マラガ 観光。 マラガのおすすめ観光ルート地図と所要時間は?市内最新のスポットは?

マラガのおすすめ観光ルート地図と所要時間は?市内最新のスポットは?

マラガ 観光

マラガの特徴を知ろう ここではまず、マラガの特徴をご紹介します。 どのような場所かを理解しておくとより深く観光を楽しむことができます。 マラガはどこにある? スペインのマラガはどこにあるのでしょうか?まず、位置を確かめてみましょう。 マラガはイベリア半島の南端、ヨーロッパ大陸でも西の端にあります。 海を挟んで、対岸はアフリカのモロッコ。 肉眼で見えるところにアフリカと、ロマンチックな風景を楽しむことができます。 マラガは県の名前で、アンダルシア州に属し、有名な観光地である「太陽の海岸」という意味を持つ「コスタ・デル・ソル」の一部です。 その名の通り、マラガは1年で300日は晴れの日だと言われており、雨が降る日は少ないそうです。 また、夏場も乾燥しているために気温が高くても、アジアのような耐え難い蒸し暑さはないようです。 また、「マラゲーニャ」いう音楽・舞踊形式の発祥の地であり、画家のピカソの出身地でもあります。 小さな港を想像してしまいますが、なんと豪華客船までが停泊できるくらいの港です。 クルーズ船の着く埠頭から、港の入口まで結構距離があります。 往復4ユーロシャトルバスが出ており、このバスで約5分、歩くと20分かかります。 マラガのおすすめ観光スポット6選 とても魅力の詰まったマラガですが、どこを観光すれば良いか分からない方も多くいるのではないでしょうか。 そこでここでは、マラガのおすすめ観光スポットをご紹介します。 デ・ラ・マラゲータ・ビーチ 「太陽の海岸」という意味の「コスタ・デル・ソル」の中心地と言われているビーチです。 このビーチではとにかく美しい青空を楽しむことができます。 また、温暖な気候のため冬でも多くの観光客が足を運んでいます。 市街地からも徒歩圏内とアクセスも良く、ビーチサイドにはカフェもあります。 ここで、名物の「イワシの串焼き」を味わってみてはいかがでしょうか。 アトランザス市場 アトランザス市場は歴史的建造物としても登録されています。 ここでは、地元食材を中心とした生鮮食品が売られており、日本とは形も色も違う鮮やかな色のトマトやピーマンを購入することができます。 また、ハムの本場であるスペインらしく、その場で「生ハム」などを切ってもらうこともできます。 また、地中海沿岸だけあって、魚の種類も多く売られています。 マラゲータ闘牛場 スペインと言っても、全く闘牛と関係のない土地もありますが、ここアンダルシア地方のマラガには闘牛場があります。 この建物は1870年に完成し。 街の中でもよく目立つ大きさで、14000人収容できるそうです。 現在では昔ほど盛んに行われていないと言われる闘牛ですが、この闘牛場では観光客の多い夏季限定(6~8月)で闘牛が行われています。 せっかくスペインに来たのですからできれば闘牛は見て帰りたいところですね。 ピカソの生家 世界を代表する偉大な画家であるピカソは、ここアンダルシアのマラガ出身です。 この生家では10歳までを過ごしました。 生家は「メルセー広場」に面した5階建ての瀟洒な集合住宅になっており、幼い頃からピカソはメルセー広場に集まる鳩をよく眺めており、これが絵のモチーフになったそうです。 