ワンピース ホーキンス 能力。 バジルホーキンスの能力(技)や強さは?カッコいいけどルフィより弱い?

【ワンピース】最悪の世代の一人バジル・ホーキンス!魔術師と呼ばれる能力は?ワノ国ではカイドウの手下!?

ワンピース ホーキンス 能力

(ONE PIECE52巻 尾田栄一郎/集英社) そこで今回ドル漫ではワノ国編で再登場した 「バジル・ホーキンスの強さや能力」について徹底的に考察していこうと思います。 シャボンディ諸島で登場した新世代のルーキーは現在どういった海賊に成長しているのか? 【解説まとめ】バジル・ホーキンスの正体は「超新星」の一人 まず「バジル・ホーキンス」の情報についておさらい。 バジル・ホーキンスとは、ホーキンス海賊団の船長。 のサンジと同じ出身は北の海(ノースブルー)。 そして、 「」と呼ばれる海賊の一人だった。 バジル・ホーキンスは主人公・ルフィやゾロと共に、ワンピースの世界を騒がせたことで有名。 バジル・ホーキンスの見た目は長い金髪と奥二重と、さながらクールガイ。 そして、お弁当箱のバランのような眉毛と首元の謎のタトゥーが独創的。 またヒラヒラとした貴族風の服装も、どこかのビジュアル系バンドのボーカルを彷彿とさせる。 そのためバジル・ホーキンスの見た目をまとめると、「非常にとっつきづらい」という一言に尽きる。 実際、性格はクソ真面目。 女性がもし夜道でバジル・ホーキンスに急にばったり出くわしたら、思わず声を出してしまうことでしょう。 (ONE PIECE70巻 尾田栄一郎/集英社) ただしバジル・ホーキンスはコミュ障かと思いきや、その後は同じく最悪の世代のメンバーだった ユースタス・キッドとスクラッチメン・アプーと共に「海賊同盟」を結成。 そして、何故だかであるの船長シャンクス打倒を目論む。 実は、キッドの左腕は新世界編以降にシャンクスに奪われており、もしかするとホーキンスやアプーも同じくシャンクスに恨みを持つような因縁が隠されている可能性。 そして案の定、バジル・ホーキンスはユースタス・キッドやアプーはカイドウにフルボッコされてしまった模様。 (ONE PIECE911話 尾田栄一郎/集英社) その後、バジル・ホーキンスは カイドウの百獣海賊団の傘下に強制入団。 そのため現在のバジル・ホーキンスは「真打ち」の一人として、『ワンピース』の主人公・ルフィたちの敵として立ちはだかるカタチ。 だからバジル・ホーキンスと手を組んだキッドやアプーも同様に、百獣海賊団の傘下に入って下僕として絶賛活動している最中と考察されます。 既にXドレークも随分前からカイドウの傘下に入っており、どんだけカイドウは最悪の世代を手中に収めてくれてんねんという。 さらなる詳細はなどもご参照。 【悪魔の実】バジル・ホーキンスの能力は「ワラワラの実」で確定 ということで本題。 バジル・ホーキンスの強さや能力を解説しようと思います。 まずはバジル・ホーキンスのの能力について考察。 (ONE PIECE913話 尾田栄一郎/集英社) 藁と聞くとめちゃくちゃ弱そうなイメージしか湧かないものの、バジル・ホーキンスは「 藁備手刀(わらびでとう)」と呼ばれるワラの刀を所持。 ワラでできた刃を巧みに操作して、その威力は恐竜を突き刺すほど。 ちなみに、藁手刀のモチーフはおそらく「蕨手刀(わらびでとう)」。 この蕨手刀は実際に古墳時代に存在した日本刀の起源とも言われてる刀。 さすがに原材料はワラではなく、砂鉄だったようですが、ワノ国との関連性が深い技名であることは確か。 最悪の世代は後付的に生まれたワンピースのキャラクターですが、もしかすると バジル・ホーキンスは「ワノ国」のストーリーを進めるにあたって急造されたキャラクターなのかも知れません。 一見すると分かりづらいですが、ストロー(Straw)は英語で「藁」という意味。 実際、も英語では「 Straw Hat Pirates」などと表記される。 いわゆる「巨大なワラ人形」実体化させた能力。 (ONE PIECE52巻 尾田栄一郎/集英社) 大まかに言えば、 ストローマンは「バジル・ホーキンスの身代わり」になってくれる。 厳密には部下を藁人形に変えて体内に宿すことで、ホーキンスのダメージがそのままストローマンに転嫁される。 