新幹線 荷物 予約。 「特大荷物スペースつき座席」の予約|エクスプレス予約 新幹線の会員制ネット予約

新幹線の荷物置場|予約方法や開始時期はいつから?持ち込み制限についても

新幹線 荷物 予約

東海旅客鉄道株式会社 西日本旅客鉄道株式会社 九州旅客鉄道株式会社 近年、海外からのお客様の増加もあり、新幹線車内に大きな荷物を持ってご乗車されるお客様が増加しています。 来年には東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催され、車内に持ち込まれる大きな荷物はさらに増加することが見込まれます。 これに備え、東海道・山陽・九州新幹線では、車内に一定以上の大きさの荷物を持ち込む際は、今回設置する荷物置場を指定席とセットで予約した上でご乗車いただく事前予約制を導入します。 これにより、ご旅行前からお座席の近くに荷物置場を確保いただけるとともに、乗降扉付近などの荷物置場に荷物を収納することでスムーズに乗降していただくことが可能になりますので、さらに安全で安心かつ快適に新幹線をご利用いただきたいと存じます。 2 特大荷物置場の設置箇所 特大荷物置場は以下の2カ所に設置することを予定しています。 (1)「荷物スペース」 ・客室内最後部座席後方にある既設のスペースを新たに指定 ・2020年5月中旬ご乗車分より導入 (2)「荷物コーナー」 ・車内デッキ部にある一部の洗面所(1車両に2カ所ある洗面所のうち1カ所)などを整備して新設(一部編成除く) ・盗難防止のため、二重ロック方式を採用 ・整備が完了する2023年度より導入 特大荷物置場は、特定の指定席(以下、特大荷物置場つき座席)とセットで事前予約することでご利用いただけます。 ご予約にあたり追加料金はいただきません(ほかの座席の指定席料金と同額)。 3 ご利用のながれ 特大荷物を車内にお持ち込みになる際は、ネット予約サービス・券売機・きっぷうりばにて、特大荷物置場つき座席を事前にご予約の上ご乗車いただき、車内では指定された置場に荷物を置いていただきます。 満席の場合は、前後の列車をご予約ください。 4 事前予約制によるサービス向上 (1)乗車前 特大荷物を持ってご旅行されるお客様は、事前に荷物置場を確保でき、安心して新幹線をご利用いただけます。 (2)乗降時 特大荷物を乗降扉付近などにある、事前に予約した荷物置場に速やかに収納いただき、スムーズに乗り降りいただけます。 (3)乗車中 事前予約いただいたお客様は、着席している座席付近の「荷物スペース」か、鍵付きの「荷物コーナー」でご自身の荷物を管理でき、安心してご乗車いただけます。 5 実施時期 2020年5月中旬ご乗車分より導入します(4月中旬から予約開始)。

