ドコモ光 回線 工事。 【よくわかる】ドコモ光の工事ガイド!費用や工事内容を解説

光回線工事 丸わかりガイド|大家さんから「工事OK!」をもらうコツ|インターネット光回線比較ナビ

ドコモ光 回線 工事

ドコモ光の申し込みをするとき、気になるのが工事内容や工事費用ですよね。 実は、NTTフレッツ光を利用していた方がドコモ光に転用する場合は工事が不要です。 工事が発生するのは、新規で申し込んだ場合と、フレッツ光以外の回線から乗り換えた場合です。 新規で申し込んだ場合のドコモ光の工事費は、戸建て住宅で18,000円、マンションで15,000円になります。 ドコモ光の公式特典では、不定期に「工事料金無料特典」が行われています。 2019年10月現在はドコモ光では工事費無料特典が実施中です。 2019年9月~終了日未定 工事費を無料で契約したい方は、特典が始まるまで待つのも手段の一つでしょう。 また、もしこれからドコモ光を契約をするなら、 がおすすめです。 専用WEBフォームからドコモ光を申し込むと 最大15,000円のキャッシュバックをもらえますよ。 またv6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターも無料でレンタルできます。 気になった方は以下のボタンから詳細を確認してくださいね。 この記事では、ドコモ光では具体的にはどのような工事が必要になるのか、また、開通までの流れ・料金など、工事をする前に知っておきたいことを紹介します。 目次 この記事でわかること• ドコモ光の工事費用|不定期で工事費無料特典を実施する ドコモ光の工事費は以下のとおりです。 (2019年9月~終了日未定) 通常なら上記の開通工事費がかかってきますが、キャンペーン中は無料となります。 なおドコモ光の工事費無料特典が実施されていない期間に申し込みを検討していて、工事費を抑えたいと考えている方もいますよね。 そんな方は常に工事費実質無料キャンペーンを実施しているNURO光やauひかり等の回線も検討してみましょう。 もありますので、併せて参考にしてくださいね。 ドコモ光(インターネット回線)の工事内容|開通までの時間は? ドコモ光に新規契約する場合は、申し込んでから開通までに おおよそ2週間~1ヶ月程度かかります。 引越しが増える3月や4月は、申し込みが集中するため、さらに時間がかかると想定しておいた方がいいでしょう。 開通までの間にインターネットが利用できない空白期間をできるだけ減らすためにも、乗り換えを決めたら早めにドコモ光に申し込みましょう。 もありますので、あわせて参考にしてくださいね。 派遣工事と無派遣工事の違い ドコモ光の工事には、担当者が訪問して行われる派遣工事と、訪問がなく完了できる無派遣工事の2種類があります。 工事種別 工事条件 派遣工事 新規契約をして部屋に新しく設備を導入する場合 無派遣工事 前の入居者が設置した光コンセントがそのままになっている場合 無派遣工事は、賃貸物件などで、前の光コンセントが残っていて流用できる場合などに行われます。 無派遣工事の費用は2,000円と派遣工事と比べて割安ですよ。 ただし、派遣工事になるか無派遣工事になるかは、ドコモ光の担当者によって決められ、利用者側で指定することはできませんので注意してくださいね。 ドコモ光戸建てタイプに新規契約する場合の工事内容 ドコモ光を導入する場所が戸建て住宅のときは、以下の流れで工事が実施されます。 工事にかかる時間は、早くて3時間程度、遅くても5時間程度を見込んでおくといいでしょう。 光ファイバーケーブルの引込• ONU 回線終端装置 の設置• ドコモ光の接続確認• パソコンとインターネットの接続・設定 それぞれ詳しくチェックしていきましょう。 工事の前の準備物 ドコモ光の工事の前に、いくつか準備しておくべきものがあります。 以下の表を参考に、工事に必要なものを早めに準備しておきましょう。 準備物 備考 LANケーブル ONUとパソコンを接続するケーブル 最大1Gbpsの通信速度に対応しているケーブルを準備しましょう 無線LANルーター 無線でインターネットを利用したい場合は、 無線LANに対応しているルーターを準備しましょう 電源タップ パソコン用に加えて電源コンセントの差込口が1~3口必要です パソコン・スマホ・タブレットなど インターネットにつながっているかを確認するための端末 1.光ファイバーケーブルの引込 光ファイバーケーブルを、 自宅近隣の電線から住宅に引き込む作業です。 通常は、電話線の配管やエアコンのダクトを活用して、壁に穴を開けずにケーブルを宅内に引き入れます。 