バイキンマン。 【それいけ!アンパンマン】バイキンマンの天敵、超個人的見解

【アンパンマン】鋼鉄バイキンマンの強さ考察「3倍鋼鉄マシン」の威力・破壊力!

バイキンマン

ばいきんまんとは、作の『』とその関連作品に登場する。 は「」のや、「」のぽろりでお染みの。 概要 「ハ・ヒ・フ・ヘ・ホー!」「ン! 」でお染みのの。 「」でほぼ毎回と対決している。 特に定番は大量のをばいきんから出す、ようとする、 を意識してかを振り回すだけの「」は吹っ飛び確定。 ちなみに「バイキンマン」とで書かれる事が多いが正式名称はである。 だが者のもで「バイキンマン」と表記することが多いらしい。 名義のバイキンマンはに登場している。 人物 のお手本のような性格で、意地悪・・イタ大好きだが少々間が抜けている。 かなりの努であり、を倒すためならどんな苦労も惜い。 基本的にがよく、一部には『』と誤解されることもあるが、本人はそれを嫌っている。 悪事自体も可らしいものが多く、実は割と良いというを持たれがちだが、 をごと葬り去ろうとしたり、を達成しかけたりと 冗談では済まないの悪事も重ねており、としての本分はまっとうしていると言える。 旺盛でっぽいが基本的に。 ばいきん基地にを常備している。 技術力 の「ばいきん」から、巨大「だだんだん」まで多なをしている。 ばいきん基地には「」や居ついた「マン」や手下である多数の「かびるんるん」が住んでいる。 ばいきん基地は巨大なばいきんであり、飛行・移動が可。 頭脳 前述の通り・技術は非常に高く、悪巧みにも長けている。 筆記体ので書いた文章をに訳しながら読めるなど意外と博識。 その割に簡単なが答えられないなど、やはり間の抜けた一面もある。 身体能力 とは身体に大きく差があり、と体が入れ替わってしまった時は 自分自身の弱さに呆れていたほど。 しかし戦でと互に戦ったこともある。 にのような羽があり、一応飛ぶことも出来るが人一人支えるのに苦労するなど心もとなく、 かつ疲れるので普段はばいきんに乗って移動する。 そのせいか本人もたまに羽があることを忘れている。 ばい菌なので清潔なものが苦手で、などで洗われると体が縮んでしまう。 玉の作用で縮むほど。 生まれ・幼少期 を倒すために、ばいきんからの状態でやってきてと同じに着陸。 は でばいきんまんの基地 に降り立ち、とほぼ同時刻に誕生した。 とは幼少期からの。 アンパンマンとの関係 を「お邪魔」呼ばわりし、時には容赦なく痛めつける事もあるが、 自分がに助けられた時はその場で借りを返し、場合によっては共闘することもある。 心の底から憎んでいるわけではないが、あくまでとは宿敵であり続けようとしている。 他キャラとの関係• に惚れているが、基本的にフィードをめることに積極的ではない。 しばしばのために食材を盗みを起こす。 が憧れるにするそぶりを見せるが、のにのを飾るのを黙認している。 の奔放さの裏返しか、お様を護しようとする。 や ダ・ダーのようなおしとやかなには手を差し伸べられずにはいられない。 ちゃんと さんは敵。 2人に悪気は一切ないのだが、たちと関わると毎回ばいきんまんが酷いに遭うのがである。 理に撃退しようとすると自分にが及ぶことをばいきんまんも学習しているためか、遭遇したら出すことも見られる。 ちゃんや マ・や ちゃん、 や さん等、にたちはばいきんまんを怖れず、翻弄されてしまう。 でかこはのちびぞうに変装して騙すつもりが変装を見破られ、逆に『いい子になる』というをさせられた経験上、頭が上がらない存在である。 しかしとしてのには憧れがあるようだ。 かびるんるんは彼の忠実な部下であり、ばいきんまんのにより随一の高い統率を持つ集団となっている。 関連項目•

