ジェントル レーズ。 ジェントルレーズの効果や口コミは?全身脱毛だけでなく美肌効果も!日焼けはNG?

【医師監修】アレキサンドライトレーザーってどんな脱毛機?効果や痛みなどの特徴をまとめました!

ジェントル レーズ

ジェントルレーズってどんな脱毛機? ジェントルレーズは、米国シネロン・キャンデル社製の を使用した脱毛機です。 米国FDA(食品医薬品局)の認可はもちろん、国内では 厚生労働省の認可も受けている安全性の高いレーザー脱毛機で、医療機関でのみ使用することが認められています。 その効果と安全性の高さから、 国内のクリニックで最も多く採用されている脱毛機の一つとなっています。 また、一部のクリニックでは、ジェントルレーズの最新型であるジェントルレーズプロも導入され始めています。 ジェントルレーズの特徴 出力や波長は? ジェントルレーズは、755nmのロングパルスアレキサンドライトレーザーを使用しています。 また、ジェントルレーズのレーザーは 黒いメラニン色素に非常に良く反応するため、他のレーザー脱毛機に比べると 最大出力は18ジュールと低め。 そのため 火傷や炎症が起こりにくく、安全に効果的な脱毛を行うことができる脱毛機となっています。 ジェントルレーズの特徴• メラニン色素に吸収されやすい755nmという波長• 従来のものと比べてスポットサイズ(口径)が大きくハイスピード照射が可能• 冷却ガスで肌を保護しながら照射するため痛みも少なめ• ダウンタイム(腫れやカサブタなどが回復するまでの期間)がほとんどない• 美肌効果も! ジェントルレーズの755nmという波長はメラニン色素への反応が良く、 脇やVIOなどの濃い毛は特に効率的に脱毛することができます。 従来のものよりスポットサイズ(口径)が大きく一度に広範囲に照射できるので、 照射時間もより短時間になりました。 また、DCDという冷却ガスで肌を保護しながら照射するので、 ダウンタイムもほとんどなく、また 痛みも感じにくくなっています( ただし、痛みがないという訳ではありません)。 さらにシミやソバカスの改善効果や、皮膚深部にある 線維芽細胞(せんいがさいぼう)を活性化させコラーゲン生成を促す 美肌効果も期待できます。 ジェントルレーズプロって?開発メーカー会社について では、ジェントルレーズについてより詳しく知るために、ジェントルレーズの製造メーカーやジェントルレーズの最新型であるジェントルレーズプロについても紹介していきます。 ジェントルレーズの脱毛機メーカー ジェントルレーズを製造販売しているシネロン・キャンデラ社は 世界トップクラスの美容・医療機器メーカーです。 レーザー脱毛機をはじめ、皮膚治療のための医療レーザー機器などさまざまな製品を製造しており、 世界80カ国以上で販売。 日本にもオフィスを構えています。 ジェントルシリーズの脱毛機は全部で5つ! ジェントルシリーズの脱毛機には 5つの種類があります。 どんな違いがあるのか、それぞれのタイプについてみていきます。 ジェントルシリーズ• ジェントルレーズ(GentleLASE)• ジェントルレーズプロ(GentleLase Pro)• ジェントルヤグ GentleYAG• ジェントルマックス(G-MAX (GentleMAX)• ジェントルマックスプロ(G-MAX Pro、GentleMAX Pro) ジェントルレーズ・ジェントルレーズプロ ジェントルレーズプロは、 ジェントルレーズの最新機種です。 最大18mm径と、従来よりさらに大きくなったスポットサイズを標準装備し、照射頻度もこれまでの倍の1秒に2ショットまでできるようになったため、 施術時間はさらに短縮されました。 また、レーザーのパルス幅(照射時間)を調節できるようになったため、 肌質や毛質に合わせてより安全な設定での施術を行うことも可能になっています。 