応用物理学科。 日本大学 文理学部 物理学科

学術講演会

応用物理学科

応用物理学専攻とは 近年特に注目される、エネルギー、環境、医療、バイオ、情報といった分野では、画期的な機能性デバイスや材料の開発が望まれています。 この実現に向け最重要技術として期待されている技術こそ、ナノサイエンスとナノテクノロジーです。 本専攻では、量子力学や統計力学、物性物理学などのミクロな物質科学を基盤に電子・スピン・光・生体を制御する高機能デバイスや材料の創製などの研究を通じて、次世代ナノテクノロジーを創造するための実践力を養います。 これらを通じて、現代物理学に基礎をおく幅広い物理現象の理解と、それを実用に生かす工学の知識を身に付け、将来各界でリーダーシップをとれる技術者・研究者に成長することを目指します。 過去から未来、東北大学が選ばれる理由 情報・通信・エネルギー・環境・医療等の多岐にわたる分野で望まれている画期的なデバイス・材料の創製とそれらの性能を極限まで高めるための理論・シミュレーション研究に挑戦しており、充実した研究設備・環境の下で世界トップレベルの多くの研究者が次世代の科学技術を創造するために研究を行っています。 大学附置研究所である金属材料研究所や多元物質科学研究所と協力して研究を進めているほか、国内外の大学・研究所、企業と多くの研究プロジェクトを推進しています。 研究室間の壁がなく、自分の研究分野以外の研究内容についても幅広く吸収することができる環境です。 就職においても、『現象を理解して論理的に分析して解決策を出す』訓練を積んでいる応用物理を学んだ学生への期待は非常に高まっています。 大学院• 工学教育院•

次の

学術講演会

応用物理学科

応用物理学専攻とは 近年特に注目される、エネルギー、環境、医療、バイオ、情報といった分野では、画期的な機能性デバイスや材料の開発が望まれています。 この実現に向け最重要技術として期待されている技術こそ、ナノサイエンスとナノテクノロジーです。 本専攻では、量子力学や統計力学、物性物理学などのミクロな物質科学を基盤に電子・スピン・光・生体を制御する高機能デバイスや材料の創製などの研究を通じて、次世代ナノテクノロジーを創造するための実践力を養います。 これらを通じて、現代物理学に基礎をおく幅広い物理現象の理解と、それを実用に生かす工学の知識を身に付け、将来各界でリーダーシップをとれる技術者・研究者に成長することを目指します。 過去から未来、東北大学が選ばれる理由 情報・通信・エネルギー・環境・医療等の多岐にわたる分野で望まれている画期的なデバイス・材料の創製とそれらの性能を極限まで高めるための理論・シミュレーション研究に挑戦しており、充実した研究設備・環境の下で世界トップレベルの多くの研究者が次世代の科学技術を創造するために研究を行っています。 大学附置研究所である金属材料研究所や多元物質科学研究所と協力して研究を進めているほか、国内外の大学・研究所、企業と多くの研究プロジェクトを推進しています。 研究室間の壁がなく、自分の研究分野以外の研究内容についても幅広く吸収することができる環境です。 就職においても、『現象を理解して論理的に分析して解決策を出す』訓練を積んでいる応用物理を学んだ学生への期待は非常に高まっています。 大学院• 工学教育院•

次の

応用物理学

応用物理学科

2020年 第81回応用物理学会秋季学術講演会 期間 2020年9月8日 火 〜11日 金 開催場所 オンライン開催 講演会で発表するには 一般講演の登壇者は,応用物理学会正会員・学生会員,および応用物理学会の協定学会会員に限ります. 一般講演で登壇いただくためには以下の3つのステップが必要になります.• 登壇申込は無料で,1人あたり3件まで発表が可能です.(4件以上の場合は理由の説明が必要です)• 登壇申込のほかに,講演会参加申込及び講演会参加費が別途必要です.• 入会途中の仮会員でも登壇申込可能です.• シンポジウム 2019年秋よりシンポジウムの区分が変更となりました. シンポジウム開催をご検討の際は「」もご参照ください. 大分類一覧• 1 応用物理学一般• 2 放射線• 3 光・フォトニクス• 4 OSAジョイントシンポジウム(秋季のみ)• 6 薄膜・表面• 7 ビーム応用• 8 プラズマエレクトロニクス• 9 応用物性• 10 スピントロニクス・マグネティクス• 11 超伝導• 12 有機分子・バイオエレクトロニクス• 13 半導体• 15 結晶工学• 16 非晶質・微結晶• 17 ナノカーボン• 合同セッションK 「ワイドギャップ酸化物半導体材料・デバイス」• 合同セッションM 「フォノンエンジニアリング」• 合同セッションN 「インフォマティクス応用」• フォーカストセッション 「AIエレクトロニクス」.

次の