スーツ しわ 描き 方。 スーツの描き方 シワを描こう

服のシワについて考える

スーツ しわ 描き 方

かっこいい スーツのキャラが描きたい! でもスーツの襟(えり)やネクタイってどうなっているの?なんて時ありますよね。 そんなときはスーツの 描き方講座を見てスーツの構造やかっこよく見える着こなし方を学びましょう! この講座ではシャツやスラックスなどスーツを着たキャラクターを描く際に必要なものについても一緒に解説しています。 スーツの描き方をマスター! 正面・側面から見たシャツとネクタイの描き方 まずはシワができやすい箇所から確認していきましょう。 シャツはシワができやすく、特に肩、鎖骨、胸筋、肘、お腹周りにシワがよりやすいことを意識して描いていきましょう。 襟は喉仏の下の位置にV字になるように描きます。 次に袖(そで)を描いていきます。 まず肩の頂点から脇の下への縫い目を描きましょう。 シワは肩の頂点から内側に巻き込まれるようにできます 通常、袖口は手首が隠れるくらいの長さになります。 鎖骨の上あたりに縫い目を描き、体の真ん中にボタンがつく部分のラインを描きます。 ネクタイを描く時は平たい印象になってしまうことに注意しましょう。 結び目は丸みをもたせて立体感を出します。 結び目から出る部分にはふくらみをもたせ、やや末広がりに描きます。 剣先はベルトが半分隠れるくらいの位置になります。 次に横から見た際のシャツの描き方を解説していきます。 襟の上下は曲線、首の後ろは垂直な直線になります。 袖のシワは肩の頂点から矢印の方向にできます。 袖口は横から見るとボタンが見えます。 ボタンホールも忘れずに描きましょう。 背中やお腹の部分は裾(すそ)の方にシワを描きます。 首から肩への縫い目は肩の流れに沿うように描きましょう。 ネクタイは布の厚みとふくらみを意識して描きます。 後ろから見たシャツの描き方 続いて、後ろから見たシャツの描き方を紹介していきます。 腕をまっすぐ降ろすと脇の部分にシワができます。 腕を曲げると肘を頂点としてシワができます。 袖口は先に向かって細くなっていくので、台形になるように描きましょう。 背中部分は肩甲骨の張りや腰部分のたるみにシワができます。 縫い目とひだも描きこんで完成です。 正面から見たジャケットの描き方 ジャケットの第一ボタンの位置をみぞおちの少し下に決め、それに合わせて襟の内側を描きます。 上襟と下襟の境目はワイシャツの襟とジャケットの襟が重なる部分の真ん中くらいになります。 肩は肩パットがあるため袖との境目部分に少し丸みをつけます。 袖はまっすぐ立った場合、シワはほとんどできません。 袖口からはワイシャツが1〜2cm見えます。 ボタンをとめていると裾が少し外側に広がるのでXを意識して描きましょう。 裾の長さは袖より少し長いくらいです。 第一ボタンを描き、ボタンホールも描きましょう。 第二ボタンは第一ボタンから裾までを結んだ線の真ん中より少し上になります。 下襟にラベルホール、胸元には胸ポケットを描きます。 第二ボタンと同じくらいの高さに腰ポケットを描き、 胸ポケットの真ん中から腰ポケットの内側4分の1の位置にフロントダーツと呼ばれる縫い目を描きます。 次に、ボタンを留めていないジャケットを描いていきます。 向かって左にボタン、右にボタンホールを描きましょう。 腰ポケットは前が開く分、後ろになります。 フロントダーツ等を描き込んで完成です。 横から見たジャケットの描き方 ジャケットの襟を描く時は、ワイシャツの襟と平行にならないことと、奥行きがあるので正面から見た時より幅が狭くなることに気をつけましょう。 体の正面の線は直線ではなく曲線で描きましょう。 肩の縫い目は肩の頂点を通るよう丸みをつけて描きます。 袖口は横から見るとボタンが見えます。 首から肩への縫い目は矢印のような曲線になるように描きます。 裾はお尻が半分隠れるくらいの長さです。 