ピカソの生家の前にある「メルセー広場」の一角には、ベンチに座った状態のピカソの銅像があります。 銅像といえば、上半身だけなどの場合が多いですが、日常的なポーズでベンチに座った格好の銅像はピカソらしいと言えるかも知れません。 ピカソ美術館 ブエナビスタ宮殿を改装した重厚な建物で2003年に開館した「ピカソ美術館」。 16世紀のルネッサンス様式とムデハル様式がミックスされた典型的なアンダルシアの建築様式です。 外観は重厚ですが、内装は近代的な美術館です。 バルセロナやパリにもある巨大なピカソ美術館と違い、約230点のピカソ作品が収蔵されたこじんまりした美術館です。 やはり出身地とあって、「家族」をテーマにした作品が多く収められています。 ピカソの出身地であるミハスで、ピカソの作品ではあまり有名ではない「家族」をモチーフにした作品を見ることができ、ファンにはたまらないのではないでしょうか。 マラガのNO. 1おすすめレストラン!Sabor a Fuego Tripadvisorのマラガのレストラン1,444軒中で1位なのが、この「Sabor a Fuego」です。 こじんまりとした蝶の模様の壁紙、センスの良さを感じさせるインテリア。 メニューはそれほどバラエティー豊かというわけではありませんが、舌平目のムニエル、ゴートチーズのサラダ、プラムチキンなど、スペイン料理というよりは地中海風ヨーロッパ家庭料理が美味しいです。 あまりの美味しさに1日に2回も通う人がいるほどです。 スペイン・アンダルシアの「白い村」へ向かう 実はマラガ県だけではなく、スペインには「白い村」がたくさんあります。 アンダルシア州、マラガ県の都市「ミハス」は、観光地でもある「コスタ・デル・ソル」の中心的な街なのです。 街の中心部はこのように、白い壁にモザイク模様のタイル、そして色とりどりの花が咲き乱れて「いかにもスペイン」な風景です。 海岸線に並ぶ「白い村」の中でも、「ミハス」は山の中腹に位置しているので、天気のいい日は、遠く、アフリカ大陸をも望むことができるほどの素晴らしい眺めを堪能できます。 白い壁と青い海のコントラストも素晴らしい眺めです。 さらにミハスの夜景も息を飲むほどに美しいです。 日本のように蛍光灯でなく、色温度の低い電灯を使っているので、ほんわりと建物の輪郭が浮かび上がるような柔らかな色の夜景です。 海岸線に沿って家が立ち並ぶ様子は絵になります。 まとめ いかがでしたか? スペイン、アンダルシア州マラガ県をご紹介しました。 スペインには「白い村」と呼ばれる村がたくさんあります。 今ではすっかり観光用になってしまったようですが、こうした家々の壁が白い理由は、昔流行った「伝染病」にあるそうです。 白い壁の原料である「石灰」は消毒薬の代わりをしており、安価で消毒が出来る手段は昔はこのくらいしかなかったそうです。 それにスペインの強烈な太陽を遮る役目もあると言われています。 また、家の回りに咲き乱れる花々は、ゼラニウムなどの事が多く、こちらも「虫よけ」という役目を果たしています。 南国であるからゆえ、害虫なども多いので、それを防ぐのには虫の嫌う成分を含む花を植えるのがてっとり早かったのでしょう。 実用のためにやっていたこれらの事がいつしか、世界中の人々を惹きつける魅力的な村となったのは興味深いですね。 スポンサーリンク.

