ヨドバシ カメラ 臨時 休業。 ヨドバシカメラ横浜店スタッフが新型コロナ陽性、臨時休業 〜他店は短縮営業

ヨドバシカメラ16店舗が臨時休業 緊急事態宣言を受けて

ヨドバシ カメラ 臨時 休業

ヨドバシカメラは13日、新型コロナウイルスの影響による緊急事態宣言を受けて、14日から東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、福岡県の店舗を一時休業すると発表した。 なお、一時休業中の店舗では、「ネットで注文、店舗で受け取り」サービスの受け取りカウンターのみ営業。 注文済み商品や修理完了品、DPEの受け取りについても、このカウンターで対応する。 ただし、マルチメディア横浜ではこのカウンターも一時休業。 アウトレット京急川崎ではカウンターを設けない。 休業するのは、新宿西口本店、マルチメディアAkiba、マルチメディア横浜、マルチメディアさいたま新都心駅前店、千葉店、マルチメディア梅田、マルチメディア博多など。 詳細は後述する。 また、国や各都道府県の要請および情勢の変化を受け、今後さらに変更する場合があるという。 休業の期間は「当面の間」としている。 なお、継続して営業しているマルチメディア札幌、マルチメディア仙台、マルチメディア郡山、マルチメディア宇都宮、マルチメディア新潟駅前店、マルチメディア京都、マルチメディア名古屋松坂屋店でも、営業時間を短縮している。 変更後の営業時間は店舗によって異なる。 詳しく公式サイトの「営業時間変更のお知らせ」ページを参照のこと。 【4月14日から一時休業する店舗 4月14日9時現在 】• 新宿西口本店• マルチメディア新宿東口• マルチメディアAkiba• マルチメディア上野• マルチメディア錦糸町• マルチメディア吉祥寺• マルチメディア町田• 八王子店• マルチメディア京急上大岡• マルチメディア川崎ルフロン• マルチメディアさいたま新都心駅前店• 千葉店• マルチメディア梅田• マルチメディア博多.

次の

ヨドバシ横浜【Yodobashi

ヨドバシ カメラ 臨時 休業

4月8日から5月6日まで実施している政府の緊急事態宣言を受けて、家電量販各社で臨時休業する店舗の状況が刻々と変わっている。 4月8日の一報から4月13日現在の最新状況を伝える。 ヨドバシカメラは4月10日から当面の間、全店の営業終了時間を22時から19時に短縮した。 またマルチメディア横浜とアウトレット京急川崎の2店で臨時休業を実施している。 ノジマの休業店舗は、当初の63店から55店に減った。 ヨドバシカメラ マルチメディア横浜店では4月9日、3月までメーカーの販売促進員として同店で勤務していた1人が、PCR検査の結果、新型コロナウイルスの陽性反応が出た事実が判明したと発表。 ヨドバシカメラは、所管の保健所などと連携しながら感染者の行動履歴や濃厚接触者の調査を行ったり、濃厚接触の可能性のある従業員や長時間滞在者に4月9日から2週間の自宅待機指示や要請を行った。 また、同店の消毒作業を実施するとともに、当分の間、同店の休業を決めた。 感染者は3月末を最後に同店に来ていなかったが、4月1日に発熱の症状があり、2日に医療機関で受診。 4日にPCR検査を実施して7日に陽性の判定が出た。 マルチメディア 横浜店の営業再開は未定としている。 家電量販店の臨時休業の特徴は、ショッピングモールや百貨店、スーパーなどテナント出店しているケースが多いこと。 この点、緊急事態宣言の対象である東京や神奈川、埼玉、千葉の首都圏でのテナント出店が多いノジマが影響を直接受ける形となった。 4月8日は全250店の4分の1に当たる63店舗が休業となった。 4月13日の更新情報では、休業する店は全店の約2割に当たる55店に減った。 当初休業していた「本厚木ミロード店」「イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店」「イトーヨーカドー昭島店」「イトーヨーカドー赤羽店」「曳舟店」「IY東大和店」「津田沼店」「イオンつくば店」「イオン土浦店」で営業を再開している。 ビックカメラは4月13日時点で、21店で臨時休業を実施。 8日の12店舗から9店舗(10店休業、1店再開)増えた。 店」「ららぽーとTOKYO-BAY店」「イオンモール堺鉄砲町店」「Corowa甲子園店」「マークイズ福岡ももち店」と「コジマ神戸ハーバーランド店」が休業している。 ヤマダ電機は、次の8店で休業。 都内のTOHOシネマズ錦糸町オリナスに隣接する「テックランド錦糸町店」やテナントに出店する「テックランド西友大森店」「テックランドダイエー赤羽店」「テックランドレミィ町田店」「テックランド東久留米野火止店」、神奈川の「テックランド日吉東急店」「イトーヨーカドー川崎小田栄店」、千葉県の「LABI津田沼店(モリシア津田沼内)」。 エディオンは次の23店で休業中だ。 「ららぽーと新三郷店」「AKIBA」「二子玉川蔦屋家電」「青葉台東急スクエア店」「モザイクモール港北店」「イオン秦野店」「ベルファ都島店」「ユニバーサル・シティウォーク大阪店」「近鉄上本町店」「近鉄あべのハルカス店」「天満橋店」「イオンモール堺北花田店」「ららぽーとEXPOCITY店」「くずはモール店」「八尾店」「ららぽーと和泉店」「御影店」「イオンモール神戸北店」「エコール・リラ店」「JR芦屋駅店」「ニッケパークタウン店」「イオンモール福津店」「イオンモール福岡店」。 ケーズホールディングスは大阪の「カナートモール和泉府中店」が営業を再開したことにより、休業は「アリオ鳳店」の1店となっている。 上新電機は4月11日に情報を更新し、次の14店で休業している。 「船橋イオンモール店」「アリオ川口店」「浦和美園イオンモール店」「羽生イオンモール店」「大日イオンモール店」「四條畷イオンモール店」「藤井寺イオン店」「泉南イオンモール店」「神戸南イオンモール店」「つかしん店」「西宮ガーデンズ店」「「伊丹昆陽イオンモール店」「楽天モバイル イオンモール伊丹昆陽店」「楽天モバイル イオンモール姫路大津店」。 なお、政府が緊急事態宣言を発令した7都府県(東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、福岡)以外にも、愛知や岐阜などで自治体独自で緊急事態宣言を出している。 こうしたエリアの店でも、新たに営業時間の短縮を実施するケースが増えている。 (BCN・細田 立圭志).