後ろから見たジャケットの描き方 後ろから見るとジャケット襟の上には少しだけワイシャツが見えます。 袖の部分は腕を伸ばしていても前後に動かすと脇にシワができます。 後ろから見るとボタンと縫い目が見えます。 ジャケットはシワができにくいですが、腕や体を曲げるとシワができます。 背中側の縫い目の線は、腰の部分で少し曲げてシワを表現します。 以上で完成です! 正面から見たスラックスの描き方 スラックスの履き口は少し高めの位置に、やや曲線で描きます。 ベルトのバックルを体の真ん中に描き、ベルトホールをそのすぐ横、脚の中心、側面に描きます。 ファスナー部分を描きます。 中心にまず線を引き、向かって右側に縫い目を描きます。 縫い目の終わりは少し下に間隔をあけ、直角ではなく斜めに描きます。 ポケット口を脚の側面の縫い目のすぐ横に描きます。 膝から下は重みによるよれを意識して描きましょう。 裾はワンクッションたるみをもたせ、靴の甲を少し包むように描きます。 脚の中心のラインに折り目を、側面には縫い目を描きます。 後ろから見たスラックスの描き方 履き口を描きます。 後ろ側は中心に切れ込みがあります。 足を曲げるとポケットが膨らむので少し浮かせて描きます。 後ろ側はふくらはぎ部分にしわができやすいので重なりを意識して描きましょう。 足を曲げていなくても膝の少し上からたるみができます。 ポケットをお尻の少し上に描きます。 左のポケットにはボタンがついていることが多いです。 脚の中心に折り目を描きます。 線はシワに合わせて曲げましょう。 補助線を消して完成です。 いかがでしたか?以上で「スーツの描き方講座」は終了です。 動画講座では実際に描きながらジャケットやスラックスの描き方を解説しているのでぜひ見てみてくださいね!.

次の

スーツの描き方 シワを描こう

スーツ しわ 描き 方

スーツのシワ取りもマナーのひとつ 就活時期になって初めて、スーツを毎日着るようになった学生が多いでしょう。 社会人になれば、業界・職種によっては毎日着用して出社しなければなりません。 スーツを着ていれば必ずといっていいほどできてしまうのが「シワ」ですが、実際はあまり気にしていない方も多いです。 しかし、そのスーツのシワひとつで就活の結果が左右されてしまうこともあります。 本記事では、スーツのシワを取っておいたほうがよい理由から、できてしまったシワを取る方法、さらにはシワを未然に防ぎ、できるだけ長く美しく保つ手段まで、「スーツのシワ」に関することをまとめて紹介します。 スーツのシワ取りの方法が知りたい方はもちろん、今までスーツのシワなんて気にしたことがなかった就活生も必見です。 シワはだらしない印象を与える 就活では「第一印象がすべて」と言っても過言ではありません。 就活生であれば、一度はこのキーワードを耳にしたことがあるでしょう。 実際多くの就活生が、髪形やメイク、そしてビジネスマナーなどの立ち振る舞いに細心の注意を払っています。 しかし、スーツのシワにまで気を配れている人は少ないです。 スーツのシワも、その人の「見た目」に関わることです。 見る人によっては、シワがあるだけで「だらしない」というマイナスな印象を受けてしまいます。 スーツのシワは些細なことのように思うでしょうが、そのようなところで評価がよくないほうに響いてしまうのは大変もったいないです。 自己分析をして、本番に備えよう 選考を突破するには、ビジネスマナーを把握するだけでなく、自分の強みを本番で上手くアピールしなければなりません。 そのためには自己分析をして、あなた自身の強み・弱みを正確に把握しておく必要があります。 でも、そんな時間がとれない人も多いはず。 そこで、自己分析ツールのを活用してみましょう。 My analyticsを使えば、 36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを正確に把握できます My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を有利に進めましょう。 