頭痛 ツボ 即効性。 頭痛を和らげる即効性のあるツボを教えて?手や足が効果的?

偏頭痛の治し方で即効性がある方法。緊急時にはツボも効く!

頭痛 ツボ 即効性

今回は即効性のある頭痛の治し方についてご紹介します。 「頭がズキズキ痛む」「ガンガン頭痛がする」急な頭痛に辛い思いをされていませんか? 頭痛という経験は誰もが一度はしたことがあるはずですが、意外と対処法をきちんと知っている人は少ないのではないでしょうか。 「いつもの頭痛だし」「そのうち頭の痛いのも治まるはず」などと考えてしまいがちです。 しかし、頭痛も体のサインですので、放っておくことはとても危険です。 そこで当記事では• 頭痛が起こる原因と頭痛の種類• あなたの頭痛はどのタイプ?• 緊張型頭痛の治し方• 片頭痛の治し方• 群発頭痛の治療法 といった内容で、急な激しい頭痛が起こる原因と症状、そして突然の頭痛に襲われた時に、すぐ頭の痛みを緩和するにはどのように対処すればいいのかお伝えしていきます。 スポンサーリンク 頭痛の治し方!すぐ頭の痛みを緩和する即効12の対処法 頭痛が起こる原因と種類 頭痛が起こる原因は様々ですが、病気が原因ではなくあらわれる「一次性頭痛」と、病気が原因であらわれる「二次性頭痛」に大別できます。 まず、二次性頭痛についてご説明します。 二次性頭痛の原因となる病気には、クモ膜下出血や脳腫瘍など危険なものもあります。 以下、頭痛を伴う危険な病気の一例です。 クモ膜下出血 脳の血管の破裂により脳を取り囲むクモ膜下腔に出血が起こる病気• 髄膜炎 脳の髄膜が細菌などに感染して炎症を起こす病気• 脳出血 脳の血管が破れて血腫ができる病気• 慢性硬膜下血腫 頭を強くぶつけるなどで出血が起こる病気 突然これまで経験したことのないような強い頭痛に襲われた場合、自己判断で症状を放置するのは症状悪化の危険もありますので、医療機関の受診をおすすめします。 そこで、頭痛以外に以下のような症状がありましたら、すぐ医療機関を受診してください。 手足の麻痺やしびれ• 高熱を伴う頭痛• 激しい吐き気や嘔吐• 痙攣(けいれん)• 頻脈(ひんみゃく)• 意識低下 次に一次性頭痛についてご説明します。 主な一次性頭痛の種類は、大きく分けて3種類です。 1つめは「緊張型頭痛」によるもの、2つめは「片頭痛(偏頭痛)」によるもの、3つめは「群発頭痛」です。 なお、緊張型頭痛と片頭痛が混在する混合タイプの方もいます。 緊張型頭痛 「緊張型頭痛」とは、首や肩の筋肉が緊張してしまうことで起こる頭痛のことです。 なにかしらの理由で身体的・精神的なストレスがかかり血流が悪くなると、酸素や栄養が行きわたらず首や肩の筋肉が緊張します。 「緊張型頭痛」は、首や肩の筋肉のコリが原因で発生するので、肩こりや首こりを伴う方が多い頭痛です。 片頭痛(偏頭痛) 「片頭痛(偏頭痛)」とは、頭部の血管が膨張し血流が増加することで起こる頭痛のことです。 なにかしらの理由で頭骨の血管が広がり三叉神経が圧迫され刺激を受けると、痛みを引き起こす炎症物質が放出され、血管の周りに炎症が起こり、「片頭痛(偏頭痛)」が発生するとされています。 群発頭痛 「群発型頭痛」とは、目の後ろを通る血管が拡張してしまうことで起こる頭痛のことです。 なにかしらの理由で目の奥にある内頸動脈(ないけいどうみゃく)という脳に栄養を送るための太い血管が拡張し炎症が起こり、「群発型頭痛」が発生するとされています。 群発地震のようにある一定期間に集中して頭痛が起こることからこの名前が付けられました。 