柄本明と志村けん。 【エール動画】志村けんの演技が上手すぎる!柄本明も大絶賛の演技力とは?

【エール動画】志村けんの演技が上手すぎる!柄本明も大絶賛の演技力とは?

柄本明と志村けん

この記事の所要時間: 約 7分 34秒 今回は俳優・ 柄本佑さんの父・ 柄本明さんに関する情報を色々とまとめてみました。 柄本佑さんは兄弟(柄本時生さん)もそうですが、両親ともに芸能人であり、それぞれ俳優・女優として活動されていますので、柄本佑さんはいわゆる「二世タレント」と呼ばれています。 というわけで、柄本明さんの俳優としての考え方などについて色々と調べてみました。 Sponsored Link 柄本佑の父・柄本明に関する情報を色々と 検索してもすぐに分かる通り、柄本佑さんの両親はこんな感じの人達です。 父親の名前が 「柄本明(えもと あきら)」、母親は 「角替和枝(つのがえ かずえ)」さんですね。 というわけで、こちらが父親の柄本明さん。 東京銀座出身の俳優・コメディアンで、現在の年齢は71歳です。 印刷屋の父親の息子として岩手県で生まれた。 父親は、殿山泰司の小学生時代の親友であった。 母方の祖父は東京・銀座で箱屋(芸妓斡旋業)を経営していた。 生家が歌舞伎座の裏手にあったこと、映画や演劇好きの両親・家族に囲まれて幼少期を過ごしたことが、俳優を志すきっかけとなる。 とある事から、俳優にはなるべくしてなった、という感じがあります。 ただ、本当に俳優になる前には商社に勤めたり、それでもやっぱり俳優に憧れて劇団を目指したり……と、紆余曲折があったようです。 上の画像だと貫禄のある俳優っぽいイメージがあるわけですが、「男はつらいよ」に出演時にエリートサラリーマンを演じた時にはこんな感じだったようです。 1992年には映画「空がこんなに青いわけがない」では俳優ではなく「監督」としての役を務めています。 ただし、監督としての仕事はこれっきりで、産経新聞の「わたしの失敗」というコラムの中で 「もう二度とやりません」 と話されています。 どうやら柄本さんの中ではこの映画は手痛い失敗として残っているようです。 実際に映画のレビューを確認しても、 「シュール過ぎてよく分からない」 「久々に無駄な時間を取られた」 といった低評価から、 「一生忘れられない大事な作品の1つ」 といった高評価までバラバラです。 ただ、高評価の人は監督が柄本明さんって部分を加味してるんじゃないかと思えますが。 Sponsored Link 柄本明の「俳優」としての評価と考え方 さて、監督としては非常に微妙な評価を受けた柄本明さんですが、俳優としては一流です。 1998年:「カンゾー先生」で第23回報知映画賞主演男優賞や日本アカデミー賞最優秀主演男優賞などを受賞 2004年:「座頭市」などで第58回毎日映画コンクール男優助演賞を受賞 2011年:芸術選奨文部科学大臣賞受賞 などなど。 よく分かりませんが何だか凄そうですね。 また、2011年6月には「学術芸術上の発明改良創作に関し事績著明なる者」に授与される褒章である 「紫綬褒章」も授賞されています。 その際の受賞理由などについては、当時の記事にはこんな風に書いてありました。 柄本さんは、映画やテレビドラマで独特の存在感を示したとしての受章となった。 柄本さん「俳優という仕事なんだけど、結局それは生きていくっていうことですよね。 見られる側に立つということは非常にどこかで『ああ残酷な仕事だなあ』っていうことも思いますし、残酷さというものが嫌なのかっていうと、そこにまた快感があったり」 やはり柄本明さんの俳優としての特徴としては「独特の存在感」が挙げられるようです。 ただし柄本明さん自身は俳優を続けてこれた理由について「運が良かった」と話していますし、俳優という仕事についてはこんな事を言っています。 柄本 そこに書いてあることを言うんですね。 それも、他人が書いたことをね。 で、それを、別の他人が見てるんだね。 柄本 そう、それ以上でもなければ、 それ以下でもないです。 