シールド ミロカロス。 【剣盾】【疑問】野生のミロカロス♀がまったく出ないんだけど ♀は卵限定なの?

ミロカロス|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

シールド ミロカロス

5倍になる。 相手の技や特性で能力ランクが下がると、『とくこう』ランクが2段階上がる。 自分や味方の技や特性で下がった場合は効果がない。 性別が同じ場合や、性別不明の場合は効果がない。 /異なる性別の野生のポケモンと出会いやすくなる。 第6世代は威力:50 Lv. 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 特性『ちょすい』『よびみず』の味方は特性が発動するため、この技の効果は無効。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 ダイマックスしている相手には追加効果は無効。 交代しても効果は続く。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 水中にいる間は『なみのり』『うずしお』以外の技を受けない。 ダイマックス技や第7世代のZワザもタイプが変わる。 必ず後攻になる 優先度:-4。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 通常攻撃。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 また、相手の『こおり』状態を治す。 交代しても効果は続く。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『あく』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 すべての攻撃後、自分の『ぼうぎょ』ランクが1段階下がり、『すばやさ』ランクが1段階上がる。 攻撃が当たる度に威力が20ずつ増える。 9 XY〜DPt ,Lv. [Lv. 5 XY〜DPt ,Lv. [Lv. 25 XY〜DPt ,Lv. 24 ORAS ,Lv. 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 跳ね返す技の命中率は、『マジックコート』を使用したポケモンで計算される。

次の

【ポケモン剣盾】ミロカロスの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

シールド ミロカロス

「かえんだま」を持たせ自分で火傷状態になることで特性を発動しつつ、毒を始めとした他の状態異常を防ぐことができ、自己回復技を持つ点と合わせ非常に耐久力があるポケモンとなっています。 以降は火傷ダメージが痛いが、交換後のポケモンの様子見などにも使える。 素早さを確実に低下ができる技。 無効にされることがなく使いやすい。 かちき特殊アタッカー型 性格 ひかえめ 努力値 HP252 防御4 特攻252 実数値 HP202-防御110-特攻152-特防145-素早さ101 特性 持ち物 技構成 ・ ・ ・ ・ 実数値は理想個体で計算し、不要ヶ所は省略しています 能力が低下すると特攻が上がる特性「かちき」を活用する特殊アタッカー型です。 ダイマックス技の登場によりかちきを発動させやすくなったため、アタッカーとしての性能を発揮しやすくなりました。 持ち前の特防で特殊アタッカーの攻撃を耐える事が多いため、ミラーコートで反撃できる場面は多くありますが、「こだわりメガネ」を持つ「ロトム」との対面は耐えることができない事が多いため注意が必要です。 威力は低いが素早さを確実に下げられるため、タイマン勝負を有利に運びやすい。 素早さ低下効果を持つ地面技。 威力は低いが素早さを確実に下げられるため、タイマン勝負を有利に運びやすい。 自己回復技で長引くバトルでも立ち回りやすくなる。 ダイマックス時にダイウォールになるのも利点。 ミロカロスの役割と立ち回り 耐久に優れた種族値と特性 「ミロカロス」は高い特防と特性によって高められる防御を持つ、耐久力に優れたポケモンです。 タイプが水のみのため弱点が突かれにくく、「じこさいせい」による自己回復も行えるため、耐久ポケモンとしてはトップクラスの能力を持っています。 ミロカロスの対策 弱点で攻撃して一気にHPを減らす 「ミロカロス」をアタッカーで突破する場合、弱点である水や電気の技を高い耐久を貫けるほどの高火力で使用するのが基本になります。 「ふしぎなウロコ」を発動する前であれば防御は高くないため、物理技で一気に押し切る事もできます。 ただし物理アタッカーで倒そうとする場合は、「ねっとう」で火傷になった場合は辛いことを理解しておきましょう。