ホテルでもできるアイロンなしのシワ取り 志望する企業によっては、地元もしくは下宿先を離れて、遠いところで活動するケースも多いです。 そのため、中には現地に宿泊して活動する就活生もいます。 そのような場合、スーツをバッグや専用のケースなどに入れて持ち運ぶことも多く、その際にジャケットやパンツに変な折り目がついてしまうこともあるでしょう。 こんなとき、ホテルなどの宿泊施設では、備品としてアイロンを貸し出してくれるところもあります。 しかし、そうでないところも中にはあり、「面接前にきれいにしたかったのにどうしよう」と焦る気持ちになってしまうこともあるでしょう。 ここでは、アイロンがなくてもスーツのシワ取りができる方法を2つ紹介します。 ぬるま湯をスプレーして干す 1つめは、適度な湿り気を与えてシワを伸ばす方法です。 霧吹きにぬるま湯を入れて、背中や腕、ひざ裏などのシワが気になるところを伸ばすようにして吹きかけます。 このとき、冷たい水よりもぬるま湯がおすすめです。 ぬるま湯を使用した方が、蒸発までの時間が短くなります。 霧吹きは、100円ショップやホームセンターなどで手に入るでしょう。 もちろん、全体がひたひたになるまでかける必要はありません。 むしろかけすぎると、今度はなかなか乾かなくなってしまうためやめましょう。 霧吹き後は、スーツ用のハンガーにかけて、風通しのよいところで陰干しするようにしてください。 クリーニングに出さなくても、軽いシワであれば、霧吹きで十分綺麗にとれるでしょう。 入浴後の浴室に干すのもおすすめ 霧吹きを用いることで、外泊先でも簡単にシワ取りをすることができます。 しかし、忙しい就活中には、どうしても霧吹きを手に入れることができない場合もあるでしょう。 そのようなときは、入浴後の浴室を活用するのがおすすめです。 入浴後の湿度の高い浴室にしばらくスーツを吊るし、十分に蒸気を吸わせましょう。 蒸気を吸わせることで、霧吹きと同様の効果が得られます。 30分程度浴室に吊るしたら、霧吹きのときと同様に、風通しのよいところに陰干しするようにしてください。 湿度の高い空間で蒸気をまんべんなく吸わせることで、スーツ全体のシワが綺麗にとれるでしょう。 道具や手間も必要ないため、普段忙しくてなかなかスーツの手入れができない人にもおすすめといえます。 シワ取りスプレーを活用する 2つめは、市販の商品を使う方法です。 現在では、衣類に使えるシワ取りのためのスプレーが数多く販売されており、気軽に手に入れることが可能です。 使用方法は先ほどとほぼ同様で、シワが気になるところに、スーツを引き延ばすようにしながらスプレーをかけ、風通しのよいところで干すだけで完了です。 さらに、シワ取りスプレーの多くは、消臭効果もついています。 シワ取りスプレーを活用すると、ぬるま湯でするよりも値は張ってしまいますが、より衛生的というメリットがあるといえます。 おすすめのシワ取りスプレー ・ ・ ・ 「お洋服のスタイルガード しわもニオイもすっきりスプレー」は、シワ取りの効果に優れた商品です。 気になる部分にさっとスプレーし、手でシワを伸ばします。 その後10分程度吊るして乾かすだけで、簡単にシワを伸ばすことができるため、おすすめです。 「スタイルケア 服のミスト」は、抜群のシワ取り効果があるのはもちろんのこと、消臭効果や静電気防止効果にも優れた商品です。 スプレー直後はほのかに香りがしますが、乾くと匂いは消えるため、香りを控えたい就活に向いている商品といえます。 「ミセスロイド スタイルメイト しわ・ニオイとりミスト」は、他の商品と比べて多機能であることが魅力です。 除菌・抗菌・静電気防止効果に加え、花粉・ホコリ付着防止効果やウイルス除去効果もあり、花粉症の方や風邪に注意したい就活生の方におすすめの商品といえます。 