ただ、それだけ。 書いてある事を言うだけ。 ただ、西田敏行さんを挙げて「才能はやっぱりある」とも言っていますので、柄本明さんにも俳優としての才能はやっぱりあったんでしょう。 また、他には日経新聞のインタビューではこんな事も。 「人前で演じることは、そもそも恥ずかしくて不自然」 「台本のセリフは、人の書いた言葉。 それを話すのは自然ではない」 「表現しない。 こうして色々な発言を眺めてみると、それでずっと俳優として続けてこられたのも、そもそも俳優に対して「憧れ」を持っていたのかどうかすらも疑問に思えてくるわけですが……。 こうした考え方を持っていたからこそ「独特の存在感」を持っていて、それが高い評価に繋がっているのかもしれません。 柄本明さんにとっての「理想の俳優」については、こんな話も。 柄本 (となりのミルクポットを指差しながら) いい役者だよ、こっちも。 柄本 うまいとかヘタとかじゃなく、 間違ってないでしょう、この人たちは。 そういう役者になれたらいいのにって、 思っています。 ここまで話が深くなってくるとまさしく「哲学」と言えるのではないでしょうか。 普通の人には本当の意味で理解できるとは思えないほどの深い発言だと思いますし、「演じる事の不自然さ」を一流の俳優として活動しながらも理解している柄本明さんならではの考えだと思います。 なんかよくわからないですけどカッコいいですよね。 コメディアンとしての柄本明 柄本明さんは俳優としての高い評価を得ている一方で、コメディアンとしても活躍されています。 代表的なのは「志村けんのバカ殿様」ですね。 探せばYouTubeでも色々と動画が見つかりますので、興味があれば確認してみてください。 ちなみに柄本明さんは「コントは志村さんとしかやらない」と言っているわけですが、実のところ決して志村さんと仲が良いわけでもありません。 柄本 そんなことない。 ぜんぜん。 志村さんがなぜ柄本さんを呼んだのかも分からない上に、最初に志村さんに目を付けられるまでは特に何の交流もなく……何とも不思議な関係ですが、それがこういった「芸者」などのコントに繋がっているんだと思うと非常に興味深いですね。 例えばこんな感じ。 「活躍しているかどうかは、世間様が決めることでしょう。 でも需要があるっていうのはすごくありがたいこと。 おめでとうございます。 「ありがとうございます。 嫁さん 安藤サクラ も日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞 をいただいたということなので、近所でごはんでも食べようって話はしているんですが、まだ実現してなくて。 近々お祝いしたいと思います」 役者に対して「潜在的失業者」って表現をする辺りが柄本明さんらしいと言えばらしいのか。 普通の会社員と違って人気(需要)が無くなればすぐに役者としては食っていけなくなる、という意味では「潜在的」という言葉も確かに合っているのかもしれませんが(笑) 柄本明さんは調べるほどに奥が深い人です。 dialogue 39respectful avec les responsables de la Banque mondiale et le soutien actif de agrassroots movement. andare a visionar valentino rockstud flat e la grande campana, dice Akira. Torniamo sua saluta-zione; Ma prima di entrare nel giro del tempio di guardare il Tsurigane sul theright- famoso bell. Under un capannone aperto alto, con un tetto inclinato cinese, la grande campana ishung. Dovrei giudico che sia•

