連絡 ありがとう メール。 「お礼メール」書き方とビジネス例文!社内・社外・状況別に紹介

メールの返信へのお礼の書き方!ビジネスメールのマナー(例文付) [ビジネス文書] All About

連絡 ありがとう メール

が、 ご連絡よろしくお願いいたします。 、弊社事業に関するお問い合わせをいただいておりましたが、その後はいかがでしょうか?〇〇様からの ご連絡。 お問い合わせの件に、後日改めて ご連絡差し上げます。 どうぞよろしく。 お忙しい中弊社〇〇までに ご連絡を下さり、ありがとうございました。 「ご連絡」で返信する場合は上記のような感じで書くといいでしょう。 「連絡ありがとうございます」や「こちらから連絡します」だと、相手方も不快に思ってしまうので注意してください。 さて、メールや文書を打つ時に「連絡」と「ご連絡」どちらを使えばいいか分からなくなったこと、ありますよね。 「連絡」と「ご連絡」一体何が違うのでしょうか。 2-2.「連絡」と「ご連絡」の違い 「連絡」と「ご連絡」の違いは、「相手に敬意を現しているかどうか」です。 ですので上司や取引先、お客様から問い合わせをされた場合は、「ご連絡」を使うようにしましょう。 「連絡ありがとうございます」は文章的には間違っていませんが、上司やお客様に使ってしまうと不快に思われてしまう場合もありますので、なるべく使用は避けましょう。• では順に解説していきます。 3-1.ご連絡ください 「ご連絡ください」は、「ください」と断定しているため、相手に対してやや強引な印象を与えてしまう可能性があります。 上司や取引先など目上の人に使う場合は「ご連絡お待ちしております」というのが正しいです。 上司や取引先、お客様とやり取りをしているとき、ついつい「では、何かありましたらご連絡ください」と言ってしまったことはありませんか? 一見敬語のように聞こえますが、実は間違いです。 メールや電話などで言う場合は間違えないようにしましょうね。 3-2.ご連絡させていただきます 「ご連絡」も間違った使い方として有名です。 「ご連絡」と「いただきます」、 どちらも謙譲語のためこの場合だと二重敬語になってしまいます。 二重敬語は相手によって不快に感じてしまう場合もあるので、間違って使わないようにしましょう。 4.ビジネスメールでの「ご連絡」の使い方 ここでは、ビジネスメールでの「ご連絡」の使い方をご紹介します。 例文で確認してみましょう。 ご連絡が遅くなりまして申し訳ありません。 メールで詳細を ご連絡させていただいても?• (相手から連絡が欲しい場合)が、 ご連絡をいただいてもよろしいでしょうか?• ご連絡いただければ。 メールは電話や対面と違い、 言葉のニュアンスの違いで相手方への印象が変わってきます。 正しい使い方をすれば、相手も「きちんとした人なんだな」と誠意に対応してくれますので、しっかり覚えておきましょう。 5.「ご連絡」の英語表現 海外の企業と取引をする際、「ご連絡」を英語で表現するには一体どうすればいいのでしょうか? 「ご連絡」は直訳にすると 「 contacting」という英語になります。 これは「~と連絡を取る」という意味なので、「ご連絡ありがとうございます」なの英語表記として使えます。 似たようなもので「Get in touch with~」という英語もありますが、こちらはどちらかというとカジュアルな表現になってしまうので、ビジネスシーンで使う際は「contacting」を使用するといいでしょう。 で「ご連絡」を英語表記にしましたので、参考にしてみてください。 5-1.ご連絡ありがとうございます• ご照会…照らし合わせて確認すること• ご質問…疑わしい点について問いただすこと• お問合せ…尋ねて確かめること 主に 顧客とのやり取りで使われるときでの類語です。 どれも「ご連絡」とほぼ似た意味として使うことができます。 まとめ 「ご連絡」は 相手に対し、連絡を確認した旨を丁寧に伝える言葉です。 謙譲語なので、他の言葉と組み合わせて使う際は二重敬語にならないよう注意してください。 また、「ご連絡ください」などは場合によって無礼な人だと思われてしまうので、「ご連絡お待ちしております」などやんわりとした表現を使っていくといいでしょう。 ついつい間違えてしまいがちですが、意味を理解していれば大丈夫です。 言葉を正しく使えば上司や取引先からも信頼される可能性が高くなりますので、ぜひ覚えておいてくださいね。

