天気予報 言い回し。 天気予報は明日は雨だろうと伝えている。

天気予報の「のち」と「一時」と「時々」の違い、それぞれの確率は

天気予報 言い回し

英語で天気を表現する 日常生活を快適に送るうえで天気に恵まれているに越したことはありません。 また、予定を立てる際には週間天気予報などを活用されている人も多いと思います。 誰もが身近な話題である天気について、英語ではどのような表現になるのか知りたいですよね。 天気は英語で 「weather」、 天気予報は 「weather report」や 「weather forecast」 と表現されます。 これらは、中学校英語で習う英単語レベルですが、これだけ知っていても実用性には欠けています。 天気や天候に関連したイディオムや日常的に使える便利な表現は、きっとあなたの役に立つでしょう。 それでは会話でよく使われている表現から見ていきましょう。 その他、 「We have ~」 「There is~」 「There are ~」 で表現することもあります。 「We have ~」は、同じ地域に住む住人と会話する時に自分も含めて、 「私達は~な天気を経験した」というニュアンスで使われており、より自然に表現することができます。 それでは例文を見ていきましょう。 今日の天気はどうですか? How is the weather today? 今日は晴れていますよ。 昨日はひょうが降りましたね。 We had hail yesterday. 明日は雨になりそうです。 明日は雨になるでしょう。 It will rain. 最後の2つの例文はどちらも未来の天気を表していて、予測をする場合には 「be going to」あるいは 「will」を使います。 しかし、 「be going to」と 「will」のニュアンスは微妙に異なるため、使い分けが必要になります。 「be going to」は主観的に物事を判断した場合に多く用いられる表現で「~しそうだ」と口語で使われるニュアンスが強いです。 一方の 「will」は、単純に未来を予測した時の表現方法で、天気予報などで予測を伝える場合にはwillを用います。 友人や家族との会話では 「be going to」を使う場合の方が多いでしょう。 」(~ですよね? )などの付加疑問文を付け加えることもできます。 すごくいい天気ですよね。 昨日はとても過ごしやすい一日でしたね。 天気の話題は相手を選ばないため、ちょっとした会話に向いています。 」のように不可疑問文を用いれば、さりげなく会話を切り出すこともできますよ。 天気を話題とした会話は、難しい英単語や知識がそれ程必要とならないため、英会話を始めたばかりの人でも楽しく会話をすることができるのでぜひ活用してみて下さい。 天気予報に関する単語や表現 前述では天気や天候に関する基礎的な表現をお伝えしましたが、もう少し掘り下げた実用的な表現も紹介します。 晴れを表す英単語は 「sunny」 が一般的ですが、一口に晴れと言ってもさまざまな天候があります。 雲ひとつない快晴や湿度の高い日などを言い表す時には、どのような表現が適切なのでしょうか。 最も一般的に使われている「晴れ」の表 現です。 clear =雲ひとつない快晴な青空の状況の時。 真夏などに多く用いられる表現です。 fine =湿度のない乾いた晴天時に使われます。 warm =春の季節など心地良い温かさ hot =暑い burning =焼ける様に暑い 焼け付く様な roasting =とても暑くて乾いている sweltering =汗だくのうだるような暑さ 2. 曇りの日 cloudy =空が雲に覆われている状況を表していて、最も一般的に使われている「曇り」の 表現です。 overcast = 空一面が灰色の雲に覆われた状況を表す。 dark =雲に覆われて陽の光が遮られているようなどんよりした空を表す表現です。 gray grey =曇った、薄暗い misty =霧の深い 3. 雨の日 raining =幅広く雨の日を表現します。 最も一般的に使われている「雨」を表す表現で、雨量に関係なく使うことができます。 shower = 日本語では「にわか雨」と言われている雨です。 瞬間的に降る短い雨で、夕立や通り雨もshowerで表現されます。 sprinkle =日本語では「小雨」と言われている雨です。 ぽつぽつと降り始めた時に使われる表現です。 drizzle =日本語では「霧雨」と言われている雨です。 静かにしとしと降っている様子を表す時に使われます。 pour =日本語では「土砂降りの雨」と言われている雨です。 バケツをひっくり返したような豪雨時などに使われます。 それに関連してdownpour は(集中豪雨)(ゲリラ豪雨)などもあります。 雪の日 snowy =白い雪が舞っている時に使われる最も一般的な「雪」を表す表現です。 それに関連してpowder snow(粉雪)、 heavy snow(大雪) もよく耳にする表現です。 sleety =日本語では「みぞれ」と言われている表現です。 みぞれは一部溶けた雪を表していて、みぞれ交じりの雨は 「sleety rain」 と表現します。 hail =日本語では「あられ」「ひょう」と言われています。 小さくて硬い雪の粒を表します。 次は実用的な例文を見てみましょう。 イディオムと組み合わせることで、より詳細な天候を相手に伝えることができるので、会話力もアップします。 ぜひ覚えておきましょう。 気まぐれな天候 気まぐれな天候を表す場合はoccasionallyを使います 今日は時々雨でしょう。 It will occasionally rain today. 晴れのち曇り 晴れのち曇りを表す場合は、sun followed by clouds 今日は晴れのち曇りでしょう。 雨が降る可能性や降水確率 雨が降る可能性や降水確率を表す場合は、a chance of rain 雨が降る可能性があります。 There is a chance of rain. 一部や部分的などの範囲 一部や部分的など範囲を表す場合は、partly 明日はところどころ晴れるでしょう。 天気予報を英語で?にわか雨やみぞれなどスモールトークで使える天気の言い回しまとめ 天気予報を英語で表す場合には、 「weather report」や 「weather forecast」と表現されます。 また、天気を予測する表現として 「be going to」あるいは 「will」を用いて未来の天気を表せることが分かりました。 天気は地域によって気象現象もさまざまですが、一つでも多くの英単語を習得していればどんな会話にも対応できるでしょう。 海外では天気を話題としたスモールトークも多く、ちょっとした世間話にとても便利ですよ!.