次の

【ダブル】ミロカロスの育成論と対策【ポケモン剣盾】

シールド ミロカロス

ライバルの多いタイプでありながら、一風変わった特性・の存在により個性的な性能を誇る。 特にが飛び交うダブルにおいては非常に有用であり、第7世代ではの解禁以降一挙に採用率上位に躍り出た。 第8世代では新たにいのちのしずく、てだすけ、ふういん、ワイドブレイカー、だくりゅうと、ダブル向けの技を大量習得した。 ウェザーボールも習得した以上は、晴れパや砂パで戦わせて、炎や岩の技も使えるようにするという選択肢も浮上した。 かちき発動後に使える範囲攻撃技が不足していたミロカロスにとって、だくりゅうの習得は大きい。 また技により能力低下が頻繁に起こり、の発動機会が増えている点も評価できる。 環境全体の低火力化とミロカロス自身のダイマックス択により生存しやすくなり、とぐろをまくを採用した耐久型が数を伸ばしている。 数値の似たタイプは数が多く、かちきが発動しにくいシングルバトルでの採用率は低め。 ただ、今作では強力なライバルであるやが欠席している点は追い風と言える。 差別化の鍵ともなる特性考察について、詳しくは下記を参照。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性考察 ふしぎなうろこ 状態異常の時に防御が1. 5倍になる。 かえんだまを持たせて能動的に発動することで、催眠技やどくどくで役割破壊されない物理受けとして運用することができる。 とはいえ毎ターンのスリップダメージは無視できず、受け出しの初ターンは素の耐久のままといった欠点もある。 長期的に見ればたべのこし持ちミロカロスに総合耐久で劣るため、発動後の瞬間的な耐久上昇をいかに活かせるかが重要である。 ちなみに最終進化系での所持者はミロカロスのみとなる準専用特性であり、かちきと同じく差別化の観点でも有用。 なお、で貫通される。 保有者は物理エースが多いため、確定数のズレに注意が必要。 かちき 相手によって能力ランクを下げられた時、特攻が2段階上がる。 いかくやダイマックスの追加効果にカウンターする形で発動できるのが何よりの魅力で、特にダブルでは多くの局面で火力が倍加する。 他にかちき持ちは・・のみで、タイプが異なるため差別化の観点でも希少であり有用。 なお、味方のじならし等で能力が下がった場合は発動しないので注意。 メロメロボディ 隠れ特性。 明確な目的を持って採用できる上記2つを差し置いて採用する価値がないため候補外。 技考察 攻撃技 タイプ 威力 命中 追加効果 備考 ハイドロポンプ 水 110 165 80 - タイプ一致技。 高威力・命中不安。 なみのり 水 90 135 100 - タイプ一致技。 中威力・命中安定。 ダブルでは周囲全体攻撃。 中威力・命中不安。 ダブルでは相手2体攻撃。 追加効果が優秀。 追加効果が優秀。 耐久型で。 ダイビング 水 80 120 100 溜め技 ダイマックス対策。 アクアリングやたべのこしとあわせて。 うずしお 水 35 52 100 バインド タイプ一致技。 耐久型向け。 有利な相手を逃げられなくして狩る。 水定番のサブウェポン。 ダブルでは相手全体攻撃。 りゅうのはどう 竜 85 100 - 対ドラゴン。 水技とあわせて全18タイプに等倍以上。 ダイマックスでは威力110。 ダブルバトルでは全体攻撃。 ミラーコート 超 - 100 優先度-5 高い特殊耐久を活かして倍返し。 変化技 タイプ 命中 備考 さいみんじゅつ 超 60 起点作りに。 命中難。 とぐろやからぶりほけんとあわせて。 ひかりのかべ 超 - サポート用。 味方の特殊耐久を強化。 じこさいせい 無 - 回復技。 耐久性能の向上に。 いのちのしずく 水 - 回復技。 ダブルバトル向け。 ねむる 超 - 回復技。 状態異常も含め全回復。 カゴのみやふしぎなうろことあわせて。 アクアリング 水 - 回復技。 居座りに強いが即効性は薄い。 とぐろをまく 毒 - 攻撃・防御・命中率補強。 ハイドロポンプやさいみんじゅつとあわせて。 くろいきり 氷 - 積み技対策。 かちきとは相性が悪い。 耐久型向け。 てだすけ 無 - ダブルバトルでのサポートに。 ダイマックス技考察 ダイマックス技 元にする技 威力 効果 解説 ダイストリーム ハイドロポンプ 140 210 天候:雨 メインウェポン。 雨で2発目から威力1. なみのり ねっとう 130 195 ダイアイス ふぶき 140 天候:霰 水タイプ定番のサブウェポン。 霰で雨を消してしまう点に注意。 先制すれば相手の攻撃を下げた状態で受けられる。 ダイサイコ ミラーコート 100 場:PF サイコフィールドの展開でGFやEFを除去する。 