シワ取りスプレーにはいくつもの商品があり、効果もさまざまです。 自分に合う機能の商品を探して就活に活用してみましょう。 時間がある時のシワ取り 先ほどご紹介した2つの方法は「応急処置」とも呼べるようなものでした。 しかし、時間があればしっかりと丁寧な方法でシワを伸ばしてあげたほうが、スーツが長持ちするでしょう。 また、より衛生的に美しく保つことも可能になります。 ここでは、時間があるときにやってほしいシワ取りの方法を紹介します。 毎日手入れをすることが難しいと感じる人は、週1回程度でも取り入れてみましょう。 スーツの見栄えが格段に変わってきます。 スチームアイロンをかける クリーニングに出さなくても、自宅でスチームアイロンをかけるだけで、簡単にスーツを美しい形のままで保つことができます。 さらに、高温のスチームをかければ、たばこや焼き肉などの嫌なにおいを除去する効果や殺菌効果もあります。 このように、あるとたいへん便利なスチームアイロンですが、自宅のアイロンにスチーム機能がないという方もいるでしょう。 スチームアイロンがなければ、アイロンと一緒に霧吹きを用意してください。 アイロンの前に霧吹きをかけておけば、スチームアイロンと同様の効果が得られ、簡単にシワを伸ばすことができます。 アイロンがけをする際は、当て布をすることが大切です。 当て布をしておかなければ、生地がプレスされることによって表面の繊維が寝てしまい、スーツのテカリの原因となってしまいます。 クリーニングに出す もちろん、自分であれこれやろうとしなくても、プロにお任せすれば確実に美しい形に仕上がります。 自分で取れるシワではないと判断した場合は、クリーニングを活用してみましょう。 定期的にクリーニングに出しておけば、スーツの持ちもよくなります。 また、外部にお任せすることで、シワ取りの手間を省くこともできます。 しかし、クリーニングを活用すると、それなりの費用がかかるうえに、仕上がりまでには数日間を費やすことが多いです。 そのため、クリーニングに出す前に、スケジュールをしっかり確認しておくようにしましょう。 シワを未然に防ぐ方法5つ スーツを綺麗に保つためには、シワを定期的に取り除くことが大切です。 しかし、そもそもシワができるのを未然に防いでおけば、シワ取りに四苦八苦する必要はありません。 また、シワを未然に防ぐための工夫をすることは、手入れにかかる手間や時間を節約することにもつながります。 ここからは、スーツのシワを未然に防ぐためにやってほしい方法を5つ紹介します。 スーツの扱いに慣れていない人はとくに参考にしてみてください。 それは、複数のスーツを交互に着用できるようにするためです。 交互に着用することで、ひとつのスーツを連続して使用することがなくなります。 一度着用したスーツは、ハンガーにかけてしっかりと休ませておきましょう。 吊るした状態でスーツを休ませることで、自然とシワが伸びてきます。 また、使用頻度を抑えることで、スーツが傷みにくくもなるでしょう。 自分では取り除けないようなシワや汚れが付着した場合にも、もう一着スーツがあれば、すぐにクリーニングに出してメンテナンスをすることができます。 学生時代はスーツを使用する機会が少ないため、複数用意する必要はないと考える人もいるでしょう。 しかし、スーツのもちを考慮すると、2着以上は用意しておいた方が賢明といえます。 ポリエステルのような合成繊維でできている生地は、シワがつきにくいです。 このようなシワがつきにくい素材のものを選ぶのも、スーツのシワを未然に防ぐ方法のひとつです。 スーツの販売店によっては、シワがつきにくいことを商品の魅力として売り出しているところがあります。 衣類のメンテナンスが苦手な人や几帳面ではない人は、そのようなスーツから購入を検討してみるとよいでしょう。 