名 探偵 コナン 探偵 たち の 鎮魂歌。 名探偵コナン『探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)』あらすじネタバレ

名探偵コナン 劇場版 探偵たちの鎮魂歌

名 探偵 コナン 探偵 たち の 鎮魂歌

僕の好きな人が僕を裏切るわけがないぃ! 本作品は名探偵コナンの映画作品、 コナン映画としては10作品目の作品にあたり 10作品記念映画ということになっている。 監督は山本泰一郎、製作はトムス・エンタテインメントトムス・エンタテインメント 事件を捜査しないとどうなるかわかってるな!? 引用元:名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)より C 2006 青山剛昌/小学館・読売テレビ・日本テレビ・ 小学館プロダクション・東宝・TMS 物語は「毛利小五郎」がとある依頼を受けるところから始まる。 だが、その依頼には裏があり、蘭や少年探偵団に腕時計型爆弾をしかけられてしまい 彼女たちは人質にされていることを知らないまま、 「毛利小五郎」と「コナン」は彼女たちを助けるために 犯人に言われるがまま過去に起こった事件の再捜査をすることになる。 緊張感があふれる状況だ。 事件を解決しなければ蘭達の爆弾は爆破されてしまうどころか、 時間までに解決しなくても爆破されてしまう。 映画の冒頭からメインキャラたちに明確な「命の危険」を示唆しており、 映画らしいシリアスかつ盛り上がる冒頭だ。 爆弾もブラフではないことをきちんと示しており、 だからこそ、きちんと緊張感が生まれる。 暗号 引用元:名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)より C 2006 青山剛昌/小学館・読売テレビ・日本テレビ・ 小学館プロダクション・東宝・TMS 依頼者は探偵たちに「とある事件の真犯人」を見つけてほしいと依頼する。 探偵たちの知り合いや家族を人質に取るほど、 彼は必死に真犯人を見つけてほしいと思っている。 ココまでは理解できる。 だが、彼はなぜか探偵に事件の詳細を伝えることはしない。 「暗号」を伝えることで、まずどんな事件かというのを 暗号が解かないとわからない。 「推理力のチェック」であることは分かるのだが、 それにしてもあまりにもまどろっこしく、 最初だけ推理力チェックで暗号を出すなら分かるが、次々と謎解きゲームをさせる。 映画の尺稼ぎとしての暗号にしかなっていない。 普通に依頼人が知るすべての情報を与えた上で再捜査させればいいものの、 「暗号」という形で濁して伝えるのは正直理解不能だ。 オールスター 引用元:名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)より C 2006 青山剛昌/小学館・読売テレビ・日本テレビ・ 小学館プロダクション・東宝・TMS この作品は10作品記念の作品として 「オールスター」、つまり全レギュラーキャラクターを出そうとしている。 少年探偵団や服部平次、怪盗キッド、警察の面々と 全てのキャラを万遍なく活躍させようとしているのを感じる作品だ。 その一方で意味がわからないのが「白馬」の存在だ。 コナンファンでもない限り「誰?」と思ってしまうほどのキャラクターであり、 登場回数もすごく少ないキャラクターだ。 どちらかといえば「まじっく快斗」のキャラクターであり、 ファンとしては嬉しいかもしれないがやや微妙なキャラまで登場している。 ただ本当に細かく色々なキャラが出ており、台詞はないものの 「山村刑事」がモブ的にさらっと映っているシーンが有り、 ファンならば細かいところまで楽しめるシーン作りになっている。 灰原哀 引用元:名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)より C 2006 青山剛昌/小学館・読売テレビ・日本テレビ・ 小学館プロダクション・東宝・TMS 今作の灰原哀は可愛い。 少年探偵団や蘭、和葉たちは自分たちに爆弾を仕掛けられたことを知らない。 だが、テーマパークの外にでてしまうと自動的に爆破する仕組みになっており、 それを防ぐために唯一、コナンから事実を聞いている灰原哀が奮闘する。 彼女の「演技」の可愛らしさは破壊的な魅力を生み出している。 その他のキャラクターも、そのキャラクターらしい台詞や台詞の掛け合いが有り、 コナンと言う作品のキャラクターに対する愛情を感じる作品だ。 だからこそ、コナンファンはこの作品をしっかりと楽しめる。 アクション 引用元:名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)より C 2006 青山剛昌/小学館・読売テレビ・日本テレビ・ 小学館プロダクション・東宝・TMS コナン映画と言えばアクションシーンだ。 荒唐無稽とも言えるとんでもないアクションを小学生の体の 「コナン」が繰り広げるのが毎回のお約束にもなっている。 そのお約束の1つがスケボーだ。 今回は謎のバイクに乗った奴らに銃撃される(笑) 明らかに子供のコナン相手にしつこく追いかけ回し、 町中であろうと銃を撃ちまくる犯人の凶暴さは凄まじいものの、 「逃亡シーン」のなかできちんと迫力のあるスケボーシーンを描いている。 