日産 トレーディング。 日産トレーデイング:企業情報

日産トレーデイング:企業情報

日産 トレーディング

日産が、日産トレーデイングを、1000億円で売りたいそうな・・・ 子会社の売り飛ばすであろという予想は当たったが、本体に近い直参を売り飛ばすとは・予想がつかんかったわ・・・、買収した子会社を売り飛ばすかと予想をしていたが・・・ 現在、売却の交渉中だそうで、商社、ファンドが手をあげているという事である。 トレーディングなんて一般的ではない言葉を使うところがすでに頭が悪い感を醸し出して居る。 トレードと云えば、大体交換と云う意味で、貿易では、売り買いで差額を儲けるという言葉である(はず。 ) ちなみに日産トレーでイングとはこんな会社です。 日産の子会社説明 自動車部品および材料、生産設備等の輸出入ならびに国内販売、自動車およびサービス部品の輸出入 日産トレーデイング株式会社自体の説明 1978年に日産自動車の全額出資子会社として設立自動車関連の部品、原材料、設備機械、及び完成車両のサプライチェーンとトレーディングを担う自動車メーカーの商社 ここで感心するのは、日産は、簡単且明確 日産トレーデング自体の説明は意味が分からないという事である。 ここにも、本体を膨らませようとする意図が感じられるが、単純にどの分野がが何パーセントの割合いで売り上げがあると書いてないところがインチく臭い。 ついでに、過去には、ルノージャポンも吸収してます。 また別会社のルノージャポンがあります:笑い)。 日産の車の輸出入、パーツの輸出入・・・ 売り飛ばした後の輸出の代行は?どうするの? そのまま委託するのか? 手数料は、そのままなんて手ぬるいことはしないでようね。 日産は、他人に厳しく、自分にはものすごく甘いという体質がある。 子会社を売り飛ばすと、元子会社が以前の条件のママで取引を続けるなんて思ってないよね・・・思っているのならバカである。 日産の国際サプライヤーをつなげる会社を売り飛ばすのである。 サプライヤーをチューンと云えばかっこいいが実際はどうなんだろう。 国際展開は、どうするんだ? 逆に、日産のサプライヤーチェーンの海外部分は、ルノーの国際サプライヤーチェーンに組み込まれるから、日産トレーデイングは不要と考えている可能性は高い。 つまり、日産トレーでイングは、将来、不要な会社とい位置づけになったと言える。 日産としては、車が売れないので、資産を売る手法、悪く言えば、タコの足食いモードを加速させるだけというテイタラクである 第一の疑問は、誰が買うんだ?という疑問がある。 まかり間違って、三菱商事が買う可能性があるのか? 三菱商事の車輛輸出担当と抱き合わせるという考えかもしれない。 分社して販売という可能性もある。 日産は、最近三菱グループに自社の会社を押し付ける傾向がある。 三菱自動車を人質にしているので、三菱グループなら買うだろうという思惑かもしれない。 今、日産関係会社なんか買ってもろくなことはない。 車種は減るに減ってるのだから、インフィニティ、ダットサンブランを無くすとか、例えば、プリンス系を完全に吸収して、販売会社のチャンネルを減らす、販売店を減らして、全体の販売コストを下げる。 日産のホームページは、インフィニティ、ニッサン、ダットサンのメッキのエンブレムが並んでいる。 インフィニティなんてただのバッチエンジニアリングに過ぎない。 あれを日産の高級車ブランドと考えると、うすら寒いを通り越してバカバカしいと感じてしまう。 バッチ替えただけ・・・マツダのファイブチャンネル時代を思い出す。 