多少メンテナンスを怠ってしまっても、通常のスーツに比べれば、シワや傷みが少なくて済みます。 しかし、シワがつきにくいからといってあまりにも雑に扱ってしまうと、スーツの傷みもひどくなり、面接官の目に付いてしまうこともあるでしょう。 どんなスーツでも、定期的なメンテナンスは必須といえます。 「スーツは買った時についていたハンガーにそのままかけている」など、スーツの上下を同じハンガーにかける方も多いでしょう。 しかし、そうしてしまうと、とくにスーツパンツのほうに余計なシワができてしまうため、スーツを美しく保つためには好ましくありません。 干しているときにできるシワをできるだけ防ぎ、かつ美しい形で保っておくためには、ハンガーを上下別で用意するのが好ましいです。 このときに意識してほしいポイントは、スーツパンツは、スーツパンツ専用のスラックスハンガーに裾を上にしてかけることです。 そうしておけば、パンツは上部のほうが重いという特徴と重力を利用して、スーツのシワを伸ばすことができます。 スーツパンツ専用のスラックスハンガーは、現在では100円均一ショップでも買うことができます。 ぜひ利用してみてください。 シワになりづらい畳み方の例は以下の通りです。 まず、背中側が谷折りになるようにして、両肩部分が合わさるように畳みます。 ジャケットのラペル(襟部分)を揃えるようにして、片側を裏返して被せましょう。 持ち歩く際は、そのままやわらかく腕にかければOKです。 遠方での面接の際に、現地で着替えるためにバッグに入れて持ち運ぶという方は、先ほどの手順で畳んだジャケットをそのまま二つ折りにすると、コンパクトになって収納しやすくなります。 このとき、畳んだスーツの間に靴下や下着などのやわらかいものを挟んでおくと、それらがクッションの役割を果たします。 ジャケットが他の荷物で圧迫されるのを防いでくれるため、余計なシワができにくくなりおすすめです。 ジャケットは脱いでから持ち運ぶことで、シワを防ぐことができますが、常に着用しているスーツパンツは、どうしても着用シワがついてしまうでしょう。 スーツパンツのシワを予防するには、まっすぐな美しい姿勢をキープして座ることが大切です。 足を組んだり、横を向いていたりするとシワがつきやすくなってしまいます。 姿勢を何度も変えるのも、スーツにシワを作る要因のひとつです。 また、ひざ裏のシワは、椅子に座ったときのひざの曲げ伸ばしでできるものがほとんどです。 そのため、面接の前には電車の座席などに座らないほうが効果的といえます。 コロナ自粛中に、自己分析をやり直そう コロナウイルスで就活も自粛の傾向になり、選考が進まず、不安になっていませんか? そんな時は、を活用して、自己分析をやり直してみましょう。 コロナで就活自粛中の今こそ、自己分析を通して、自分の本当の長所・短所を理解し、コロナ自粛が解けた後の就活に備えましょう。 スーツのシワ取り方法は社会人になっても使えるスキル 就活における「第一印象が重要」というキーワードは、無事採用され社会人になってからも同じことがいえます。 そのため、スーツのシワ取りの方法は、就活の時だけではなく、社会人になってからも使えるスキルです。 就活で面接官から好印象をもってもらえるために、ここで紹介したスーツのシワ取り方法をぜひ身につけてください。 スーツを綺麗に保つためのノウハウは、就職後も、仕事仲間や取引先からよい印象をもたれることに、役立つでしょう。 【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう コロナに、オリンピック延期…波乱の今年の就活で、自分が内定をとれるか不安ではありませんか? そんな時は、就活力診断をやってみましょう。 24の質問に答えるだけで、あなたの就活力を診断。 得意・苦手な分野をグラフで見える化します。 就活力診断で、自分の苦手な分野を発見&対策し、万全の状態で面接にのぞみましょう。 監修者プロフィール.

