雷 へそ 隠す 理由。 雷が鳴るとへそを隠すのはなぜ?雷様がへそを取りに来る由来を2選!

雷が鳴ったらお腹を隠す?雷様におへそ取られるその由来とは?|大人女子のライフハック

雷 へそ 隠す 理由

へそを取る雷とは? 雷様と呼ばれる存在に、へそを取られる、というお話が よく言われていて、主に親が子供などに言う言葉です。 子供は、まだそういうことの判別ができませんから、 子供によっては本当にへそを取られてしまうと思ってへそを 一生懸命隠したりだとか、そういう人もいるかとお思います。 では、このお話は本当なのでしょうか。 そして、どうして雷にへそを取られる、というお話が あるのでしょうか。 案外、知らない方も多いと思います、 大人になるにつれて、自然と「あ~へそを取られることなんてないよな」と 自分で理解すると思うので、それまでになってしまっている人も 多いのではないでしょうか。 そのことについて、お話していきたいと思います。 実際に取られることはない まず、このサイトを読まれていると言うことは、 ある程度の年齢であると思いますから、もう、 雷にへそを取られることはない、ということは お分かりだと思います。 当然「雷様におへそが取られる」なんてことは 現実ではありえないことです。 そのため、雷が鳴っている時に、仮にへそを出していたとしても、 雷にへそを取られて、へそがなくなってしまう、なんてことは 絶対にありませんから、安心して下さい。 あくまでも古くからの言い伝えの一つであり、 言葉の通りの意味ではない、ということですね。 へそを取られる心配はありませんし、 大げさなことを書けば、雷が鳴っている中、へそを空に向けて 出していても、へそを取られることはありません。 (雷に打たれる危険があるので、絶対に試さないで下さいね) スポンサーリンク この言い伝えの真意は? では、この言い伝えの真意は何なのでしょうか。 実際に雷にへそを取られる、ということは上でも書いた通りありません。 しかしながら、この言葉は昔からの言い伝えとして、 幅広く認知されています。 真偽のほどは分かりませんが、 実は下記のような意味で使われていたとの事です。 ・健康のため 雷が鳴る際には、大気の状態などが不安定になり、 気温が急激に低下することが多いです。 夏場の夕立やゲリラ豪雨の前の、不気味な冷たい空気は 一度は経験したことがあるかと思います。 そんな中、おなかを出していれば、お腹が冷えてしまい 体調を崩してしまう恐れもあります。 それを防ぐために、使われていた言葉、ということのようです。 つまりはへその部分を隠す=おなかが冷えないように服を着たりする、 ということで、健康上の意味が込められた言葉、 ということのようです。 決して、雷に実際にへそを取られただとか、 そういうことではないみたいですね。 ・雷に打たれるのを防ぐ理由 もう一つ言われているのが、雷に打たれるのを防ぐ、 という理由ですね。 別の記事で書きましたが、雷は、高い所に落ちる性質があります。 そのため、直立不動で立っている人間よりも 前かがみになっていたり、姿勢を低くしている人間の方が 雷が当たる確率としてはずっと下がります。 へそを隠せ、というのは、へそを隠すことによって姿勢が 低くなり、雷を回避できる可能性が上がる、という理由もあるそうです。 本当にそういった伝承だったのかまでは不明ですが、 確かに、雷を回避する、という意味では理にはかなっているようにも思います。 この2つの理由が挙げられています。 決して、本当にへそを取られた人が居た、とか そういうことではなく、こういった教育的な意味の込められた 言葉になっている、ということになりますね。 へそをとってどうするの? じぅさいにへそを取られることはありません。 が、この「雷様にへそをとられる」ということは、 へそを取って一体どうするのでしょうか。 よく言われているのが雷様は「取ったへそを食べる」ということのようです。 絵本にも、そういう絵本があります。 へそを食べてしまう、なんてなんだか恐ろしい話ですね(汗 他にも、雷を人間に落としてへそから魂を奪う、などという お話もあったみたいですね。 もちろん、いずれも実際には起こらないことではありますが、 そういう話がある、ということは覚えておいても、 損ではないかも、しれませんね。 まとめ と、いうことで、雷が鳴っていても、実際にへそを 取られるようなことはありません。 しかしながら、雷に打たれてしまえば、命の危険も ありますから、雷が鳴り始めたら、しっかりと安全な場所に 避難するように心がけることも大切です。 へそは取らなくても、雷が直撃したりすら、 命を取られてしまう可能性がありますからね…。 この言葉に関しては、子供などに親が使う、というのが 現在では一般的ですね。 雷の怖さを教えてあげる、という意味では良いのかもしれません。 余談にはなりますが、私も小さい頃、親にそのように 言われていました(笑 当時は、本当にへそを取られると思って、おなかのあたりを 隠していたりしていたものです。 そういう意味では、本来の意味の通り、 お腹を冷やさないようにする、ということは出来ていたかもしれません。 言葉にも、色々な意味があるものですね。

次の

雷様がおへそを食べる!?「雷が鳴ったらへそを隠せ」に意味があった!?