FUGA、スカイラインよく見ないとわからない・・・ 要は、断末魔的である、スカイラインが600万円を超えた時点で、日産へ部品を納めている会社に売り込みに行ったらしい。 このカスみたいない車が600万円以上・・・という点でのけぞるのである。 日産は、ここ10年ほど、店舗の統廃合が進んでいない。 これ以上、減らせないレベルかと云えば、トヨタに対抗してトヨタの店舗の前に店舗を作るという、頭悪いだろ云うとマーケテイングはゴーン時代で終わったが、こんなところに日産の販売店が! というレベルの場所に現在も展開中である。 例えば、五キロ以内の日産店は統廃合する。 地区割で、店舗を減らす・・多分これはもう実行済みであるが・・・ 無駄に店舗が多い気がする。 幹線道路5キロ以内に2店舗なんていらないだろうと思う 名古屋に若宮大通りという通りがある 愛知日産と日産プリンス名古屋並んでいる。 (日産プリンスが嘘くさいのは、「NISMO」の展示にこの間までハコスカのGTRを恥も外聞もなく展示していた。 NISMOと、ハコスカのGTRは一ミリも関係がない。 伝説の偽造である。 ) 例えば、最近のMUFG(三菱UFJ銀行)は、店舗の減らし方が半端ない。 店舗での現金取引をする客が減ったという事でろう。 出張所は軒並なくなった。 名古屋市北区は、古くからあった大曽根支店、上飯田支店は統廃合された 小さな店は大規模転移吸収されていたが、ここ1年で、急速に店舗を減らしている。 支店を維持するコストと、現金自動支払機を設置するコストを考えれば格段の差があるからであろう。 多く人は、現金自動支払機を利用する。 そのもその店舗でできないことはあまりない。 人員の集中化と、店舗の大規模化(これはいらないかもしれない)、整備工場の集中化が必要かと思われうる。 日産は、ゴーンが、大規模な車検集中工場の敷地をたくさん売る飛ばしたので、ちまちまとした店舗しかない。 でもデアル、市内の一等地に立つ店舗は多いので、それらを売り飛ばすべきではないか? ちなみに、三菱自動車は、都市圏の大規模な店舗、修理工場を閉鎖売却、移転統合化を進めている、日産いすゞ方式と呼んでも差し支えのない経費削減、利益率向上切り札である。 資産は有形なので、それも限界がある。 資産を売り飛ばすことで、利益を上げようとする方式を20年間延々と続けてきたが、いずれ限界に来る。 この売却が、前年対比マイナス99%を復元しようとするバカな計画だとわかる。 日産本体には、一時的には金が入るが、短期的には、調達コストが跳ね上がることは明白であろう。 大体2から3割の上昇は容易に想像がつく。 例えば、日産の産業界機械部門(フォークリフト)は、売却されて三菱系(ロジネクストユニキャリア)になったが、旧日産のパーツは部品共販で定価品を購入である。 社販で買えたパーツは、別会社なので、定価でしか買えなくなったという事である。 まだ、高く売れそうな会社を売り飛ばして、目先の利益を上げて、今だけ乗り切ろうと言う観点が見え見えである。 この発表で日産の株価が上がったというが、持っていた人は、本来的には、上がった時点で全部売るべき銘柄だと思う(売るなら、自己判断で、売ってね。 日産が心底要らない会社は売れない、ジャトコとかね。 日産の子会社系の賃金は基本的に安い。 日産本体とくらべれば3割4割少ないのではないかと思う。 日産本体のコストの削減を叫びながら、将来的なコスト増を容認する・・・なんかおかしくないか? 売り飛ばされる事業内容を読んでたら、日産トレーでイングは、今後なんで食っていくのか?という疑問がわいてくる。 事業内容を見る限り、輸出入の代理店である。

