肝心 な 時に しか 頼り に ならない 男。 肝心な時に頼りにならない・大事な時に役に立たない人の3つの特徴

肝心な時に頼りにならない・大事な時に役に立たない人の3つの特徴

肝心 な 時に しか 頼り に ならない 男

しんどい時でも人に頼れない、ひとりで頑張りすぎて心身が持たなくなる、孤独感で行き詰まる・・・ということを繰り返していませんか? もしもあなたが、これまで人に頼れない・甘えられない悩みを克服しようとがんばってきて、うまくいってこなかったとしても、「私はいつもそうだし、性格だから仕方ない」と諦めることはありません。 「意識と現実が、どのように影響しあっているか?」を理解することで、現状を変えていくヒントが見えてきます。 この図を見るときのポイントは、矢印の向きです。 私たちはふだん、うまくいかない人間関係などの「現実」を見て、「私は孤独な人」などの前提(セルフイメージ)を持つようになったと思いがちです。 ところが実際は、その矢印の向きは逆なんですね。 まず先に、「私は孤独な人」などの前提が原因となって、うまくいかない人間関係という現実(結果)が創られてしまうのです。 つまり、現実というのはあくまでも結果ですので、「現実をどうにかしよう」と思うのであれば、その大元の原因(前提)を変えていく必要があるということです。 潜在意識の最大の目的は現状維持 ではなぜ、私たちの潜在意識は、前提から現実を作っていくのでしょうか? その理由は、 潜在意識の最大の目的は現状維持だからです。 人間にはもともと、恒常性維持(環境の変化に対応して、内部状態を一定に保つ)の機能が備わっています。 たとえば部屋の中から急に寒い屋外に出たとしても、体温が急に下がったりしませんよね。 このように、内部状態を一定に保つことが、私たちの生存にとって安全だからです。 それと同じように、潜在意識は「私ってこんな人」「世の中こういうもの」という前提を持っていると、その前提を現状維持できるように現実を創っていきます。 たとえば「私は孤独」という前提を持っていると、その前提を現状維持できるよう、孤独を味わう現実を創っていくのです。 それがどんなに好ましくない前提であっても、潜在意識にとっては、現状維持が安全なのです。 人が「変わりたいのに変われない」のも、好ましくない習慣をなかなか止められないのも、潜在意識の恒常性維持の機能が働いているからです。 潜在意識は、思考の9倍以上の力がある なぜそもそも、それほどまでに潜在意識は現実に大きな影響を及ぼすのでしょうか。 その理由は、思考などを行う顕在意識に比べると、 潜在意識には9倍以上のパワーがあるからです。 潜在意識と顕在意識の関係性は、しばしば、海に浮かぶ氷山に例えられます。 人の意識全体をみたときに、大きくわけると、自分で知覚できる顕在意識と、知覚できない潜在意識に分けられます。 この【自分で知覚できる=目に見える部分】が海面から顔を出している氷山の部分、【自分で知覚できない=目に見えない部分】が、海面の下に沈んでいる氷山の部分に当たります。 つまり、私たちが頭でアレコレ考えて努力したとしても、潜在意識の力にははるかに及ばないということです。 現実を変えるには、「無意識を意識化していくこと」 ここでもう一度、意識と現実の関係性の図を見てみましょう。 この図のように、記憶と前提、思考・行動パターンまでが潜在意識(無意識)の領域、思考や行動は顕在意識の領域で起きています。 つまり「現実を変えていきたい」と思う時、顕在意識の領域である思考や行動を変えるよりも、潜在意識の前提や思考・行動パターンを変えていく方がうまくいきやすいのです。 自分で無意識にやっていることを、もっと意識をしなければならない。 (イチロー:メジャーリーガー) ふだん、潜在意識下(無意識)にある前提や思考・行動パターンは、自分では自覚しにくいもの。 しかし、歴史上の哲学者たちを始め、メジャーリーガーのイチロー選手なども、「無意識にやっていることを、意識すること」の大切さを伝える言葉を残しています。 人に頼れない悩みを解決していくためにも、潜在意識(無意識)を意識的に変えていくことが重要なのです。 人に頼れない悩みには幼少期の記憶が関係している 「私ってこんな人」「世の中こういうもの」などの前提は、記憶によって創られます。 特に生後〜6歳ごろまでの記憶や、その記憶から創られた前提が、人生全体にわたって影響します。 