次の

柄本明が死亡?死因は病気(ガン)?家系図とバカ殿様の芸者コントでプリン【画像】

柄本明と志村けん

この記事の所要時間: 約 7分 34秒 今回は俳優・ 柄本佑さんの父・ 柄本明さんに関する情報を色々とまとめてみました。 柄本佑さんは兄弟(柄本時生さん)もそうですが、両親ともに芸能人であり、それぞれ俳優・女優として活動されていますので、柄本佑さんはいわゆる「二世タレント」と呼ばれています。 というわけで、柄本明さんの俳優としての考え方などについて色々と調べてみました。 Sponsored Link 柄本佑の父・柄本明に関する情報を色々と 検索してもすぐに分かる通り、柄本佑さんの両親はこんな感じの人達です。 父親の名前が 「柄本明(えもと あきら)」、母親は 「角替和枝(つのがえ かずえ)」さんですね。 というわけで、こちらが父親の柄本明さん。 東京銀座出身の俳優・コメディアンで、現在の年齢は71歳です。 印刷屋の父親の息子として岩手県で生まれた。 父親は、殿山泰司の小学生時代の親友であった。 母方の祖父は東京・銀座で箱屋(芸妓斡旋業)を経営していた。 生家が歌舞伎座の裏手にあったこと、映画や演劇好きの両親・家族に囲まれて幼少期を過ごしたことが、俳優を志すきっかけとなる。 とある事から、俳優にはなるべくしてなった、という感じがあります。 ただ、本当に俳優になる前には商社に勤めたり、それでもやっぱり俳優に憧れて劇団を目指したり……と、紆余曲折があったようです。 上の画像だと貫禄のある俳優っぽいイメージがあるわけですが、「男はつらいよ」に出演時にエリートサラリーマンを演じた時にはこんな感じだったようです。 1992年には映画「空がこんなに青いわけがない」では俳優ではなく「監督」としての役を務めています。 ただし、監督としての仕事はこれっきりで、産経新聞の「わたしの失敗」というコラムの中で 「もう二度とやりません」 と話されています。 どうやら柄本さんの中ではこの映画は手痛い失敗として残っているようです。 実際に映画のレビューを確認しても、 「シュール過ぎてよく分からない」 「久々に無駄な時間を取られた」 といった低評価から、 「一生忘れられない大事な作品の1つ」 といった高評価までバラバラです。 ただ、高評価の人は監督が柄本明さんって部分を加味してるんじゃないかと思えますが。 Sponsored Link 柄本明の「俳優」としての評価と考え方 さて、監督としては非常に微妙な評価を受けた柄本明さんですが、俳優としては一流です。 1998年:「カンゾー先生」で第23回報知映画賞主演男優賞や日本アカデミー賞最優秀主演男優賞などを受賞 2004年:「座頭市」などで第58回毎日映画コンクール男優助演賞を受賞 2011年:芸術選奨文部科学大臣賞受賞 などなど。 よく分かりませんが何だか凄そうですね。 また、2011年6月には「学術芸術上の発明改良創作に関し事績著明なる者」に授与される褒章である 「紫綬褒章」も授賞されています。 その際の受賞理由などについては、当時の記事にはこんな風に書いてありました。 柄本さんは、映画やテレビドラマで独特の存在感を示したとしての受章となった。 柄本さん「俳優という仕事なんだけど、結局それは生きていくっていうことですよね。 見られる側に立つということは非常にどこかで『ああ残酷な仕事だなあ』っていうことも思いますし、残酷さというものが嫌なのかっていうと、そこにまた快感があったり」 やはり柄本明さんの俳優としての特徴としては「独特の存在感」が挙げられるようです。 ただし柄本明さん自身は俳優を続けてこれた理由について「運が良かった」と話していますし、俳優という仕事についてはこんな事を言っています。 柄本 そこに書いてあることを言うんですね。 それも、他人が書いたことをね。 で、それを、別の他人が見てるんだね。 柄本 そう、それ以上でもなければ、 それ以下でもないです。 ただ、それだけ。 書いてある事を言うだけ。 ただ、西田敏行さんを挙げて「才能はやっぱりある」とも言っていますので、柄本明さんにも俳優としての才能はやっぱりあったんでしょう。 また、他には日経新聞のインタビューではこんな事も。 「人前で演じることは、そもそも恥ずかしくて不自然」 「台本のセリフは、人の書いた言葉。 それを話すのは自然ではない」 「表現しない。 こうして色々な発言を眺めてみると、それでずっと俳優として続けてこられたのも、そもそも俳優に対して「憧れ」を持っていたのかどうかすらも疑問に思えてくるわけですが……。 こうした考え方を持っていたからこそ「独特の存在感」を持っていて、それが高い評価に繋がっているのかもしれません。 柄本明さんにとっての「理想の俳優」については、こんな話も。 柄本 (となりのミルクポットを指差しながら) いい役者だよ、こっちも。 柄本 うまいとかヘタとかじゃなく、 間違ってないでしょう、この人たちは。 そういう役者になれたらいいのにって、 思っています。 ここまで話が深くなってくるとまさしく「哲学」と言えるのではないでしょうか。 普通の人には本当の意味で理解できるとは思えないほどの深い発言だと思いますし、「演じる事の不自然さ」を一流の俳優として活動しながらも理解している柄本明さんならではの考えだと思います。 なんかよくわからないですけどカッコいいですよね。 コメディアンとしての柄本明 柄本明さんは俳優としての高い評価を得ている一方で、コメディアンとしても活躍されています。 代表的なのは「志村けんのバカ殿様」ですね。 探せばYouTubeでも色々と動画が見つかりますので、興味があれば確認してみてください。 ちなみに柄本明さんは「コントは志村さんとしかやらない」と言っているわけですが、実のところ決して志村さんと仲が良いわけでもありません。 柄本 そんなことない。 ぜんぜん。 志村さんがなぜ柄本さんを呼んだのかも分からない上に、最初に志村さんに目を付けられるまでは特に何の交流もなく……何とも不思議な関係ですが、それがこういった「芸者」などのコントに繋がっているんだと思うと非常に興味深いですね。 例えばこんな感じ。 「活躍しているかどうかは、世間様が決めることでしょう。 でも需要があるっていうのはすごくありがたいこと。 おめでとうございます。 「ありがとうございます。 嫁さん 安藤サクラ も日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞 をいただいたということなので、近所でごはんでも食べようって話はしているんですが、まだ実現してなくて。 近々お祝いしたいと思います」 役者に対して「潜在的失業者」って表現をする辺りが柄本明さんらしいと言えばらしいのか。 普通の会社員と違って人気(需要)が無くなればすぐに役者としては食っていけなくなる、という意味では「潜在的」という言葉も確かに合っているのかもしれませんが(笑) 柄本明さんは調べるほどに奥が深い人です。 dialogue 39respectful avec les responsables de la Banque mondiale et le soutien actif de agrassroots movement. andare a visionar valentino rockstud flat e la grande campana, dice Akira. Torniamo sua saluta-zione; Ma prima di entrare nel giro del tempio di guardare il Tsurigane sul theright- famoso bell. Under un capannone aperto alto, con un tetto inclinato cinese, la grande campana ishung. Dovrei giudico che sia•