ダイウォール 変化技 - まもる 相手のダイマックス状態の攻撃を凌ぐ。 上記にある通り高い物理耐久を誇り、どくどくで役割破壊されない。 草の物理技は一致以外ではあまり使われず、電気の物理技は低威力なためタイプ受けがしやすい。 ただしやのパワーウィップには注意。 まもるがあれば安全なかえんだまの発動や時間稼ぎが狙えるが、技スペースの圧迫と自傷ダメージの蓄積がネック。 他にも有用な技候補が多数存在するため、優先度は高くない。 D特化での特殊受けや、仮想敵に応じたCS調整も一考。 がんせきふうじ等を牽制しやすいものの、能力低下自体は防げないので注意。 この型かちきの必要あるかな? スリップダメージは辛いからかえんだま持たせないのは分かるけど、状態異常対策にふしぎなうろこにしとくのもありじゃないかな。 安易な後出しを許さず交代先に負荷をかけられる。 多くの先制技の確定圏内に入れられれば、ダメージレースで一気に有利になる。 こごえるかぜは目の前にドラゴンがいるなら相手交代先にも一貫しやすい技。 起点にされやすいので注意。 ドラゴンテールを覚えるもみがわり・フェアリー・ダイマックスには無力。 かちきの発動はあくまでも相手依存であり、発動しなければ戦力にならない低火力アタッカーである。 かちき抜きで役割をミロカロスに与えるとしたら、こごえるかぜによる素早さ操作を筆頭としたサポートとなる。 単水の耐性と特防の高さから場持ちは良い。 他のかちきアタッカーに比べ、はがねタイプを出されても余り困らないのも長所。 ミロカロスのいかくに対する圧力が非常に高く初手では出してこないケースが多いため、上手く釣り出しができるとよい。 第8世代では氷4倍のポケモンが少なくなったため氷技の優先度は下がったがこごえるかぜ自体は便利なので入れてもよい。 ワイドブレイカーは物理技だが、二体攻撃で追加効果が優秀なので入れる価値はある。 命中はじゅうりょくで補える。 対ミロカロス 注意すべき点 弱点が少なく、耐久が高い。 ふしぎなうろこ型はどくどくで対策不可能。 回復技じこさいせいに加え、特殊技対策のミラーコート、積み技対策のくろいきり等も完備。 ダブルではかちきにより思わぬ火力を出してくることも。 対策方法 基本的に役割遂行速度は遅いので、高威力の一致弱点技で短期決戦を狙いたい。 毒無効で水・氷技が等倍以下のがいればほぼ完封。 水無効で一撃必殺持ちのも有利。 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技06 どくどく - 90 どく 変化 10 技07 あられ - - こおり 変化 5 技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15 技13 れいとうビーム 90 100 こおり 特殊 10 技14 ふぶき 110 70 こおり 特殊 5 技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技16 ひかりのかべ - - エスパー 変化 30 技17 まもる - - ノーマル 変化 10 技18 あまごい - - みず 変化 5 技20 しんぴのまもり - - ノーマル 変化 25 技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20 技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20 技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技44 ねむる - - エスパー 変化 10 技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技55 ねっとう 80 100 みず 特殊 15 技59 ぶんまわす 60 100 あく 物理 20 技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技77 じこあんじ - - ノーマル 変化 10 技78 じならし 60 100 じめん 物理 20 技82 ドラゴンテール 60 90 ドラゴン 物理 10 技87 いばる - 85 ノーマル 変化 15 技88 ねごと - - ノーマル 変化 10 技90 みがわり - - ノーマル 変化 10 技94 なみのり 90 100 みず 特殊 15 技98 たきのぼり 80 100 みず 物理 15 技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 過去作技マシン No.

次の