つまり、幼少期の親子関係や家庭環境、周囲の大人から言われた言葉に影響を受ける部分が大きいのです。 人に頼れない悩みを持つ方の場合、例えば、以下のような幼少期の記憶が見られることがあります。 長男や長女で、弟や妹に対してしっかりするよう求められた• 親が厳しく、頼ったり甘えたりすると感情的に叱られていた• 母親が父親の悪口を言う• 「人に迷惑をかけていはいけない」と強く言われて育った• (女性の場合)両親の夫婦関係から「女は損だ」「男に負けてはいけない」と想っていた• その他、自己肯定感(自分のありのままを受け入れる度合い)を下げる体験全般 そして、これらの記憶から、• 「私はしっかりしてないと愛されない」• 「ありのままの自分は受け入れられない」• 「人に頼るのは悪いこと」• 「頑張るのが当たり前」• 「助けてくれる人は誰もいない。 私は孤独」• 「ダメな父親のようになってはいけない」• 「人に迷惑をかける私は価値がない」• 「他人に頼ろうとすると裏切られる」• 「(女性の場合)男に負けてはいけない。 男に頼ってはいけない」 などの前提が創られることがあります。 潜在意識は、これらの前提を維持できるように(例えば、「私はしっかりしていないと愛されない」と想い続けられるように)現実を創っていきます。 人に頼れない悩みの背景にある潜在意識下のと思考・行動パターン 上にあげたような前提から、私たちは、潜在意識下で思考や行動をパターン化していきます。 そして、様々な出来事に直面した時、自動的・反応的にそれらの思考や行動のパターンを選び、そのパターンにおいて思考や行動をしています。 この章では、人に頼れない悩みを持つ人に傾向としてよく見られる思考・行動のパターンを紹介しますので、ご自身に当てはまるものがないかチェックしてみてください。 物事の基準が他者にある 物事を判断したり、何かの行動を起こすときに「その基準を他者におくか?自分の内面(想い)におくか?」はパターン化されています。 たとえば自己肯定感が低い人は、他者からの評価や意見に基準を置く思考・行動パターンになりやすい傾向があります。 「ありのままの自分は受け入れられない」という前提があると、他人からの「しっかりした人」「優秀な人」などの評価を得ることが重要になるので、他者基準になりやすいのです。 例えば、仕事の場面で、自分ひとりでは手一杯なのに、人に頼れないとき。 これに対して、得たいことにフォーカスする思考パターンの人は「成果を出すためには、どのような行動を取るのがベストか?」という視点から、人に頼るか、頼らないかを判断します。 また、避けたいことにフォーカスする思考パターンを持つ人は「事実をありのままに受け取らず、ネガティブな解釈をつけやすい」傾向があります。 例えば、人に何かをお願いした時に「返事する時、相手の声のトーンが低かったから、きっと迷惑に思われたんだ」というような具合です。 私が誰かにお願いした、相手が返事した。 という事実に対して「相手の声のトーンが低い」「それは迷惑に思われた証拠」と解釈をつけて、事実をありのままに受け取らず、相手からの拒否や自分に対する否定と受け取ってしまいやすい傾向があります。 楽観主義者とは、どこにでも青信号を見る人のこと。 悲観主義者とは、赤信号しか見えない人のこと。 そして、真の賢者は、色盲である。 (シュバイツアー:神学者・哲学者・医者・オルガニスト・音楽学者) 哲学者のシュバイツアーは、このような言葉を残しています。 物事に色(解釈)をつけず、事実をありのままに見ることの大切さを、この言葉は教えてくれています。 未来ではなく、過去に意識が向きやすい 過去に意識を向けることが多いか?未来に意識を向けることが多いか?も潜在意識下でパターン化されています。 「私はしっかりしていないと愛されない(価値がない)」という前提がある人や、自己肯定感が低い人は、ひとつの失敗が自分の存在価値感に直結するため、過去の出来事をいつまでも悔やんだり、誰かに言われた否定的な言葉に対する怒りを持ち続けたり、失敗や挫折から立ち直れない傾向が見られることがあります。 他人に自分のルールを当てはめる 「人に頼る前に、自分で解決の努力をするべき」などのように「こうあるべき」「こうあってはならない」で自分を縛っているために、人に頼れない人もいます。 