次の

ピカソをうんだリゾート地・スペインのマラガを訪ねる!おすすめ観光スポット

マラガ 観光

地理 [ ] マラガは ()の河口部に形成された町で、 ()も有する。 マラガが属するアンダルシア州の海岸部には、西から大西洋の外洋に面している、とを隔てるに面している、そして地中海に面するマラガ県、、と並んでいる。 このようにアンダルシア州の海岸部の中央に位置しているのがマラガ県であり、その県都がマラガである。 この付近の地中海沿岸は、と呼ばれ、マラガは、その中心地に位置する都市でもある。 なお、ジブラルタル海峡からは、約130km離れている。 また、背後の内陸部には ()が連なっている。 2017年の人口は569,002人であり、アンダルシア州ではに次いで第2位、スペインでは、、、セビリア、に次いで第6位である。 ヨーロッパの大都市としては最も南にある(緯度が低い)。 行政区 [ ] マラガの自治体域は11の行政区に分けられる。 番号 区 面積 人口 地図 1 セントゥロ区(中央区) 5. 87km 2 84,988人 2 エステ区 126. 63km 2 67,289人 3 シウダ・ハルディン区 76. 21km 2 37,769人 4 バイレン=ミラフローレス区 6. 93km 2 62,834人 5 パルマ=パルミーリャ区 25. 37km 2 29,862人 6 クルス・デ・ウミリャデーロ区 9. 91km 2 93,955人 7 カレテラ・デ・カディス区 5. 60km 2 113,424人 8 チュリアナ区 37. 32km 2 20,449人 9 カンパニーリャス区 59. 77km 2 17,472人 10 プエルト・デ・ラ・トーレ区 42. 26km 2 49,442人 11 テアティーノス=ウニベルシダ区 都市圏 [ ] 地中海の海岸線に沿ってが伸びており、 ()、、 ()、、 ()、、、 ()などの自治体がマラガの都市的地域に含まれている。 2012年時点でマラガの都市的地域は827. 33 km 2の面積に1,066,532人の人口を有する。 ()は、これらの自治体に加えて、内陸部の山岳地帯にある自治体や、さらに遠方の沿岸部にある自治体も含まれる。 マラガの西側の自治体では ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、が、北側の自治体では ()が、東側の自治体では ()、 ()、 ()、がマラガ都市圏に含まれる。 マラガ都市圏の人口は定義にもよるが130万人から160万人であり 、都市圏人口は増加傾向にある。 人口 [ ] 2017年の自治体人口は569,002人だった。 1970年代以降、外国人居住者数が大幅に増加しており、特にイギリス人とドイツ人が多い。 外国人居住者は地中海岸の地区に多い。 マラガの人口推移 1900-2010 出典:INE()1900年 - 1991年 、1996年 - 気候 [ ] マラガは亜熱帯性の特徴を持つであり、では Csaに分類される。 年間日照時間は長く、年間300日の晴天日に対し、雨天日は40日から45日程度しかない。 冬季は気温があまり下がらずに穏やかである反面、夏季は暑く乾燥しがちであり、特にアフリカ大陸方向から地中海を越えてくる熱風が吹き込むと高温になる。 ただし、地中海岸に沿って東の方向から吹いてくる涼風の影響も受ける沿岸地域であるため、内陸部と比べると夏の暑さは幾分しのぎやすい。 ヨーロッパの人口50万人以上の都市の中では最も冬季の気温が高く、12月から2月の平均気温は摂氏17度から18度である。 冬季にはマラガ山地がスペイン内陸部の寒い気候を遮断する役目を果たす。 4月から11月までは夏季であるが、12月から3月までの期間も気温が摂氏24度を超える場合がある。 日中の年平均気温は摂氏23. 3度であり、夜間の年平均気温は摂氏13. 7度である。 最寒月である1月の日中の気温は摂氏13度から20度であり、夜間の気温は摂氏5度から13度である。 最暖月である8月の日中の気温は摂氏26度から34度であり、夜間の気温は摂氏20度を超える。 1月の平均海水温は摂氏16度から17度であり、8月の平均海水温は摂氏26度である。 6 61. 9 17. 7 63. 9 19. 1 66. 4 21. 0 69. 8 23. 8 74. 8 27. 3 81. 1 29. 9 85. 8 30. 3 86. 5 27. 9 82. 2 23. 7 74. 7 20. 0 68 17. 4 63. 3 23. 0 73. 0 53. 6 12. 8 55 14. 1 57. 4 15. 6 60. 1 18. 7 65. 7 22. 2 72 24. 8 76. 6 25. 4 77. 7 23. 1 73. 6 19. 0 66. 2 15. 4 59. 7 12. 9 55. 2 18. 0 64. 3 45. 1 7. 9 46. 2 9. 