八木 亜希子 入院。 八木亜希子さんが休養発表…女性に多い「線維筋痛症」 どんな病気なのか

さんま、休養の八木亜希子と2週間前に食事「八木が『横になっていいですか』と…」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

八木 亜希子 入院

miyuki230 がシェアした投稿 — 2019年 9月月25日午前3時46分PDT 八木亜希子さんは1965年6月24日生まれの、現在53歳です。 出身は神奈川県、そして、早稲田大学の心理学系を卒業後にフジテレビに入社しています。 「 めざましテレビ」や「 スーパーニュース」などが有名ですが、ほかにも多数の番組を担当していて、画面では「フジテレビのお馴染みの顔」になっていましたよね! 明るくてきれいな方ですが、ちょっと庶民的な雰囲気が、見る人をほっこりさせる、好感度の高いアナウンサーでした。 その後の2000年、フジテレビを退社してフリーになってからは、女優としても大活躍しています。 私は、NHKの朝ドラ「あまちゃん」では「のんさん」の親友の「橋本愛さん」の 失踪したお母さん役で出演していたのが印象的でした。 ちょっと「影がある女性」の役が妙に似合って見えて、その演技力の高さにびっくりしましたし、いい意味で「その影の表現」が意外でした。 見る人をそう感じさせるほど、好演されていたということですよね! 八木亜希子さんはアナウンサーとしてもちろん実力のある方ですし、女優やMCとしても安定した実力を感じさせる才能のある方だと思います。 「 線維筋痛症」というのはあまり聞きなれない病名なので、一体どういうものなのか調べてみました。 「 線維筋痛症」は簡単に言ってしまうと、 全身的慢性疼痛疾患であり、全身に激しい痛みが起こる病気・だそうです。 一般的に50代の女性がかかりやすい病気で、症状としては人によっても違うようですが、全身に痛みがあって、しかも、その痛みは、その日によって場所も痛み方も違うと言われています。 また、痛みが強いと日常生活を普通にすることが困難で 、重症化すると風や音といった日常のちょっとした刺激で激痛がはしり、自力での生活は困難になるほどのものらしいです! これを聞くだけでも、なった人しかわからないでしょうけれど、 かなり厳しい病気ですね。 こんな苦しい「 線維筋痛症」はいったい何が原因でかかる病気なんでしょう。 実は、残念ですが、この病気の原因はまだよくわかっていないのだそうです・・・。 ただ、 脳が痛みの信号を感じる機能に障害が起きていると考えられて、 こうした脳の機能障害は、心理的・社会的なストレスや外傷がきっかけとなって発症する事が多いということです。 痛みがひどいと不眠となるのは当然ですし、寝れないとますますストレスが溜まりますよね。 そのストレスがまた痛みを増強させる場合もあるといわれたら、この病気にかかった本人はどうしていいのか・・・と途方に暮れますよね そして、こんなに苦しい病気なのに、血液検査や尿検査、それに、レントゲンなどの画像検査などをしても異常を見つけることができないといわれています。 「ストレス」「自律神経失調症」「更年期」 原因がよくわからない病気は、往々にしてこのように言われますが、患者としては、原因がわからない上に、病気を治すのは自分次第だと言われているようで、本当につらい病気だと思いました。 スポンサーリンク 八木亜希子さん、入院の理由と活動復帰はいつ? 現在、八木さんの事務所から発表された今後の予定では、数日入院してその後は通院治療となるようです。 今回診断が下った「 線維筋痛症」という病気は、本人の自覚症状での診断になりますので、医者から入院指示が出たということは、それほど つらい痛みだったんだろう・・と、とても心配になりました。 入院は数日と言われていますが、今はまだ退院予定はたっていないのではないかと思われます。 痛みが取れたら復帰は早い時期にできるものと思われますが、今はまず、体も気持ちも元気にすることが最優先だと思いますので、現時点での復帰はまだはっきり言えないでしょうね・・。 今年の「明石家サンタ」に八木さんの姿が見えないのは本当に残念ですが、ゆっくり治療してまた元気な姿を見せてほしいと思いました。 女子アナの八木亜希子さんが、線維筋痛症である事を公表 されました。 患者は全国で200万人いると言われています。 この病気の認知度はかなり高まってきてるものの、依然として原因不明が続いています。 原因が解明され、有効な治療法が早期に確立される事を願う。 — shiochan siochan551 元アナウンサーの八木亜希子さんが線維筋痛症だと公表しました。 マスコミや有名人が公表する事で世間に周知されていくのはありがたいです。 実際レディーガガの時に私の周辺でもわかる人が増えたましたし。 治療薬の完成と難病指定に入る事を祈るばかり — みー!!! ご回復をお祈りしています。 世間の声は、みなさん、八木亜希子さんの早い復帰を待つものばかりでした。