仮にホーキンスが死ぬほど致命的なダメージを負っても、ストローマン(部下の命)が死ねば「チャラ」になってしまう。 ホーキンスの見た目通り、非常にオカルトチックな能力を保有。 例えば、の魂を奪うソルソルの実と組み合わせれば、バジル・ホーキンスはもはや最強。 何故なら永遠に生きていられる不死身の肉体を持ったに等しいから。 まさに能力の能力の使い方次第によっては、バジル・ホーキンスは 「死なない」という意味で最強クラス。 (ONE PIECE52巻 尾田栄一郎/集英社) その能力が「 カード占い」。 画像のバジル・ホーキンスはと対峙した時などにカード占いを披露し、この戦闘における敗北率や生存率などを細かく占っている最中。 ちなみにカードは空中に浮かんでるように見えますが、藁の能力で支えてる。 しかも、この ホーキンスの占いの精度は極めて高い。 具体的なパーセンテージを表記してる点からも、むしろ当たらなかった試しがない。 もうホーキンス一人でとか見つけちゃえよと思ったのは内緒。 だから現時点で振り返って考察し直すと、バジル・ホーキンスは悪魔の実を食べたことで「」がより強まる副作用を得たのかも。 しかも、最近改めて明らかになった占いの能力はどうやら「 リスク(制約)を受け入れる分、己の限界を超える力を与えてくれるカードもある」らしい。 例えば仲間割れのカードが出るリスクはある一方、先程のストローマンなど自身の能力を倍化するカードも出てくる。 さながら制約が強いほど強くなる的なみたいなこと急に言い出しやがったよコイツ!そのため未だかつて『ワンピース』では確認できなかったタイプなので、ホーキンスの占い能力は「悪魔の実の能力の一部」かどうかは気になる所。 結論から書くと、 占い能力は「悪魔の能力の一部」と考察されます。 やはりカードの出方次第でパワーがアップしたり、逆に仲間割れが起きるなどあまりに超常現象的すぎる。 まさにハンターハンターの「制約と誓約」。 仮にホーキンスがもともと占いの能力が使えたとしても、所詮は短期的な未来を予知するだけにとどまるはず。 でも「他に影響を与える現象」は未来を自ら変える作用をもたらしており、明らかに占いの範疇を超えてる。 そのためワラワラの実には「呪いを与えるワラ人形」的な能力が含まれており、そこが強く作用していると考察するのが自然か。 【強さ議論】バジル・ホーキンスはどんだけ強いのか?【考察まとめ】 じゃあ、結局バジル・ホーキンスはどんだけ強いねん?って話。 ただ結論からドル漫の予想を考察すると、 バジル・ホーキンスの強さは微妙な気はします。 例えば、百獣海賊団にはを筆頭に「災害」と呼ばれる懸賞金10億ベリーのカイドウの懐刀3名が鎮座してる。 でも、バジル・ホーキンスはギフターズクラスでも選ばれる「真打ち」止まり。 しかも同じカイドウの部下となったドレークと違って、バジル・ホーキンスは最近明らかになったでもないっぽい。 またバジル・ホーキンスの「藁(ワラ)」という悪魔の実も悪い意味でヤバい能力。 例えば、のサボが所有しているメラメラの実と対峙した場合、ホーキンスの藁は炎系の悪魔の実とは相性最悪。 一瞬で全身が燃え上がって瞬殺されるに違いない。 きっと湿気にも弱そう。 つまり、バジル・ホーキンスの能力は「火にも弱い」し、「海水にも弱い」と来たもんだ。 とルフィの一戦のように『ワンピース』では悪魔の実同士の相性そのものが勝敗を分けたこともあったぐらい。 バジル・ホーキンスの 能力はあまりに「致命的な弱点や欠点」が多すぎる。 また一見すると不死身のワラワラの実にしても、 身代わりとなるストローマンも体内に収容できる数には限界がありそう。 黄猿の一撃でストローマンが複数体同時に消滅したことなども考慮すれば、「バジル・ホーキンスは完全な不死身」とまでは行かないはず。 実際、カイドウ相手に敗北を素直に受け入れてる時点でお察し。 実力差があればホーキンスがサクサクっと追い詰められる光景は容易に浮かぶ。 せいぜい最悪の世代・超新星の中でそこそこ強い程度か。 そのため バジル・ホーキンスの強さは「懸賞金数億円クラスのありふれた平凡キャラ程度」と考察することができそう。 ちなみにや、、、なども併せてご参照くださいませ。