次の

お礼メールの文例集(社外向け)|コピペでOK!今すぐ使えるビジネスメールの例文集

連絡 ありがとう メール

感謝メールを送る目的・理由は、相手 上司、取引先 が何かをしてくれたことに対して、感謝の気持ちを相手に伝えるためです。 更に、そのしてくれたことに対して、どう感謝して、今後どのようにしていくかを伝えます。 これらの内容は、以下のように、ほぼ定型化されています。 ・件名 ・取引先 会社名、所属、役職、氏名) ・定型の挨拶 ・名乗り 自分の会社名、所属、氏名) ・本文 *相手がしてこれたこと 感謝すべきこと 、に感謝の意 *それに対して、どう感謝しているのか、今後どうしていくか *結び *署名 ・定型の挨拶の例文 *平素より、大変お世話になっております。 *いつもお手数をおかけしております。 *いつもご配慮をいただき、ありがとうございます。 *平素より、格別のご配慮を賜り、感謝致しております。 本文の作成準備(箇条書き) 前述の定型に従って、書き始めましょう。 誰に、何をしてもらって、感謝の気持ちをどう伝え、今後どのようにしていくか考えて下さい。 まずは、メーラーを開き、本文欄から書き始めます。 宛先欄は、送信直前に入力してください。 何かの操作ミスで、送信ボタンを押してしまい、作成途上のメールが送られる危険性があるからです。 誤って、それが相手(取引先)に届いてしまったら、感謝メールを送るつもりが、嫌がらせメールにも成りかねません。 ここで、想定として、ある会社の営業マンA君が、課長と一緒に取引先の会食に招待され、翌日に、課長から「A君、昨日の会社へ、感謝を伝えるメールを送っておいてくれ。 」と言われたとします。 取引先の出席者は、部長のみで、こちらからは、課長とA君のみです。 ・感謝の気持ち:あのような場所は、初めてで緊張した。 でも嬉しかった。 本当に美味しかった、部長の話しが良かった。 昨日はご多忙のおり、あのような素晴らしい会食の席にお招きいただき、 誠にありがとうございました。 美しい夜景と美味しい料理の数々に感嘆しつつ、大変楽しい時間を過ごす ことができました。 更に、御社の周到な販売戦略を構築するまでの数々の 苦労話しは、大変貴重で参考になり、感謝致しております。 今後も微力ではございますが、 御社のご発展に対しまして、少しでも貢献できるよう奮闘する所存で ございますので、ご指導の程よろしくお願い致します。 以上、メールにて恐縮ではございますが、 まずは、お礼申し上げます。 ・「お気持ち」、大変うれしく「頂戴致しました」。 〇いただいた ・大変貴重な「お品を」を「いただき」、心より「感謝申し上げます」。 ・ご丁寧な「お心遣い」を「いただき」感謝致しております。 〇ご参加いただき ・大変「ご多忙のおり」、「ご参加いただき」心より「感謝申し上げます」。 〇ご足労いただいた ・昨日は、ご多忙のおり「弊社」まで「ご足労いただき」、心より「感謝申し 上げます」。 〇ご来訪いただいた ・昨日は、「弊社」に「ご来訪いただき」誠にありがとうございました。 「御社」には、改めて「感謝申し上げます」。 〇ご招待いただき ・先日は素晴らしい「ご祝賀の宴」に「ご招待いただき」、「誠にありがとう ございました」。 〇ご招待にあずかり ・先般は、〇〇披露式へ「ご招待にあずかり」ましたこと、心より「感謝申し上げる 次第です」。 〇ご招待を賜り ・昨日は、〇〇祝賀会に「ご招待を賜り」、「誠にありがとうございました」。 前述の定型化している感謝メールの内、最後の部分です。 この部分は、相手との今後の関係を円滑に維持していく上で重要な部分ですので、以下のような文言で、丁寧に敬語を使い締めくくって下さい。 この「結び」がない感謝メールは、電話で言えば、相手に何も告げずに黙って受話器を置くの同様です。 ・まずは御礼かたがたメールを差し上げました。 ・取り急ぎ、メールにて御礼申し上げます。 ・取り急ぎ御礼まで。 では、失礼致します。 ・今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・今後とも、ご高配賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 メールにて失礼致します。 ・取り急ぎ、御礼を申し上げたくご連絡致しました。 後日改めてご挨拶に伺います。 現代の忙しいビジネスマンは、毎日何百通ものメールを受信しています。 その中に、取引先からの「感謝メール」も含まれています。 送る側としては、その「感謝メール」をいち早く開いて欲しいはずです。 メールを受ける側は、まずは、差出人と件名 タイトル が記載されている一覧表を開き、件名 タイトル を見て、その件名から本文が容易に判断できる解り易いメールから開いていくことになります。 この解り易い「件名(タイトル)」にするには、以下の工夫が必要です。 ・メール本文を、簡潔に解り易く要約した記述 ・文字数は、「20文字」以内 ・タイトルの先頭に【御礼】と付加して、感謝メールであることを表示 ・敬語を意識する タイトルの例文 メール送信時の「宛先」欄は、送信直前に、アドレス帳から取り出したアドレスを設定するようにして、メールアドレスを直接入力することは、極力避けて下さい。 何故なら、入力間違いの危険度が高くなるからです。 会社によっては、同姓の社員が複数いる場合は、1文字違いのアドレスを付与してあることもあります。 そうすると、全く別人に届いてしまい、取引先に迷惑がかかることになります。 このような危険を避けるには事前に、アドレス帳に登録しておけばよいのです。 更に、表示欄に「様」を入力しておきます。 その他の注意事項 ・CC、BCCの活用 前述の課長と一緒に、取引先の部長との会食に出席したA君は、翌日にお礼のメールを送るよう課長に指示されました。 この三人のそれまでの関係にもよりますが、ある程度の付き合いがあれば、A君は、部長に感謝メールを送る際には課長にCCするはずです。 そのCCを見た部長は、「A君は、気が利いている、課長も良い指導をしているな。 」と受け止めます。 但し、三人のそれまでの関係が浅い、或いは取引先の部長が気難しい性格の人であれば、課長にはBCCの方が望ましいです。 社外へのメール送信時の、CC、BCCの活用は、慎重に対応する必要があります。 ・署名の表示情報 あまり凝り過ぎず、ビジネスに必要な最低限の表示になるような工夫が必要です。 ・誤字脱字のチェック 当たり前のことですが、「感謝メール」には、誤字脱字は許されません。 自信がない場合は複数人でチェックして下さい。 ・「感謝メール」の送信タイミング 取引先の勤務時間内に、可能な限り早めに送りましょう。 普段毎日のように接している直属上司には、日常の仕事の中では、敬語を多く使い改まったメールを送る機会はほとんどないです。 しかしながら、転勤直後は、別です。 転勤前の部署でお世話になった直属上司(課長等)、あるいは、その上の上司 部長等 には、お世話になった旨の感謝メールを送る必要があります。 この感謝メールは、以後の出世にも影響をする場合もあります。 従って、転勤先に着任した時点で、なるべく早期に送りましょう。 本日、無事着任致しました。 今後とも、ご指導の程、宜しくお願い致します。 なお、本社出張の際には、是非ご連絡下さい。 ご一献差し上げたいと存じます。 大変、お世話になりました。 社内(上部組織への感謝) 感謝メールへの返信については、返信が不要な場合もあります。 一番解り易いのは、その感謝メールの文末に「返信にはお心使いは不要です」等の返信不要の旨の記述があるので、素直に返信は止めましょう。 でも、返信してしまうと相手は困ってしまい、返信の連鎖が止まりません。 そのような「返信不要」がない場合は、内容にもよりますが、社内で充分に検討の上、返信してください。 但し、「件名」には、「Re」を付けたまま、内容は以下のパターンに従い簡潔に記述して下さい。 ・丁寧なメールに感謝 *ご丁寧なメールをいただき大変恐縮致しております。 ・したことに対しての謙遜 *不行き届きの数々 *粗末な物で ・結び *今後とも、ご指導・ご支援のほど、宜しくお願い申し上げます。