次の

NM&E株式会社

日産 トレーディング

日産トレーデイング株式会社 NISSAN TRADING CO. , LTD. 日産トレーディングジャパン株式会社• 株式会社九州鉄鋼センター 外部リンク 日産トレーディング株式会社 にっさんとれーでぃんぐ、: NISSAN TRADING CO. , LTD. )は、(以下、日産)グループ内におけるである。 略称は「 NITCO」。 概要 [ ] 1978年4月に日産の全額出資で設立以来、主に日産グループ内に向けて・・完成車やそのの輸出入などを手掛けてきた。 一般向けのビジネスとしては、~の間の輸入権を保持し 、日産ディーゼル(現・)のディーラー網を通じて販売した他、~まで車の輸入権を保持し 「」名義でルノー車を販売するなどの展開があった。 主な事業 [ ]• 部品ビジネス• 機械ビジネス• 鉄鋼ビジネス• 非鉄金属ビジネス• 自動車ビジネス• 原燃料ビジネス• 化学品ビジネス 沿革 [ ]• 1978年4月 設立• 2006年11月 ルノー・ジャポン株式会社を合併。 2015年4月 当社グループの組織再編を実施。 脚注 [ ] []• 日産自動車100%出資による「ルノー・ジャポン株式会社」として独立・再出発した。 それまで当社で行ってきた日本事業を子会社の「ニトコビジネスソリューションズ株式会社(以下、NT-BS 」のオペレーション業務と統一すると共に、NT-BSの社名を「日産トレーデイングジャパン株式会社」に変更。 リンク [ ]• - ・・・方面の国々を任地とするを含む世界中の・関係者・職員などが対象の日産車販売Webサイト この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 この項目は、に関連した です。

