 人間的な感覚で見ると気性が荒いので、直ぐに怒ります。 イヤな事をされると、仰向けになってジッジッという声で鳴いたり、何かを噛みだしたりします。 要求が現れやすいのは、メリットでもありデメリットでもあるので、飼い主がうまく対処できなければ、トラブルが多いハムスターになってしまいます。 怖い事を覚えてしまうと、急激に性格が変わることがあります。 怖い事を体験しないように、自分で何らかの対応方法を考えた証拠で、頭がいいということなのですが、それが飼い主のデメリットになろうとも、おかまいなしです。 餌を食べる場所を決めていたり、ヒマワリの種の殻を同じところにまとめていたりと、習性なの飼育環境が悪いのか分からない行動をするので、注意しましょう。 長所 なつきやすい 何も考えていないような、ぼ〜っとしたジャンガリアンや、飼い主が扱い方をよく知っている場合は、なつきやすいハムスターです。 覚えない場合は、飼育環境が悪いのです。 飼っている人が多い 日本では、最も飼っている人の多いハムスターです。 しかし、ゴールデンハムスターに比べ、長期間飼い続ける人が少なく、病院連れて行く飼い主も少ないので、有益な情報は少ないです。 飼育用品が多い 頻繁に売れるハムスターなので、ペットショップで売られているハムスターの飼育用品は、ジャンガリアン用の物が多いですが、実際にはジャンガリアンにも不向きだったりします。 また、飼育用品が多いということは、それだけ飽きっぽい人が飼っているハムスターでもあります。 入手しやすい ハムスターを扱っている店なら、ジャンガリアンは最も手に入りやすいハムスターです。 飼育スペースが小さい ゴールデンハムスターに比べて、ジャンガリアンハムスターは体が小さいので、少ないスペースで飼うことができます。 好奇心が強い いろいろな物に興味を示します。 それゆえに飼い主にもなつきやすい場合もありますが、電線や他の動物に興味を示すと、トラブルになる可能性もあります。 短所 人をよく噛む 人間をあまり怖がらないため、気の荒いジャンガリアンや、飼い主の扱い方が悪い場合は、よく飼い主を噛むハムスターになってしまいます。 私もいろいろハムスターを飼ってますが、ジャンガリアン以外のハムスターに、本気で噛まれたことがありません。 餌の好き嫌いをしてしまう 甘やかして育てると、好きな餌しか食べなくなり、肥満になるだけでなく、病気になりやすくなります。 ジャンガリアンは太りやすいハムスターなので、自分に対して甘い飼い主が、飼うときには注意が必要です。 すぐ怒る 我慢を知らないので、気に入らないことがあると、怒る個体はすぐに怒ります。 何をしても、怒らない個体もいますが。 繁殖後、オスとメスを分けると、オスが凶暴になる オスとメスの絆が強く、繁殖後に増やしてしまわないように、オスを別のケージに入れたり、妊娠のストレスでメスが凶暴になってしまい、仕方なくオスとメスのケージを分けてしまうと、オスが凶暴になってしまう可能性があります。 病院で診てもらいにくい ハムスターの診療は、基本的にゴールデンハムスターなので、難しい病気の場合は、断られる可能性があります。 飼い主の生活の影響を受ける 飼い主が不規則な生活をしていると、それにつられて不規則な生活になることがあります。 誰からでも餌をもらう 人を怖がらないジャンガリアンだと、誰からでも餌をもらうとします。 メリットのようですが、人が前に通るたびに餌をもらうとしたり、もらえないと次からの要求が強くなり、ストレスをためやすくなります。 そのときに、誰かがおやつを与えてしまうと、体調管理できないだけでなく、急になつかなくなったりします。 親や兄弟など、誰かと一緒に住んでいるときは注意です。