次の

お礼の気持ちが伝わる社内メールのポイント【例文あり】

連絡 ありがとう メール

「ご連絡ありがとうございます」はビジネスメールでよく使う相手への感謝を伝える表現です。 心のこもった感謝が伝わるように、形式的な印象のない「ご連絡ありがとうございます」の書き方のコツをお伝えしていきます。 メールのやり取りの度に同じ相手に何度も「ご連絡ありがとうございます」と使うと何か違和感を抱かれるのではないかと心配になったことはありませんか。 そのためにはと機械的ではない「ご連絡ありがとうございます」を真心をこめて、かつ気持ちが爽やかに伝わる工夫が必要です。 それには、メールを返すたびに伝える「ご連絡ありがとうございます」の使いすぎに気をつける必要があります。 今回は、「ご連絡ありがとうございます」の言い換えの例文や、「ご連絡ありがとうございます」をどのような使い方をすれば相手に失礼がないか、相手を立てることに繋がるのかをさまざまな例を用いてご紹介します。 尊敬語 メールでの「ご連絡ありがとうございます」を使用した会話のバリエーションや使い方をいくつかご紹介します。 ・「早朝にもかかわらずご連絡ありがとうございます」は、朝早くに待っていた返事があった事を感謝するお礼の言葉です。 ・「ご多忙中にもかかわらずご連絡ありがとうございます」は、忙しい中で連絡をくれた相手への理解とお礼を伝えるより丁寧な言い回しです。 ・「お急ぎのところご連絡ありがとうございます」は、用事があり出かける前の相手に対して、ただ「ご連絡ありがとうございます」だけでは物足りないので、相手の状況を察した上での相手の返事に対してもお礼を伝えるための表現です。 ・「早々のご連絡誠にありがとうございます」は、待っていた連絡が早く来た時のお礼を伝える際にする表現をより丁寧にした言い方です。 ・「お疲れのところご連絡ありがとうございます」は相手の状況を察して気遣ったり事前に配慮をする気持ちを表す表現です。 「ご連絡ありがとうございます」をより丁寧に 就職活動では「ご連絡ありがとうございます」とお礼を伝えることは、とても大切です。 とくに面接などでは相手に感謝ができるかどうかは、やる気を問われるだけでなく、社会人としての礼儀やマナーの有無の判断として重要なポイントでもあるからです。 また、就職活動では会社説明会に参加することも多いことでしょう。 その際には返事として「ご連絡ありがとうございます」と使用することもあるでしょう。 その就活でのお礼状の書き方は、自己紹介の後に、「貴社の会社説明会のご案内、誠にありがとうございました。 必要書類を持参しお伺いいたします。 当日を楽しみにしています」などがあります。 また、「説明会の日程変更のご連絡をありがとうございます。 当日は何卒よろしくお願いいたします。 」なども良いでしょう。 会社 会社説明会の応募メールの例文をご紹介いたします。 会社の説明会への応募はパソコンのメールで行いましょう。 携帯からメールを送る場合には、パソコンのメールが届くように設定を確認しておくのがマナーです。 また、件名には用件を分かりやすく必ず「会社説明会」と「氏名」をいれておきましょう。 私は現在就職活動を行っております。 ご多忙のところ恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 」 大学名、住所、連絡先、メールアドレスも本文の最後に載せます。 参加後はお礼メールも書きましょう。 「ご連絡ありがとうございます」の替わりに以下の言い換えの例文がおすすめです。 ・「ご連絡いただきまして誠にありがとうございます」 ・「ご連絡いただき感謝を申し上げます」 ・「早々のご連絡ありがとうございます」 ・「ご返信くださりありがとうございます」 ・「ご覧いただきありがとうございます」 ・「教えていただきどうもありがとうございます」 ・「ご確認どうもありがとうございました」 ・「この度は 丁寧なご対応ありがとうございました」 ・「ご対応いただきどうもありがとうございました」 ・「ご確認いただきどうもありがとうございました」 ・「ご覧いただきどうもありがとうございました」 ・「教えていただきどうもありがとうございました」 わざわざの使い方や例文 連絡をくれた相手に対して、「特別に」という意味のある、「わざわざ」を使うことがあります。 「わざわざ」は、こちらには連絡する必要のなかったことに対して、相手が気遣いなどから親切にあえて連絡してくれたりといった、相手の配慮に対してお礼を伝える際に使うような表現です。 ただし、「わざわざ」には、特別に、という意味だけではなく、わざと、という意味もあるために、要らない物に対して「気を遣わなくてもいいのに」という遠慮として使われることが多いため、「わざわざ」に悪いイメージを持つ人がいます。 「わざわざ」を使う時には、いやみだと誤解されないように気をつけて使用しましょう。 「わざわざ」を使う時のおすすめの使い方は、過去形での使用「わざわざ、ありがとうございました」などです。 例文 「わざわざ」を「ご連絡ありがとうございます」の中で使用する時は、相手に「わざわざ」の意図を明確にして伝える配慮をすることが必要になるでしょう。 たとえば、「この度は、寒いなかわざわざ足をお運びくださり誠にありがとうございます」、「わざわざ、ご迷惑をおかけしたにもかかわらず、ご連絡までいただき 誠にありがとうございます」、「こちらの不手際にもかかわらず、わざわざ ご配慮賜りまして 誠にありがとうございます」などがあります。 ほかにも、「先日は、私のために わざわざ送別会まで開催していただき、誠にありがとうございました。 おかげ様で悔いのない新たな門出を迎えることができました」のように使います。 使わない方が無難か? 先輩に「ご連絡ありがとうございます」は不自然ではありませんが、少々形式的にとらえられてしまいかねません。 ですので言い換えとして時には「ご連絡いただきまして恐縮です」、「お忙しいなかご返信いただきましてありがとうございます」などの丁寧な印象を与える表現にすると良いでしょう。 先輩でも親しい間柄ですと、「くださり」を省かずに丁寧に「ご連絡くださりありがとうございます」などが適切でしょう。 企業の先輩に対しては「ご連絡いただきましてありがとうございます」と連絡いただいて恐縮しているという印象を与える言い方をするとより丁寧な表現になるでしょう。 仕事などで相手からの連絡を待っている場合には、「お忙しいところ、ご連絡いただきまして誠にありがとうございます。 お手すきな際にご連絡をお願い申し上げます」なども、相手の状況を推測して気遣っていることになるので、失礼にはなりません。 フランクな言い方.

次の