0 48. 2 10. 4 50. 7 13. 4 56. 1 17. 1 62. 8 19. 7 67. 5 20. 5 68. 9 18. 2 64. 8 14. 3 57. 7 10. 8 51. 4 8. 4 47. 1 13. 0 55. 4 mm inch 81 3. 19 55 2. 17 49 1. 93 41 1. 61 25 0. 98 12 0. 47 2 0. 08 6 0. 24 16 0. 63 56 2. 2 95 3. 74 88 3. 46 526 20. 「マラカ」の名はおそらくの「塩」から来ており、港で魚がにされたことによる。 その6世紀ほど後、の領土だったの他の地域と共に、により征服された。 5世紀からはの支配下に入った。 8世紀にはに征服され、マラガは重要な貿易の中心地となった。 マラガはに領有された後、時代にはとは独立した王国の首都となった。 の最終期になってから1487年にスペイン王国に征服された。 1704年に沖合での局地戦であるが起こった。 中のマラガの戦い 1919年にはが開港し、フランスの、スペインのととマラガ、アルジェリアのを結ぶ定期便の航路に組み込まれた。 1920年代、詩人のを含むマラガの知識人は、歌手が歌うカフェ・デ・チニータスを社交の場とした。 1931年3月14日にが成立すると、スペイン各地で修道院や教会などの宗教施設が破壊される暴動が起こり、マラガはスペインの中でも修道院焼き討ち が特に激しかった都市となった。 この焼き討ちでは多くの歴史資料・宗教画・図書資料などが破壊されており、17世紀の彫刻家である ()の作品なども破壊されている。 1936年7月にが勃発すると、1937年2月初頭には ()が起こり、共和国派の支配下にあったマラガは率いるナショナリスト派とイタリア軍の攻撃にさらされた。 約1週間の戦いで共和国派が敗北し、マラガはナショナリスト派に占領された。 多くの民間人や兵士がに向かって敗走したが、空軍・海軍・戦車・砲兵などによって攻撃される ()も起こった。 1950年代以降にはの観光ブームが起こり、多くの外国人観光客が訪れたことでマラガの経済は発展した。 この時代にはマラガ県各地から県都マラガへの人口の移動も起こっている。 1972年8月18日には既存の高等教育機関を統合し、マラガ県初の公立大学であるが設立された。 1988年9月27日にはマラガからが分離されて独立した(基礎自治体)となった。 1992年には先端技術を扱う企業などが入る ()が発足した。 アンダルシア州最大の銀行である ()はマラガに本部を置いている。 1992年にはである ()が発足した。 マラガはスペイン南部における経済と金融の中心地であり、経済活動においてはマドリード、バルセロナ、バレンシアに次いで第4位の都市である。 観光業 [ ] マラガはリゾート地の中心にあり、人気のある観光地でもある。 イギリス、アイルランド、オランダ、ドイツなどから格安航空便が飛んでいる。 マラガを拠点として、、、、などへ鉄道やバス、乗用車で訪れることができる。 () - を主題とする美術館。 ブエナビスタ宮殿に2003年に開館した。 () - の。 ()が設計し、1528年から1782年にかけて建設された。 1931年にはに指定された。 () - 要塞。 1931年にはに指定された。 イスラーム時代の11世紀以降に建設された。 () - 市街地南東にある山城。 () - ()の。 外観はであり、直径52メートルのリングを有する。 1876年に完成した。 1981年にはに指定された。 マラガ=マリア・サンブラーノ駅に停車するの車両 1992年にはスペイン初の高速鉄道線()としてが開通し、から在来線に乗り換えることでマラガを訪れることができた。 2007年にはコルドバとマラガの間の高速鉄道路線が完成、 ()が開通し、マドリードから乗り換えなしでマラガを訪れることができる。 コルドバからの距離は約150キロメートルであり、とに途中駅が設けられている。 1990年代後半には交通渋滞の緩和のためにの建設が提案され、2014年7月30日には ()(マラガ地下鉄)の2路線(計17駅、計11. 3 km)が開業した。 ()はマラガの中心市街地と西部のや ()などを結んでいる。 ()はマラガの中心市街地と南西部の(スポーツアリーナ)などを結んでいる。 市内中心部では両路線ともに地下を走行しており、1号線は郊外で地上に出るが、2号線は全線が地下区間である。 港湾 (1939年-1975年)末期には、マラガはヨーロッパの人口30万人以上の都市として唯一大学を持たない都市だったとされる。 1972年には公立大学(州立大学)としてが設立された。 16世紀に設立された(1505年)と(1531年)に次いで、で3番目に設立された大学である。 2016年のマラガ大学では約3万人の学部生、約2500人の大学院生が学んでいる。 