わくわくさん 逮捕。 ワクワクさんを調べると逮捕と出てくる理由はなぜ?相方ゴロリ不仲説とは?

ワクワクさんのゴロリはどんな動物?逮捕理由を調べてみた!

わくわくさん 逮捕

お父さんなら誰でも見たことのあるNHK・Eテレ(教育テレビ)の工作番組「つくってあそぼ」が、3月30日で終了する。 1990年から23年間、熊の男の子「ゴロリ」とともに出演してきた「わくわくさん」ことタレント久保田雅人(51)は、あのテレビ時代劇「暴れん坊将軍」を26年演じた松平健(59)に次ぐ長い間、同じ役を演じ切った男だ。 当時、所属劇団の副座長、声優田中真弓(58)が、NHKの「おーい!はに丸」で仕事をしていた縁で、オーディションを紹介された。 番組ディレクターは久保田だけを審査して「何人も見るのは面倒。 1人目にしゃべらせたら面白かった」(久保田)として採用されたという。 それまでは「初めて映画に出たのはVシネマの死体役。 しかもいっぱい死んでる中の一人」。 そのため最初はNGを連発し、局の上層部から「下手だから降板させろ」との声が出たほどだった。 わくわくさんならぬ、はらはらさんだった。 それでもスタッフが何とか上層部を説得。 その後、23年間も続いたのだから分からないものだ。 今でこそ講演、工作ショーに引っ張りダコだが、当初は自ら幼稚園などに「ほぼノーギャラ」で売り込んだ。 すべては前番組の「できるかな」のノッポさんに対抗するためだった。 「視聴者から『ノッポさんと違ってしゃべるから面白くない』『しゃべりすぎ』なんて投書がNHKに届いてた」 私生活も番組一色だ。 起用された28歳のころは「知り合って半年で入籍したカミさんのおなかの中に長女がいて、所属してた事務所も辞めてわくわくさん一本に決めた。 イチかバチかだった」。 これはもう「どきどきさん」という他ない。 だが、ハラをくくって以後、同じキャラクターを演じ続けた。 「わくわくさんの年齢はずっと20代後半だけど、今の俺は白髪も染めてるし、メガネも老眼鏡だよ」と笑う。 『今日はお仕事いいの?』というゴロリのセリフもあった。 画面の後ろに映るわくわくさんの家は、ゴロリのお父さんが建てたバンガロー。 ゴロリは大家の息子。 でも23年間居候で家賃を払った記憶もない」。 ゴロリは相棒のような存在だが、私生活での付き合いは全くない。 共演の新鮮味を損なわないためで「移動の飛行機は並んで座らない。 新幹線の車両も別。 仕事の用件以外にメールしない」。 出演中に3人の子供に恵まれ、長女は今年成人式を迎えた。 「子供が幼稚園や小学校のときは、同級生のお母さんからサインを頼まれて全部書いた。 担任の先生まで『自分の子供のために』なんて言ってきた。 職権乱用(笑い)。 でも、買ったマンションのローンは73歳まで。 今度高校生になる息子に払わせようと思う」と笑わせる姿は円熟味さえある。

次の

わくわくさんYoutubeに登場!年齢や結婚、本名は?死亡や逮捕の噂の真相

わくわくさん 逮捕

最初に結論!ワクワクさんに逮捕説が流れた理由は、『つくってあそぼ』が終了したことが原因だったようです。 また、現在はYouTuberデビューしています。 子供向けの番組『つくってあそぼ』で大人気だった ワクワクさん! プロフィールをご紹介します。 プロフィール 名前:久保田雅人 生年月日:1961年8月8日生まれ 年齢:57歳 出身:東京都 出身大学:立正大学文学部史学科 所属:ケイズマシーン 立正大学で在学中に中学・高校の教員免許を取得していることから、教師への道に興味があったことが分かります。 テレビ出演時も子供から圧倒的な人気を誇ったのも、彼自身が子供好きということが関係しているのかもしれません。 1989年4月から『つくってあそぼ』に出演し、大ブレークを果たします。 数分で作れるおもちゃが子供の心をわしづかみにし、1990年代の子供なら一度はテレビを見たことがあるのではないでしょうか。 また、ワクワクさんこと久保田雅人は、劇団『プロジェクトレヴェー』に入団し俳優を志しています。 この劇団には『タッチ』の上杉達也役で有名な声優の三ツ矢雄二、『ONE PIECE』のルフィ役で有名な田中真弓が設立しており、数々の声優や俳優を排出しています。 田中真弓は機動警察パトレイバーやタッチシリーズにも出演していて、声優として活躍していました。 劇団プロジェクトレヴェーで知り合った女性が結婚相手になったそうです。 『つくってあそぼ』はワクワクさんにとって初めてのテレビ出演で、慣れないことが多く最初は苦労したのだとか。 番組も好調で人気を博し、仕事も安定してきた時に長女が誕生します。 そして大きな決断をすることになります。 なんと事務所を辞めてワクワクさんとして生活費を稼ぐことになるんです! ノーギャラで工作ショーを実施したり、よい作品の見せ方やわかりやすい伝え方を勉強したり、番組が成功したのは彼の努力があったからでしょう。 1990年4月~2013年3月まで23年続いた長寿番組はそうそうありません。 気になるギャラも相当高いと予想できますね。 2019年現在でもワクワクさんの工作方法が学校で使用されていて、わくわくさんを好きな子供は増えているのではないでしょうか。 『つくってあそぼ』は映画やドラマではありませんが、2013年まで放映されて学校の授業で鑑賞することもあったようですね。 視聴率も時間帯の割には高く10%超えです。 ワクワクさん好きな人も多く、ワクワクさん世代の人からすればスーパースター的存在でしょう。 逮捕説が流れた理由 ワクワクさんに逮捕説が流れた理由は、『つくってあそぼ』が終了したことが原因ですね。 あれほどの長寿番組が終了することから、逮捕や死亡の噂まで飛び交いました。 しかし、 実際は逮捕歴はなく現在も元気に活躍しているようです。 『つくってあそぼ』が終了したことで、有吉反省会に出演して炎上を起こしました。 なんと『つくってあそぼ』の舞台裏をぶっちゃけすぎたのです。 22年間工作を考えたかのようにやってきたが、実は1つもひねり出したものはないと暴露したのです。 そのため、番組のやらせが広まってしまい、多くのワクワクさんファンがショックを受けたのではないでしょうか。 また、ワクワクさんのインタビューによると『ゴロリとは、スタジオを出たら距離を置くように心がけている』『携帯の番号も知っているけど、仕事以外では連絡しない』『現場での食事も別々にとっている』『移動(新幹線や飛行機)の席も並んでとらないようにしている』など衝撃の事実が飛び出しました。 『つくってあそぼ』の人気キャラクターゴロリは中身が人間なので、正体を見たくなかった意図があったのでしょう。 リアルなインタビューを聞いていると、良い関係を保つために意識的に距離を保っていることが分かりますね。 SNSではワクワクさんとゴロリは仲良しではないと注目を集めましたが、彼らは良きビジネスパートナーとして行動していることが判断できるでしょう。