なお、工事時間は1~2時間程度です。 2.ONU 回線終端装置 の設置 宅内に引き込んだ 光ファイバーケーブルとONUを接続する作業です。 ONUを設置したい場所が光ファイバーケーブルを引き込んだ場所から離れているときは、宅内配線も実施します。 宅内配線の有無によって工事時間に差が出ますが、通常は1~2時間程度でONU設置作業が完了します。 3.ドコモ光の接続確認 ONUとパソコンや電話機を接続し、ドコモ光が利用できるかどうか確認します。 接続確認の作業は数分程度で完了します。 4.パソコンとインターネットの接続・初期設定 ドコモ光が利用できることを確認してから、パソコンやタブレット等、インターネットに接続する機器の接続設定を実施します。 プロバイダー業者から送付された資料を参考に、設定しましょう。 最初の設定でわからないことがある場合は、も参考にしてくださいね。 ドコモ光マンション・アパートタイプに新規契約する場合の工事内容 ドコモ光をマンションタイプで契約したときは、以下の流れで工事が進みます。 基本的には、と流れは同じです。 マンション内に引き込む作業に1~2時間、部屋までの配線に1~2時間、光コンセントの設置に1時間ほどかかります。 準備物は戸建てタイプと同じですので、早めに準備しておきましょう。 マンション内の共用スペースに光ファイバーケーブルを引き込む• 共用スペースからドコモ光を利用する部屋まで、光ファイバーケーブルの配線を行う• ドコモ光を利用する部屋の壁に光コンセントを設置する• 光コンセントとホームゲートウェイをケーブルで接続する• ホームゲートウェイにパソコンやタブレット等を接続し、ドコモ光が利用できるか確認する• プロバイダー業者から送付された資料に基づき、パソコンの設定をする マンションタイプは配線方式の違いに注意 マンションの場合、各部屋までの配線方式によって、工事の内容も変わってきます。 マンションの配線方式には、以下の表の3通りがあります。 配線方式 特徴 速度 VDSL方式 共有スペースの回線終端装置から各部屋にまでの配線に電話回線を用いる 遅い場合もある LAN配線方式 共有スペースの回線終端装置にLANケーブルまで配置 室内にルーターを置く必要がない 環境による 光配線方式 各部屋まで光ファイバーが来ている 速い お住まいのマンションがどの配線方式を採用しているかや、賃貸物件の場合は既に回線が来ているかどうかが、工事に際して確認が必要です。 事前に大家さんや管理会社に確認しておくといいでしょう。 でも詳しく紹介しています。 マンションの場合、工事で壁に穴をあけることはない マンションの場合は、既存の配管を利用して共用スペースまで光ファイバーケーブルを引き込むため、 壁に穴を開けることはありません。 ただし、まだフレッツ光が導入されていないマンションにお住まいの場合は、管理会社か大家さんの了承が必要ですので、早めに相談しておきましょう。 ドコモ光の工事で問い合わせしたいときの窓口 ドコモ光の工事が無事完了するまでに問い合わせを行いたい場合の窓口を、以下のケース別に紹介します。 ドコモの携帯電話から:局番なしの151• その他の電話から:• 受付時間:9:00~20:00(年中無休) 雷雨・台風・雪などの場合は工事が延期になる連絡が来ることも 台風などの悪天候により、ドコモ光の工事が延期されることもあります。 基本的には、工事が延期になるときは工事スタッフから事前に電話がかかってきますので、特に連絡の必要はありません。 しかし予定の時間になっても電話が来ないときは、すぐに ドコモ光インフォメーションセンターに問い合わせましょう。 ドコモ光は工事前なら契約キャンセルができる 工事が完了する前であれば、 ドコモ光の契約をキャンセルできます。 ただし、契約後8日目までならキャンセル料は発生しませんが、9日目以降になるとキャンセル料を請求されることがあります。 キャンセルしたいときは早めにドコモ光 インフォメーションセンターに問い合わせましょう。 ドコモ光テレビオプションの工事内容 ドコモ光で光テレビオプションを契約するときは、工事も発生します。 基本料金は3,000円で、接続するテレビの台数によって工事費が変わってきます。 テレビの台数 工事費内訳 工事費総額 1台 基本料金:3,000円 テレビ接続費:6,500円 スカパーJSAT施設利用登録費:2,800円 12,300円 2~4台 基本料金:3,000円 テレビ接続費:19,800円 スカパーJSAT施設利用登録費:2,800円 25,600円 なお、ドコモ光開通後に単独で光テレビオプションを申し込むと、 基本料金や手数料が増額になるため、それぞれの金額に6,500円が加算されてしまいます。 