厚生労働省の認可を受けているのはもちろん、 医療レーザー脱毛機として初めて「薬事承認」を取得した脱毛機です。 その他のジェントルシリーズ脱毛機 医療レーザーの種類にはジェントルレーズで使用されているアレキサンドライトレーザーの他にも、 や があります。 ヤグレーザーやダイオードレーザーはアレキサンドライトレーザーよりも 波長が長く、肌のより深いところまでレーザーが届きます。 より深くまで届く方が良いという訳ではなく、 それぞれのレーザーなりのメリットがあると考えた方が良いでしょう。 ジェントルヤグはヤグレーザーを使用した脱毛機で、ジェントルマックスとジェントルマックスプロは、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの 2つのレーザーを搭載したハイブリッド型の機器です。 つうか施術後に自覚症状なさすぎが問題…いや良すぎる。 それでもジェントルレーズを受けた日は肌が繊細になっており、赤みが出る場合もあるので、 湯船に浸かるのは控えた方が無難です。 軽くシャワーを浴びる程度にしておきましょう。 ジェントルレーズってやつです。 元々は脱毛レーザーらしいので、顔のムダ毛もなくなり、薄いシミに効き、シワも減って顔の引き上げにも効いてました。 小顔にもなっててびっくりでした! — しずか misae666 ジェントルレーズの脱毛効果だけでなく 美肌効果も遺憾無く発揮されたみたいです。 脱毛しながら美肌になれるなんて嬉しいですよね! ジェントルレーズ5つのメリット~濃い毛に効果あり!美肌効果も!• 医療脱毛レーザーの中で一番お得!• 濃い毛の脱毛に効果絶大!• 毛穴を引き締めてくれるなど美肌効果も!• 冷却ガス噴射で痛みを抑えてくれる!• 照射スピードが速いから施術時間が短い! メリット1.医療脱毛レーザーの中で一番お得! ジェントルレーズは、医療レーザー脱毛の中で 一番お得に脱毛ができる脱毛機です。 特に 全身脱毛の料金においてはそのお得度合いが顕著になってきます。 例えば、湘南美容外科やレジーナクリニック、渋谷美容外科などでは、全身脱毛を30万前後という低価格で提供していて、これら すべてのクリニックではジェントルレーズ(あるいはジェントルレーズプロ)を採用しています。 一方、ジェントルレーズ以外のレーザー脱毛機を使用しているクリニックでは、低価格化が進んできたとはいえ、 全身脱毛5〜6回のコースで40万円を下らないのが実情です。 メリット2.濃い毛の脱毛に効果絶大! ジェントルレーズで使用されているアレキサンドライトレーザーは、 メラニン色素に鋭敏に反応します。 また、 大口径のスポットサイズによって光エネルギーの乱反射によるロスが少ないため、より効率的に深部にある毛根のメラニンにのみ到達します。 そのため メラニン色素の濃いワキの毛やすねの毛、VIOなどのアンダーラインの毛には 非常に良く反応し、抜群の効果を発揮します。 通常ですと、レーザー照射後1週間から10日くらいで、毛がポロポロと抜け始めます。 メリット3.毛穴を引き締めてくれるなど美肌効果も! ジェントルレーズは、 脱毛効果だけでなく美肌効果も大いに期待できます。 レーザー照射によって毛根を破壊された毛穴からは、その後毛が生えてこなくなります。 毛が生えてこなくなった毛穴はキュッと引き締まり、また毛穴に汚れや脂が溜まりにくくなることで ニキビもできにくくなります。 また、ジェントルレーズは紫外線による シミやソバカスの改善にも効果を発揮するので、照射を続けるうちにシミやソバカスがだんだんと目立たなくなり、 肌全体の色調も白くなっていくことを実感することができます。 