次の

バイキンマンは何故ジャムおじさんとバタ子を攻撃しないか。

バイキンマン

目次 アンパンマンの敵ランキング 誰にも頼まれたわけではありませんが、カジテレ的なアンパンマンの敵ランキングを発表させてください。 5位 おくらちゃん 野菜を育てているおくらちゃん。 野菜をみんなにあげるのにも拘らず、手渡す時に「キャベツさん、きゅうりさん、お別れは悲しいね。 」と涙を流すので、もらいにくいったらありゃしないキャラ。 バイキンマンはなぜか畑を一緒に耕す羽目になる。 変装したバイキンマンの正体がわかっても、平気で野菜をあげ、「はひふへほ~」と言いながら、見送る。 不思議ちゃんキャラはンパンマンが苦手とするキャラの一つ。 おくらちゃんは素朴ないでたちながら、めちゃくちゃハートが強いキャラです。 4位 だいふく和尚 ぱっと見はよく昼寝している和尚さんだが、実は働き者。 バイキンマンがきても、ものすごい量の大福をふるまい、おなかがいっぱいにさせる。 あまりの満腹によろけていると、「食べた後は運動しなされ。 」とお寺の掃除をさせる。 体を動かし、元の調子に戻ったバイキンマンに対して、「運動の後は一休みしなされ。 」とまた大福を大量に振舞う。 そのエンドレスで疲れさせ、戦意を喪失させる。 最終的には山ほどの大福をお土産を持たせて、戦わせないまま帰らせる。 3位 ミントちゃん ミントティーを振る舞い、気分が沈んでいても「さわやか~」にさせる女の子。 「ミント、ミント~」とダンスをしながら、みんなにミントティーを配る。 かわいいけれど、ある意味いちばんヤバイキャラ。 バイキンマンが攻撃しようとしても気にせず、一緒に踊ったり、ミントティーを飲ませようとする。 結局、バイキンマンはいつもミントティーを飲んでしまい、さわやかな気持ちになって、戦意喪失。 ミントのように爽やかというより、実はわかってやってるような気がして恐ろしくなんてしまうキャラナンバー1. 2位 プリンちゃんとエクレアさん バイキンマンが誰かに攻撃していても、遊びの一環だと思い、二人も一緒に遊ぼうとするため、結果的に攻撃は失敗するし、バイキンマンの作ったロボは全体をデコレーションされたり、遊びの道具の一つと思われ勝手に使って壊される。 バイキンマンが何を言ってもやっても、プラスに捕らえてしまうので、マジでかかわらない方がいいタイプ。 何を言っても無駄な2人。 1位 マダムナン 方向音痴だが、カレーとナンを振舞う旅をしている女性。 バイキンマンを親切で優しいと信じており、何を言おうと、どんな悪さをしようとプラスに解釈してしまう。 最終的には、シタールと思われる楽器を奏でながら、「ああ~優しい心の持ち主ぃぃ。 あなたは天使ぃぃ。 バイキンマンさーん。 」と歌い、バイキンマンはその場にいられなくなる。 例外:フランケンロボ バイキンマンが作ったロボット。 製作途中に雷に打たれたらしく、手を触ってしまうと、バイキンマンだろうと誰もが感電する。 そのため、普段は灯台マンのもとで発電し明かりをともし続ける仕事をしている。 たまにお休みをもらって、パパであるバイキンマンを探しにくる。 バイキンマンはとても頭がよくてかっこよい素敵なパパだと信じているので、何を言っても無駄。 バイキンマンも心のそこでは、かわいいと思っているので、フランケンロボがピンチの時には自分が感電しようとも助ける。 バイキンマンはとっても人間っぽいキャラクター もっと本当は、最強のキャラがいるのかもしれませんが、私の中ではこの6人 人なのか?)が攻撃をしなくてもやり込めてしまうある意味とても平和的なキャラクターだと思います。 このキャラたちが出るときは、ドキンちゃんのわがまま以外のバイキンマンの困った顔を見ることができ、バイキンマンの人間らしさ(ばいきんに人間らしさも何もありませんが)がとても出る回になります。 夫が言っていましたが、「アンパンマンは正義の味方だけど、どちらかというと修行僧っぽくて、バイキンマンは自分が万能だと思っていて傍若無人だから、アンパンマンより神様っぽい。 確かにそうだなとっと思うんですよね。 アンパンマンは自分を犠牲にしすぎですよね。 食べ物も食べないし、顔をどんどんちぎってあげちゃうし。 バイキンマンの方がぐうたらしてたり、欲望に正直だったり、ドキンちゃんに親切なところもあったり、すごく親近感が沸くんですよね。 これからもしばらくはアンパンマンブームは続くと思いますので、私ももっと研究しまーす。 このキャラとこのキャラが同じ声優さんなんだと発見するのも楽しいですしね。 (チーズとかまめしどんとか) 映画も観に行こうかな。 アンパンマンは とで配信中です。 お話しごとに配信期間が決まっていて、期間が終わるとまた別のエピソードが配信される形なので、飽きずに楽しめますよ。

次の

ばいきんまん

バイキンマン

バイキンマンは本当はバイキンマンではないんだよ・・・。 実は・・・ジャムおじさんが初めてパンの擬人化に成功した初号機・ジャムパンマンだったのだ。 しかし彼には致命的な欠陥があった。 全身がパンで出来ていたのだ。 そのことに気づいたのは、雨の続くある日のこと。 彼の体は少しずつカビに侵されていた。 新しいモノを造ればいいのだが、それは全く別のモノ。 記憶や思いまでは受け継ぐことは出来ない。 このまま朽ちていくしかない・・・ そう告げられたジャムパンマンは降りしきる雨の中、工場を飛び出して行った。 ジャムおじさんは今回のことを教訓に、体に脳となる部分を内臓し、パンのエネルギーで動くパン用人型決戦兵器を造り上げた。 後のアンパンマンである・・・。 その頃、ジャムパンマンは全身がカビに覆われ、もはやパンであることすらわからなくなっていた。 彼の心は怒り・憎しみが増大していくが、まだ良心が少し残っていた。 そう、ジャムである。 保存が効くのが幸いしたのである。 しかし、彼の心の暗黒面は増大し続けジャムを取り出してしまう。 そうして彼の心は暗黒に満ち、バイキンマンは誕生した。 余談ではあるが、その時取り出されたジャムはバイキンマンによって錬成され、ドキンちゃんになった。 暗黒面に支配されたとはいえ、愛に飢えていたのだろう。 しかし、彼の思いとは裏腹に、彼女は食パンマンを愛してしまった。 やはり元はジャムということか、味の無いパンを求めてしまう。 悲しい性である。 へぇぇぇっぇえ!ハンパないっすね!バイキンマン!!! と思ったのですが、本当の出生理由は 『やなせたかし記念館アンパンマンミュージアム』に電話取材して確認した人の話によりますと、ドキンちゃんは、バイキンマンと同様、バイキン星からやって来たバイキン一族で「バイキン城に居候している悪の仲間」という以上の設定はないので、バイキンマンとの関係は微妙で曖昧ですが「居候中の仲間」としか答えようがないとのこと。 また、バイキンマンの出生は第2話に、ドキンちゃんは第8話あたりに出演しており、バイキン星から飛んできた卵が地球に落ち、その卵に雷が落ちて中からバイキンマンが出てくるらしいです。 最初の出生理由の方が100倍面白いけれど、これだけ憎しみにかられたバイキンマンであれば、アンパンマンは人にアンパンを配っている場合じゃないですね。

次の