そのため、ドコモ光の申し込みと同時に申し込んだほうがお得になりますよ。 また、ひかりTV for docomoを利用する際は、工事は発生しません。 もありますので、参考にしてくださいね。 ドコモ光電話の工事内容 ドコモ光で電話サービスを利用するときも、電話工事は必要です。 ドコモ光のインターネットサービスと同時に申し込む場合は、 事務手数料が無料で、1,000~3,000円(税抜)の工事費が請求されます。 しかし、インターネット開通後、個別に光電話を申し込むときは、工事費に加えて事務手数料2,000円も必要となります。 光電話を検討しているのであれば、光回線の契約と同時に申し込みをした方がお得ということですね。 ドコモ光の光電話については、以下の記事でも詳しく紹介していますよ。 まとめ ドコモ光で工事が発生するのは、基本的には新規で申し込んだときのみです。 ただし、電話やテレビ等のサービスを利用するときは、各工事が必要であり、工事費が発生することも覚えておきましょう。 また、ドコモ光では工事費無料キャンペーンが期間限定で実施されていることがあります。 申し込み時には公式サイトのキャンペーン情報などを必ずチェックしておきましょう。 キャンペーン期間外のタイミングで申し込む方で、工事費を抑えたい方は、NURO光やauひかり等の工事費実質無料キャンペーンを実施している回線についても検討してみてくださいね。 この記事を読んだ方はこんな記事を読んでいます• ドコモ光を新規契約・フレッツ光から転用したもののやはり契約を取りやめにしたい場合は、初期契約解除制度でキャンセルできます。 では、キャンセル …• ドコモ光を実際に利用するためには、工事の後の初期設定を行う必要があります。 初期設定は、実際に利用するユーザーが作業を行う必要があるのですが …• 光回線を契約する際は、1~4万円程度の高額な工事費がかかるので、せっかくなら工事費無料で契約し、支払額を削減したいですよね。 そこで、今回は …• ドコモ光の光電話オプションである「ドコモ光電話」を契約すべきなのは、固定電話の月々の料金を安く抑えたいと考えている人です。 ドコモ光電話は、 …• ドコモ光はどこのプロバイダを選ぶかによって快適性が大きく変わってくるため、プロバイダ選びが肝心で ….

次の

ドコモ光の工事内容を実際の写真つきで解説!【内容、目的、誰がする?】

ドコモ光 回線 工事

目次 この記事でわかること• 電話でドコモ光に問い合わせる場合に押さえておきたい6つの電話番号と受付時間 すぐに問い合わせの回答をもらえるので、電話を利用するという方も多いかと思います。 そこで、ドコモ光の問い合わせで押さえておきたい電話番号6つを以下の表にまとめてみました。 問い合わせたい内容 問い合わせ窓口 電話番号 受付時間 ・申し込み ・契約内容の照会 ・機器の接続設定 ・解約 ・その他不明点 (光テレビ・光電話などオプション含む) ドコモインフォメーションセンター ドコモケータイから局番なしの151 9:00~20:00(年中無休) ・工事に関する問い合わせ ドコモ光サービスセンター ドコモケータイから局番なしの15715 9:00~21:00(年中無休) ・故障に関する問い合わせ (光テレビ・光電話などオプション含む) ドコモ113センター ドコモケータイから局番なしの113 24時間365日受付 ・機器の設定サポート ネットトータルサポートセンター (オプションサービス) 9:00~20:00(年中無休) ・ひかりTVに関する問い合わせ ひかりTVカスタマーセンター もしくは 10:00~19:00(年中無休) ・プロバイダに関する問い合わせ 各プロバイダの問い合わせ窓口 とりあえず困ったときは151!解約など、契約関連の連絡も ドコモ光に関することで困った場合には、とりあえず ドコモインフォメーションセンターに聞いてみましょう。 どこに聞いたらわからないなどの場合にも正しい窓口を案内してもらえますよ。 主な対応内容は、ドコモ光の申し込みや機器の接続設定、契約内容やキャンペーン内容などの確認、解約に関する問い合わせなどです。 電話番号は、またはドコモの携帯電話から局番なしの151です。 インターネットが遅いまたは繋がらない• プロバイダのオプションサービスについて聞きたい また、インターネットのトラブルの際、ドコモ光の問い合わせ窓口に繋がらない場合は、代わりにプロバイダ窓口に聞いてみることもできますよ。 ドコモ光のプロバイダ問い合わせ先一覧 ドコモ光の主なプロバイダの問い合わせ先を一覧表にまとめてみました。 