またレーザー照射時の熱刺激によって 線維芽細胞(せんいがさいぼう)が活性化され、コラーゲンの生成が促進されることで 肌のキメやハリも高まります。 メリット4.冷却ガス噴射で痛みを抑えてくれる! ジェントルレーズには、DCDという 冷却ガス噴射機能が搭載されています。 DCDとはDynamic Cooling Device(ダイナミック・クーリング・デバイス)の略で、レーザー照射の直前に表皮に冷却ガスを噴射するため、 レーザー照射に伴う痛みを軽減し、表皮を火傷などから守ってくれます。 照射前に冷却ジェルを塗る必要はありません。 だからと言って全く痛みを感じないという訳ではなく、 濃い毛や濃いシミの部分では痛みや熱を感じる場合があります。 基本的に 麻酔不要の施術ですが、痛みに弱かったり、不安を感じる場合は麻酔クリームなどを使用することもできますので、クリニックに相談してみましょう。 メリット5.照射スピードが速いから施術時間が短い! ジェントルレーズの照射スピードは、1秒間に1ショット〜1. 5ショットと 従来のものに比べてスピーディになっています。 そのため 施術時間も短くて済み、例えばワキのように小さな面積の部位だと数分で照射が完了します。 特に濃い毛に照射する時などに多少の痛みを感じたとしても、 照射時間が短くて済めば負担も少なくて済みます。 また、ジェントルレーズの進化型であるジェントルレーズプロでは、照射スピードは 1秒に2ショットとさらに速くなったので、 施術時間もより短縮されました。 ジェントルレーズ3つのデメリット• 産毛や白髪への効果が低い• 色黒や日焼け肌の人には使用できない• 照射漏れのリスクがある デメリット1.産毛や白髪への効果が低い ジェントルレーズのは黒いメラニン色素には効果的に反応するのですが、 メラニン色素の薄い産毛やメラニン色素のない白髪には反応が鈍いため、 脱毛効果をあまり発揮できません。 とはいえ、産毛も生えている場所によって濃さが違ったり、数回照射を重ねることで減っていったりと 個人差もありますので、産毛もしっかり脱毛したい場合は カウンセリングの時に相談してみましょう。 この毛はO. K、この毛は難しいといったことを プロの目から判断してもらえます。 デメリット2.色黒や日焼け肌の人には使用できない ジェントルレーズは、 地肌の黒い色黒の人や日焼けをした肌には施術をすることができません。 ジェントルレーズのアレキサンドライトレーザーは黒い色に反応してしまうため、場合によっては 火傷を起こす可能性があるからです。 しかしながら色黒や日焼け肌にも 個人差がありますので、照射が可能かどうか カウンセリングで相談してみましょう。 デメリット3.照射漏れのリスクがある ジェントルレーズは スポットサイズが大きいため照射漏れの少ない脱毛機だと言われています。 しかし ヘッドの形状が丸型のため 四角いヘッドのものと比べると照射漏れのリスクがあるとも言われています。 実は照射漏れは 施術者の技量による場合も多く、 どんなベテラン施術者でも照射漏れの可能性はゼロではないとのこと。 ほとんどのクリニックでは、 照射漏れがあった場合には再照射を行ってくれますが、念のため カウンセリングの際にきちんと確認するようにすることが大切です。 ジェントルレーズの口コミ 痛みは少ない?体験者のホンネ では、実際にジェントルレーズで脱毛をした人の声を見てみてみましょう。 赤みが出た場合に 薬の塗布などがあるのはクリニックならではです。 今ライトシェアデュエットとジェントルレーズ両方通ってるけど、まぁどっちも効果はあるけど痛み個人的にはジェントルレーズの方がマシかな〜!ライトシェア毛の濃いとこ普通にいってぇ!!てなる… — 四季 shiki173 この方の場合は、他のマシンと比べてジェントルレーズの方が 痛みが少ないみたいですね。 