自分の頭痛がどのタイプなのかチェックしよう 辛い頭痛を早く治すためにも、まずその頭痛が「緊張型頭痛」「片頭痛(偏頭痛)」「群発頭痛」どのタイプなのかチェックしましょう。 緊張型頭痛タイプの特徴と主な症状• 持続する頭痛• 頭全体や後頭部から首筋が痛む• ギューっと締めつけられる重い痛み• 1週間以上ほぼ毎日のように一定の鈍い痛みが続く• 痛みは30分から1週間ほど続く• 軽いめまや肩こり首こりを伴うことがある• 体を動かすと痛みが軽くなる• 温めるとラクになる• なんとか仕事はできる程度の頭痛 片頭痛(偏頭痛)タイプの特徴と主な症状• ときどき起こる頭痛• 頭の片側(こめかみ)辺りが痛む• ズキンズキンと波打つような強い痛み• 週2から月1回くらいの頻度で痛み始める• 痛みは数時間から3日ほど続く• 吐き気や嘔吐を伴うことがある• 光や音や臭いに敏感になる• 体を動かすとガンガン頭にひびき悪化する• 寝込むほどの頭痛 群発頭痛タイプの特徴と主な症状• しきりに起こる頭痛• 片方の目の奥が強く痛む• 目をえぐられるような激しい痛み• 1~2カ月間ほぼ毎日のように決まった時間に痛み始める• 痛みは30分から2時間ほど続く• 目の充血や鼻水や涙を伴うことがある• ジッとしていられない痛み• 体を動かすと痛みが紛れる• 寝ていても痛みで目が覚めるほど耐え難い頭痛 当てはまる項目が多かったものが、その辛い頭痛のタイプとなります。 どのタイプなのかが分かりましたら、それぞれの頭痛の治し方を見ていきましょう。 なおどの頭痛でも、我慢できないほど痛みがひどい場合、普段とは違う違和感がある場合には、早めに専門医の診察を受けるようにしてください。 スポンサーリンク 緊張型頭痛の治し方 身体的ストレスや精神的ストレスが原因とされる緊張型頭痛は、• 長時間の不自然な姿勢による筋肉や神経の緊張• 精神的ストレスによる筋肉の緊張• 心身の緊張やストレスによる血行不良• 運動不足 などで症状が悪化します。 緊張型頭痛による痛みをいち早く緩和していくには、• 緊張している筋肉を緩ませリラックスさせる• 血行を促進させる• 適度な運動を心がける ということが大切になります。 温めて血行を促進する 緊張型頭痛の対処法として最も即効性が高いのが「温める」という方法です。 温めることで血流を促進させるので、収縮して細くなった血管が広がり、頭痛を緩和することができます。 ゆっくりとお風呂につかる• 蒸しタオルで目や首や肩を温める 温めて血行を促進する方法にもいろいろありますが、「入浴」は全身の血流が改善するのでおすすめです。 全身の血行が良くなれば十分な酸素や栄養が行きわたり、首や肩の筋肉の緊張もほぐれて、辛い頭痛が治りやすくなります。 普段はシャワーだけという方も、緊張型による頭痛で辛い時は湯船のお湯にゆっくり入って温まり、首や肩のマッサージを軽く行うと、さらに効果的です。 また、蒸しタオルで首や肩、目を温める方法もおすすめです。 蒸しタオルの準備は簡単!水かぬるま湯で絞ったタオルを、そのままかラップに包んで、電子レンジでチン(目安:500wで1分チン)すれば、ホットタオルの出来上がりです。 首の後ろには太く長い頸動脈がありますので、そこを温めることで頭全体の血流をが促進されます。 蒸しタオルで目を温めると、眼精疲労からくる頭痛もスッキリします。 くれぐれも火傷には気をつけて行いましょう。 ツボ押しで筋肉を緩ませる 緊張型頭痛の原因としては、血管の収縮とともに筋肉や神経の緊張も挙げられます。 ここからは、緊張型頭痛に効果のあるツボについてご紹介していきます。 