ただ惜しむべきは物語の中盤でスケボーが壊れてしまい、 しかもコナンが怪我をしてしまうことで、それ以上のアクションシーンが 望めなくなってしまったのはやや残念なところだ。 事件 引用元:名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)より C 2006 青山剛昌/小学館・読売テレビ・日本テレビ・ 小学館プロダクション・東宝・TMS 依頼人が調べてほしい事件は「強盗事件」と、 それに関連する「殺人事件」の真相だ。 警察の捜査はすでに終わっているものの、 その捜査は依頼人にとって納得行くものではなかった。 だからこそ、彼は探偵の親しい人を人質にとってまで探偵に調べさせている。 警察は犯人は「女」と断定しており、すでに犯人も分かっている。 事件の後、彼女は「自殺」しているものの死体は見つかっていない。 この時点で実は生きてる事はわかってるはずだ。 警察の捜査の段階で犯人も事件の真相も殆どわかっている。 だが依頼人としては納得がいかなかった。 謎の依頼人の正体は?事件の真相は?というのがこの作品における ミステリー部分になっている。 真相 引用元:名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)より C 2006 青山剛昌/小学館・読売テレビ・日本テレビ・ 小学館プロダクション・東宝・TMS コナンと平次は依頼人に犯人を告げる。 だが、それは警察の捜査の結果と変わらない。 当然、依頼人は納得がいかない。 それは依頼人が真犯人に対して好意があったからこそだ。 自分を裏切るわけがない、 自分を殺そうとするわけがない、 自分をはめるわけがないという思い込みの結果だ。 本当にあまりにも迷惑な依頼人だ(苦笑) 事件そのものははっきり言って大したことがなく、 コナンじゃなくても分かってしまうほどのレベルだ。 ただ「警察の捜査どおりだった」というオチ自体は面白く、 本来はそこに真相がありそうな所を真相はないという 二重構造になっているミステリーは興味深いものがある。 ただ、「恋したがゆえに盲目」だったというだけではあるものの、 ストーリーとしては悪くない。 元太 引用元:名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)より C 2006 青山剛昌/小学館・読売テレビ・日本テレビ・ 小学館プロダクション・東宝・TMS この作品の最大の見所はラストのジェットコースターだろう。 無事、全ての出来事が解決し、爆弾も回収したはずなのだが 「1つ」だけ外し忘れてしまう。 ジェットコースターに拘束された中で爆弾が爆発するかもしれないという 緊迫感あふれる状況。 そんな状況で「最後の最後」で良い所を怪盗キッドが奪っていく。 オールスターらしいキャラクターの活躍のさせ方であり、 やや突っ込みどころはあるものの、コナンという作品が好きならば 最後の最後まで楽しめる作品に仕上がっている。 総評:コナンファンなら 引用元:名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)より C 2006 青山剛昌/小学館・読売テレビ・日本テレビ・ 小学館プロダクション・東宝・TMS 全体的に見てコナンファンならば納得の出来栄えだろう。 メインキャラとサブキャラのそれぞれのストーリー軸の中で それぞれのキャラ描写が光るストーリー展開になっており、 コナンファンならばしっかりと楽しめる作品だ。 ただ、その反面でコナンたちが操作していた事件はたいしたものではなく、 依頼人もやや小物過ぎるうえにまどろっこしい部分があり、 ミステリー部分の面白さがあまりないのは残念な所だ。 真相があるようで真相はないという二重構造は面白いものの、 やや肩透かしを食らった感があるのは否めない。 映画としてしっかりとしたアクションシーンが有り、 最後のジェットコースターのシーンはハラハラさせられるシーンだ。 お決まりである新一と蘭のラブストーリー的な要素は今回織り込まれておらず、 「らぁぁぁん!」という叫びが聞けない物足りなさだけはあるものの、 コナンという作品が好きならば楽しめる作品だ。 その反面、コナンという作品をあまり知らない人は 「オールスター」で多すぎるキャラクターを把握しきれない部分もあり、 一人ひとりの見せ場はあるものの、 キャラを活躍させるためのストーリー展開も目立っており、 コナンという作品のキャラに愛着がないと楽しみづらい部分もある。 あくまでコナンファン向けの作品であることは否めないものの、 「コナンオールスター」という制作の意図はしっかりと伝わる作品だ。 個人的な感想:意外と 引用元:名探偵コナン公式サイトより C 青山剛昌/小学館・読売テレビ TMS 見返してみると最初見たときよりも良い印象があった作品だった。 一人ひとりのキャラの見せ方も悪くなく、 最初見たときには気づかなかった「一瞬の山村刑事」を見つける面白さもある。 今からもし見る人は是非「山村刑事」を探してみてほしい。 言われないと気づきにくいだけに、ウォーリーをさがせ的な 面白さもある作品だ(笑) 今のコナンはキャラが増えすぎてることも有り、こういうオールスター的な 作品はできないんだろうなと感じると、13年前だからこそ出来た あの時だからこそ出来た作品だとひしひしと感じる作品だ。