今は痛くなくて効果のある機械いっぱいあるんだと思う。 とりあえずVOIは今の情報なので、それはジェントルレーズ脱毛ってやつで、レーザー当てると同時に冷やすのでそんなに痛くないです(当社比)ダイオードとか忘れてくれやっぱ。 情報古いから。 — f the minion francesco3 痛みが強いと言われるVIO脱毛でも、ジェントルレーズの 冷却ガス噴射装置は痛みの軽減に役立ってくれていますね。 ジェントルレーズの悪い口コミ ジェントルレーズを打ってる時のあの焦げた臭い嫌やわぁ〜… — つっきー Mondlicht0204 焦げた匂いというのは、ジェントルレーズに限らず レーザー脱毛では感じることがあります。 特に ワキなど濃い毛や顔にレーザーを当てた時には鼻に近いこともあって感じやすいです。 ジェントルレーズとフラの日を一緒にしてはいけなかったのだ。 激しい運動しちまった。 赤味ヤベェ。 ジェントルレーズがおすすめの人・できない人 ジェントルレーズが おすすめの人・できない人はどんな人か、ジェントルレーズのメリット・デメリットを踏まえた上でみていきます。 ジェントルレーズをおすすめできる人 ・安くて高い効果が期待できる脱毛機が良い人 ・脱毛しながら美肌になりたい人 ・多くの人が使用している脱毛機が安心な人 ・肌トラブルが起こりにくい脱毛機が良い人 医療レーザー脱毛で、 効果がしっかりあってなおかつ価格を抑えたいなら、現時点では ジェントルレーズがNo. 1だと言えるでしょう。 ジェントルレーズは皮膚治療の技術から生まれた脱毛機なので 美肌効果もあり、しかも国内で 最も採用され実績も多いという安心感もあります。 またジェントルレーズのレーザーはメラニン色素にのみ反応するので、 敏感肌の人でも受けられ、肌トラブルも起こりにくいという特徴もあります。 照射後すぐは 赤みや乾燥などが起こることはありますが、保冷剤で冷やしたりクリニックで処方される軟膏を塗ったりすることで 2〜3日で改善することがほとんどです。 ジェントルレーズをおすすめできない人 ・産毛や白髪・金髪を脱毛したい人 ・色黒な肌や日焼け肌の人 ・打ち漏れが心配な人 ジェントルレーズのアレキサンドライトレーザーは、メラニン色素に反応するため 産毛や白髪・金髪を脱毛したい人には不向きかもしれません。 また、 色黒な肌や日焼け肌の人は、レーザーが皮膚に反応してしまう危険性があるのでやはり不向きです。 そして完璧に脱毛したくて 打ち漏れのリスクをなるべく減らしたいという人も、もしかするとジェントルレーズ以外を選択した方が良いかもしれません。 産毛を脱毛したい方、うち漏れが心配な方には ダイオードレーザーの方がおすすめです。 は 産毛にも効果を発揮しやすく、ヘッドの形状も四角なので打ち漏れのリスクも低くなります。 また、ダイオードレーザーを使用した「」は、 色黒肌や日焼け肌の人でも施術できる脱毛機となっています。 ジェントルレーズを導入している医療脱毛クリニック ジェントルレーズ・ジェントルレーズプロを導入しているクリニックは、4つあります。 ジェントルレーズ・ジェントルレーズプロの4つのクリニック ジェントルレーズ導入 クリニック ジェントルレーズ・プロ導入 クリニック ・湘南美容外科クリニック ・フェミークリニック ・レジーナクリニック ・渋谷美容外科クリニック これら4つのクリニックの、 部位別料金とクリニックのある 地域の比較表をまとめてみました。 