契約中の方は、問い合わせの際に利用者IDなどが必要となる場合もありますので、お手元に用意してから問い合わせると安心です。 プロバイダ名 問い合わせ電話番号 受付時間 ドコモnet (ドコモ インフォメーションセンター) 9:00~20:00 OCN 10:00~19:00 BIGLOBE 9:00~18:00 ぶらら 10:00~19:00 GMOとくとくBB 10:00~19:00 So-net 9:00~18:00 @nifty 10:00~19:00 DTI 10:00~19:00 ドコモ光の料金に関する問い合わせはMy docomoも活用しよう ドコモ光の請求額を確認したい場合には、My docomoも利用できます。 My docomoを利用するにはID・パスワードが必要です。 My docomoで利用できるサービスは以下の通りです。 ドコモ光の問い合わせ窓口が繋がらないってホント?現在は解消されている ドコモ光の問い合わせ窓口は、なかなかつながらないという評判がしばしば見られるようです。 障害が発生していて窓口が混雑しているとはいえ、できる限りサポートにはいつもつながる状態であってほしいですよね。 しかし、2019年現在、混雑は解消されつつあるようです。 2019年の1月~3月時点で「ドコモ光 サポート」で検索したところ、オペレーターとスムーズにつながった、丁寧に対応してもらえたという声も見られました。 以前は多少の不満があったのかもしれませんが、現在の対応品質に感動しているようですね。 ドコモ光の評判については、以下の記事もチェックしてみてくださいね。 ドコモ光の問い合わせ窓口が繋がらないといわれていた理由 ドコモ光の問い合わせ窓口が繋がりにくいとの口コミが多い理由は2つあります。 1つ目は、ドコモ光のサービス開始当初にオペレーターの数が充分に揃っていなかったことです。 2つ目は、2015年のコスト削減政策にあります。 NTTドコモは2015年の営業利益不振の対策としてコスト削減を提唱しました。 上記の施策の一つに コールセンターの人件費削減を設定したため、さらに問い合わせ窓口が繋がりにくい結果になってしまったのです。 しかし2019年現在、ドコモ光のサービス開始から数年が経過しています。 スタッフが充足されたうえに経験も充分に積まれてきたことから、待たされることは少ないようです。 今後も充実したサポートサービスを期待したいところですね。 ドコモ光に問い合わせても繋がらない場合の対処法2つ しかし、状況によってはドコモ光の問い合わせ窓口がつながりにくいことがまったくないとは言えません。 万が一窓口につながりにくい状況が続いた場合は、以下の2つの方法を試してみましょう。 電話の自動ガイダンスを利用する• メールや掲示板、チャットなど、他の手段で問い合わせる 電話の自動ガイダンスを利用する ドコモインフォメーションセンターに電話をすると、自動ガイダンスが流れ、お問い合わせ内容に応じて番号を入力していく仕組みです。 しかし、音声ガイダンスに従ってオペレーションしていては時間がかかってしまいます。 少しでも早くオペレーターと繋がりたい場合には、短縮番号が便利です。 下記短縮番号を使って順番待ちを少しでも上位にあげてください。 一般電話からの場合は、0120-800-000に続けて短縮ダイヤルをプッシュしてください。 ドコモケータイからは、局番なしの151に続けてプッシュすれば問い合わせ窓口に繋がります。 問い合わせ内容 短縮ダイヤル 引越し 7-1-1 解約 7-1-3 その他手続きに関する問い合わせ 7-1-4 工事日の決定 7-2-1 工事日の変更 7-2-2 その他工事に関する問い合わせ 7-2-3 接続設定方法に関する問い合わせ ネットトータルサポートの契約者 ネットワーク接続やメール設定などの問い合わせ 7-3-1-1 周辺機器接続やソフトウェアに関する問い合わせ 7-3-1-2 それ以外のユーザー 7-3-2 故障に関する問い合わせ 7-4 メールやチャットなどで問い合わせる 電話がどうしても繋がらない場合は、以下の別の手段を使って問い合わせることを検討しましょう。 メール• 掲示板• チャット• LINE 電話以外の手段の場合、問い合わせる時間に制約がないなどのメリットがある代わりに、電話のような迅速な対応が期待できない場合もあります。 以下の表で、それぞれの問い合わせ手段のメリット・デメリットをまとめてみました。 