次の

柄本明、志村けんとの共演はアドリブだらけで「地獄だった」

柄本明と志村けん

NHK連続テレビ小説「エール」の出演で、志村けんさんの演技力に注目が集まっています。 コントや映画、ドラマでの志村けんの演技力や、放送作家からの評判について調べてみました。 本格的なドラマには初出演となる、志村けんさんの演技がこちら。 最後に志村けんさん登場 少しだけのシーンで威厳のある演技に 見入ってしまった。 一言だけでも、深みのある演技をしている志村けんさん。 芸人という事を感じさせない演技力が見事ですね! 初めてセルフサービスのカフェに訪れたおじさんが、システムやメニューの違いに戸惑うコント。 となりのシムラ tonari cafe さんから — なかたに Naka6606 ジェネレーションギャップや、おじさんの戸惑う様子が伝わってきますね。 放送作家の内村宏幸さんは、志村けんさんの演技力を絶賛していました。 ずっと観察していて、改めて気づいたのは、その超が付くほどの高い演技力だ。 コントのキャラクターばかりに目が行きがちだが、シリアスな演技は、俳優の中に混じっても群を抜くレベルだと思う。 たとえば、普段は家族に邪魔扱いされているが、実は、もの凄(すご)く愛されているのを知った時の表情などは、震えが来るほど上手(うま)い。 引用: ネットの反応は? 今日のエールの予告で志村の登場シーン見ましたが雰囲気が最高です。 本当にもっと見てみたかった。 後これだけは言いたい。 自分は子供のころからドリフを見ててドリフのメンバーは絶対に役者やらしてもそんじょそこらの役者より演技力は上手いだろうなぁ~と思ってたのに間違いは無いと確信 — jun jun71653780 誰が言ってたか忘れちゃったんだけど、 「芸人さんはやっぱ演技上手いよね」って言ってて、コントとかやるからだろうなって私も思ってたんだけど、だから俳優に本格シフトしつつあった志村けんのロスは本当にもったいないよね…。 朝ドラに出てくるの楽しみ。

次の