次の

ハムスターが長生きする餌の与え方。種類と組み合わせ、量について

ジャンガリアン ハムスター 餌

ジャンガリアンハムスターの生態と特徴 ジャンガリアンハムスターはネズミ目キヌゲネズミ科に分類される小動物です。 中央アジアのカザフスタンやロシア、中国などに幅広く分布しており、砂地の乾燥した場所を好んでいます。 体色は背中がネズミ色で、頭部から尻尾にかけて黒くて濃い線が入っています。 夜行性で、昼間は土に穴を掘って休んでおり、夜になると昆虫や種子などの餌の確保と縄張りの確認のために5km以上を歩き回ります。 ジャンガリアンハムスターの性格 ジャンガリアンハムスターは飼い主になつくようになります。 警戒心の強い生き物なので、ゆっくりと時間をかけて飼い主さんの匂いに慣らしていきましょう。 大人しい性格なので、小学生くらいの子供とも一緒に遊ぶことも出来ますよ。 ジャンガリアンハムスターの体重と体の大きさ ジャンガリアンハムスターの 体重はオスだと35g~45g、メスだと30g~40gになります。 50gを超えると肥満になるため、こまめに体重をチェックしてください。 体の大きさはオスだと7cm~12cm、メスだと6cm~12cmになります。 小型のハムスターなのでドワーフハムスターと総称されることがあります。 ジャンガリアンハムスターの寿命 ジャンガリアンハムスターの 寿命は平均して2年~3年です。 2年以降になると寿命で死ぬ可能性が高くなり、死因のほとんどが老衰や老衰から来る栄養不足、骨折などになります。 寿命についてはで詳しく紹介しているので、ご参考ください。 ジャンガリアンハムスターの種類 ジャンガリアンハムスターの人気の色を紹介します。 品種改良が盛んで、さまざまな体色が生み出されており、珍しい色をみかけることもあります。 ブルーサファイア ブルーサファイアは薄いグレーをしており、淡い色合いが人気の種類です。 パールホワイト パールホワイトはジャンガリアンハムスター特有の背中のラインがなく、全身の毛が真っ白になる種類です。 プディング プディングは全身が黄色になる種類で、店頭でもなかなか販売されていない珍しい色です。 パイド パイドは背中の全面がグレーではなく、白色で模様になっている種類です。 非常に珍しい色で、出会えることはほとんどありません。 ケージ• 回し車• エサ入れ• トイレ• 水入れ ケージ ジャンガリアンハムスターの ケージは水槽か金網の2タイプが一般的です。 水槽は透明度が高いので観察しやすいですが、ケージ内が蒸れやすいので夏は高温に注意しておかなければなりません。 金網タイプは風通しが良いですが、金網を囓ったり、よじ登って怪我をすることがあるので注意が必要です。 ケージの大きさは横幅で40cm、奥行きで30cmもあれば十分ですよ。 ケージの選び方やおすすめ商品についてはで詳しく紹介しているので、ご参考ください。 回し車 ジャンガリアンハムスターは毎日5kmほど走っているため、ケージの中には回し車が必須です。 夜中にガラガラと音を鳴らすので、気になる方は静音タイプの回し車を設置しておきましょう。 おすすめの回し車についてはで詳しく紹介しているのでご参考ください。 床材 床材はウッドチップや牧草を使います。 口に含むことが多いため、食べても大丈夫な物であることが大切です。 厚みはジャンガリアンハムスターの全身が潜れるくらいにしっかりと敷いておきます。 おしっこをしたら部分的に交換し、1ヶ月に1回は全ての床材を交換するようにしてください。 おすすめの床材や交換頻度などはで詳しく紹介しているので、ご参考ください。 エサ入れ 餌を床材の上に置いていると、床材の誤飲の可能性が出てくるため、専用の小皿を用意してください。 囓られたり、ひっくり返されることがあるので、重くて丈夫な陶器タイプの物がおすすめです。 