次の

八木亜希子さんが休養発表…女性に多い「線維筋痛症」 どんな病気なのか

八木 亜希子 入院

フリーアナウンサーの八木亜希子(54)が線維筋痛症と診断され、当面の間、休養することを所属事務所が24日、発表した。 同日深夜放送のフジテレビ「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー」の出演も急きょ取りやめた。 所属事務所によると、八木は数日前から原因不明の体調不良が続いていた。 21日に生放送されたニッポン放送「八木亜希子 LOVE&MELODY」(土曜前8・30)には通常通り出演したが、体調はすでに悪かったとみられる。 その後も回復の兆しが見られないため医師の診察を受けたところ、線維筋痛症と診断され、この日までに入院した。 医師の指示で、しばらくの間全ての仕事をキャンセルして治療に専念。 数日間入院し、その後は通院で治療を受ける。 線維筋痛症は、関節や筋肉など全身に強い痛みが生じる病気。 発症する原因は不明とされ、中高年の女性に多く見られる。 八木は近年、女優としても活躍。 降板になったが、クランクイン前だったため撮り直しなどの影響はないという。 代役は未定。 28日以降の「八木亜希子 LOVE&MELODY」についてニッポン放送は「代役を調整中」としている。 24日深夜に生放送された「明石家サンタ…」は、事務所の後輩である中野美奈子アナ(40)が代役で進行を務めた。 冒頭でMCの明石家さんま(64)は「こういうことになるとは夢にも思わなかった。 八木が急きょの入院で」と話した。 2週間前に一緒に食事し、その席で八木が「横になってもいいですか?」と聞いてきたといい、その時から八木の体調が思わしくなかったことをうかがわせた。 早大第一文学部総合人文学科卒業後の88年、フジテレビ入社。 報道、バラエティー、スポーツと幅広い番組を担当し、看板アナとして活躍。 同期の故有賀さつきさん、河野景子(55)とともに「花の三人娘」と呼ばれた。 2000年3月退社。 フリーとなってからはドラマや映画、CMなどにも出演。 ヒロインを務めた01年の映画「みんなのいえ」では、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。 02年に大学時代の同級生と結婚。 趣味は映画と演劇観賞、ゴルフ。 血液型O。

次の

さんま、休養の八木亜希子と2週間前に食事「八木が『横になっていいですか』と…」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

八木 亜希子 入院

「フォニックス HP」より フリーアナウンサーの 八木亜希子さんが「 線維筋痛症」であることを発表し、しばらく休養されるという。 この病名を初めて耳にする方もいらっしゃると思うが、日本では約200万人もの人がこの病気で苦しんでいるとされ、しかも原因不明というのだから、事は穏やかではない。 2017年、アメリカの歌手レディー・ガガが同病であることをカミングアウトしている。 線維筋痛症は、「手足の関節や筋肉などの痛み、ときに腰痛など体のありとあらゆるところに激しい痛みが生じ、それが原因で倦怠感、不眠、うつ病などを併発する難病」というのが、西洋医学的な見解である。 原因としては「極度の疲労や、病気、ケガなど心身へのストレスが引き金になる」とされ、「ゆっくりとした休息や鎮痛剤による対症療法しか治療法はない」という。 男性より女性の患者数が圧倒的に多く(8:2)、30歳代で約12%、40~50代で約23%と更年期に入ると増加する。 女性は男性に比べて体温が低く、40歳以上の更年期にはさらに体温が下がることを鑑みると、線維筋痛症の背景には「低体温(冷え)」があると考えられる。 リウマチによる筋肉痛や頭痛、腰痛などの持病がある人は、「寒い日や夏でも冷房に入ると痛みが増強する」とおっしゃる。 つまり冷え(低体温)は痛みの一大要因となる。 腹痛のときはお腹に、胸痛や腰痛のときには胸や腰に手のひらを当てるのが我々の本能的なしぐさで、これは手のひらで患部を温めて痛みを和らげようとしているわけだ。 この「お手当」こそが「治療」の語源となった。 日本人の脇の下の平均体温が、1957(昭和32)年には36. それが現代日本人の平均体温は35. 8~36. つまり線維筋痛症の背景には、「日本人の低体温化」が存在しているといってよい。 「低体温化」の原因 「低体温化」の主な原因は、以下のとおり。 (1)筋肉運動・労働の不足 交通機関の発達、家電製品の普及により、ウォーキングや筋肉運動の量が激減した。 体温の約40%は筋肉で産生される。 塩分を多く摂る地域に高血圧、脳出血が多いということで減塩運動が起こり、今や「1日に10g」どころか「8g以下」が望ましいという指導がなされている。

次の