次の

【画力上達の本】服のしわならこの書籍1冊でOK!しわを攻略したい方へ

スーツ しわ 描き 方

スーツの種類と構造 一口にスーツと言っても、そのデザインにはいろいろな種類があります。 まずは、男性用スーツの種類や構造を見てみましょう。 シングルとダブル スーツはボタンの配列によって、シングルスーツとダブルスーツに分けられます。 シングルスーツは、現代のビジネススーツの定番で、前のボタン配列が1列のデザインのものを指します。 ボタンの数は、2つボタンと3つボタンのものがあります。 ダブルスーツは、前のボタンの配列が2列あり、合わせ部分を大きく重ね合せるデザインのものを指します。 ボタンの数は4〜6つになり、シングルよりもフォーマルな印象が強いです。 ボタンの数 シングルのスーツは2つボタンと3つボタンのものがあります。 2つボタンのスーツは、ネクタイとシャツが見える「Vゾーン」の部分が広くなります。 2つボタンを着るときは、上のボタンのみ閉めて、下のボタンは閉めずに開けておきます(下のボタンはあくまでも飾りです)。 3つボタンのスーツは、Vゾーンが狭くなります。 基本的に一番上のボタンと真ん中のボタンのみを閉め、やはり下のボタンは開けておきます。 ツーピースとスリーピース また、ジャケットとスラックスで構成される一般的なスーツを「ツーピーススーツ」、ジャケットとスラックスにベストを加えたスーツを「スリーピーススーツ」と呼びます。 スリーピーススーツは、ジャケット、スラックス、ベストの3つが揃っていることから、「三つ揃え」とも呼ばれています。 ツーピースよりもフォーマルな印象を与えます。 襟の種類 スーツの印象は襟でも変わってきます。 ノッチドラペル:ひし形の上襟と下襟からなる、一般的な形のものです。 ノッチドスリム:ノッチドラペルよりも襟の幅が狭くシャープになっています。 ピークドラペル:ピークは「先の尖った」という意味です。 下襟の先端が上に尖っている襟です。 ドレッシーなタイプのスーツに多く見られます。 ピークドスリム:ピークドラペルよりも襟の幅が狭くシャープになっています。 ショールカラー:上襟と下襟が繋がった、帯状の肩掛けの形をしたタイプのもので、下襟が丸く緩やかにカーブしているのが特長です。 主にタキシード向けの襟で、その形からへちま襟と呼ばれることもあります。 切れ目の種類 スーツの後ろ身頃に縦に入っている切れ目を「ベント」と言います。 ベントは、動きやすさを上げる役割を果たし、スーツの後ろ姿の印象を決めるポイントともなります。 ベントには3つの種類があります。 センターベント:スーツの後ろ身頃部分の中心に縦に切れ目が入っているタイプを指します。 一般的には2つボタンのシングルスーツに使用されています。 サイドベンツ:スーツの後ろ身頃部分の両サイドに切れ目が入っているタイプを指します。 ベントの切れ目が広がっていない状態が良い着こなしとされています。 ノーベント:スーツの後ろ身頃に切れ目がないタイプを指します。 主に冠婚葬祭などに着るフォーマルスーツです。 スーツのパーツと構造 そのほか、スーツはいろいろなパーツで構成されています。 どういうパーツで構成されているか知っておくことで、イラストにする際にイメージしやすくなります。 ゴージライン:上襟と下襟の縫い合わせた部分のことを指します。 サイドポケット:フラップポケットと呼ばれるふた付きのポケットが一般的なデザインです。 角度の付いたものや、外側から袋を貼り付けた形のものなど様々な種類があります。 フロントダーツ:前身頃の胸から腰の辺りにかけて、縦に入った線のことを指します。 ウエスト周りを絞り、ラインを美しく見せる役割を果たします。 フロントカット:前身頃の裾の形のことを指します。 丸型のレギュラーカットや角形のスクエアカットなど種類があります。 カフ:袖口のことを指します。 機能性を上げるためにスリット状になったものもあります。 