風池のツボ 首のうしろ、首の付け根のくぼみから2~3cmほど左右にあるツボ。 髪の生え際よりも少し上に位置します。 天柱のツボ 首のうしろ、中央のくぼみの両脇に僧帽筋という太い筋肉が縦に2本ついています。 天柱は僧帽筋の上、左右両方の外側に位置します。 ツボ押しの方法• 約3秒押しその後3秒離します• これを数回繰り返します• 呼吸は止めず息を吐く時にツボを押すと効果的です ストレッチで筋肉をほぐしリラックスさせる 首や肩の筋肉が緊張することで起こりやすい緊張型頭痛にはストレッチが効果的です。 ストレッチによって頭、首、肩の筋肉をほぐし筋肉をリラックスさせることで、心身の緊張やストレスを上手に解消することができます。 ここからは、緊張型頭痛に対して効果のあるストレッチについてご紹介していきます。 僧帽筋 顎から肩にかけての筋肉 を伸ばす 片手を使い頭をゆっくり肩につけるように倒します。 このとき、反対側の肩が上がらないよう注意してください。 反対側も同じように伸ばしましょう。 広頸筋 顎から喉にかけての筋肉 を伸ばす 背筋を伸ばして 口はきちんと閉じます。 両手の親指を顎にそえ、ゆっくり顎を持ち上げていきます。 顎から喉の筋肉を伸ばすことを意識してください。 首の後方の筋肉を伸ばす 背筋を伸ばし、両手で頭を抱えます。 おへそを覗き込むようにゆっくりと頭だけ前に倒します。 このとき、首の後ろを伸ばすことを意識してください。 それぞれのストレッチを5~10回程度ずつ行います。 ただし、キツイ方は回数は1回でもいいので、ゆっくり、しっかり伸ばすことを意識してください。 決して無理をなさらず、気持ち良いと感じる程度に行ってください。 ビタミンEを摂る ビタミンEには血行促進効果があり、血流が悪くなりやすい緊張型頭痛の血の巡りを良い状態に整えてくれます。 ビタミンEを多く含む食べ物として、• アーモンド• アボカド• カボチャ• ウナギ• イワシ• タラコ などがあります。 時間がない方はサプリメントとして摂るのもおすすめです。 適度な運動をする ウォーキングやストレッチといった軽い運動を習慣化し、筋肉の質を向上させ、コリにくい体を作ることも大切です。 ここからは、どこでも、すぐできる、簡単な体操をいくつかご紹介していきます。 両肩を上下体操 息を吸いながら両肩を上げて、息を吐きながらストンと落とします。 肩まわし体操 両手を両肩にのせ、軽くつかみながら肩を後方に回します。 同じように前方にも回します。 壁を使って腕立て伏せ体操 肩幅に立ち、手の平を壁につけて腕立て伏せをします。 壁との距離が離れるほどキツクなりますので、無理をなさらず、肩甲骨周りが動いて気持ちよいと感じるくらいで調整してください。 同じ姿勢を長時間続けないようにする 緊張型頭痛を緩和し予防するためには、同じ姿勢を長時間続けないことが大切です。 特に次のような方は気をつけましょう。 座り仕事や立ち仕事などで、同じ姿勢を長時間続けることが多い人• パソコン作業をしたり、スマホ、ゲームなど前かがみや、うつ向き姿勢が多い人• 足を組んだり、横座りなどで、不自然な姿勢を長時間続けることが多い人• 猫背や巻き肩で背骨や肩が歪みやすい姿勢の人 仕事や勉強などで同じ姿勢を長時間続けることが多い方は休憩時間をつくり、ストレッチや体操を行うなど筋肉をほぐし、心身の気分転換をはかりましょう。 緊張型頭痛の時してはいけないこと!• 冷やすこと• カフェインの摂取 偏頭痛(片頭痛)の治し方 はっきりとは解明されていませんが、頭骨内の血管が拡張し炎症が起きることや自律神経の乱れが原因と考えられている偏頭痛は、• ストレス• 睡眠不足• 女性ホルモンの変化• 気温の変化 などで症状が悪化します。 