次の

スペイン語で見る天気予報

天気予報 言い回し

とある一日(A)をみてください。 予報期間24時間のうち午後3時から7時の4時間降ると予想した場合に、『くもり一時雨』という予報になります。 『くもり一時雨』という予想のときは、例えば「昼過ぎには一時的に雨が降る」というように「雨は降るけど一時的」と表現することが多いです。 『一時』とは言え、降る時間帯によって雨の印象は変わります。 とある一日(A)のように通勤通学時間や洗濯物を外に干す時間帯に一時でも雨が降ると「きょうは雨だったなぁ」という印象になります。 一方で、午前3時から6時の明け方の3時間に降ったとすると、みなさんが活動するころには雨がやんでいるので「きょうはくもりだったなぁ」という印象になるわけです。 次に、とある一日(B)では、24時間のうち午前6時から8時と、午後1時から2時、午後4時から6時の3回のタイミングで雨が降る予想になっています。 雨の降る予想時間を合計すると5時間で、この日は『くもり時々雨』になります。 『くもり時々雨』という予想のときは、「雨が降ったりやんだり」と表現することが多いです。 一時や時々とちょっと違う、天気の発現順序を表す『のち』 つづいて『のち』についてです。 一時や時々とは少しニュアンスが異なり、予想される天気の順番を表しています。 とある一日(C)をみると、午前11時ごろまでくもりで、その後は晴れの予想となっているので、『くもりのち晴れ』です。 今回の場合は、現象が変化する時間を明確にして、「くもり 昼ごろから 晴れ」という表現にできます。 それでは番外編!とある一日(D)には「くもり 所により雨」とあります。 さて、どんな天気かわかりますか? 『所により』とは、予報の対象地域のどこかでその現象が起こることなので、この場合は「くもりだが、雨の降る所も一部ある」という意味になります。 局地的な雨で、雨の降る地域が狭いor複数のまばらな地域で雨が降るときに使われる表現です。 この『所により』は、実はテレビなどの天気予報では天気マークに現れません(今回の場合なら、くもりマークだけになる)。 よく気象予報士が「このくもりマークには雨が隠れている」といった言い方もしますが、テレビなどで放送される気象庁の予報は、予報地域が広いため、ひとつの予報地域内で場所により天気が異なる場合は『所により』という表現を使います。 なお、tenki. jpではピンポイント(例えば東京都豊島区なら豊島区役所付近を起点)に予測しているため、『所により』という表現は登場しません。 いかがでしたか?みなさんの疑問が少しでも解消されると嬉しいです。 アンケートでは『のち・一時・時々』に負けてしまった、『放射冷却』『フェーン現象』『PM2.

