琉球銀行 コンビニatm 手数料。 コンビニATM|サービス|ファミリーマート

琉球銀行 ご利用時間・ATM手数料 |イオン銀行

琉球銀行 コンビニatm 手数料

各コンビニATMにおける銀行振込に対応している銀行 各コンビニATMでは、コンビニATMを使っての振込に対応している銀行であれば、コンビニ内のATMを使って振り込みをすることが可能です。 セブンイレブンATM(セブン銀行ATM)• ローソンATM(ローソン銀行ATM)• イーネット(ファミリーマートなど) 上記の大手コンビニ3社に設置されているコンビニATMの振込への対応状況について説明していきます。 セブンイレブンATMを使って振込ができる銀行 都市銀行は三菱UFJ銀行、りそな銀行の対応ですね。 実は対応銀行は今回紹介するコンビニATMの中では一番少ないです……。 三菱UFJ銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行• 愛知銀行• 愛媛銀行• 熊本銀行• 群馬銀行• 四国銀行• 静岡銀行• 親和銀行• 千葉銀行• 東邦銀行• 鳥取銀行• 西日本シティ銀行• 八十二銀行• 広島銀行• 福井銀行• 福岡銀行• 北越銀行• セブン銀行 ローソンATMを使って振り込みができる銀行 大手都市銀行を幅広くカバーしていますね。 みずほ銀行• 三菱UFJ銀行• 三井住友銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行• 北陸銀行• 福井銀行• 紀陽銀行• 山陰合同銀行• 中国銀行• 北海道銀行• 阿波銀行• みちのく銀行• 伊予銀行• 荘内銀行• 東邦銀行• 肥後銀行• 千葉銀行• 琉球銀行• 第四銀行• 西日本シティ銀行• 八十二銀行• 愛媛銀行• 栃木銀行• 群馬銀行• 山形銀行• 岩手銀行• 百十四銀行• 秋田銀行• 横浜銀行• 武蔵野銀行• 北國銀行• 北洋銀行• 宮崎銀行• 青森銀行• 愛知銀行• 常陽銀行 イーネット(ファミリーマートATM)を使って振込可能な銀行 コンビニATM3社の中では最も対応銀行数が多いです。 三菱UFJ銀行• みずほ銀行• 三井住友銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行• 北海道銀行• 北洋銀行• 青森銀行• 秋田銀行• 岩手銀行• 山形銀行• 荘内銀行• 東邦銀行• 東邦銀行• 常陽銀行• 足利銀行• 群馬銀行• 武蔵野銀行• 千葉銀行• 横浜銀行• 八十二銀行• 北陸銀行• 北國銀行• 福井銀行• スルガ銀行• 愛知銀行• 百五銀行• 紀陽銀行• 山陰合同銀行• 中国銀行• 広島銀行• 阿波銀行• 百十四銀行• 伊予銀行• 福岡銀行• 西日本シティ銀行• 親和銀行• 肥後銀行• 熊本銀行• 宮崎銀行• 琉球銀行 コンビニATMを使っての銀行振り込みのやり方 普通の銀行振り込みと同じです。 セブンイレブンATM、ローソンATM、ファミリーマートATMで機械が異なるので操作手順は多少異なりますが、以下の流れとなります。 対応銀行のキャッシュカードをATM挿入• カード振込を選択• キャッシュカードの暗証番号を入力• 振込金額を入力• 振込先の銀行(金融機関)を選択する• 支店名を選択する• 口座番号を入力する• 自分の電話番号(連絡先)を入力• 振込情報の確認• 振込を完了する といった流れです。 コンビニATMを使った銀行振込の注意点 コンビニATMを使って振り込みができるというのは一見便利ではありますが、2つの注意点があります。 場合によってはかなりのコスト高となりますのでご注意ください。 各ATMともに現金からの振込には対応していない コンビニATMを使った送金に関しては、かならず対応した銀行のキャッシュカードが必要で、口座からの振込となります。 銀行内に設置されているATMの場合、現金を使った振込にも対応していますが(10万円以内)、 コンビニATMは現金振込には対応しておりません。 現金を直接送金(振込)するのではなく、一旦お手持ちの銀行口座に入金をしてから送金する必要があります。 ただし、 銀行によってはコンビニATMからの入金でも手数料が発生する場合があるのでご注意ください。 どうしても現金のまま送金したい場合は、銀行の支店にあるATMを使いましょう。 振込時には振込手数料+コンビニATM利用手数料が二重にかかる コンビニATMから振り込みをすると、「通常の振込手数料」+「コンビニATMの手数料」というように手数料が二重に発生することになります。 このコンビニATMの手数料は決して安くありません。 セブンイレブンのATM(セブン銀行ATM)を使って、三菱UFJ銀行の銀行口座から振り込みをした場合の手数料は以下の通りとなります。 三菱UFJ銀行の振込手数料:108円~432円• セブンイレブンATM手数料:108円~432円• 合計:216円~864円 となります。 セブンイレブンATMの手数料は「平日時間内<平日時間外<土日祝日」と高くなっていきます。 なので、銀行が休みだからといってコンビニATMを使って振り込みをすると思わぬ手数料を取られてしまう羽目になります。 スマートフォン+振込手数料無料銀行を活用するのが得 ここまでコンビニATMを使って送金(振込)をする方法を紹介しましたが、手数料の高さを考えるとお得度はありません。 緊急避難的に、コンビニも使えるということを知っておくことは良いことだと思いますが、普段からバンバン使っていけるようなものではないですね。 最近の一部のネット銀行(ネットバンク)では、スマートフォンやパソコンを使ったモバイルバンキングで振込をすると、毎月一定回数までなら振込手数料が無料になるサービスを行っている銀行があります。 そうした銀行はコンビニATMを使った入出金も手数料無料であることが多いです。 現金を送金したいという場合も、コンビニATMを使ってネットバンク口座に入金して、それをスマホから送金(振込)すれば手数料を1円もかけずに振込をすることができます。