偏頭痛を早く治すには、自律神経の乱れを整えること、膨張した血管を収縮させることが大切になります。 静かな部屋で横になって休む• 腹式呼吸でリラックスする• 痛む部分を冷やす• こめかみを圧迫する 静かな場所で安静にする 偏頭痛で頭が痛む時、まず静かな場所で休息をとることが大切です。 自律神経の乱れにより偏頭痛が起こっている場合、静かな場所で体を休めることで副交感神経を優位にし、活動しすぎている交感神経を鎮める作用があります。 特に騒音やまぶしい光は交感神経を活発化させ、偏頭痛を悪化させる原因になりますので、可能であれば、静かな暗い部屋で横になり、安静にします。 ただし完全に寝入ってしまうと、生活のリズムを乱したり、副交感神経が活発になりすぎて血管が拡張し、偏頭痛が悪化する可能性もありますので注意してください。 嘔吐の症状がある場合、幼い子やご高齢の方は仰向けで寝てしまうと、嘔吐物が気道を閉塞してしまう可能性がありますので、横向きに寝るようにしてください。 もし、外出先や仕事中などで静かな場所で安静にできない場合は、スマホやパソコン、テレビやラジオなどの使用を一時中断し、数分でも目を閉じ、できるだけ動かず休むことをおすすめします。 冷やして膨張した血管を収縮させる 偏頭痛の対処法として最も即効性が高いのが「冷やす」という方法です。 冷やすことで、膨張して太くなった血管を収縮させ元に戻し、頭痛を緩和することができます。 冷やす場所• 痛みがある部分• こめかみ• 首の後ろ 冷やす場所は頭部や痛みがある部分です。 また、血管が広がっているところを冷やすのが重要ですので、こめかみ、首の後ろを冷やして、頭部全体の血管を収縮させるのも良いでしょう。 冷やすのに使うもの• 保冷剤• 濡れタオル• 袋に入れた氷• 冷えた缶入りドリンク• 氷入りの冷たい飲み物 外出のときなど冷やすものが身近に無い場合は、自販機やコンビニで購入できる冷たい飲み物などを代用すると良いでしょう。 冷やし方• 急激に冷やさない• 長時間冷やさない 急激な血管の拡張・収縮は身体に大きな負担となりますので、冷やす時は直接でなくタオルでくるむなどし、また、冷えたら離すなど間隔をおいて冷やすようにしましょう。 こめかみを圧迫する(押さえる) 偏頭痛のズキンズキンという痛みを即効で緩和したい場合、こめかみを押さえるという方法があります。 偏頭痛の痛みの原因は、何かしらの原因で血管が拡張することにあります。 そこで、こめかみを圧迫して(押さえて)拡張した血管の血流を妨げることで、偏頭痛のズキンズキンという痛みを軽くするという対処法です。 頭が痛い時、こめかみを無意識に押さえたり、グリグリするのも理にかなった行為なのです。 こめかみの圧迫方法 こめかみの圧迫方法ですが、基本的には、こめかみにある血管を指で圧迫するというシンプルなものです。 両側のこめかみ、または左右どちらかのこめかみの血管部分に指をあてて、グッと圧迫します。 この時、頭を少し前に倒して圧迫すると、首や肩への負担が少なくなります。 強く押しすぎないように注意し、少しずつ力をこめて、ご自身が気持ち良いと感じる強さで圧迫するようにしてください。 呼吸は、ツボを押すときは息を吐いて、ツボから指を離すときは息を吸うようにしましょう。 指以外での圧迫方法としてハチマキやバンダナを頭に巻く方法もあります。 さらに、こめかみの圧迫と冷やす行為を同時に行うことで、偏頭痛による痛みの緩和に即効性が期待できます。 