問い合わせ方法 メリット デメリット 電話 直接オペレーターと話ができ安心できる 障害時には迅速な対応が期待できる 電話が繋がりにくいこともある メール 24時間確実に質問ができる 応答時間の保証がない 個人情報に関することには答えられない 掲示板 既存の問題ならすぐに対応策が見つかる 24時間いつでも対応策を探せる 24時間いつでも質問ができる あくまでもユーザー同士の情報交換の場 (確実な情報の保証がない) 回答される保証がない 質問内容が限られる (契約などに関することはわからない) チャット 気軽に使える レスポンスが早い ポットを利用したチャットの場合は、 期待通りの回答が得られない場合も 混みあっている場合はチャットそのものが使えないことも LINE 気軽に使える 現在はまだ故障に関する問い合わせのみ メールで問い合わせする方法 電話で人と話すのが苦手な場合や、長文の問い合わせの場合、不具合の状態のスクリーンショットなどを見て欲しい場合には、メールでの問い合わせが便利です。 ただし、 メールでの回答には数日かかる場合があり、急ぎの場合には向いていません。 早く回答が欲しい場合は、電話やLINE、チャットなど、他の手段での問い合わせを行ってくださいね。 メールでの問い合わせ方法は以下のとおりです。 dアカウントにログイン• 質問カテゴリーのチェックボックスにチェックしてください• 次へボタンを押し具体的な質問内容を入力し、送信します 利用者同士の掲示板「OKBIZ. for Community Support」で既知事例を確認できる ドコモ光の掲示板「OKBIZ. for Community Support」は、ユーザー同士で質問ができる問い合わせ窓口です。 24時間365日利用ができ、既存の質問内容と回答を無料で閲覧できます。 既存の質問から見つからない場合には、新たに質問を投げることで、ユーザーが回答してくれる仕組みです。 1時間以内の応答率は6割を超えているため、迅速に困りごとが解消できます。 ただし、回答はドコモ光のオペレーターではないため、確実な情報とはいえない可能性がありますので注意してください。 なお、OKBIZ. for Community Supportで質問や回答をする場合はdアカウントの無料会員登録が必要です。 チャットではトラブルに関する質問ができる ドコモ光では、2018年12月より、「おたすけロボット」というチャットボット形式の問い合わせも利用で切るようになりました。 チャットボットとは、オペレーターと会話をしているような感覚で利用者の質問に対して回答してくれるシステムです。 24時間365日、いつでも利用することができます。 電話がつながりにくいときや、わからないことをサッと解決したいときなどに、試してみてはいかがでしょうか。 LINEでも故障に関する問い合わせができる LINEでの問い合わせは、2018年3月より開始された新しい問い合わせ窓口です。 お試しで実施されているサービスで、2019年3月現在では故障の対応のみ受け付けています。 現在はトライアル段階ですが、LINE上でのサポート範囲は広がる可能性もありますので、今後に期待できそうですね。 まとめ ドコモ光のお問い合わせ窓口は6つにわかれています。 どこの窓口に問い合わせるべきかよく見極めてドコモ光に連絡してくださいね。 また、電話の窓口がなかなかつながらない場合は、LINEやメール、掲示板などを利用してみてください。 ドコモ光の問い合わせ方法を工夫することで、早期の問題解決を図りましょう。

次の

光回線の工事って何をするの?よくあるトラブルと費用の見極め方

ドコモ光 回線 工事

ドコモ光テレビオプションとは?初心者向けの基礎知識! 詳しくドコモ光テレビオプションをご説明する前に簡単にどのようなサービスなのかを説明します。 「ドコモ光でテレビが見れるらしい」と思ってあなたもページにアクセスされていると思いますがその通りです。 ドコモ光を既に契約している人、そして今からドコモ光を契約してインターネットを始めようと考えている人向けに提供しているテレビ視聴サービスが「ドコモ光テレビオプション」です。 ドコモ光テレビオプションのイメージ図 上記はドコモ光でテレビを視聴できるサービスのイメージ図です。 通常テレビを視聴する場合はUHFアンテナやパラボラアンテナ、ケーブルなどを使って視聴していますよね。 でも、 ドコモ光テレビオプションはドコモ光でインターネットをする際に利用する 光回線を使って視聴するサービスです。 簡単に言えば、アンテナ不要でドコモ光の光回線を使ってテレビが見れるサービスが「ドコモ光テレビオプション」って事です。 どんなテレビチャンネルが視聴できる? ドコモ光テレビオプションにも加入すると、どんなテレビ番組やチャンネルが視聴できるようになるのでしょうか? 