次の

「天気予報」に関連した英語例文の一覧と使い方

天気予報 言い回し

今日や昨日の天気について伝える英語表現 今日の天気は〇〇です。 昨日の天気は〇〇でした。 という時の英語フレーズです。 今日は晴れです。 It's sunny today. 今日は雪です。 It's snowy today. 今日は〇〇です。 という日本語ですが、 Today is ~とは言わず、It's ~と言うのが一般的です。 昨日はくもりときどき雨でした。 It was cloudy with occasional rain yesterday. 昨日のことなので、be動詞はwasです。 with occasional rainで「時々雨」 occasionalは、時折、とか、時々という意味の単語です。 明日は晴れのち曇りでしょう。 It will be sunny and then cloudy tomorrow. 未来のことなので will be~ 晴れのち曇り sunny and then cloudy and thenは、~の後で、という意味なので、 晴れた後で、くもり、ということになります。 It will be partly cloudy tomorrow. partly cloudyは、晴れ時々曇りという意味のお天気用語。 partlyは、半分という意味で、半分晴れて半分くもり、を表現しているのですね。 天気の移り変わりを伝える英語表現 今の天気から、変わっていくことについて話す表現です。 お天気が崩れてきます。 The weather is getting worse and worse. getting を使って、悪くなっていく(worse and worse)、と言います。 お天気は下り坂です。 The weather is going to go downhill. 下り坂、をそのままdownhillというのも面白い表現です。 お天気は回復してきます。 The weather is going to improve. 改善する、という意味のimproveを使います。 雨が降ったりやんだりするでしょう。 It's probably going to rain on and off. on and offは、時々、不規則に、という意味です。 be going to ~で未来の予測を表現します。 英語でお天気について聞く• 天気予報を見ましたか? Have you seen the weather report? weather report で天気予報。 見た経験を聞くので、現在完了のhaveを使います。 今日のお天気はどうですか? How is the weather today? どう?なので、How を使って聞きます。 今日は傘が必要ですか? Do I need an umbrella for today? Should I take an umbrella today? 傘を持って行った方が良いですよ。 と答えるなら You should probably take an umbrella with you. となります。 台風は今どこにいるのでしょう? I wonder where the typhoon is right now. wonderは~かしらと思う、という意味です。 今現在はright now. 最高気温は何度ですか? What's the high temperature today? temperatureは気温。 high temperature で最高気温。 最低気温は low temperatureです。 雨の降る確率は何パーセントですか? What's the chance of rain? 20%です。 Twenty percent. 全然降りませんよ。 None at all today. 英語で暑さ・寒さを伝えるときの言い方 天気、天候に関連して、暑さ寒さについて話題にするときの言い方です。 今日は暑いです。 It's hot today. 今日は暖かいです。 It's warm today. 今日は肌寒いです。 It's chilly today. 今日は涼しいです。 It's cool today. 暑さが厳しいです。 The heat is oppressive. oppressiveは過酷な、蒸し暑い、という意味の単語です。 暑さはそのままheat. 寒さを言う時は、coldを使います。 The heat is terrible today. ひどいという意味の、terribleを使って表現しても良いです。 今日は寒いですね。 It's cold today, isn't it? 会話の中で、付加疑問文を使って「~ですね」と言うのも良いでしょう。 まとめ 英語の天気、天候に関するフレーズをまとめました。 天気に関する単語を覚えておくと表現が広がりますね。 たとえば、.

次の