冷たい飲料水の缶やペットボトルの底を押し当てたり、ハチマキやタオルで巻いた保冷剤を、こめかみに押し当てるなども効果的です。 偏頭痛(片頭痛)の時してはいけないこと!• 温める• マッサージ 偏頭痛が起きているときは、温める行為や血管を広げてしまう入浴や運動、マッサージなどは厳禁です。 腹式呼吸で自律神経を整えて頭痛に対処する 緊張型頭痛や偏頭痛の原因である自律神経の乱れを整えるのに、腹式呼吸が有効です。 呼吸は、「自分で自律神経を整えられる唯一の方法」と言われているくらい、効果的な方法です。 自律神経と呼吸の関係 自律神経とは、私たちが意識してもできない体の機能(心臓を動かす、血液を流すなど)をコントロールする神経をいいます。 自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」という正反対のはたらきをする2つの種類があり、2つの神経のバランスを保つことで私たちの健康を保っています。 浅い呼吸は交感神経を優位にし緊張させます• 深い呼吸は副交感神経を優位にしリッラクスします• 息を吸うと交感神経がはたらきます• 息を吐くと副交感神経がはたらきます 自律神経の乱れを改善する腹式呼吸方法• ゆったりとした姿勢で、鼻から息を吸い、口から吐き出します。 ゆったりした姿勢で、おへその下に(中指同士がくっつくよう)両手を置きます• 息を吸うときの倍の時間をかけて息を吐きだします (例えば、5秒かけて息を吸いこんだら、10秒かけて吐き出します)• 息を吸う時お腹が膨らむよう(中指同士が離れるよう)に意識します• 息を吐き出す時お腹をへこませる(中指同士がくっつくよう)に意識します 1日のうちで気付いたとき1回、5~10分行いましょう。 体調に合わせて、無理なく続けることで自律神経のバランスが徐々に改善していきます。 群発頭痛の治し方 発症のメカニズムについては、まだはっきりとは解明されていませんが、目の後ろを通る血管が拡張し炎症が起きることが原因と考えられている群発頭痛は、• アルコール• タバコ• 気圧の変化 などで症状が悪化します。 痛みが激しいこともあるので、専門医の診察を受けることをおすすめします。 群発性頭痛の主な治療法は、薬物療法と純酸素吸入法です。 薬物療法 薬物療法としては、「スマトリプタン」という注射を打って痛みを抑える方法があります。 酸素吸入法 治療法としては、医療用の純度100%の酸素ボンベからフェイスマスクを通して酸素を吸う「純酸素吸入法」があります。 群発頭痛の激痛は突発的で痛みも強いため、鎮痛薬を服用してもすぐに痛みを抑えられないことが多いのですが、酸素吸入法を行った場合、一般的に酸素を吸入して5分ほどで痛みの症状が軽くなると言われています。 そのため群発性頭痛には、純度100%の酸素を吸入する「純酸素吸入法」が有効であると考えられています。 群発頭痛があらわれている時期の注意点• 飲酒や喫煙は控える• 登山や飛行機の利用など気圧の変化に繋がことを避ける• 日ごろから規則正しい生活を心がける などを心がけて、群発頭痛による痛みを改善・予防しましょう。 まとめ:「頭痛をすぐ緩和する対処法」 いかがでしたか?「頭痛の治し方」をテーマにご紹介させていただきました。 誰しも一度は経験したことのある頭痛。 原因として思いつく事があったでしょうか? 頭痛は心や体のSOSとして現れやすいといいます。 頭の痛みを感じたら無理せず、ゆっくり休む事も必要です。 当記事がお役に立てれば幸いです。 スポンサーリンク - -, , , , , ,.

