コロナ ウイルス 福岡 県。 福岡県が北九州市で休業要請延長 接待飲食店とライブハウス|【西日本新聞ニュース】

福岡県【新型コロナウイルス感染者数】市町村別・区名別の分布図マップ【6月8日最新コロナマップ】

コロナ ウイルス 福岡 県

福岡県で10日、新たに2人の感染が確認された。 感染者は北九州市と福岡市でそれぞれ1人。 九州7県の感染者は、長崎県ので確認された感染者や再陽性を除いて累計1001人となった。 このうち約8割を福岡県が占めている。 北九州市が感染を確認したのは、小倉南区の50代女性で、感染経路は不明。 軽症という。 同市の感染確認は19日連続で、この期間の感染者は計147人となった。 1桁は9日連続。 また、9日に感染を発表した若松区の20代男性は介護施設職員であることを明らかにした。 福岡市で感染が判明したのは、同市中央区の30代自営業男性。 市によると、男性は7日に寒けを感じ、翌日には熱が39度まで上昇。 9日に病院を受診し肺炎と診断された。 5月末まで東京での滞在歴があるが、感染経路は不明という。 同市での感染確認は3日以来7日ぶりで、累計373人となった。 一方、福岡県久留米市によると10日午前、新型コロナウイルスに感染した市内在住の70代男性が死亡した。 同市での感染による死者は2人目。 4月下旬から市内の医療機関に入院していた。 (内田完爾、黒石規之、山口新太郎).

次の

福岡県 新型コロナ関連情報

コロナ ウイルス 福岡 県

- 福岡県• - 福岡県• - 福岡県 福岡コロナ警報の各指標も• - 福岡県• - 福岡県教育委員会• - Fukuoka Prefecture 支援情報や各相談窓口• - 福岡県• - 福岡県• - 福岡県• - 福岡県• - 福岡県• - 福岡県 オンライン診療に対応している医療機関• - Yahoo! 地図 診療については電話または医療機関のウェブサイトからお問い合わせください。 自治体からの情報 地域 選択.