マラガ大学は、工学校、建築学校、通信工学校、産業工学校、コンピュータ工学校、健康科学部、医学部、心理学部、理学部、芸術学部、人文学部、社会学部、教育学部、経済学部、経営学部、法学部、社会福祉学部、観光学部の13学部5学校があり、あらゆる学問分野の専攻を有している。 郊外にある大規模なテアティーノス・キャンパス、中心市街地のエル・エヒド・キャンパスの2キャンパスを有している。 文化 [ ] スポーツ [ ] 7,500人収容の陸上競技場として ()がある。 2006年にはヨーロッパ国別対抗陸上競技選手権が開催された。 17,000人収容の屋内水泳場として ()がある。 2008年には ()が開催された。 マラガやその周辺地域では、、、、、などのを行うことができる。 サッカー [ ] マラガ最大のサッカークラブはである。 マラガCFは1904年に設立され、2018-19シーズンは(2部)に属している。 国際大会では、2002-03シーズンのでベスト8となり、2012-13シーズンのでベスト8となった。 30,044人収容のをホームスタジアムとしている。 エスタディオ・ラ・ロサレーダはスペインが開催国となったの会場として3試合が行われた。 コンサートなどに使用されることもあり、やなどがこのスタジアムでコンサートを行った。 マラガCFのほかの男子サッカークラブには、(3部)などに所属する ()などのサッカークラブもある。 女子サッカークラブとして ()がある。 マラガCFフェメニーノは1992年に設立され、2016年にマラガCFの傘下クラブとして再設立された。 1997-98シーズンには(女子1部)で優勝し、1998年には ()で優勝した。 2018-19シーズンは(女子1部)に属している。 バスケットボール [ ] バスケットボールクラブとしてがある。 CBマラガは1977年に設立され、2018-19シーズンは(1部)に属している。 1994-95シーズンのリーガACBで準優勝し、2005-06シーズンのリーガACBで優勝した。 2005年ので優勝し、2009年のコパ・デル・レイで準優勝した。 国際大会では、2006-07シーズンので3位となり、2016-17シーズンにで優勝した。 CBマラガは14,000人収容のをホームアリーナとしている。 このアリーナでは、2007年にヨーロッパライブツアー(NBAグローバルゲームズ)が行われた。 出身者 [ ] 芸術家の(左)、俳優の(右)• 1021—1058 : 哲学者・詩人。 1188—1248 : 植物学者・薬剤師。 1500—1544 : 探検家。 () 1746—1786 : 軍人。 1794—1879 : フランス皇后ウジェニー・ド・モンティジョの母。 () 1811—1883 : 実業家・政治家。 () 1828—1897 : 政治家。 スペイン首相。 () 1858—1942 : 画家。 1881—1973 : 芸術家。 () 1898—1987 : 法曹・政治家。 () 1899—1962 : 詩人。 () 1905—1959 : 詩人。 () 1928—1992 : 歌手。 1932- : 軍人。 「」クーデター未遂事件の首謀者。 () 1941- : 画家・彫刻家。 () 1948— : 女優。 1954—2011 : 1974。 1960— : 俳優。 1964— : プロゴルファー。 1968- : 俳優。 1974- : 小説家。 1980- : バスケットボール選手。 1980- : バスケットボール選手。 1986- : ヴァイオリニスト。 () 1989- : 歌手。 1992- : サッカー選手。 2004- : イギリスの女優。 姉妹都市 [ ] マラガの姉妹都市は以下の通りである。 、 脚注 [ ]• INE(スペイン国立統計局). 2013年9月21日時点のよりアーカイブ。 2013年8月17日閲覧。 Christopher Wawn; David Wood 2000. Pentland. 2015年4月2日時点のよりアーカイブ。 2011年12月31日閲覧。 22 August 2016 at the. Eurostat、2015• 2011年9月3日閲覧。 Malaga. com. 2011年4月8日閲覧。 2011年3月閲覧。 2011年9月3日閲覧。 2012年6月20日時点のよりアーカイブ。 2019年1月1日閲覧。 2014年8月24日閲覧。 2015年2月4日時点のよりアーカイブ。 2015年2月4日閲覧。 ポルトガル自治体協会. 2013年7月20日閲覧。 City of Manila. 2016年11月24日閲覧。 2010年6月20日時点のよりアーカイブ。 2010年9月24日閲覧。 Femp. 2017年6月23日閲覧。 外部リンク [ ]• (スペイン語)• ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。 ウィキボヤージュには、に関する旅行情報があります。