次の

【比較】銀行ATMの利用手数料一覧表│副業news

琉球銀行 コンビニatm 手数料

主要なコンビニATMはすべて対応しているので、原則として24時間365日いつでもお金を引き出せます。 また、 三菱UFJ銀行との親和性が高いため、三菱UFJ銀行のATMでも入出金が可能です。 セブン銀行ATM• E-net(ファミリーマートなどに設置)• ローソンATM• 三菱UFJ銀行ATM• ゆうちょ銀行ATM auじぶん銀行のATM手数料は安い上に、一定の取引をしていれば 毎月の無料回数が付与されます。 ATM手数料を完全無料にすることも可能なので、よく現金を引き出す人にもおすすめです。 逆に、ATM手数料が高くついてしまうケースもあるので、詳しく解説します。 auじぶん銀行はゆうちょ銀行ATMを使うな ATM手数料に定評のあるauじぶん銀行ですが、 ゆうちょ銀行だけはATM手数料が割高なので、なるべく使わないようにすることをおすすめします。 auじぶん銀行のATM手数料は、auじぶん銀行の「じぶんプラス」のランクによって異なります。 通常、銀行取引のために提携ATMを利用すると、銀行はそのATMを運営している業者に手数料を支払います。 例えば、ローソンATMでauじぶん銀行の口座からお金を引き出す場合、auじぶん銀行はローソンATMに対して手数料を支払っています。 ゆうちょ銀行の場合、この手数料が他社よりも高く設定されています。 そのため、auじぶん銀行はゆうちょ銀行ATMの手数料を他社ATMより高くせざるをえません。 auじぶん銀行でATM取引をする場合は、 コンビニATMか 三菱UFJ銀行のATMを使うことをおすすめします。 じぶんプラス2以上なら 入金は何度でも無料な上に、出金も 月3~11回無料になり、ネット銀行の中でも非常にお得です。 じぶんプラスについては、「」で詳しく解説しています。 auじぶん銀行でATM取引ができない時は auじぶん銀行のキャッシュカードをコンビニATMや提携ATMに挿入すれば、ATMの案内に従って手続きをするだけで入金・出金ができます。 もし、auじぶん銀行キャッシュカードを入れてもATM取引ができない場合は、以下の理由が考えられます。 ATMロックをかけているとATM取引が一切できなくなるので、万が一キャッシュカードを紛失しても第三者にお金を引き出されることがありません。 しかし、auじぶん銀行のATMロックは、スマホアプリからかんたんに設定・解除ができます。 ふだんはATMロックをかけておき、入金や出金をする時のみさくっと解除するように使うと安全です。 人気の記事 なお、auじぶん銀行はネット銀行ですので、 振込をする時はATMではなくPCまたはスマホなどから送金するのがおすすめです。 ATMから硬貨(小銭)を出金するには auじぶん銀行の口座から1,000円以下の硬貨(小銭)を入出金したい場合は、 三菱UFJ銀行かゆうちょ銀行のATMを使う必要があります。 コンビニATMは、硬貨の取り扱いを行っていないからです。 セブン銀行ATMやローソンATMを使う時は、最低でも1,000円以上の入金・出金が必要です。 銀行ATMは小銭の入出金に対応しているので、auじぶん銀行の口座で小銭の取り扱いをしたい場合は、三菱UFJ銀行のATMからの取引がおすすめです。 前述の通り、三菱UFJ銀行のATMなら、auじぶん銀行口座への入金は何度でも無料です。 ATM手数料を完全に0円にする方法 auじぶん銀行が展開している「」を活用すると、 ATM手数料は実質無料になります。 「じぶんプラス」とは、auじぶん銀行での取引内容によって、5段階の優遇ステージを設ける会員制サービスです。 「じぶんプラス2」では、ATM手数料は 毎月3回無料(ゆうちょ銀行に限り毎月1回まで無料)ですが、最高ステージとなる「じぶんプラス5」になると、最大の 毎月11回のATM手数料回数が付与されます。 じぶんプラスのステージを高めることで、ATM手数料の無料回数を増やせます。 会員ステージのうち「じぶんプラス2」は最もハードルが低く、下記のうちいずれかの条件を満たすと昇格できます。 預金残高 円・外貨合計)10万~50万円未満• 給与振込口座(5万円以上)• au PAY プリペイドカードのオートチャージを3ヶ月以内に1回以上• auじぶん銀行totoのくじ購入額1,000円以上 上記のいずれかの条件を満たすだけで、 ATM手数料無料回数が毎月3回になります。 ただし、ゆうちょ銀行については無料回数の対象外なので、毎月1回のみが無料です。 また、電子マネーのとの連携で受けられる特典もあります。 コンビニATMが手数料0円で使えるネット銀行はこちらの記事で解説しています。 あわせて読みたい: ATMロックで補償額を300万円に増額 個人的に評価したいのが、 auじぶん銀行のセキュリティの高さです。 ネット銀行を使うことに対して不安を感じている人でも、auじぶん銀行の強固なセキュリティを活用すれば、安心して利用できると思います。 私が特に注目しているのが、「 ATMロック」です。 通常の状態でATMの利用をロックしておき、使えない状態にしておきます。 もしキャッシュカードが盗まれてしまっても、ATMが使えない状態なので、お金が引き出される心配はありません。 ATMから出金したい時は、あなたの携帯電話を使ってその場で「ロック解除」をします。 あなたが出金する時だけ、携帯を使ってロック解除にします。 auじぶん銀行では、ATMロックを利用していたにもかかわらず不正利用の被害にあった場合、最大で年間300万円までの補償も付けています。 ATMロックは、それぐらい効果の高いセキュリティ機能です。 ATM手数料を0円にしよう 現在支払っている「 ATM手数料」、「 振込手数料」はいくらですか? ATMについては時間外手数料が、振込手数料についてはネット通販を利用した時などに発生してしまいます。 2つの手数料を合算すると、毎月結構大きな金額になっていると思います。 ネット銀行を選ぶ上で、「預金金利」を重視される方が多いと思います。 しかし、100円、200円の利息を受け取るよりも、ATMや振込にかかる手数料負担を抑えた方が、効率よくお金が貯まります。 また、auじぶん銀行は 振込手数料を無料にできるというメリットもあります。 下記、 他行振込手数料が無料の銀行を紹介した記事で、auじぶん銀行も紹介しています。