次の

【ワンピース】ホーキンスのプロフィールや悪魔の実の能力を紹介!

ワンピース ホーキンス 能力

スポンサーリンク 【ワンピース】ホーキンスのモデルとは? 漫画ワンピースのキャラは、実物のモデルとして尾田栄一郎先生が描いているキャラもいます。 バジル・ホーキンスもモデルした人物がいます。 それは、 ジョン・ホーキンスです。 ジョン・ホーキンスは、イングランドの海賊で、私掠船船長を務めその他にも奴隷を集め奴隷を売る商人もしていました。 そして海軍のつながりもあり提督も務め政治家も務めた人物です。 原作で登場した、 Xドレークも関係がありXドレークがモデルなった人物フランシス・ドレークは、ジョン・ホーキンスと従兄弟だったそうです。 尾田栄一郎先生は、 名前だけ借りて描いて訳ではなく二人の関係もかねて描いたと思います。 スポンサーリンク 【ワンピース】最悪の世代で組んだ同盟 パンクハザード編で、最悪の世代と呼ばれた海賊、 キッド、アプー、ホーキンスは、海賊同盟を組みます。 その理由は、 四皇の一人である赤髪海賊団の船長シャンクスの首を取る為です。 最初は、話を聞く耳を持たなかったホーキンスですが、ホーキンスにとっても四皇は邪魔な存在。 同盟を組んで、最初にビック・マムを倒しカイドウ、そしてシャンクスの順番で倒す計画だったのではないでしょうか。 四皇を倒し3人が四皇に入れ替わる計画だったと思います。 四皇シャンクスの首を取りたがっていたのは、ホーキンスではなくキッドのようです。 ホーキンスが同盟を組んだのは他に理由がありそうです。 スポンサーリンク 【ワンピース】3人の前に落ちてきたカイドウ キッド、アプー、ホーキンスの3人は、 海賊同盟を組んで四皇のビック・マム、カイドウ、シャンクスの首を取る為に動き出します。 そんな中、偶然に空から、巨大な人物が落ちてきました。 その人物は、四皇の一人である カイドウです。 なぜ? カイドウが、空から落ちて来たか言うと、 死にたいと言う願望があるから空島から飛び降りて自殺をはかりました。 不死身の体を持つカイドウは、これくらいでは死ぬ事はできませんでした。 そして、偶然に出会ったカイドウに、キッド、アプー、ホーキンスは、四皇ビッグ・マムを倒す前に、カイドウに出会ったのだからこのチャンスを生かしカイドウに戦いを挑みます。 結果は、言うまでもなく カイドウが勝利します。 カイドウにやられ瀕死のキッドは、カイドウに捕まりカイドウの拠点としている鬼ヶ島の牢に入れられてしまいます。 ホーキンスは、カイドウの強さを知っていると思うので、 キッドが倒された後にカイドウに降参して、カイドウの部下になったと思います。 その証拠に ワノ国で、登場した時に傷ついた姿ではなく、元気な姿で登場しています。 これは、カイドウと戦っていない証拠になります。 アプーもホーキンスと同じでカイドウと戦わないで、カイドウ側についたと思います。 原作で、四皇編の始めに旱害のジャックの船に連絡を入れた、アプーですが、連絡が取れませんでした。 それを伝える為に、電々虫を使いカイドウに報告しています。 アプーがカイドウと戦っていない証拠になります。 カイドウと戦ったのは、キッドだけのようです。 スポンサーリンク 【ワンピース】百獣海賊団の幹部になった魔術師 カイドウの部下となり、百獣海賊団の真打ちとなったホーキンスの所に、 ワノ国に上陸した人物がいるとホーキンスの部下から報告が入ります。 ワノ国に上陸した人物は、 九里 くり の浜で、カイドウの部下に襲われているお玉を助けたルフィの事を言っていると思います。 