「べき」という言葉の裏には「それは本来、私が望んだことではない」という前提が隠れているため、自分がイヤイヤ守っているルールを平気で破る人が羨ましいのです。 例えば、「女は男に負けてはいけない」というルールで自分を縛っている人は、男性に上手に頼っている女性を見ると苛立ちを感じることがあります。 苛立ちという感情は、本当の自分の想いに気づくためのサインと見ることもできるのです。 自分原因で考えることで根本原因に気づける 人に頼れない・甘えられない悩みは、人によって深刻に感じる度合いは異なるものの、孤独感や行き詰まり感、絶望感を感じる辛い体験です。 しかし、人に頼れない・甘えられない悩みに限らず、すべての現実は、自分の潜在意識が意図的に創り出したものです。 つまり「潜在意識にとってメリットがあるから、今の現実を創っている」とも言うことができます。 潜在意識にとっての最大のメリットは、「今、持っている前提をそのまま維持すること」ですし、あるいは、自己肯定感が低い人にとっては、人に頼らないことで周囲からの評価を高めたり、責任感の強い人という評価を得ることができるメリットもあるかもしれません。 人に頼れない悩みの奥にある潜在意識の根本原因に気づき、現実を変えていくためには、 今の現実が自分にとってメリットがあったことに気づくことはとても重要です。 今の現実にメリットがあったと認めること、つまり「自分が潜在意識下で望む現実を創っていた」という立場をとることで、 「自分がメリットがあってわざわざ創った現実だから、自分でやめることもできる」という前提が生まれるからです。 今の現実にあったメリットは、例えば、下記のような質問の手順で気づいていくことができます。 今の現実にあるメリットに気づく質問 Q1. 性格というものについて、辞書にはこのように書かれています。 ではそもそも、「その人に固有の」感情・意志の傾向というものが本当に存在するのでしょうか? ふだんはおっとりしている人が、車のハンドルを握るとせっかちになる。 会社では厳しい男性が、家に帰ると子どもに甘く、言いなりになっている。 ということはよくある話です。 そしてそれらのパターンは、潜在意識下に隠れたままにしておくと自覚的に変えるのは難しくなりますが、意識化していくことで変えることができるのです。 仏教の教えの中にも「諸行無常」という言葉があるように、すべての存在はたえず流動的に変化しています。 私たちの内面も、この瞬間ごとに変化しています。 ところが私たちは、潜在意識の恒常性維持の機能によって「昨日までの自分がそうだったから、今日の自分もきっとこのままで、明日の自分もきっとそうだろう」という前提を持ってしまいがちです。 しかし本来「5分前までの自分がどうであったか」すら関係なく、この瞬間から、「自分がどうあるか?」は選ぶことができるのです。 これまで、無意識に、自動的に、反応的に選んでいた自分を、瞬間ごとに、主体的に選択しなおす。 その選択の積み重ねが、あなたの未来を創っていきます。 人に頼る正しい方法、依存との境界線とは? 人に頼れない悩みを持つ方の中には「他人との距離の取り方がわからない」と悩む方も少なくありません。 ふだんは人に頼れないけど、ひとたび心を許した相手には依存的になり、結局うまくいかなくなる。 どこからどこまでが依存なのか、人に頼る正しい方法や、どこからが依存になるのか?という疑問が生まれてきます。 しかし実際「これが正しい人への頼り方で、このラインを超える依存になるよ」という境界は存在しません。 それを探しても、どこにも見えませんし、どこにも形はありません。 「人に依存してしまう」悩みを解決するためには、まず、自分自身に「どうして、依存的になることを避けたいと思っていたのか?」と問いかけてみてください。 すると「依存すると相手に嫌われて、また一人になってしまう」「依存する自分はダメな人間だと感じてしまう」という答えが出てくるかもしれません。 その答えこそが潜在意識下にある前提であり、その前提が現実を創っているため、前提を変えていくことが必要になります。 頑張らないことでうまくいく世界がある 人に頼れない人は「頑張ったらうまくいく」という前提を持っていることが傾向として多いようです。 これは「頑張る」ことと「うまくいく」ことに因果関係をつけている状態です。 「頑張ったらうまくいく」という因果関係を当然に感じるのも、それだけ、幼少期からそのような言葉をかけられる方が多いということなのでしょう。 