雷 へそ 隠す 理由

可愛さのピークって、いつなのだろう? わが家の息子は、ただいま5歳。 いまだに、毎日、毎日、可愛くて仕方がありません。 特に、保育園へお迎えに行ったときの可愛さは格別です。 今回は、そんな保育園からの帰り道におきたエピソードをお話しします。 あっ、カミナリ! 慌てておへそを隠す5歳児 保育園へお迎えに行くと、息子は窓越しにパパを見つけて、ハッと笑顔になります。 遊んでいたオモチャをそそくさと片付けて、パパに向かって駆け寄ってくれるのです。 まるで、映画のワンシーンですよ。 感動の再会。 走ってくる息子を両手でガシッと受け止め、高く抱え上げて、お互いで喜び合います。 保育士さんから一日の様子を伺い、「今日もありがとうございました。 さようなら」を伝えて保育園を出ます。 そんなときです……。 ゴロゴロ、ピカッ! 突然、カミナリが鳴り響きました。 雷が鳴ると、臍(へそ)を押さえる理由 最後に、雷と臍(へそ)に関しての補足を。 「雷が鳴ると臍が取られる」 こう言われるようになった経緯は、諸説あります。 1946年、東京生まれ。 早稲田大学文学部仏文学科卒。 歴史ミステリーや発想クイズの分野で活躍されている、作家の平川陽一(ひらかわよういち)さんの解説がわかりやすかったのでご紹介します。 雷は、昔「神鳴り」だった 科学で解明される以前は、 雷は神の怒りとされていた。 すなわち「 神鳴り」である。 稲光が走り、大きな音がして、時として落雷すれば火事を引き起こす。 豪雨にしても、台風、地震にしても、あるいは大雪にしても、自然災害はどれも恐ろしいものだが、とりわけ雷のすさまじさは、その正体を知らない人たちにとっては恐怖以外の何ものでもなかっただろう。 そこで人々は、畏敬の念をもって雷を「雷神」として祀り、崇めたのである。

次の

なぜ雷が鳴ったらへそを隠すのか?その理由

雷 へそ 隠す 理由

Contents• 子どもにも分かりやすく説明出来る!雷が鳴ったらお腹を隠す理由とは? 雷がゴロゴロとしていると、大人になった今も、ちょっと怖かったりもします。 絵に描かれた雷神様は、少し鬼のように怖い印象があります。 雷を鳴らす、おへそを取りに来る神様ですもんね。 イメージ通りではあります。 おへそ(お腹)を隠す理由とは? これには、諸説あります。 1つ目は、 雷は高いところに落ちるため、おへそ(お腹)を隠す体勢、つまり、 かがんでいる体勢になると、安全だからという理由です。 たしかに、その通りですよね。 おへそ(お腹)を隠すことによって、 雷に打たれるリスクを減らすことができるわけです。 2つ目は、 冷やさないようにするため、という理由です。 雷が鳴る時は、雨がザーザーと降っている時も多いですよね? 近年は、ゲリラ豪雨なんて言葉も良く使われるようになっていますよね。 そういった 雷雨で急に気温が下がるので、子どもに、お腹を冷やさないようにと、 教えるためだと言われています。 また気象学的にも、寒冷前線による雷雨の場合、日中は暖かくなるため、 薄着でいることも多いんですよね。 そういった意味もあります。 この理由・由来を見てみると、雷神様もそんなに悪い人じゃないのかな~?と、 思えてきませんか?身を守るための言い伝えなのかな?と思います。 ちょっと怖い話にはなりますが、子どもに教えるときは、 この話もしっかり由来として教えてあげると良いかも。 おへそは、体の中心にあり、とても大事なものとして考えられていて、 雷神様はおへそから、雷を落としてその生命を奪うとも言われていました。 昔は懐の中、着物の帯の中にお財布を入れていたんだそうです。 そして、そこに入っている硬貨に電気が集まり、 おへそが焦げてしまった例があるようです。 の季節になると、雷雨模様になる日も多くなります。

次の