トイレ ジャンガリアンハムスターは決まった場所におしっこをするので、トイレを覚えさせることでケージ内を清潔に保ちやすくなります。 中には消臭用の砂を入れておきましょう。 最初はトイレでおしっこをしてくれない子もいます。 で詳しく紹介しているので、ご参考ください。 巣箱 ジャンガリアンハムスターは暗い場所に隠れるのが好きなので、全身がすっぽりと収まる巣箱を用意してあげましょう。 巣箱に餌をため込んで腐ることがあるため、1週間に1回は餌を隠していないか確認してください。 巣箱の選び方についてはで詳しく紹介しているので、ご参考ください。 水入れ お皿に水を入れておくと、体が濡れる可能性があるため、給水ボトルを使います。 水は2日に1回は交換して、新鮮な状態をキープしてください。 ジャンガリアンハムスターの飼育方法について ジャンガリアンハムスターは人慣れしやすく、丈夫で飼育しやすいので、初心者にもおすすめのペットです。 日々のお世話は餌やりと床材の掃除だけで大丈夫です。 あとはストレスを感じさせない程度に、散歩などふれ合いを楽しみましょう。 飼育難易度 簡単 値段の相場 500円~1,000円 最適な温度 18度~25度 多頭飼い 不可。 子供の時は可能 おすすめの餌 専用のペレット、果物、野菜 値段と販売場所 ジャンガリアンハムスターは 値段は500円~1,000円ほどで、ハムスターの中で最も安価で販売されています。 人気の種類なので、どこのペットショップでも簡単に見つけることが出来ますよ。 春から入荷数が増えて選びやすくなるので、その時期になったらホームセンターなどで探しに行きましょう。 飼育の観点からも、寒くなる冬から飼育を始めると温度管理が大変ですので、気温が上がりはじめる春から飼育するのがおすすめです。 適している温度 ジャンガリアンハムスターに適している温度は18度~25度です。 冬は小動物用のパネル式ヒーターをケージの下に敷いて、床を暖めるようにしてください。 寒さが厳しい夜は暖房をつけて、部屋全体を暖める方が安心です。 夏に30度を超える日が続くようなら、冷房を使って温度を下げて上げましょう。 温度の調整方法などはで詳しく紹介しているので、ご参考ください。 多頭飼いできる? ジャンガリアンハムスターは縄張り意識が強いため、 多頭飼いすることが出来ません。 子供の頃は仲良く暮らしていますが、成長するにつれてお互いに噛み合い、出血するほどの喧嘩をします。 ハムスターの中では唯一、ロボロフスキーハムスターが多頭飼いできる可能性があります。 で詳しく紹介しているので、ご参考ください。 ケージを噛むときの対策 ジャンガリアンハムスターが ケージを噛む理由は主に次の4つです。 ケージの外に出たい• ストレスを感じている• 構って欲しい• 餌がほしい 一番多い原因が、ケージの外に出たいとアピールすることです。 ジャンガリアンハムスターは一度散歩した場所を縄張りとして、毎日パトロールをしないと気が済みません。 これが原因の場合、毎日散歩することで解決します。 他の原因と対策についてはで詳しく紹介しているので、ご参考ください。 おすすめの餌と給餌方法 ジャンガリアンハムスターの 餌はハムスター専用のペレットがおすすめです。 栄養バランスが整っているので、これひとつで飼育することができます。 他にもニンジンやカボチャなどの野菜、リンゴやイチゴなどの果物、ニボシ、ミルワーム、ひまわりの種なども食べてくれます。 ペレットだけで飼育することができるので、おやつとして与える程度にしてください。 餌の頻度は1日1回、活動前の19時に与えます。 餌の量はペレットだと3gほどで十分です。 おすすめの餌や与える量についてはで詳しく紹介しているので、ご参考ください。