頑張ることと、うまくいくことに、実際のところは因果関係はありません。 事実、あなたの身近にも「頑張らないからうまくいく」人生を生きている人はいるのではないでしょうか?(逆に「頑張るからうまくいかない」を証明している人もいるかもしれません) 「それはあの人にそういう才能があるからで、私には当てはまらない」と思えるかもしれませんが、はじめはそれでも大丈夫です。 「頑張らないからうまくいく人」「人に頼って愛される人」を意識して見つけていくようにしましょう。 潜在意識には自分と他人の区別がありません。 人を上手に頼っている人を「そういう生き方もアリかもな」という態度で見ていくことで、あなた自身の潜在意識にも変化が起こっていきます。 それは、病気も、お金の悩みも、仕事や恋愛も、子どもに関する悩みも、根本をたどればそこに行き着くのです。 逆に言えば「自分と他人をゆるせばすべてうまくいく」のです。 人に頼るのはダメなこと、と言う前提があったなら、そんな人に頼るダメな自分をゆるす。 人に断られると自分が否定されたように感じるなら、他人から否定される自分や、自分を否定する相手をゆるす。 人に頼ってばかりの人に苛立ちを感じるなら、それを自分がすることをゆるす。 ひとつずつ、ゆるしていなかったことに気づくたびに「ゆるすと決める」ことができます。 うまくいっている人の前提や思考パターンを取り入れる ここまで「人に頼れない」悩みを持つ人に見られる思考・行動パターンや心理的な前提についてお話してきました。 そして、それら潜在意識下にある思考・行動パターンや前提を自覚的に「うまくいっている人のそれ」に変えていくことで、現実を変えていくことができます。 人に頼るのが上手だったり、人の協力を得て物事をうまく進めている人は、以上にご紹介したものとは逆のパターンや前提を持っています。 「私はしっかりしてようがしていまいが、愛され、存在価値のある人間」という前提• 「ありのままの自分が素晴らしい」という前提• 「人に頼ってもいいし、頼らなくてもいい」という前提• 「頑張ってもいいし、頑張らなくてもいい」という前提• 「私が求めれば、みんな助けてくれる」という前提• 「私は女性としての資質を生かしながら、必要な時は男性の力を借りてよい」という前提• 他人からの評価や意見より「私がどう思うか?」「私がどうしたいか?」を大切にする思考パターン• 過去ではなく未来に意識を向ける思考パターン そして、以下の手順で、これらの思考パターンや前提から行動することを試してみてください。 自分の前提や思考パターンを好ましいものに変えていくための手順 Step1:上にあげた前提や思考パターンの中から「これは取り入れてもいいかな〜」「これは自分の中にすでにありそうだな〜」と感じる前提や思考・行動パターンを選ぶ。 Step3:《Step1》で選んだ前提や思考・行動パターンを持っている人は、《Step2》の場面でどのように行動したり、ふるまうかを考える。 Step4:《Step3》で考えた行動やふるまいを、イメージの中で自分でやってみて練習する。 その時に、自分自身が《Step1》で選んだ 好ましい前提や思考・行動パターンを持っている人としてふるまうのがポイントです。 つまり、現実を見ながら、現実への対処として行動を変えるのではなく、好ましい前提や思考・行動パターンから行動をイメージしていくということです。 そして、 できるようになるまで、そういう人のようにふるまうことを続けてみてください。 人に頼れない、甘えられない悩みの心理的背景と改善法のまとめ さいごに、以上にご紹介した「人に頼れない・甘えられない」悩みの心理的背景と改善法をまとめます。 人に頼れない悩みは、潜在意識の根本原因からアプローチしていくことが大切。 逆に、表面的な行動や思考から変えようとしてもうまくいきにくい。 人に頼れない悩みは、幼少期の記憶や心理的な前提、思考・行動パターンが影響する。 それらの前提や思考・行動パターンを「理想の人のそれ」に変えていく。 コツは、できるようになるまで、そのような人としてふるまうこと。 人に頼れない、甘えられない自分を変えていきたい方へ 人に頼れない・甘えられない悩みに限らず、あらゆる悩みの解消や理想の実現は、潜在意識の根本原因にアプローチすることで変化させることが可能です。 こちらの記事や情報も、ぜひご活用ください。