次の

日産の切り札、子会社の切り売り・・: トヨタスポーツな気分

日産 トレーディング

日産が、日産トレーデイングを、1000億円で売りたいそうな・・・ 子会社の売り飛ばすであろという予想は当たったが、本体に近い直参を売り飛ばすとは・予想がつかんかったわ・・・、買収した子会社を売り飛ばすかと予想をしていたが・・・ 現在、売却の交渉中だそうで、商社、ファンドが手をあげているという事である。 トレーディングなんて一般的ではない言葉を使うところがすでに頭が悪い感を醸し出して居る。 トレードと云えば、大体交換と云う意味で、貿易では、売り買いで差額を儲けるという言葉である(はず。 ) ちなみに日産トレーでイングとはこんな会社です。 日産の子会社説明 自動車部品および材料、生産設備等の輸出入ならびに国内販売、自動車およびサービス部品の輸出入 日産トレーデイング株式会社自体の説明 1978年に日産自動車の全額出資子会社として設立自動車関連の部品、原材料、設備機械、及び完成車両のサプライチェーンとトレーディングを担う自動車メーカーの商社 ここで感心するのは、日産は、簡単且明確 日産トレーデング自体の説明は意味が分からないという事である。 ここにも、本体を膨らませようとする意図が感じられるが、単純にどの分野がが何パーセントの割合いで売り上げがあると書いてないところがインチく臭い。 ついでに、過去には、ルノージャポンも吸収してます。 また別会社のルノージャポンがあります:笑い)。 日産の車の輸出入、パーツの輸出入・・・ 売り飛ばした後の輸出の代行は?どうするの? そのまま委託するのか? 手数料は、そのままなんて手ぬるいことはしないでようね。 日産は、他人に厳しく、自分にはものすごく甘いという体質がある。 子会社を売り飛ばすと、元子会社が以前の条件のママで取引を続けるなんて思ってないよね・・・思っているのならバカである。 日産の国際サプライヤーをつなげる会社を売り飛ばすのである。 サプライヤーをチューンと云えばかっこいいが実際はどうなんだろう。 国際展開は、どうするんだ? 逆に、日産のサプライヤーチェーンの海外部分は、ルノーの国際サプライヤーチェーンに組み込まれるから、日産トレーデイングは不要と考えている可能性は高い。 つまり、日産トレーでイングは、将来、不要な会社とい位置づけになったと言える。 日産としては、車が売れないので、資産を売る手法、悪く言えば、タコの足食いモードを加速させるだけというテイタラクである 第一の疑問は、誰が買うんだ?という疑問がある。 まかり間違って、三菱商事が買う可能性があるのか? 三菱商事の車輛輸出担当と抱き合わせるという考えかもしれない。 分社して販売という可能性もある。 日産は、最近三菱グループに自社の会社を押し付ける傾向がある。 三菱自動車を人質にしているので、三菱グループなら買うだろうという思惑かもしれない。 今、日産関係会社なんか買ってもろくなことはない。 車種は減るに減ってるのだから、インフィニティ、ダットサンブランを無くすとか、例えば、プリンス系を完全に吸収して、販売会社のチャンネルを減らす、販売店を減らして、全体の販売コストを下げる。 日産のホームページは、インフィニティ、ニッサン、ダットサンのメッキのエンブレムが並んでいる。 インフィニティなんてただのバッチエンジニアリングに過ぎない。 あれを日産の高級車ブランドと考えると、うすら寒いを通り越してバカバカしいと感じてしまう。 バッチ替えただけ・・・マツダのファイブチャンネル時代を思い出す。 FUGA、スカイラインよく見ないとわからない・・・ 要は、断末魔的である、スカイラインが600万円を超えた時点で、日産へ部品を納めている会社に売り込みに行ったらしい。 このカスみたいない車が600万円以上・・・という点でのけぞるのである。 日産は、ここ10年ほど、店舗の統廃合が進んでいない。 これ以上、減らせないレベルかと云えば、トヨタに対抗してトヨタの店舗の前に店舗を作るという、頭悪いだろ云うとマーケテイングはゴーン時代で終わったが、こんなところに日産の販売店が! というレベルの場所に現在も展開中である。 例えば、五キロ以内の日産店は統廃合する。 地区割で、店舗を減らす・・多分これはもう実行済みであるが・・・ 無駄に店舗が多い気がする。 幹線道路5キロ以内に2店舗なんていらないだろうと思う 名古屋に若宮大通りという通りがある 愛知日産と日産プリンス名古屋並んでいる。 (日産プリンスが嘘くさいのは、「NISMO」の展示にこの間までハコスカのGTRを恥も外聞もなく展示していた。 NISMOと、ハコスカのGTRは一ミリも関係がない。 伝説の偽造である。 ) 例えば、最近のMUFG(三菱UFJ銀行)は、店舗の減らし方が半端ない。 店舗での現金取引をする客が減ったという事でろう。 出張所は軒並なくなった。 名古屋市北区は、古くからあった大曽根支店、上飯田支店は統廃合された 小さな店は大規模転移吸収されていたが、ここ1年で、急速に店舗を減らしている。 支店を維持するコストと、現金自動支払機を設置するコストを考えれば格段の差があるからであろう。 多く人は、現金自動支払機を利用する。 そのもその店舗でできないことはあまりない。 人員の集中化と、店舗の大規模化(これはいらないかもしれない)、整備工場の集中化が必要かと思われうる。 日産は、ゴーンが、大規模な車検集中工場の敷地をたくさん売る飛ばしたので、ちまちまとした店舗しかない。 でもデアル、市内の一等地に立つ店舗は多いので、それらを売り飛ばすべきではないか? ちなみに、三菱自動車は、都市圏の大規模な店舗、修理工場を閉鎖売却、移転統合化を進めている、日産いすゞ方式と呼んでも差し支えのない経費削減、利益率向上切り札である。 資産は有形なので、それも限界がある。 資産を売り飛ばすことで、利益を上げようとする方式を20年間延々と続けてきたが、いずれ限界に来る。 この売却が、前年対比マイナス99%を復元しようとするバカな計画だとわかる。 日産本体には、一時的には金が入るが、短期的には、調達コストが跳ね上がることは明白であろう。 大体2から3割の上昇は容易に想像がつく。 例えば、日産の産業界機械部門(フォークリフト)は、売却されて三菱系(ロジネクストユニキャリア)になったが、旧日産のパーツは部品共販で定価品を購入である。 社販で買えたパーツは、別会社なので、定価でしか買えなくなったという事である。 まだ、高く売れそうな会社を売り飛ばして、目先の利益を上げて、今だけ乗り切ろうと言う観点が見え見えである。 この発表で日産の株価が上がったというが、持っていた人は、本来的には、上がった時点で全部売るべき銘柄だと思う(売るなら、自己判断で、売ってね。 日産が心底要らない会社は売れない、ジャトコとかね。 日産の子会社系の賃金は基本的に安い。 日産本体とくらべれば3割4割少ないのではないかと思う。 日産本体のコストの削減を叫びながら、将来的なコスト増を容認する・・・なんかおかしくないか? 売り飛ばされる事業内容を読んでたら、日産トレーでイングは、今後なんで食っていくのか?という疑問がわいてくる。 事業内容を見る限り、輸出入の代理店である。

次の