次の

わくわくさんが逮捕?理由は何?テレビ番組引退の憶測が関係!

わくわくさん 逮捕

わくわくさんを知っていますか? 幼稚園・保育園向けの工作番組として、NHK教育テレビ(NHK Eテレ)で1990年4月4日から2013年3月30日まで放送されていた『つくってあそぼ』に出演していた赤い野球帽に丸メガネがトレードマークの工作のお兄さんです。 『つくってあそぼ』の放送が始まったころは自分は既に小学生で、放送が終わるまでには子ども(レミ坊)を授かっていなかったので、残念ながらわくわくさんとはご縁がありませんでした。 80年代生まれだったら『できるかな』のノッポさんですよね。 ゴンター! それなのに今回はなぜノッポさんじゃなくて、わくわくさんを取り上げようと思ったのか、それは本屋でたまたまこの本を見つけたからです。 タップできる目次• 創造の喜びを子どもに知ってほしい 我が息子 レミ坊も3歳になりました。 じじばば、両親から買い与えられたたくさんのオモチャにかこまれています。 それらはオモチャ屋で買った立派なもので、デザインはしゃれてるし、色もキレイ、知育がふんだんに盛り込まれています。 そんな現代の子どもらに対してわくわくさんはこう述べています。 でも、そんなおもちゃで遊ぶ子どもたちの目が、びっくりするほどキラキラ輝いています。 表情も豊かになり、全身からうれしさを発散しています。 その理由は簡単です。 どんなにデコボコでも、また不器用に色が塗ってあっても、自分の手で一生懸命につくりあげたからなんです。 それはデパートで買ってもらったおもちゃでは決して味わえない、喜びと感動を与えてくれるのです。 わくわくさんの言葉がめっちゃ刺さりました。 我が子のキラキラ輝く目をみてみたい レミ坊は3歳になって大分器用になりました。 下手くそだけど色鉛筆でお絵かきができますし、テープもいびつだけど貼ることができます。 オモチャのハサミもなかなか上手に扱えます。 一緒に工作だってやれるはず。 創造の喜びを子どもに知ってほしい。 ついでにモノを大切する心も育んでくれるといいなー。 実際に作ってみたよ! 書籍の副題が「10分間で作って遊べる工作レシピ21」と銘打ってるだけあってどれも簡単なレシピです。 さらに材料は自宅にあるものや100円ショップで手に入るものばかり。 早速実際に作ってみたレシピを紹介します。 レシピ6 ポリ袋風船 子どもの背丈ほどになるポリ袋ふうせん。 意外と頑丈なので振り回したり、レミ坊(12kg)が馬乗りしても耐えられます。 たとえ破れてもセロハンテープで簡単に補充ができるので長持ちします。 ブンブーン! ところせましとポリ袋ふうせんを振り回すレミ坊 レミ坊が乗っても大丈夫! ポリ袋って意外に頑丈です レシピ3 新聞紙ケン玉 レミ坊はケン玉が好きなんですけど、普通のケン玉は硬いから危なっかしんですよ。 その点、古新聞紙の大きなケン玉は、つくりやすくてとっても安全。 ゴムが誘導してくれるのでお子さんでも、簡単にストライクが出せます。 今回レミ坊が一番食い付いたレシピです。 明日も「やろうやろう」とせがまれるでしょう。 アッハッハ 子どもと一緒にわくわくしよう この本にあるレシピは簡単といっても3歳児が作るにはなかなか難しいです。 だからといって「かしてごらんなさい」と親が全部やってしまうのはもったいないです。 創造する喜びを知ってもらうために、 下手くそでもまずは見守ってあげて、できないところだけ助けてあげました。 ヘナヘナのガタガタでも「すごーい! 上手にできたね」と褒めてあげると子どもの顔がパッと輝きます。 新聞を丸めたり、テープを張ったりすると「できたよ! パパ」と得意げな顔で見せてくれます。 わくわくさんになって子どもと一緒に楽しんでみませんか?.

次の