次の

モテない男の特徴とは?なぜかモテない男の共通点まとめ

肝心 な 時に しか 頼り に ならない 男

モテない男性は、女性が「嫌だな…」と感じる目線について、思い違いをしていないでしょうか? モテないのは太っているから? はげているから? 体毛が濃いから?…違いますよ! 男性がモテないのは、そんな外見だけが理由では、決してないはずです。 女性はモテない男性の特徴について、身体的特徴を並べたてるほど、ひどい生き物ではありません。 その証拠に、女性がモテない男性の特徴を語る時、そんな発言はほとんど出ないものです。 モテそうでモテない男性、イケメンなのにモテない男性…モテない男性には理由があり、振る舞いや仕草を含めた内面と外見、その両方が関係しているかもしれません。 今回は、モテない男性の特徴やクセ、ファッションについてなど、女性目線で詳しくご紹介します。 自分から誘ったのであれば、せめて初デートだけは、どんなお店でも良いのでエスコートしてほしいですし、できればごちそうしてほしい女性は少なくないでしょう。 初デートの前には、「食べられないものある?」「なにか希望ある?」という確認を女性にして、「いくつか候補考えておくね」と言うのが、スマートで理想的でしょう。 さらに、女性はただ話を聞いてほしい場合が多く、結論を求めていないこともあるのです。 モテる男性は聞き上手です。 会話の最中は目を見て、ゆったりとした気持ちで女性の話を聞くようにしましょう。 実は、この「店員への態度が大柄」という振る舞いは、女性の「こんな男性は嫌トーク」に出てくる定番でもあります。 また、自分にもいつかこのような対応をするのではないか、と考えてしまう女性もいます。 モテない男性のこの特徴は、若ければ若いほど、まだ小僧なのに…と鼻についてしまうことがあります。 女性は、男性に毎回おごってもらうことを当たり前だとは思っていません。 しかし、以下のようなことは、女性もなんだか情けない気持ちになってしまうでしょう。 主に、地元でちょっと不良だった、という話です。 これは、の女性から良く出るモテない男性の特徴なので、男性も若いと、武勇伝を語りたくなるのかもしれません。 女性がちょっと悪い男性に弱いのは、自分には関係のない芸能人だけだと考えた方が良いでしょう。 モテない男性4つのクセ!女性はこう思っている 次に、モテない男性がやってしまいがちなクセについてご紹介します。 もしかしたら、そのクセさえなければ、素敵な人なのに!と女性に思われているかもしれません。 ちょっと人とぶつかったら「チッ」、少しでも物事がうまくいかないと「チッ」。 これでは、女性は一緒にいて楽しくないですし、これ以上仲良くなっても、ケンカになったらコワイ男の人かも、と感じて離れて行ってしまうこともあるでしょう。 貧乏ゆすりをしている男性は落ちつきがなく、せわしない印象を与えます。 一緒に座っているベンチが小刻みに揺れていたりすると、なんだか気持ちが冷めてしまうでしょう。 緊張しているのかもしれませんが、怒っているようにも見えて、女性からは話しかけづらいかもしれません。 これに関しては、生理的にどうしても不快に感じる女性がいるようです。 好意を持っている女性に対して、「今度ご飯でもどうですか?」と誘う男性が多いと思いますが、このクセがあると、2回目以降は断られてしまう可能性も出てしまうでしょう。 スマートフォンに夢中になっている時、漫画に夢中になっている時、爪を噛むクセが出てしまう男性がまれにいますが、清潔感が感じられません。 また、女性は「爪噛んじゃダメだよー」と男性に注意をした途端に、自分が母親になったような気分になり、なんだか情けない気持ちになるでしょう。 とがった靴とは、つま先がかなり鋭角にとがっている革製、もしくは合皮の靴で、軽薄な印象を受ける女性が少なくないようです。 スニーカーや、ナチュラルにラウンドしたデザインの革靴で、キレイにお手入れしたものを履くと良いでしょう。 サイズを間違えているのではないかと思うようなピッタリした服を着ている男性は、たまにいますよね。 軽薄な印象や、ギラギラした印象を受けてしまう女性もいるようです。 「爽やかさがない」「占い師みたい」「なんで?」といった意見もありました。 素敵だと思っていた男性がドクロの指輪をしていただけで、興味を失ってしまった女性もいるようです。 例えば、シャツのボタンを1番上まで閉めて蝶ネクタイをし、短パンを穿いている男性や、思い切ったマッシュルームカットなどの男性。 オシャレだとは感じるものの、恋愛対象にはなりにくいようです。 正直、女性は男性のアクセサリーにあまり寛容ではないようです。 指輪は両手でひとつまで、ネックレス・ピアス不可という、校則のような価値観の女性も少なくありません。 アクセサリーが多いと、チャラチャラしている、軽薄そう、といった印象を与えてしまうようです。 モテない男性は、飾り立てず腕時計だけしていたほうが、モテるかもしれません。 まとめ 今回はモテない男性の特徴や共通点についてご紹介しましたが、いかがでしたか? モテない男性の中には、外見を気にする方もいるかもしれません。 しかし、外見は清潔感を死守すること、シンプルなデザインの洋服をそのままシンプルに着こなすこと、アクセサリーで遊んだりしないことを心がければ、問題ないでしょう。 モテない男性も、変わろうと思った時から、少しずつ内面まで変われるはず…。

次の

肝心な時に頼りにならない夫でもよい?

