白和え レシピ。 ほうれん草の白あえ|レシピ|ゆとりの空間

ほうれん草の白あえ|レシピ|ゆとりの空間

白和え レシピ

キッチンペーパーなどで包み、重石をして20〜30分ほど冷蔵庫に置いておくと水が抜け、手でちぎれるくらいの硬さになります。 菜の花は根元が乾いていれば少し切り落とし、長ければ食べやすい幅に切ってからゆでます。 菜の花はゆであがりが早い野菜なので、同じくらいの茎の太さのブロッコリーなどの野菜をイメージしてゆでると、柔らかすぎる食感になるため注意が必要です。 鍋に湯を沸かし、ティースプーン山盛り1杯くらいの塩を加えます。 ゆで時間は 『茎1分ゆでたあとに穂先を入れてさらに30秒ゆでる』が目安となります(穂先と根元で時間差をつけてゆでるとよいです)。 ゆであがった菜の花は、すぐに冷水にとって冷まします(予熱でも余分に火が通ってしまうため)。 冷めたら水気をしぼっておき、後で和え衣と合わせます。 フードプロセッサーで作る白和え衣の作り方 このページでは 裏ごし器を使わずにフードプロセッサーで白和えの衣を作るやり方を紹介します。 まず、フードプロセッサーの前にAの白ごまをすり鉢で細かくペースト状になるまですりおろします(フードプロセッサーではペースト状にはできないので)。 続けて、水切りした豆腐を適当な大きさにちぎってフードプロセッサーに入れ、すりおろした白ごまとAの残りの調味料をすべて加えます。 スイッチを入れて撹拌し、全体が混ざってきたら一度止めて、フードプロセッサーの刃が届かないところに飛んだ豆腐や調味料をヘラなどで落とします。 再びスイッチを入れて撹拌し、全体が均一に混ざれば白和え衣の完成です。

次の

野菜の白和え(白酢和え) 鈴木 邦昌シェフのレシピ

白和え レシピ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

白和え(病院食:副菜) スチコンレシピ

白和え レシピ

キッチンペーパーなどで包み、重石をして20〜30分ほど冷蔵庫に置いておくと水が抜け、手でちぎれるくらいの硬さになります。 このレシピでは白和えの具材として ほうれん草、にんじん、しめじ、こんにゃくを使います。 ほうれん草としめじは火を通すだけでOKですが、 にんじんとこんにゃくには、豆腐の和え衣と味がなじみやすいよう下味をつけておくとよいです。 ほうれん草は根元に切り込みを入れて土を洗い落とし、しめじは石づきを切り落として1本ずつほぐしておきます。 また、にんじんは3〜4㎝長さのせん切り、こんにゃくは細めの短冊形に切ります。 具材が準備できたら、鍋に湯を沸かして火を通す具材をひと通り一気に下ごしらえするとよいです。 はじめに塩をティースプーン1杯ほど入れ、沸いたらしめじを入れて40〜50秒ゆでて取り出します。 続けてほうれん草を入れて1分ほどゆでて冷水に取り、最後に臭み消しのために下味をつける前のこんにゃくも1分ほどゆでてざる上げします。 小さな鍋にAを合わせて、にんじんとこんにゃくも入れて火にかけ、沸いたら火を弱めて3〜4分煮て火を止めます(急いで冷ますときは鍋ごと氷水につけて冷ますとよいです)。 白和え衣の作り方 白和えの衣の作り方は大きく2種類あります。 フードプロセッサーで作るやり方と 裏ごし器とすり鉢を使って作るやり方です。 家庭でやりやすいほうでやってみてください。 まず、フードプロセッサーで作る方法ですが、これはのページで詳しくのせています。 やり方としては、フードプロセッサーで細かくつぶせない白ごまだけを別ですり鉢でペースト状にすっておき、そのごまと豆腐、残りのBの調味料すべてをフードプロセッサーにかけて衣の完成です。 もう一つの裏ごし器とすり鉢を使って衣を作るやり方ですが、こちらは口当たりを良くするために、はじめに豆腐を裏ごす必要があります。 裏ごしのざるの下にボウルをうけ、しゃもじを押し当てて、水切りした豆腐を裏ごしていきます。 一気に裏ごすのではなく少しずつ、しゃもじを上から下に押し当てるように裏ごすとよいです。 続いて、すり鉢に白いりごま入れて粒がなくなるまでよくすり、裏ごした豆腐と残りのBの調味料を加えます。 すりこ木をまわし当てながら、全体がなめらかに調味料が混ざるようにして衣の完成です。

次の