次の

新幹線スーツケースが予約制に!料金はかかるの?詳しく調査しました

新幹線 荷物 予約

<スーツケースのサイズと宿泊数>• Sサイズ 3辺合計:~115cm 宿泊数:1泊~3泊• Mサイズ 3辺合計:131~139cm 宿泊数:3泊~5泊• Lサイズ 3辺合計:144cm~155cm 宿泊数:5泊~10泊• LLサイズ 3辺合計:153cm~166cm 宿泊数:10泊以上 サイズ別の目安を見ると、非常に大きいLLサイズに関してのみ事前予約が必要になるようですね。 ちょっとした旅行や出張であればそこまで大きいサイズのスーツケースを用意することはないため気にする必要はないのですが、長期にわたる外泊で大型のスーツケースを準備しなければならない時には要注意です! ちなみに、3辺の合計が160cm以下の手荷物については今までと同じように座席上部にある荷物棚に乗せたり、自分の座席の足元に置くことができます。 事前予約しなかったらどうなるの? 新幹線に乗れないということはありませんが、追加料金を支払わなければなりません。 事前予約をしなかったら、1,000円追加で徴収されることとなります。 予約方法は? 事前予約は新幹線の切符を購入できるみどりの窓口、自動券売機やインターネットなどで指定席とセットで予約することが出来ます。 座席を選択する時に「特大荷物置場つき座席」を選んで購入することとなります。 あとは乗車当日、指定されたスペースに荷物を置くだけです。 もし自由席で大きな手荷物を持ち込む場合、1,000円の追加料金はもちろん支払わなければなりませんが、加えて指定席への変更料金として520円を支払う必要があります。 結局指定席へ変更しなければならず、1,000円も追加で支払わなければならないため、 大きな手荷物を持ち込む際には自由席ではなく必ず指定席を申し込むようにしましょう。 大きな荷物を持ち込む乗客が非常に多いことで列車の指定席の予約が一杯だった場合には自由席ではなく次の列車の指定席を予約するよう推奨していくそうです。 荷物を置くスペースなんてあるの? 自分の席の周りではなく、 車両の最後部にあるスペースや デッキに設けられる予定の鍵付き専用のコーナーに置くこととなります。 客室最後尾のスペースは今までも荷物置き場に利用する人はいましたが、今後は特大サイズの荷物を置く専用のスペースとなるため、「空いてるな~」と思って気軽に荷物を置くことができなくなります。 また、新設されるデッキに設けられる鍵付きの荷物コーナーは準備に時間がかかるため2023年度の導入を予定されています。 スーツケースに入りきらないちょっとしたお土産を持っていたりすると、どうしても大きな荷物は自分の座っている足元に置かなければならないこともありますよね。 荷物を別の場所に置くことが出来ればのびのび座ることができますね。 日本全国対象になるの? 今のところ発表されているはJR東海の以下の新幹線のみです。 JR東日本は導入の予定はないそうです。

次の

新幹線でスーツケースが置ける3つの場所|東海道新幹線の予約ガイド

新幹線 荷物 予約

広告 新幹線に持ち込める荷物のサイズ 新幹線に持ち込める荷物サイズは、規則の上では、タテ・ヨコ・高さの合計が250cmです。 また、長さ2mを超える物は原則として持ち込めません。 スポーツ用品、楽器、娯楽用品などは、2mを越えたとしても、車内で立てて携帯できるなら持ち込むことができます。 このとき、専用の袋、ケースなどに収納する必要があります。 したがって、スキー用品やサーフボードも新幹線に持ち込むことは可能です。 つまり、持ち込めないのは、「スポーツ用品や楽器類以外で、長さ2mを超える物」です。 通常の旅行では2mを越えるものを持ち運びすることはまずないので、持ち運べる荷物なら持ち込むことは規則上は可能です。 特大荷物スペースつき座席 東海道・山陽・九州新幹線では、タテ・ヨコ・高さの3辺の合計が160cm以上の荷物を持ち込む際は、「特大荷物スペースつき座席」を事前予約しなければなりません。 特大荷物スペースつき座席は、車両最後部の席で、座席の後ろのスペースとセットで指定席券を販売します。 事前予約せずに3辺160cm以上の荷物を車内に持ち込むと、1,000円を請求され、車掌の指定する場所に荷物を置かなければなりません。 新幹線に持ち込める荷物の個数 新幹線に持ち込める荷物の個数は2個です。 これには、傘、杖、ハンドバックなど身の回り品は含まれません。 身の回り品を除いて2個までです。 広告 新幹線の荷物棚のサイズ 新幹線の座席の上には荷物棚があります。 一般には、荷物を置くことのできるほぼ唯一のスペースが荷物棚です。 荷物棚のサイズ(奥行き)は40cm〜45cm程度で、高さは30〜35cm程度です。 車両によって、多少の違いがあります。 新幹線の荷物置き場 新幹線の一部の車両には、デッキや客室端に荷物置き場が設置されています。 ただし、荷物置き場が設置されている車両は少なく、東海道新幹線には荷物置き場は一切設置されていません。 荷物置き場が設けられている車両は以下の通りです。 E2系(10号車を除く各車両のデッキ)• E3系(14・15・16号車のデッキ)• E6系(13・15・17・11号車)• ただし、最後列の座席のリクライニングを支障してしまう場合もありますので、自分がその座席に座り、その後ろに置くようにしましょう。 指定席券を購入する際に、最後列が欲しいと伝えると、空いていれば確保してくれます。 自由席の場合は、始発駅で早めに並んで座るといいでしょう。

次の