6つの医療脱毛クリニックの料金比較表 クリニック 全身脱毛 フル 5回 全身脱毛 顔なし 5回 全身脱毛 VIOなし 5回 全身脱毛 顔・VIOなし 5回 両ワキ 5回 VIO 5回 クリニックがある地域 湘南美容外科 290,000(税込) *調査中 *調査中 248,333 (税込) 1,000(6回) 48333(税込) 【全国71院】 フェミー *調査中 *調査中 480,000(税抜) 350,000(税抜) 290,000 (平日11-18時・税抜) 15,000(税抜) ・エチケット 98,000円(税抜) ・ハイジニーナ 140,000円(税抜 渋谷・新宿 池袋・銀座 梅田・心斎橋 【東京大阪6院】 レジーナ *調査中 *調査中 *調査中 189,000(税抜) *調査中 *調査中 札幌・表参道 渋谷・銀座 大阪・福岡 【全国6院】 渋谷美容 *調査中 平日昼 280,250(税抜) 夜休日 295,000円(税抜) *調査中 237,500(税抜) 平日昼7,600(税抜) 夜休日8,000(税抜) ・エチケットセット 平日昼 42,750円, 夜休日 45,000円(税抜) ・ブラジリアンセット 平日昼 90250円, 夜休日 95,000円(税抜) 渋谷・新宿・ 池袋・横浜 【関東4院】 *湘南美容外科は6回のコース料金から5回に換算して算出しています。 脇は1回500円、6回1,000円の特別価格となっています。 *渋谷美容外科は初回のみ薬代1,080円、2回目以降は毎回処置料2,160円が別途かかります。 医療脱毛は湘南美容外科が断然安い! 湘南美容外科は全国に71院を展開している 国内最大規模の美容外科クリニックです。 品質の高い施術をリーズナブルな価格で提供していることでも知られ、 医療脱毛の実績だけでも200万件以上。 ジェントルレーズの他に湘南美容外科オリジナルのIPL脱毛器(ウルトラ美肌脱毛)も用意し、 部位や肌タイプに合わせた施術を提供しています。 顔とVIOを含めたパーフェクト全身コースは、 6回で348,000円。 他のクリニックと比較しやすいよう5回に換算してみると290,000円となり、 顔とVIOも含めた全身脱毛としては最安値圏です。 ワキ1回500円( 6回コースは1,000円!)や、パーフェクト全身コースの 初回限定トライアルも49,800円で利用できるので、まずはお試しして痛みや効果を確認してみるのもおすすめです。 最新のジェントルレーズプロを格安脱毛できるのはレジーナ! より進化した最新機種である「ジェントルレーズプロ」の方が良いなという方には、 レジーナがおすすめです。 レジーナの全身脱毛には顔とVIOは含まれていませんが、最新のジェントルレーズプロを使った全身26ヶ所の5回コースが 189,000円というリーズナブルな料金で受けられます。 さらに日焼けした肌や褐色に近い場所は 蓄熱式の脱毛機で施術すると公式サイトに記されているのも安心ポイントです。 蓄熱式の脱毛機というのは「ソプラノアイスプラチナム」という機器で、このマシンは 産毛にも効果を発揮します。 最短8ヶ月で脱毛を完了させることができる点や、初診料やシェービング料などの施術以外の費用が 無料なのもレジーナの魅力です。 まとめ:医療脱毛初めてさんはジェントルレーズがおすすめ! ジェントルレーズの メリットとデメリットについて口コミなども参考にしながらまとめてきました。 ジェントルレーズは 脱毛効果の高さはもちろん、美肌効果まで期待できる魅力的な脱毛機です。 米国FDAや厚生労働相など公的機関からの認可や、クリニックで最も採用されている脱毛機ということからもわかる通り、 信頼性や安全性の面からも安心です。 そして肝心の費用の面でも、 ジェントルレーズは最もお得な医療脱毛だと言えます。 これだけのメリットがあるジェントルレーズは、 初めて医療脱毛にトライしようとしている人はもちろん、 エステ脱毛から医療脱毛に乗り換えを考えている人にもおすすめです。