次の

簡単に自分でつぼ押しできる!頭痛をともなう肩こり改善のツボ4選

頭痛 ツボ 即効性

いつ起こるかわからない頭痛の不安を抱えている人は少なくないのではないでしょうか。 冷たいものを食べた時、風邪を引いた時、一刻も早く病院を受診する必要のある病気が隠れている緊急性のものなど、頭痛にはさまざまな要因がありますが、原因がはっきり特定できない頭痛に悩まされている人は日本人の4人に1人だと言われています。 なかでも月に数回~毎日起こる慢性的な頭痛のうち、最も多いのは「緊張型頭痛」です。 激しい痛みに襲われる「偏頭痛」に対して、中等度の痛みがダラダラと続くのが緊張型頭痛の特徴です。 痛みが引くのを待ち、なんとかやり過ごしている、という人も多いのが現状です。 ムリから起こる緊張型頭痛 緊張型頭痛は、肩や首、後頭部の筋肉が持続的に緊張することによって起こると考えられています。 原因は、仕事や家事などで長時間、同じ姿勢や無理な姿勢をとること。 パソコンやスマートフォンの使用により目を酷使すること。 合わない枕、精神的なストレスなども原因となります。 普段の生活を振り返ってみて、思い当たることはありませんか? そこでここでは、緊張型頭痛になった時にすぐ対処できる方法として、誰でもできる「ツボ押し」をご紹介しましょう。 頭痛に効くツボはたくさんありますが、代表的なところでは次のようなものがあります。 3〜5秒ほどしたら指を離します。 やりすぎは気分を悪くしたり皮膚を傷つけます。 1度に3回ほど目安に、症状をみながら行いましょう。 百会(ひゃくえ) 両耳をつないだ線と鼻の延長線が頭のてっぺんで交わるところにあるツボ。 指の腹で垂直に押しましょう。 頭部の血流を促進して、頭痛を和らげる効果があります。 天柱(てんちゅう) 後頭部下にあるくぼみから、指1本分外側にある左右のツボ。 ちょうど首筋の上にあたります。 親指をあて、他の指は頭を包み込むようにして押しましょう。 頭全体が重だるいような、慢性的な痛みにおすすめ。 風池(ふうち) 天柱よりさらに、指1本分外側にあるツボ。 天柱を押さえてから、そのまま髪の生え際を移動するイメージで押してみましょう。 頭をスッキリとさせてくれます。 肩井(けんせい) 首の付け根(髪のはえ際)と肩先を結んだちょうど真ん中にあるツボです。 手を反対の肩の方に置いたとき、中指があたる位置を身体の中心に向かって押すといいでしょう。 頭だけでなく体の血行も促進。 肩こりにもおすすめです。 合谷(ごうこく) 手の甲側、親指と人差し指の間にある骨よりも少し外側にあるツボ。 反対の手の親指と人差し指で挟むようにして押します。 万能のツボといわれる合谷。 首から上の痛みを和らげます。 陽白(ようはく) 瞳の真ん中の上方、眉毛より指1〜2本分上にあるくぼみ。 指の腹でやや弱めに押します。 頭痛、目の奥がジーンとするような眼精疲労に効きます。 太陽(たいよう) 目尻とこめかみの中間にあるくぼみの部分。 指の腹でやや弱めに押します。 頭痛、目の奥がジーンとするような眼精疲労に効きます。

次の

頭痛ツボで即効性のある場所とは?

頭痛 ツボ 即効性

スポンサーリンク 偏頭痛(片頭痛)の治し方で即効性がある方法。 簡単にできるのはコレ! 偏頭痛は頭の中の血管が拡張して、神経に触れて炎症を起こすのが原因で発症します。 簡単に自分で出来る対処方法をいくつか紹介していますので、ぜひ試してみてくださいね。 痛みのある部分の血管を縮めるのが効果的 偏頭痛が起きるのは血管の広がりが原因です。 広がった血管を縮めることができれば、痛みは軽減します。 血管を収縮させるには冷やすのが効果的です。 冷やすのは保冷剤でも、濡らしたタオルでもいいです。 こめかみや首の後ろなど、痛みを感じる部分に当てて冷やしてあげてください。 急激に冷やすのは良くありませんので、様子を見ながら少しずつ冷やしていきましょう。 血管は冷えると縮んで血行が悪くなります(冬に外にいる状態と同じですね)ので、痛みが軽減してくるのです。 