コロナ 愛媛。 愛媛県のコロナウイルスが検査できる病院はどこ?診察までの流れも解説

新型コロナウイルス感染症に関する情報について 松山市公式ホームページ PCサイト

コロナ 愛媛

スマートフォンにインストールしておくと、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について通知を受けることができるアプリです。 アプリの利用者のスマートフォンが互いに無線通信でやりとりして接触履歴を記録します。 情報を匿名化するなどプライバシーに配慮した仕組みとされ、6月19日に運用が始まりました。 - 厚生労働省 アプリの概要説明やインストール方法、利用者向けQ&Aなど• - Apple iOS13. 5以降のiPhoneに対応。 App Storeへのリンク• - Google Play Android 6. 0以上の端末に対応。 Google Playへのリンク• オンライン診療に対応している医療機関• - Yahoo! 地図 診療については電話または医療機関のウェブサイトからお問い合わせください。 自治体からの情報 地域 選択.

次の

新型コロナ、松山の病院で集団感染 院長が会見|愛媛新聞ONLINE

コロナ 愛媛

更新日:2020年8月12日 えひめコロナお知らせネットについて 概要 愛媛県では、 不特定多数の方が参加・利用するイベントや施設・店舗等におけるクラスター対策として、スマホアプリのLINEを活用した本県独自の接触確認システム 「えひめコロナお知らせネット」の運用を開始することとしました。 このシステムは、店舗・施設やイベント会場などに掲示されたQRコードを、施設の利用者等がLINEアプリで読み取り、連絡先を愛媛県に登録していただくことで、後日、施設利用者等が新型コロナウイルスに感染した際に、登録いただいた方に濃厚接触の疑いがあるなど、必要がある場合に愛媛県から感染拡大防止に向けたお知らせなどを行うものです。 事業者の皆様には、感染拡大防止のため、積極的な導入にご協力をお願いするとともに、一人でも多くの県民の皆様へのご利用をお願いします。 まずは、こちらのサイトからお友達登録をお願いします。 LINE公式アカウント 愛媛県 事業者の皆様へ 利用方法• QRコード発行申請フォームから施設情報等を登録します。 登録後、QRコードが発行されます。 発行されたものを印刷し、施設や店舗内等に掲示します。 施設の利用者等にQRコードを読み取っていただくよう呼びかけをお願いします。 注意事項• 発行されたQRコードの下に記載されている文字コードは、感染者が発生した場合にお尋ねしますので、紛失しないよう大切に保管してください。 QRコードは、施設やイベント会場で滞在中に読み取るよう案内をお願いします。 利用していない日・時間帯に読み取った場合、正しく通知されない恐れがあります。 施設の利用者等には、訪問する度にQRコードの読み取りを行うように呼びかけをお願いします。 発行されたQRコードを不特定多数の方が閲覧できるSNSやインターネット上に掲載しないでください。 愛媛県LINE公式アカウントを友だち追加しておきます。 事前に友だち追加をしなくても、初回の店舗等でのQRコード読み取り時にも追加することができます。 訪れた施設・店舗等に掲示されたQRコードを読み取ります。 注意事項• QRコードは、施設・店舗等の場所ごとに異なります。 最初だけでなく、それぞれの場所で読み取ってください。 同じ場所であっても、訪問するたびにQRコードを読み取ってください。 QRコードは施設やイベント会場で滞在中に読み取ってください。 利用していない日・時間帯に読み取った場合、正しく通知されない恐れがあります。 施設・店舗等で掲示されているQRコードを不特定多数の方が閲覧できるSNSやインターネット上に掲載しないでください。 通知が届いた方が感染を意味するものではありません。 症状の有無や接触度合い等を確認したうえで検査の必要性を判断することとなります。 Q&A QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

次の

テン開発とコロナウイルス感染拡大疑い

コロナ 愛媛

聴覚に障がいのある方をはじめ、お電話でのご相談が難しい方 FAX(089-923-6062) E-mail()• 月曜日〜金曜日(祝日除く)午前8時半〜午後5時15分まで受け付けています。 お名前、連絡先、相談内容をご記載ください。 聴覚に障がいのある方等を対象にしています。 聞こえる方は電話でのお問い合わせをお願いします。 帰国者・接触者相談センター 帰国者・接触者相談センターでは、新型コロナウイルス感染症の疑い例に該当する方からの電話相談を受け、医療機関への受診調整を行います。 帰国者・接触者相談センター等に御相談いただく目安 少なくとも以下のいずれかに該当する症状がある場合には、すぐに「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合• 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。

次の