肝心 な 時に しか 頼り に ならない 男

スポンサードリンク 信頼されない 肝心なときに頼りにならない人は、得てして周囲からも信頼されていません。 なぜなら、肝心な場面で周囲の役に立てない人は、信頼を得ることなんてできないからです。 肝心な時に頼りになる人 例えば、「クリスマスの飲食店のアルバイト」について考えてみましょう。 クリスマスは、飲食店ならどこもかき入れ時ですから、一人でも人手が欲しい状況です。 しかも多くの人が「クリスマスは恋人や家族と過ごしたい」と考えているため、シフトに入ってくれる人がなかなか見つからず、飲食店は人手の確保に苦労します。 こういう状況で、店長から「クリスマスの日、シフト入ってくれない?」と言われたときに、「はい、大丈夫です」と答えられる人は肝心なときに役に立つ人です。 このタイプは、たとえ普段の仕事が多少いい加減であったとしても、「肝心なとき」に皆の役に立っているので、トータルで見ると周囲からの評価は上がります。 肝心なときに役に立つ人ほど周囲からは大きな信頼を得ることができるのです。 肝心な時に頼りにならない人 反対に、肝心な時に役に立たない人というのは… 上記の例で言えば、クリスマスの日に個人的な理由でシフトに入るのを断ってしまうようなタイプです。 このタイプは、「肝心なときに役に立つ人」とは正反対です。 たとえ普段はソツなく仕事をこなし積極的にシフトに入っていたとしても、「肝心なとき」に役に立たないため、結果的に評価は下がってしまいます。 また、一度こうなると、その後も周囲では「あいつに頼むのはやめておこう」という空気ができてしまうので、周囲からの信頼も得にくくなるんです。 自己中心的である 肝心な時に役に立たない人の多くは自己中心的です。 上記の「クリスマスのアルバイト」の例で言えば、クリスマスの日に人手が足りないのは誰の目にも明らかです。 スポンサードリンク それなのに、店長からの頼みを平然と断ってしまうのは、元をたどれば性格が自己中心的だからです。 自分の都合ばかりを優先する 別の言い方をすると、周囲の利益よりも自分の都合を優先するタイプは、肝心な時に役に立たないと言えます。 例えば、「明日は休日だが職場でどうしても作業が必要になり、出社しなくてはならない」というケースを考えてみましょう。 こういうとき、たとえ休日に予定が入っていたとしても、やはり従業員である以上、「予定を調整してみる」という姿勢は必要です。 なぜなら、一人でも多く出社できれば、その分だけ全体の作業は楽になり、全員が助かるからです。 周囲の状況に気を回せる人は、きちんと自分の都合と周囲の都合とを天秤にかけることができます。 自己中心的な人は… しかし自己中心的な人は、周囲の状況なんてお構いなしです。 「予定があるから行けない」なんてことを平然と言ったりします。 もちろん、こうした肝心な場面で行くも行かないも本人の自由なのですが、行かない人は確実に評価を落とします。 結果的に、周囲からは「肝心な時に役に立たない人」というレッテルを貼られてしまうわけです。 空気が読めない 前項の「自己中心的」とも関連しますが、肝心な時に役に立たない人というのは、基本的に全体の空気を読めません。 多少なりとも空気を読む習慣がついている人は、今は肝心なときだから皆を手伝った方がよいであろうという空気感みたいなものを察知できます。 手伝うべきかどうかを察知できる 例えば、文化祭でクラスの展示を作るとします。 文化祭の前日ともなれば、当然作業が忙しいのは想像に難くありませんよね。 たとえ普段は目立たなくても、こういう時にきちんと空気を読んで積極的に皆を手伝える人は、肝心なときに役に立つ人です。 一方で、空気が読めない人は「今は皆を手伝っておく方がベター」ということが分かりません。 結果的に、周囲が最も助けを必要としているときに何の助け舟も出せず、周囲から冷ややかな目で見られてしまうわけです。 まとめ いかがでしたか。 今回は「肝心な時に役に立たない・頼りにならない」と言われてしまう人の特徴として… ・信頼されていない ・自己中心的である ・空気が読めない 以上、3つのポイントについてご紹介してきました。 「肝心な時に頼りにならない」と言われないよう、やはり最低限の気配りはできるようにしておきたいものです。

次の