次の

マラガ

マラガ 観光

マラガの魅力は青い海だけではありません。 青い空、心地よい気候、景観のよい街並み、その全てが観光客を魅了する街と言えます。 旧市街のマルケス・デ・ラリオス通りを歩けば心踊り、脇の道を入ればまるで迷路のような小道がわくわく感を演出してくれます。 通りの道は滑りやすく、歩く際には注意が必要になりますが、街の景観は素晴らしく、スペインで訪れたどの都市よりも満足する場所でした。 街自体は狭く、1日もあれば十分に観光ができるサイズです。 しかし、海を眺め、フラメンコ衣装などスペイン独自のショッピングを楽しむ、ゆっくりと過ごすその一時が幸福感を与えてくれる街と言えます。 なお、日本からは、パリ、ロンドン、マドリードなどを経由すれば、1回の乗り継ぎで行くことができます。 ただ、メルセー広場周辺には浮浪者もいたので、夜間出歩く際には注意が必要になります。 また、小道が多く、迷いやすいので、夜間出歩く際は人混みのある大通り通るようにしてください。 新市街についても、マラガ・マリア・サンブラーノ駅周辺は問題ありませんでしたが、人通りが少ないので夜間などは注意してください。 なお、大通りは警察官が警備しているほか、防犯カメラでも監視されているので、治安面の問題は少ないと言えます。 その他ヨーロッパ都市と比較して物価は安いので、物価面の心配は不要です。 スーパーマーケットでは水やパンなどを安く買うことができ、食費を抑えたい場合は中華料理やケバブ店で食べれば安く済ませることができます。 野外にイス・テーブルがあるレストランも多いので、スペイン料理と心地よい風、開放感を同時に楽しめます。 そのようなレストランは、旧市街やマラガ港の遊歩道(Paseo del Muelle Dos)に多くあるのでチェックしてみてください。 なお、ホテル代(日本円換算)の目安としては、3つ星ホテルが5000円台~、4つ星ホテルが1万円台~、5つ星ホテルが2万円台~になります。 物価目安 水(750ml) 0. 60ユーロ シリアル 3ユーロ前後 ドーナツ(1つ) 1. 旧市街はきちんと清掃がされており、気持ちよく観光ができる点も高評価になります。 高級ブランド店街はありませんが、華やかさのある街並みを堪能することができます。 入り組んだ小道が冒険心を掻き立て、パステルカラーに特徴のある建物を楽しめます。 さらに、16世紀から18世紀にかけて建設されたエンカルナシオン大聖堂に加え、ローマ劇場やヒブラルファロ城など歴史的な建物もあります。 紀元前1000年頃から続く歴史ある街に、南欧的な建物群がマッチして良い街並みを築き上げていると言えます。 そのため、評価は星2つとしましたが、街自体が小さいので不便とは感じません。 主要観光地は全て徒歩圏内と言えます。 空港からは電車(Renfe近郊線C1線)でCentro Alameda駅まで行き、川を渡れば旧市街になります。 電車でマラガ・マリア・サンブラーノ駅に到着した場合は、タクシー利用が便利です。 ただ、駅から旧市街までは1. 2キロ、徒歩15分くらいなので、節約をしたい人は観光がてら徒歩で行くのもいい思い出になると思います。 レストランなどでも簡単な英語が通じたので、英語を交えつつ相手との意思疎通を図れば問題ありません。 ただし、その他スペイン都市と同様に、簡単なスペイン語は覚えておきたいところです。 レストランなどで写真がある場合は、写真を指差しながら「キエロ エスト」と言えば通じます。 また、飲み物については英語でも通じますが、水はAgua(アグア)と簡単なので覚えておきましょう。 ファミリーの観光客が多いですが、気候がいいこともあり年配の方が多かったことは特徴かもしれません。 そのため、スペインの美人・イケメンを見てみたいと思われる人は、バルセロナの方がおすすめです。 ただし、マラガについてはトヨタ・プリウスのタクシーがよく走っているので、日本車比率はその他スペインの都市より高いと感じました。 ドライバーについては、交通量が多くないのでクラクションを頻繁に耳にすることはなく、ドライバーの質が悪いと感じることはありませんでした。 最後に 小さくても魅力溢れるアンダルシアの街、それがマラガです。 見所は旧市街の徒歩圏内に収まっており、せかせかと観光をする必要はありません。 4、5日間滞在し、アルボラン海を見ながらリラックスするのがおすすめです。 また、パブロ・ピカソの芸術に触れるのも有意義な過ごし方になります。 急いで観光をする場所ではないので、迷路のように入り組んだ街もそれはそれで面白いと言えます。 アンダルシア地方の緩やかな時の流れをぜひ楽しんでみてください!.

次の