基本的には 「地上デジタル放送」「BSデジタル放送」「CSデジタル放送」です。 また、 別途料金を支払えば、有料放送の「BS放送」や「CS放送(スカパー)」なども見れるようになります。 詳しい視聴可能なチャンネルは以下でご説明します。 初期費用と月額料金が必要 ドコモ光テレビオプションに加入する場合、 初期費用として 「登録料」や 「基本工事料」が必要です。 また、ドコモ光のインターネットを利用する月額料金に加えて ドコモ光テレビオプション 月額利用料の支払いが別途必要です。 ドコモ光テレビオプション導入に必要な費用は以下で詳しくご説明します。 ここまでドコモ光テレビオプションの基礎がご理解いただけたと思いますので、これから具体的な説明に入りたいと思います。 ドコモ光テレビオプションの料金について まずは、気になる料金の事からご説明します。 ドコモ光を契約してインターネットをしている人やこれから契約する人は、当然インターネットの月額料金を支払いますよね。 今回ご紹介しているドコモ光の光回線でテレビが見れる「ドコモ光テレビオプション」は インターネットの月額料金とは 別に月額利用料の支払いが必要です。 また、インターネットで利用する為に必要な 光回線を自宅へ引き込む工事とは別に テレビ工事費や登録料が別途必要です。 内訳も書いていますが、 スカパーJSAT施設利用料が300円、テレビオプション伝送サービス料が450円、 合計750円となります。 新4K8K衛星放送が2018年12月より始まりました。 その為、スカパーの放送設備拡充の為に施設使用料が210円から90円値上がりして300円になりました。 その結果、2018年12月からは月額料金が750円に変更になりました。 「スカパーJSAT施設利用料っ何よ?」 「テレビオプション伝送サービス料って何さ?」 そんなあなたの心の声が聞こえてきましたよ 笑 後で詳しく説明したいと思います。 初期費用と工事費 ドコモ光テレビオプションを契約する際には、初期費用や光回線でテレビが見れるようにする工事費が必要になります。 が、 既にドコモ光を契約中でインターネットをしている人と これからドコモ光を契約する人とでは、 初期費用と工事費に違いがあります。 また、ドコモ光テレビオプションで テレビ1台で視聴するのか、2台以上で視聴するかでも違いがあります。 ドコモ光のインターネットの工事費や初期費用とは別に「ドコモ光テレビオプション」を視聴するための工事費や初期費用が別途必要なんですね。 ドコモ光をこれから契約する人の場合 まだドコモ光を契約しておらず、これからドコモ光のインターネットと新規か転用申し込みと同時にドコモ光テレビオプションにも加入する場合は以下のようになります。 テレビ1台で 視聴する場合 テレビ2台~4台で 視聴する場合 契約事務手数料 0円 0円 スカパーJSAT 施設利用登録料 2,800円 2,800円 基本工事費 (テレビ用回線引込工事) 3,000円 3,000円 テレビへの接続工事料 6,500円 19,800円 初期費用 合計 12,300円 25,600円 出典: これからドコモ光のインターネットを契約する人の場合は、テレビオプションにも同時契約すると、インターネットで利用する光回線とテレビで利用する光回線を自宅へ引き込む工事が一度に行われます。 手数料や登録料、工事費などの初期費用合計は、 テレビ1台で視聴する場合は12,300円、 2台~4台で視聴する場合は25,600円が ドコモ光テレビオプションを導入するだけで必要という事になります。 既にドコモ光を契約している人の場合 もう既にドコモ光を契約してインターネットを利用している人が、後で「ドコモ光テレビオプション」を追加で加入する場合は以下のようになります。 テレビ1台で 視聴する場合 テレビ2台~4台で 視聴する場合 契約事務手数料 2,000円 2,000円 スカパーJSAT 施設利用登録料 2,800円 2,800円 基本工事費 (テレビ用回線引込工事) 7,500円 7,500円 テレビへの接続工事料 6,500円 19,800円 初期費用 合計 18,800円 32,100円 既にドコモ光を契約している人の場合、これからドコモ光のインターネットと同時契約する人に比べて契約事務手数料が必要だったり、基本工事費が高かったりしますね。 請求はいつ?分割は出来る? 上記でご紹介したようにドコモ光テレビオプションを導入するには手数料や登録料、工事費など結構高額になりますよね。 そこで疑問なのが請求はいつ頃来るのか?そしてこの初期費用は分割で支払う事ができるのかという点ですね。 