スーツ男子を描くときのポイント 続いて、スーツ男子を描くときのポイントを解説していきます。 全体的なシルエット スーツの丈は短すぎても長すぎても不恰好に見えます。 股下より少し上辺りが丁度いい長さでしょう。 腰のラインは、縦に入ったフロントダーツという線によって絞られているため、緩やかにくびれています。 フロントダーツの入っていないスーツの場合は、寸胴なボックススタイルになります。 また、細かなポイントとして、ジャケットの袖から1〜2cmシャツの袖が出るように描きましょう。 襟を描くときのポイント 上襟と下襟はかなり上の方にあります。 上襟が長くなりすぎないように気をつけてください。 上襟と下襟の境目であるゴージラインと鎖骨の位置を意識して描くといいでしょう。 シワの入れ方 シワの入りやすいポイントを把握しておけば、自然にシワを入れられます。 基本的にスーツの襟にはシワは入りません。 同様に肩の部分にもあまりシワは入りません。 シワは、ウエスト・腕とボタン周りに入ります。 ただし、スーツは生地に厚みがありますので、細かく描きすぎて薄い布に見えないよう、調整して描きましょう。 肩の描き方 肩は、丸みそのままに描くのではなく、少し角度を付けて描くといいでしょう。 一筆で描くのではなく、袖の縫い目で一度ペンを離して描くと丸くなりません。 スラックスの描き方 スラックスのポケットは、ジーンズのように前面に付いているのではなく、側面に付いているため正面からは見えにくいです。 ポケットの線も大きく角度の付いた斜めではなく、ほとんど縦に近い斜めです。 スラックスは、前後中央に入っている縦線がポイントです。 これを描くだけでスラックスらしく見えますので、忘れないようにしましょう。 スーツ男子に似合うアクセサリー 最後に、スーツ男子の魅力をアップさせるアクセサリーを紹介します。 シャツ ジャケットの下に着るシャツは、シンプルなホワイトも爽やかで素敵ですが、ブルーやピンク、パープルなど色のついたシャツ、ボタンダウンのシャツも魅力的です。 また、シャツに細いストライプ(縦縞)の入ったものや、襟と袖だけ白いデザインのものも、キャラの個性が出て良いでしょう。 ネクタイ ネクタイも、定番で無難な無地のネクタイから、ストライプ柄、ドット柄など様々なデザインがあります。 また、幅も通常のレギュラータイから、細めのナロータイまでバリエーションがあります。 会社、プライベート、パーティーなど、シーンによって使い分けましょう。 靴 スーツに合わせる靴は、革靴が基本です。 靴紐のあるタイプでは、靴紐を通す穴のある「羽根」の部分が、靴の外側に付いている「外羽根」タイプと、内側に付いている「内羽根」タイプがあります。 また、つま先のデザインも、横線が1本入っている「ストレートチップ」タイプや、逆につま先に一切飾りがないタイプなど、様々な種類があります。 靴の形にもいろいろなデザインがありますが、つま先を少し尖らせて、上に反らせるとかっこよく見えます。 ネクタイピン ネクタイピンは通常、シルバーまたはゴールドのものが選ばれます。 付ける位置は特にルールはありませんが、なるべく不自然に見えない位置に付けましょう。 ジャケットを着ているときと、ジャケットを脱いでシャツだけのときで、付ける位置を変えてみるのもいいと思います。 その他のアクセサリー このほかにも、下襟にラペルピン、胸ポケットにポケットチーフ、袖口にカフスボタンなど、どれか一つでも付けるだけで印象が変わってきます。 おしゃれに気を使っているキャラクターなら、ぜひアクセサリーを付けてあげましょう。 スーツはよく見かける服なので、記憶やイメージに頼って描きがちですが、スーツの種類やパーツ、アイテムの組み合わせを知れば、しっかりとしたスーツ男子を描くことができます。 基本を把握しつつ、写真や資料を見て、ぜひ好みのスーツ男子を描いてみてください。 Palmieの動画講座で講座内容をチェックしてみましょう。

次の