次の

台風19号でヨドバシカメラも臨時休業!過去は台風でも通常営業がデフォだった?

ヨドバシ カメラ 臨時 休業

緊急事態宣言が発令されて間もなく 1 週間。 様々なお店が臨時休業をとなる中、普通に営業していたのがヨドバシカメラだった。 マスクも足りず時短営業もない中、7 日頃から内部告発ツイートが止まらなくなる。 (筆者撮影、ヨドバシアキバ店頭にて。 ) 店頭では不要不急の来店をお断りする張り紙や、通販の利用を促すなど対策が施されて騒ぎは収束するかと思われた。 しかしもはや遅かったようで、このあと思わぬ一撃がヨドバシを直撃する。 ニンテンドースイッチ販売で大批判 4 月 4 日に行われたニンテンドースイッチの店頭販売の様子が文春オンラインに報じられると、三密の温床であることがツイッターで大きな話題となった。 社員の内部告発が止まらぬ中、ダメ押しでヨドバシ批判がピークに達すると 13 日夜に急遽、緊急事態宣言の出された地域での臨時休業が流れるのだった。 国や都道府県の要請等により、今後さらに変更する場合がございます。 ご自宅でゆっくりとお買い物が楽しめるヨドバシ・ドット・コムのご利用をお願いいたします。 あそこまで三密になっていたのは筆者もしらず、さらなる批判やイメージ悪化を防ぐには仕方なかったと思われる。 ヨドバシが休業する意義・・・ 時間短縮や臨時休業が求められる風潮のなか、変わらず明るい営業をしているヨドバシはどこか安堵感を覚える存在だった。 しかし 従業員へのマスクや消毒液の配布が十分に行われなかったこと、 そして本当に感染者が隠蔽されていたのであれば残念極まりないことで閉店は仕方ない。 「特殊な電池がすぐに欲しい」など急を要する買い物は、アプリで購入して当日店頭で受け取るなど最低限の買い物は引き続き可能であり、生活必需品に関してはせめてもの救いと思い利用するしかないだろう。 しかし中に入っている全てのテナントにアクセスできなくなること、またヨドバシという大手が休業することで競合他社の動向が変わってくる可能性もある。 そうなると、いよいよ街で空いているお店が殆どなくなるだろう。 今回の一件は緊急事態宣言をめぐる事の重大さと「どこまで自粛すべきか」について改めて考えるきっかけなのかもしれない。

次の