ドコモ光テレビオプションの工事費などの 初期費用の請求時期は 基本的に翌月に請求されます。 但し、工事日が月末だったりすると翌々月の請求になる場合もあるようです。 また、ドコモ光テレビオプションの初期費用ですが 分割払いも可能のようです。 だた、何回払いの分割になるのかなどの記載がドコモ光公式サイトにもありませんので、申し込む際に確認してみてください。 ドコモ光テレビオプションで映らないエリアもある 実は、今回ご紹介してるドコモ光の光回線でテレビが視聴できるドコモ光テレビオプションは提供エリアがあります。 提供エリア以外は映らないのでテレビ視聴する事ができません。 また、ドコモ光を利用する 建物のタイプによっても申し込めない場合があります。 ドコモ光テレビオプションの提供エリア ドコモ光テレビオプションを 提供しているエリア(都道府県)があります。 提供していないエリア地域では映らないので申し込む事すら出来ません。 以下がドコモ光テレビオプションの提供エリアは以下。 東日本エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、福島県、北海道の各一部地域 西日本エリア 大阪府、和歌山県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、広島県、岡山県、香川県、徳島県、愛媛県、福岡県、佐賀県の各一部地域 出典: 上記でご紹介している都道府県がドコモ光テレビオプションの提供エリアです。 マンションではドコモ光テレビオプションは映らない? 上記でご紹介しているドコモ光テレビオプションの 提供エリアの一戸建ての人の場合は問題なく申し込みが可能です。 ただ、 マンションやアパートなどの集合住宅の人の場合は、 たとえ提供エリアであっても視聴出来ないのです…。 西日本エリアは一戸建てのみでマンション不可 上記でご紹介したドコモ光テレビオプションの 西日本エリアの都道府県にお住まいであっても、 マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる人は提供されていませんので申し込みすら出来ません。 お住まいのマンションなどが「光配線方式」なのか「VDSL配線方式」「LAN配線方式」なのか知っている人なんでほとんどいません 笑 なので、東日本エリアのマンションにお住まいの人は申し込んで利用可能なマンションなのかをドコモ光で調べてもらいましょう。 ドコモ光テレビで視聴可能なチャンネル番組 上記ではドコモ光テレビオプションの料金など概要を説明してきましたが、結局どんなチャンネルや番組が見れるようになるかも重要ですよね。 そこでここからはドコモ光テレビオプションに加入すると見れるチャンネルやBS放送などを具体的にご紹介します。 NHKや民放などの地デジ ドコモ光テレビオプションでは お住まいの地域で視聴可能なNHKを含む民放各局の地上デジタル放送(地デジ)が視聴可能です。 地上デジタル NHK総合テレビ NHK Eテレ お住まいの地方民放局 有料でスカパーも視聴可能 ドコモ光テレビオプションでは スカパーの視聴も可能ですが、 スカパーは当然有料です。 無料でスカパーは見れません。 ドコモ光テレビオプションでスカパーを視聴する為の料金例は以下です。 ドコモ光 テレビオプション 月額利用料 750円 スカパー月額基本料 390円 チャンネル、 セットパック 月額料 基本パック 50チャンネル見放題 セレクト5 48チャンネルから 5チャンネルを選択 セレクト10 48チャンネルから 10チャンネルを選択 3,600円 1,800円 2,600円 合計 4,740円 2,940円 3,740円 ドコモ光テレビオプションでスカパーを見る場合は、ドコモ光テレビオプションの月額利用料に加えてスカパーの「月額料金390円」と見たい「チャンネル、パックセットの月額料」が必要です。 BSデジタル放送 ドコモ光テレビオプションでは BSデジタル放送も視聴できるようになります。 ただし、BSデジタル放送には有料チャンネルもありますよね。 有料チャンネルのBSデジタル放送は別途契約と視聴料の支払いが必要です。 ドコモ光テレビオプションに加入すると地デジのNHK総合テレビやNHK Eテレが視聴できるようになりますが、NHK受信料の支払いや契約は必要なのでしょうか? 答えは、 NHKの受信契約と受信料の支払いは必要です。 たとえ、視聴方法がインターネット回線になったとしてもNHKが視聴可能な場合は受信契約と毎月の受信料の支払いは必要です。 