次の

ジェントルレーズ|ふくずみ形成外科

ジェントル レーズ

ジェントルレーズシリーズ ジェントルレーズとはアレキサンドライトレーザーというレーザーでの治療ができる医療機器の名前で、医療機関が永久脱毛として使うとても一般的なレーザー脱毛機です。 ジェントルレーズでの脱毛をジェントルレーズ脱毛やジェントルマックス脱毛という名前にしているクリニックもあります。 ジェントルレーズはシネロン・キャンデラ社の販売するレーザー脱毛機で、日本でのシェア率は1番とも言われています。 の髭脱毛で主に使われているのはこのジェントルレーズ。 ジェントルレーズも種類がいくつかあり、古いものがジェントルレーズ、その後にでたジェントルマックス、G-MAXとも言われています。 さらに最新機種のジェントルレーズ Pro-LE(ジェントルマックスプロLEとも言います)というのが出ていますが、こちらは、に導入されています。 ジェントルレーズとジェントルマックスの違い ジェントルマックスはスポットサイズを古い機種よりも大きく設定することが可能であること、新しい機種のため、メンテナンスの頻度は古いものより少なく済むことなどが上げられます。 また照射スピードもジェントルレーズにに比べて早くなっていること。 そして何よりの違いは ジェントルマックスはYAGレーザーも出せる複合機であることです。 アレキサンドライトとヤグレーザーを両方出力することができるため、脱毛以外の美容医療機器としても幅広く使うことが可能です。 たとえば血管が細く浮き出た毛細血管拡張や赤ら顔の治療、シミ治療などに使われます。 そしてもう一つ大きな違いは、本体価格です。 新しい機種の方がもちろん高いです。 なのでジェントルマックスのような最新機種をそろえているクリニックは比較的髭脱毛の料金も高めです。 アレキサンドライトレーザーはここが違う! ジェントルレーズ、ジェントルマックスは医療レーザーでアレキサンドライトレーザーという種類のレーザーです。 アレキサンドライトレーザーでの脱毛の特徴は、ジェルがいらないこと。 冷気とレーザーはほぼ同時に交互に照射されます。 ジェントルレーズPROLEの照射スポットはグリーン。 このグリーンの範囲にレーザーが照射されます。 またダイオードーレーザーのライトシェアやメディオスター、IPLのフラッシュ脱毛と違い、ジェルの塗布が必要ありません。 照射口は肌から離して照射するため、中空照射です。 ジェル有の脱毛に比べ、施術時間は他の脱毛機に比べると早いです。 ジェントルレーズでの髭脱毛の様子【動画】.

次の

ジェントルレーザー

ジェントル レーズ

人によっては脱毛中の痛みが辛い場合もあり、クリニックでは塗る麻酔を使用できます。 一方、エステサロンでは、アイスパックで冷やすのがほとんど。 治療後のケアも、医療機関ならば、ケースによっては抗炎症剤などの医薬品を処方できるのに対し、エステサロンでは、クリームなど化粧品のみの対応です。 なにより、トラブルが発生した場合、医療機関では、医師や看護士が治療・処置に当たれますが、エステティシャンには医療・治療行為はできません。 結果、治療が遅れ、肌にダメージ残すこともあり得ます。 ウェルネスビューティクリニックでは、常に最新知識や技術、機器を取り入れるよう努力しています。 同時に、患者さまに対しては、真摯に向き合い、心に寄り添うことで、ご満足をいただいています。 特徴1. 医療レーザー脱毛 レーザーが毛根にあるメラニン色素に反応し、毛根から毛を除去します。 火傷の心配も少なく、毛根以外の組織を傷つける心配はありません。 ジェントルレーズには冷却装置が装備されています。 レーザー照射の直前に、肌に冷却スプレーを吹き付け、毛以外の皮膚組織を傷つけない仕掛けになっています。 このため、お肌に極力負担をかけず、安心・安全に施術を行えるのです。 特徴2. 脱毛のみならず、美肌治療にも 脱毛と同様に、皮膚の黒い色素・メラニンに反応し、皮膚の浅い層にあるしみを除去します。 ジェントルレーズの場合は、照射しても水ぶくれのようにならず、絆創膏で保護する必要もなく、痛みが少ないため麻酔も要りません。 レーザー照射したしみは、日焼け後の皮膚のように軽く浮き上がるか、しみの上に小さな黒いかさぶたができ、自然に剥がれていきます。 レーザーは黒色に反応してしまうので、施術中は安全のために目を保護します。 レーザーが反応するのはメラニン色素(黒・褐色)だけですが、熱エネルギーは周辺にも伝わるため、軽い熱や痛みも感じます。 当院では冷却装置付きの機器で、可能な限り熱や痛みは軽減しています。 また痛みを強く感じる方には麻酔クリームも使用しますのでご安心ください。 1回の施術時間は、両ワキなら10分、両ヒジ下なら30分程度。 毛周期に合わせて約1. 5~2ヶ月間隔、5回程度の施術が理想です。 レーザー照射後は、毛穴部が赤い点のように見えることがありますが、数日で消えてしまいます。 ただし、赤みがあるうちに強い日差しを浴びると、跡が残ってしまうこともあるので、日焼けにはご注意ください。 また、一時的に肌の潤いが弱くなることもありますが、徐々に回復します。

次の