次の

福岡県警察 新型コロナウイルス感染症を理由とする運転免許の更新・失効手続きについて

コロナ ウイルス 福岡 県

大分県では4月21日を最後に 53日間感染者ゼロを継続しています。 宮崎県では4月11日を最後に 63日間感染者ゼロを継続しています。 佐賀県では5月16日を最後に 28日間感染者ゼロを継続しています。 長崎県では4月25日の大型クルーズ船「コスタ・アトランチカ」での感染確認を最後に 49日間感染者ゼロを継続しています。 鹿児島県では4月20日を最後に 54日間感染者ゼロを継続しています。 どの情報が本当に正しいのか判断に困られている方もいると思いますが、当社の記事は 厚労省及び各県の公式サイトを元に作成していますし、九州で感染者が確認されて以降毎日記事を更新しています。 その積み重ねてきた情報は十分に信頼のおける内容となっておりますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。 当社記事では原則 在住先ベースで更新しており、九州県外の方が九州で感染確認されて九州内の病院に隔離されている場合のみ、そのエリアでの感染者数にカウントしております。 そして、 福岡県の死者数のズレですが、ここ数日で2名の死亡が確認されており記載もしっかりされているにも拘らず、何故かカウントされていない状態が続いております。 当社の記事では、見逃すことなくしっかりとカウントしている為、ニュース等の発表人数とはズレているという状況になっております。 この為、当社の記事からも除外することに致しました。 福岡県では、新たに1人の感染と 31人の退院が確認されました。 内訳としては、 北九州市が 小倉南区の10代男性( 高校生) これで九州7県で新型コロナウイルスの感染者は、 福岡県の823 名【うち福岡市内371名・北九州市内211名・詳細不明が14名】 (うち退院737名 ・ 死者29名)・ 大分県の60名 【うち大分市内36名・竹田市内10名・中津市7名】 (うち退院59名・ 死者1名 )・ 熊本県の48 名 (うち退院45名 ・ 死者3名 )・ 長崎県の17名【うち壱岐市が6名・佐世保市が6名】 (うち退院16名・ 死者1名)と クルーズ船乗組員が合わせて151名・ 宮崎県の17名 (うち退院17名)・ 佐賀県の47名 (うち退院45名)・ 鹿児島県の10名 (うち退院10名)の合計1,020名 (うち死者が34名) その他クルーズ船乗組員151名となりました。 今後も、九州県内での感染者数が分り次第、記事の更新をしていこうと思っています。 9) 九州水道修理サービスでは、3月10日よりすべてのスタッフの毎日の体温測定を開始致します! そして、感染の可能性が少しでも疑わしい場合は2週間の隔離措置も導入することに決定しました。 その為、場合によっては対応スタッフの人数が減ってしまい、対応に遅れをとってしまうケースも出てくるかと思いますが、お客様の安全を最優先に考えた対応をしていきたいとおもっておりますので、何卒ご理解とご協力の程宜しくお願い致します。 ちなみに現時点におきましては、疑わしいスタッフは1名も出ておりませんのでご安心ください。 WHO(世界保健機関)が3月11日に、「新型コロナウイルスはパンデミックと言える」と発表しました! 世界各地で感染が拡大する新型コロナウイルスについて、WHO=世界保健機関のテドロス事務局長は、「新型コロナウイルスはパンデミックと言える」と述べて世界的な大流行になっているとの認識をついに示しました。 今回の新型コロナウイルスについては、 「インフルエンザのように夏場になれば消えるというのは誤った期待だ!」として、各国は自然に終息するのを待つのではなく、今取り得る対策に全力を尽くす必要があると強調しているように、今後も長期戦で流行が続く懸念がされております。 当然作業ともなると、1時間以上その場所に滞在することは多々あります。 これはメディアでも取り上げられている 『濃厚接触』とされる行為にあたる状況です。 出来る限り濃厚接触を避けるように日本政府は呼びかけを行っていますが、もし私たちが業務を停止してしまうと水トラブルの起きているご家庭では、日常生活が困難になってしまう状況が出てきてしまいます。 これから先、まだまだ新型コロナウイルスの終息の目途が立たない中で、九州水道修理サービスではお客様やサービススタッフの命の安全を第一に考えた対応を徹底していきますので、ご理解の程を宜しくお願い致します。 【各支社での防御措置について】 九州水道修理サービスでは、それぞれの支社への入室の際にも 3段階でのアルコール除菌を徹底しています。 まずはアルコールタオルでの消毒を行い、続いて手指のアルコール消毒を行います。 最後に全身にアルコールスプレーを吹きかけて入室するように心掛けています。 そして外で使用したマスクと室内で使用するマスクを分断することによって、 各支社へのウイルスの侵入を防止してスタッフ同士の感染も予防しております! もちろん、 どこまでやれば安全なのか?何が正解なのか?明確なことは何一つ分かっていないのが今の世の中の状況だと思います。 だからこそ、可能な限り出来ることは実践して、 お客様やサービススタッフ達が安全に生活できるように尽力するつもりです。 【最後に】 これは昨日(2020年2月20日)に当社サービススタッフに向けて緊急で配信した動画になるのですが、すべてのサービススタッフが統一して感染防止対策がとれるように指示出しを行ったものになります。 本来であれば非公開にしているものなのですが、今回はお客様にも当社の取り組みを知っていただいて、少しでも安心して頂ければとの思いで公開することを決めました! 私たちと同じような水道業者はたくさんあります。 そして、作業内容的にも当社と同じく濃厚接触となる対応になります。 もちろん私たち九州水道修理サービスを頼ってもらえれば嬉しいのですが、そうでない場合もきっとあると思います。 その時のために、皆様に 今1番重要視して頂きたいことは、この 新型コロナウイルスに対してどれだけしっかりと感染防止対策がとられているか?ということです。 もしこの記事をご覧になられているのであれば、水トラブルの修理のご依頼は当社でなくても構いませんので、ご自身とご家族を守るためにも 修理依頼をする業者様に感染防止対策について、しっかりと確認されてください! 一日でも早い新型コロナウイルスの終息を、私たち九州水道修理サービス一同、心より願っております。

次の