ぼーっと いき て んじゃ ねーよ。 ボーっと生きてんじゃねえよ!って英語でなんて言うの?

ボーっと生きてんじゃねーよ!とは・意味

ぼーっと いき て んじゃ ねーよ

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 素朴な質問をぶつけては、答えられないと、「5歳の女の子」チコちゃんに「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱られる。 NHKのクイズ番組「チコちゃんに叱られる!」(毎週金曜夜〈一部地域除く〉、土曜朝再放送)が今人気だという。 なぜなの? 「男性が声変わりするのは、なぜ?」。 7月20日の放送回。 音声変換された高音の声で、着ぐるみのチコちゃんが、タレントの大竹まことさんに質問した。 思わぬ質問にうなる大竹さん。 「声が低い方が人を威圧できる……」 すると、チコちゃんの顔がCGで突然真っ赤になり巨大化。 「ボーっと生きてんじゃねーよ!」。 ゲストの大竹さんやレギュラー出演する岡村隆史さんらは、おなじみのセリフにどこかうれしそう。 答えは「モテたいから」。 人間を含めた哺乳類の雌は声の低い雄に力強さを感じるのだという。 番組は、5歳のチコちゃんが素朴すぎて思いつかない疑問を投げかけ、答えに詰まる「大人たち」を決めぜりふで一喝。 その後、専門家に取材をしたVTRを流して答えを掘り下げるという構成だ。 番組がスタートした4月以降、好調な視聴率を維持している。 特に土曜朝の朝ドラ後の再放送は10%を超える(関東地区、ビデオリサーチ調べ)人気だ。 人気の理由は司会のチコちゃん….

次の

「ぼーっと生きてんじゃねーよ!」が流行語大賞候補!岡村の株も上がる!~チコちゃんに叱られる!

ぼーっと いき て んじゃ ねーよ

実は、2つ目の Don't sleep through life! はこの「某番組」のタイトルバックに出てくる英語ですが、これでもいいと思います。 sleep through 〜 は、「〜の間眠り続ける」が直接の意味で、例えば If I sleep through the alarm, will you wake me? (目覚ましが鳴っている間に起きなかったら、起こしてください。 ) のように使います。 そして、「〜」を life にすれば、比喩的に「ぼーっと生きる」の意味で使えます。 ただ、ここで life とすると語感的にちょっと長すぎるのが難点です。 もいいと思います。 この So much for 〜 は「〜はこれまで」という言い方です。 So much for joking around. (冗談はこのくらいにしましょう。 ) のように使います。 質問者さんへ こんにちは。 「ぼーっと生きる」ですが、直訳しようとすると 難しいですね。 You'd better wake up! という表現も可能と考えます。 We'd better leave. The bus is coming! 「今ここを出ないと」「バスが来ちゃっているよ!」 そこで、 You'd better wake up! で、文字通り「目を覚ませ!」となります。 日本語でも、言いますよね。 寝ている人に言っている訳ではありません。 またこれは、一昔前に流行りました「天使にラブソングを」という 映画の劇中歌に使われていた歌詞でもあります。 ・・・少しでも参考として頂けますと幸いです。 LLD外語学院 学院長 前川 未知雄.

次の

ボーっと生きてんじゃねーよ!とは・意味

ぼーっと いき て んじゃ ねーよ

実は、2つ目の Don't sleep through life! はこの「某番組」のタイトルバックに出てくる英語ですが、これでもいいと思います。 sleep through 〜 は、「〜の間眠り続ける」が直接の意味で、例えば If I sleep through the alarm, will you wake me? (目覚ましが鳴っている間に起きなかったら、起こしてください。 ) のように使います。 そして、「〜」を life にすれば、比喩的に「ぼーっと生きる」の意味で使えます。 ただ、ここで life とすると語感的にちょっと長すぎるのが難点です。 もいいと思います。 この So much for 〜 は「〜はこれまで」という言い方です。 So much for joking around. (冗談はこのくらいにしましょう。 ) のように使います。 質問者さんへ こんにちは。 「ぼーっと生きる」ですが、直訳しようとすると 難しいですね。 You'd better wake up! という表現も可能と考えます。 We'd better leave. The bus is coming! 「今ここを出ないと」「バスが来ちゃっているよ!」 そこで、 You'd better wake up! で、文字通り「目を覚ませ!」となります。 日本語でも、言いますよね。 寝ている人に言っている訳ではありません。 またこれは、一昔前に流行りました「天使にラブソングを」という 映画の劇中歌に使われていた歌詞でもあります。 ・・・少しでも参考として頂けますと幸いです。 LLD外語学院 学院長 前川 未知雄.

次の