カフェインを摂取することで痛みを和らげる カフェインは血管を縮める効果があります。 広がった血管を縮めて元に戻すことで、偏頭痛の痛みは和らぎます。 それに加えてカフェインは痛みを抑える効果もあり、鎮痛剤にも使われているほどの成分なんです。 カフェインと言えばすぐに思い出すのがコーヒーですよね。 朝に一杯、夜に一杯コーヒーを飲みましょう。 一日に2杯飲めば適量のカフェインを摂取することができます。 お茶・紅茶・ココアなどもカフェインが含まれているので、コーヒーと同じ効果を期待できますので、自分が好きな飲み物を選んで飲んでみてくださいね。 中毒性があるので飲み過ぎないようにコントロールしてくださいね。 刺激の少ない環境を作る・食べ物にも注意する 偏頭痛で頭がズキズキ痛むときは、刺激を避けましょう。 脳が刺激に対して敏感になっている状態なので、光・音・臭いなどは痛みを悪化させてしまいます。 刺激の少ない静かな環境で休んでください。 静かな場所で休むと脳が落ちついてくるので、痛みが軽減してきます。 おすすめなのはトイレと寝室です。 休んでいる時はスマホも使わないようにしてくださいね。 数10分~数時間静かな環境で休んでいると偏頭痛は治まります。 また、食事も気を付けましょう。 特にチョコレート・チーズ・ワインなどは血行を良くするので片頭痛を悪化させてしまいますので、避けてくださいね。 頭痛薬を頻繁に飲むことで、頭が痛みに対して敏感になっていきます。 ちょっとした刺激でも頭痛が起きるようになり、複数の種類の頭痛が同時に起きてくる病気です。 せっかく頭痛を治すために飲んだ薬なのに、かえって悪化してしまうのは本末転倒です。 ですので飲むのは本当に痛いときだけにして、多くても月に10回以内に抑えましょう。 すでに薬が効かなくなっている人は薬物乱用頭痛になりかけているかもしれません。 偏頭痛の治し方 緊急時にはツボが効く! ツボは即効性があり、自分で簡単に押せる治療方法です。 偏頭痛に効くツボがいくつかありますので紹介していきます。 出先でもすぐに押せるように、手・腕・頭部に限ったツボを集めました。 痛みに効く万能のツボ 合谷(ごうこく) 合谷は人差し指と親指の付け根にあり、人差し指の骨の下側にあるツボです。 合谷は何にでも効果がある万能のツボと呼ばれていて、特に痛みに対して効きます。 押すことで脳内から エンドルフィンという痛みを抑える物質が分泌されるんですね。 エンドルフィンは鎮痛剤のモルヒネの6倍以上の鎮痛効果がある物質です。 詳しい場所はこちらの動画をご覧ください。 押すと、じんわり痛くて気持ちい場所なのでわかりやすいと思います。 僕は頭痛に限らず調子が悪い時は、いつも合谷をグリグリ押すようにしています。 押しているうちに、気分がすっきりしてくるんですよね。 側頭部や頭頂部の痛みに 手三里(てさんり) 手三里は偏頭痛に効果があり、特に側頭部や頭頂部が痛むときに押してほしいツボです。 押すとズーンと響く感じがあるので、わかりやすいと思います。 手三里は肩こりや首の凝りにも効果があります。 三叉神経痛や神経痛にも 頭維(ずい) 頭維はおでこの髪の生え際、剃り込み部分にあるツボです。 脳の神経の興奮状態を鎮めて、正常にしてくれる効果があります。 頭維の周辺には三叉神経があるので神経痛にも効果があります。 こめかみにあるツボ 頷厭(がんえん) 頷厭はこめかみにあるツボで、頭痛や目の奥の痛みに効果があります。 場所は頭維の下2センチほどのところにあり、押すと痛みがあります。 偏頭痛に効果があり、頭痛が和らいできます。 まとめ 偏頭痛の治し方で即効性がある方法を紹介させていただきました。 自分ですぐにできるものばかりですので、ぜひ試してみてくださいね。 個人的にはあまり薬には頼らない方がいいと思っています。 頭痛薬を頻繁に飲んでしまうと薬物乱用頭痛になり、症状や痛みが悪化することがあるからです。 できる対処方法から始めていきましょう。 少しでも片頭痛が良くなるといいですね。

次の