次の

ジャンガリアンハムスター体重60gは肥満?50gオーバーで軽肥満宣言されました!|人生はいつも今から ~ Life is always from now~

ジャンガリアン ハムスター 餌

白い毛並みの個体 LEAST CONCERN Ver. 1 2001 : : : : : (齧歯目) : : : : ヒメキヌゲネズミ属 : ヒメキヌゲネズミ P. sungorus Phodopus sungorus Pallas, ヒメキヌゲネズミ 英名 Striped Hairy-footed Hamster ジャンガリアンハムスター Djungarian Hamster は、ヒメキヌゲネズミ属に属するの一種である。 和名は ヒメキヌゲネズミ。 小型のであるため、 ドワーフハムスターと呼ばれる。 原産地は、、から中国北部。 日本では、大きさや独特の愛らしい仕草から人気が高く、ドワーフハムスターの中では、最も多くペットとして飼育されている。 ジュングリアンハムスター等と表記される場合もある。 中国の()に生息することが名前の由来だが、実際はシベリアに多く分布しており海外では シベリアンハムスターと呼ぶのが妥当であるとする学者もいる。 また、冬になると体毛が白く変化する個体があることから、では ウィンターホワイトハムスター Winter White Hamster または ウインターホワイトロシアンハムスター Winter White Russian Hamster と呼ばれる事もある。 背面の正中線上に一本の黒い帯がある ジャンガリアンハムスターは色の種類もある。 ノーマルは茶褐色の体毛を持ち、背面正中線上に一本の黒い帯がある。 また、になると、毛の色が白色に変化する。 パールホワイトは、体毛が全体的に白く、ノーマルと同じく黒い線が背中にある。 また、パールホワイトの中で黒い体毛を全く持たない種類を スノーホワイトという。 ブルーサファイアは青みのある、グレー色の体毛をしている。 プディングと呼ばれる、ベージュ色の体毛を持つものもいる。 習性・しぐさ [ ] ジャンガリアンハムスターは目が悪く、基本的に環境を鼻と耳で認識する。 鼻をひくつかせているときは周囲の臭いをかいでおり、一点を集中して見ているときは対象を見ているのではなく、耳で周囲の状況を探っている。 臭腺の臭いを周りに散布することでなわばりを主張するとされており、特に自身の臭いに非常に敏感である。 と共に唾液の臭いを体につけることで安心するため、安堵しているときや逆に恐怖を感じたときなど、頻繁に毛づくろいを行う。 夜行性で、暗い所を好む。 野生では一日に5km以上の距離を走るため、飼育下では運動するためのなどが必要である。 ほお袋に食物をためる習性を持つが、飼育下では特に餌を争う相手がいない場合、ほお袋を全く使わない個体も多い。 飼育・性格 [ ] ジャンガリアンハムスターはペットとして世界中で飼われている。 多産で、ある程度の環境適応力があるため、ペットとして適している。 性格はおとなしく、にもなれやすいものが多い。 とは異なり、相性がよければ複数飼いが可能であるが単独飼育が無難。 性格が合わない個体同士では、頻繁な喧嘩が起こり、時には相手を殺傷・捕食してしまうこともある。 他のハムスターに比べて性格の個体差、個性の差が顕著である。 トイレを覚えてくれる、小屋「ネグラ」「隠れ家」が必要とされる種類である。 ただ稀に1歳前後の雌は小屋近く小屋入口付近に排尿することもある。 これは一時的な行動なのでトイレを置いて誘導する必要がある。 近くに砂浴び場がない場合も同様の行動を起こす可能性もある。 主食は他のペットのハムスターと変わらず、飼育用ペレット、または実験動物ペレットである。 ひまわりの種やキャベツ、レタスなどは脂質や水分が多いため、主食としては適しておらず副食として 少量与えるほうがいい。 飼育として新鮮な水を与えることも大切。 夏場は腐りやすいので、1日2回取り替えるといい。 ミネラルウォーターを与えると膀胱結石の原因になるのでNG。 噛みぐせ [ ] 噛みぐせは比較的多い種類。 個体差もあるが、性別ではメスよりもオスの方が温厚な性格が多い。 基本的に噛む理由としては• ストレスから噛む• 知らないものは食べられるかどうかの為とりあえず噛む などが挙げられる。 これらが原因の噛みぐせは解消できるケースが多い。 具体的には、環境改善はケージを広く、清潔に、遊具(齧り木、廻し車)の設置、餌の改善としてはカルシウムの摂取(ニボシ、小松菜など与える)。 飼育方法としては昼間寝ている時間に掃除をしたり抱いたりすることを避ける、日ごろから手の上で餌を与えるなど、触れ合いを欠かさないことも重要。 また、餌を触った指でハムスターを抱こうとすると、餌と勘違いして不意に噛みついてくることがある。 これは噛みぐせとは違う原因であるが、餌を触ったあとは手を洗うか、触っていない手でハムスターを抱くように気を付ける。 ノーマルに比べて背中のストライプ、全体の色が共に薄目の色になる。 いわゆる、 ブルーサファイアと呼ばれている個体。 また クリーミーサファイアなる毛色も稀に確認されており、その毛色はサファイアを更に薄くし、クリーム色を混ぜたようなものである。 葡萄目を持つ個体が確認されていたりと、遺伝子的にもまだ謎が多い毛色である。 プディング 体毛が全体的に明るい薄茶色(ベージュ色)となり、背中のストライプもノーマルに比べると薄い色となる。 また、プディングの色を発生する遺伝子は、肥満遺伝子としても知られており、一般的に肥満になりやすいといわれている。 いわゆる プディングと呼ばれている個体。 イエロージャンガリアンと呼ばれている事もある。 ペットショップで ブラックジャンガリアンと称して販売されている個体があるが、ジャンガリアンにブラックという毛色はない。 これはジャンガリアンではなく、のブラックのことである。 毛柄 [ ] パール インペリアル色お腹の白い部分がノーマルに比べて広い下柄である。 体毛も全体的にノーマルに比べて薄い目になる事が多い。 ペットショップではノーマルと区別されて売られている事はないようである。 [ ] パイド 白い斑点模様が現れる毛柄である。 ただし、 ペットショップでは、キャンベルハムスターのパイドを パイドジャンガリアンとして売られている事がある [ ]。 また、白地に黒い斑点の パンダと呼ばれるものも、ジャンガリアンではなく、キャンベルハムスターのパイドである。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 ジャンガリアンハムスターに関連する および があります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の