次の

【コンビニATM】ファミリーマートに設置されているのはゆうちょ?E

琉球銀行 コンビニatm 手数料

コンビニの現金自動預払機(ATM)の利用手数料を無料にしていた地方銀行の間で有料化や無料の回数を制限する動きが広がっている。 10月からは足利銀行(宇都宮市)や琉球銀行(那覇市)が有料にする。 コンビニATMの利用者が増え、ATM運営会社に支払う手数料が膨らみ、地銀の収益を圧迫しているためで、今後も追随する動きが予想される。 コンビニATMでは、顧客が現金を引き出した場合、運営会社であるセブン銀行(東京)やイーネット(同)などに手数料を支払う。 顧客の手数料が無料の場合は、銀行側がその分も負担している。 こうしたなか、足利銀行は10月から平日の午前8時45分から午後6時まで無料の手数料を105円に、それ以外は105円から210円にする。 同行では「一時国有化で(支店の統廃合など)拠点を縮小してきた経緯があり、コンビニATMで補ってきたが、自行ATM網も拡大したので、前に戻して負担してもらうことにした」などと説明。 琉球銀行も平日午前7時から午後6時まで無料としている沖縄県内の提携コンビニATMの手数料を10月から105円に、それ以外の時間帯などは105円から210円に引き上げる。 また、常陽銀行(水戸市)は一定以上の取引がある顧客は何回でも手数料が無料だが、11月からは「利便性を損なわない程度に一部負担してもらう」として、一部の顧客を対象に月5回目以降を有料化する。 コンビニATMの手数料を無料化している地銀では、顧客がコンビニに流れて収益を圧迫している。 すでに今年4月から有料化に踏み切った東邦銀行(福島市)では、「多くの地銀が大きな課題と捉えており、今後もこうした動きは加速するだろう」としている。

次の