次の

名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌とは (メイタンテイコナンタンテイタチノレクイエムとは) [単語記事]

名 探偵 コナン 探偵 たち の 鎮魂歌

初めて映画館で観たコナン。 それでもかなり面白かった。 大阪の服部平次は知っていたし、怪盗キッドも見た事あるので、わからないのは白馬って奴くらいだ。 例によって、可哀想な人質は蘭と子供たちだ。 「競馬だよ、競馬!」などとお子様も多く鑑賞する中で叫ぶわけにもいかず、「3-8は二連単を表し、TAKAは馬主に違いない!そうだ、もしかするとホリエモンが飼ってる馬で・・・」と推理しながらの鑑賞は暴走しがちとなった・・・ 4月4日に起こった現金輸送車襲撃事件と、怪盗キッドによるダイヤモンド強奪事件。 横浜オーシャン大学の犯罪研究クラブ出身の男が浮上してきて、その卒業生の中の1人西尾が殺されていた・・・などと、かなり本格ミステリーの様相を呈してくる。 しかも、犯人はコナンのことを工藤新一だと知っているといった謎。 もしかすると、工藤新一を小さくしてしまった黒幕にも触れるんじゃないだろうかとワクワクしてしまいました。 こうした推理ものに対しては意外な視点で臨むと正解が見えてくる場合が多い。 しかし、謎の依頼者は案外簡単にわかるし、狙撃者だって予想がつく。 残るは、工藤新一を知っている事実や、怪盗キッドの絡み方、白馬が途中でいなくなったことに絞られてくる面白さ。 白馬=キッドという妄想をしてしまうこともファンにとっては興味深いところでしょう。 今回は蘭ちゃんが愛らしく思えるシーンはほとんどなかったけど、灰原哀ちゃんの大人びた憂いのある表情も楽しめるし、原作もTV版も劇場版もあまり知らない大人であっても、阿笠博士と目暮警部の最後にとった行動に泣けるはずです。 涙出ちゃった・・・ 〈2006年4月映画館にて〉 【追記2020.5】 遊園地をベースにした内容、時限装置付き爆弾を扱った作品は他にもあるけど、最初から「事件は何?」という謎からスタートする、ある意味ハードボイルドタッチな変わった作風に満足。 蘭や和葉を人質に取られたコナンと平次、そしてキッドが、殺人事件の謎に挑む物語。 随分前に鑑賞済みですが、録画していたものを再鑑賞。 コナン、平次、キッドがそろい踏みする作品ですね。 映画全体としては好印象です。 展開もスムーズですし、謎解きの楽しさもあります。 私的にお気に入りキャラの灰原のぶりっ子演技や「死ぬわよ」のセリフは、映画の魅力を少し上積みしてくれました。 ただ、あのラストには納得感がありません。 何も残らない結果のように思えて、映画の魅力が半減したような失望を感じます。 その部分だけ、評価は大きく下げさせて頂きました。 あと、キッドと言うキャラクターは嫌いではありませんが、コナン映画の登場としてはどうなのでしょうか?絶えず、コナンを先回りしている印象があって戸惑いを感じます。 一度、コナンがキッドを撃退するようなシチュエーションも見てみたいですね。 ネタバレ! クリックして本文を読む 「名探偵コナン」劇場版シリーズ第10作記念作品。 レンタルDVDで鑑賞。 少ない手掛かりから次々と新たな手掛かりを導き出す推理力に惚れ惚れとしました。 脚本が柏原寛司で、主な舞台が横浜ということもあり、どこかしら「あぶない刑事」の匂いがして嬉しくなりました 笑 ネタバレ! クリックして本文を読む オールキャスト出演で話題に あの白馬が登場し、平次を含めて3人での調査。 今回の謎解きは面白い。 謎の依頼者に蘭たちを人質にされ、ヒントを頼りに捜査を進めるコナン達。 アクションシーンのバランスもGOOD。 終始ワクワクする。 キッドも登場で話を盛り上げる。 いつもながらカッコいいおっちゃん。 目暮警部達と別れる所、3人の背中はカッコいい。 そして、横溝警部も身を呈して子供を救出。 出てくる刑事みなカッコいい。 子供達だけ残して部屋を出れないと、博士も皆んなの元へ。 警部達も蘭達と最期の時を待つ。 コナンと平次は真実を携え依頼者の元へ急ぐ。。。 とても良かった。 灰原の活躍も欠かせませんな。 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の

名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌とは (メイタンテイコナンタンテイタチノレクイエムとは) [単語記事]

名 探偵 コナン 探偵 たち の 鎮魂歌

Powered by• 2021年• 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2013年• 2013年• 2012年• 2011年• 2010年• 2009年• 2008年• 2007年• 2006年• 2005年• 2004年• 2003年• 2002年• 2001年• 2000年• 1999年• 1998年• 1997年 名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)• 作品トップ• 映画館を探す• 予告編・動画• インタビュー• フォトギャラリー•

次の