NHK受信料はドコモ光テレビオプションの月額利用料には含まれていませんので注意しましょう。 ドコモ光テレビオプションの提供はスカパーJSAT 少しドコモ光テレビオプションの月額料金を振り返ってみますと… 月額料金 ドコモ光テレビオプション 月額利用料 750円 (内訳) スカパーJSAT施設利用料300円 テレビオプション伝送サービス料450円 出典: 月額利用料は750円ですが、内訳を見ると、 「スカパーJSAT施設利用料」 「テレビオプション伝送サービス料」 この2つの意味が解りませんよね! 視聴提供はスカパーJSAT社 実は、 ドコモ光テレビオプションで地デジやBS放送など 視聴提供しているのはドコモではなく「スカパーJSAT株式会社」です。 ドコモ光テレビオプションは、スカパーJSATを介して視聴している ドコモ光テレビオプションは、地デジやBSデジタル放送などをインターネット回線を使って視聴できる技術を持っているスカパーJSATを介して視聴しています。 その為、スカパーJSATの技術を利用するための 「スカパーJSAT施設利用料」の支払いが毎月300円必要なんです。 テレビオプション伝送サービス では「テレビオプション伝送サービス」って何なんでしょうか? 上記では簡単に説明するように「インターネットの光回線」を利用していると説明してきましたが、インターネットで使用する光回線とは 別にテレビを視聴する光回線を別途用意しなければなりません。 テレビ視聴用の光回線使用料 簡単に言えば、インターネットとテレビの光回線は別に必要なんですね。 だから、ドコモ光テレビオプションは別に工事も必要なんです。 そう、 テレビを視聴するための光回線使用料、それが「テレビオプション伝送サービス」450円と思ってください。 ドコモ光テレビオプションの工事内容 ここからは初心者の人でも解るようにドコモ光テレビオプションを導入する場合に必要な工事内容をご紹介したいと思います。 ちょっと専門的になるので 読み飛ばしても構いません。 工事に必要なケーブルや分配器、ブースター、ルーターなど ドコモ光テレビオプションに必要なケーブルや部品等は以下の表のものです。 テレビ接続工事を工事業者にお願いする場合は準備する必要はありませんが、「工事は自分でやる!」って人は必要なので準備しなければなりません。 同軸ケーブル 分配器 分岐器 分波器 ブースター 映像用回線終端装置と各部屋のテレビを接続するケーブル テレビの電波信号を複数のテレビに分配する部品 地上波とBS/CSの電波信号を分ける部品 テレビの電波が弱い時に、テレビの信号を増幅させる部品 工事は「基本工事」と「テレビ接続工事」 ドコモ光テレビオプションの工事は基本的には 「基本工事」と「テレビ接続工事」の2種類です。 初期費用の工事費の部分だけ見ると解りやすいと思います。 テレビ1台で 視聴する場合 テレビ2台~4台で 視聴する場合 基本工事費 (テレビ用回線引込工事) 「ドコモ光」新規と同時:3,000円 「ドコモ光」ご利用中 :7,500円 テレビへの接続工事料 6,500円 19,800円 2種類の工事を行うので、工事費もそれぞれ必要なんですね! 基本工事とは 基本工事のイメージ ドコモ光テレビオプションの「基本工事」とは、 テレビ視聴の為に利用する「光回線」と「映像用回線終端装置」を接続するまでの事を言います。 テレビ接続工事とは テレビ接続工事のイメージ図 ドコモ光テレビオプションの「基本工事」とは、 「基本工事」で設置した映像用回線終端装置とテレビを接続する工事の事を言います。 複数台でテレビを見る場合は「分配器」というテレビ信号を複数に分ける部品を取り付けます。 「分波器」という「地デジ信号」と「BS・CS信号」を分ける部品を取り付けます。 配線や接続方法など詳しい人は自分で「テレビ接続工事」をする事も出来ます。 自分でテレビ接続工事をする場合はテレビ接続工事費の支払いは不要です。 ただ、素人の人がやるには大変な工事なので専門的な知識がない人は工事業者にお願いしましょう。 まとめ この記事ではドコモ光のインターネット以外のオプションサービス「ドコモ光テレビオプション」について詳しくご紹介してみましたがいかがだったでしょうか? 普通はアンテナを利用して地デジやBSなどを視聴しますがドコモ光テレビオプションは光回線を利用して提供されている事がご理解いただけたと思います。 通常テレビを見る場合はNHK受信料の支払いだけですが、ドコモ光テレビオプションは別途月額料金が必要です。 視聴可能となるチャンネル数は増えますし、別途契約すればスカパーなどの有料チャンネルを見る事も可能です。

次の