ドリフターズ 西遊 記。 「飛べ!孫悟空」ドリフの西遊記の人形劇がTBSで配信!

EPレコード 飛べ!孫悟空 ゴーウエスト/ドリフのズンドコ節 ザ・ドリフターズ

ドリフターズ 西遊 記

40代以上ならまず思い出すのが、堺正章主演、三蔵法師を夏目雅子が演じた1978年の『西遊記』 日テレ系 だろう。 三蔵法師を女性が演じ、中世的な神秘性を演出するのが定番になったのも、この作品がきっかけだ。 2000年代なら、2006年にフジテレビ系で放送された、香取慎吾主演の『西遊記』だろうか。 三蔵法師が深津絵里、沙悟浄は内村光良、猪八戒は伊藤淳史がそれぞれ演じた。 こちらも平均視聴率20%超え、翌年には劇場版も公開された。 宮沢りえとモックンが出演した『西遊記』 じゃあ、90年代はどうか。 「宮沢りえとモックンのやつ!」と答える人、多いかもしれない。 93年に日テレ開局40周年の記念作品として製作され、大々的に放送された、単発のスペシャルドラマだ。 孫悟空が本木雅弘、三蔵法師は宮沢りえ。 沙悟浄が嶋田久作で、猪八戒は河原さぶが演じた。 前述の通り40周年記念ドラマということで宣伝などにも気合いが入っていたかと思うが、26. 9%という高視聴率を記録した。 ヒットの印象と、何よりその主演の2人のイメージが強く、その翌年に放送された、連ドラとして放送された『西遊記』の存在は、つい忘れがちになってしまう。

次の

西遊記 (1978年のテレビドラマ)

ドリフターズ 西遊 記

「飛べ!孫悟空」って知ってますか? 40代の方ならピン!とくるはず。 「ニンニキニキニキニンニキニキニキニニンが三蔵、ニンニキニキニキニンニキニキニキニシンが悟空」 ピンときました? そう、「ゴーウェスト」です。 昔テレビでやっていたドリフの人形劇です。 今でいうならNHKの「新・三国志」や「シャーロックホームズ」みたいなやつです。 もちろん、あれをもっとゆる~くした感じです。 この「飛べ!孫悟空」は1977年~79年まで1年半にわたって全74回が放送されました。 ドリフのメンバーとよく似た顔の人形が登場して、メンバーがそれぞれの声を実際に担当していました。 また、話の進行役としてあの「ピンクレディー」も登場。 実名で話の進行をするのですが、当時のヒット曲の「UFO]や「サウスポー」などの替え歌での進行で、とても人気がありました。 また、「スーパーモンキー孫悟空」という題名の主題歌も歌っていました。 もちろん、人気曲になりました。 子供はみんな歌っていましたね。 それでは、各配役を紹介しましょう。 志村けん — 孫悟空 いかりや長介 — 三蔵法師 中本工事 — 沙悟浄 高木ブー — 猪八戒 加藤茶 — カトちゃん ここでのポイントはやはり「カトちゃん」ですね。 明らかに余っています(笑)。 このカトちゃん、お酒ばっかり飲んでいて皆を引っ掻き回しています。 そこがまたドリフらしくて面白いです。 この「飛べ!孫悟空」ですが、TBSオンデマンドで9月1日から配信されます。 DVDじゃないんですね。 「飛べ!孫悟空」は今までDVDも出ていないので、今回初めてのパッケージ化になります。 なぜ、今回配信されたのかというと、ザ・ドリフターズの結成50周年を記念したものだということです。 1~12話セットは30日間視聴可能で1,080円 税込。 全話見ようと思ったら6,000円から7,000円くらい必要なんですかね。 当時は「8時だョ! 全員集合」の全盛期。 子供たちという子供たちは皆ドリフが大好き。 毎週土曜日の「8時だョ! 全員集合」が待ちきれなくて、毎週火曜日に放送されていたこの「飛べ!孫悟空」に皆が飛びついたという感じなのでしょう。 「8時だョ! 全員集合」と同じように、この「飛べ!孫悟空」も今の子供たちには受け入れられるでしょうから、懐かしいと思っている方も子供たちに見せる目的ででも観てみてはいかがでしょうか。

次の

ドラマ版『西遊記』といえば、どの『西遊記』を思い出すだろうか

ドリフターズ 西遊 記

「飛べ!孫悟空」って知ってますか? 40代の方ならピン!とくるはず。 「ニンニキニキニキニンニキニキニキニニンが三蔵、ニンニキニキニキニンニキニキニキニシンが悟空」 ピンときました? そう、「ゴーウェスト」です。 昔テレビでやっていたドリフの人形劇です。 今でいうならNHKの「新・三国志」や「シャーロックホームズ」みたいなやつです。 もちろん、あれをもっとゆる~くした感じです。 この「飛べ!孫悟空」は1977年~79年まで1年半にわたって全74回が放送されました。 ドリフのメンバーとよく似た顔の人形が登場して、メンバーがそれぞれの声を実際に担当していました。 また、話の進行役としてあの「ピンクレディー」も登場。 実名で話の進行をするのですが、当時のヒット曲の「UFO]や「サウスポー」などの替え歌での進行で、とても人気がありました。 また、「スーパーモンキー孫悟空」という題名の主題歌も歌っていました。 もちろん、人気曲になりました。 子供はみんな歌っていましたね。 それでは、各配役を紹介しましょう。 志村けん — 孫悟空 いかりや長介 — 三蔵法師 中本工事 — 沙悟浄 高木ブー — 猪八戒 加藤茶 — カトちゃん ここでのポイントはやはり「カトちゃん」ですね。 明らかに余っています(笑)。 このカトちゃん、お酒ばっかり飲んでいて皆を引っ掻き回しています。 そこがまたドリフらしくて面白いです。 この「飛べ!孫悟空」ですが、TBSオンデマンドで9月1日から配信されます。 DVDじゃないんですね。 「飛べ!孫悟空」は今までDVDも出ていないので、今回初めてのパッケージ化になります。 なぜ、今回配信されたのかというと、ザ・ドリフターズの結成50周年を記念したものだということです。 1~12話セットは30日間視聴可能で1,080円 税込。 全話見ようと思ったら6,000円から7,000円くらい必要なんですかね。 当時は「8時だョ! 全員集合」の全盛期。 子供たちという子供たちは皆ドリフが大好き。 毎週土曜日の「8時だョ! 全員集合」が待ちきれなくて、毎週火曜日に放送されていたこの「飛べ!孫悟空」に皆が飛びついたという感じなのでしょう。 「8時だョ! 全員集合」と同じように、この「飛べ!孫悟空」も今の子供たちには受け入れられるでしょうから、懐かしいと思っている方も子供たちに見せる目的ででも観てみてはいかがでしょうか。

次の