カイドウの部下になったホーキンスは、この事を、 カイドウさんには、まだ伝えるなと言います。 普通なら、ここでカイドウに連絡をいれてカイドウの指示を待つと思います。 しかし、ホーキンスは、カイドウに連絡を入れないで、ホーキンス自ら侵入者の所に向かいます。 ホーキンスには、何か計画があると思います。 ホーキンスは、 侵入者の所に行き、カイドウへの反乱を起こす為にその人物を利用しようと思い自ら動いたのではないでしょうか。 ホーキンスの性格では、素直にカイドウの部下にならないと思います。 カイドウの部下になったのは、仮の姿で、 カイドウに反乱する計画があるのでカイドウを倒す為の人物を集める為に部下となり真打ちとなったと思います。 スポンサーリンク 【ワンピース】ハート海賊団の命を握るホーキンス ルフィ達より、一足先にゾロ達は、ワノ国に潜入しています。 同じタイミングで、ローやハート海賊団もワノ国に潜入しています。 ローは、 カイドウの情報を集める為に、ワノ国の町医者として行動していました。 ルフィが、ワノ国に到着するまでは、順調に情報を集めていました。 しかし、ルフィが事件を起こしカイドウへの反乱を起こしたので、ホーキンスも動きます。 そこに、 ローは、ホーキンスに遭遇してしまい、ワノ国に潜入した事もバレてしまいます。 その後は、カイドウがルフィの所に現れ戦いを挑み敗れたのでローはルフィを助けようとしますが、 ホーキンスに能力を封じる海楼石の釘を撃ち込まれ、ローはその場を逃げます。 逃げたローを、おびき寄せる為、ホーキンスはハート海賊団のメンバーを捕まえます。 ホーキンスは、 ストローマンを使いハート海賊団のメンバーの命を握ります。 仲間思いのローは、ハート海賊団のメンバー達を助け出す事はできるのでしょうか。 スポンサーリンク 【ワンピース】ワノ国決戦ではローと対戦する? ホーキンスは、作中で ある男を追ってワノ国に来たと言っています。 その男は、予想なのですが、 ローの事だと思います。 そして、ローもホーキンスが、ルフィ達やローの事を知っているので始末する必要があると言っています。 ホーキンスが、カイドウの完全なる部下になっているのなら始末する必要があります。 しかし、 ホーキンスはカイドウに報告しないで動いています。 ホーキンスは、仮に部下になっていると思います。 カイドウを倒すには、ローの能力が必要だとホーキンスは、思っています。 決戦では、ローと対戦をしないでローと手を組んでカイドウに挑むと思います。

次の

【ワンピース】ユースタス・キッドの能力は?片腕の理由は?性格や登場シーンも解説

ワンピース ホーキンス 能力

ルフィと同じ【最悪の世代】の1人 バジル・ホーキンスはシャボンディ諸島で遭遇した、【最悪の世代】と呼ばれる海賊団の1人です。 初登場時は特に良い見せ場もなく、黄猿という最強キャラのせいではありますが、ボコボコにされていましたね。 バジル・ホーキンスの懸賞金 バジル・ホーキンスの懸賞金ですが、あらためて見るとかなり高いですね。 やられているイメージが強かったのですが、この額は当時も今も我が麦わら海賊団の事実上の副船長ロロノア・ゾロを凌いでいます。 2年前:シャボンディ諸島にルーキーとして上陸 2年後:キッド・アプーと共に海賊同盟を築き赤髪のシャンクスを狙う その後:カイドウと遭遇し、おそらくカイドウ1人に対して海賊同盟は惨敗。 百獣海賊団の真打ちとして、幹部のようなポジションに落ち着く。 しかしその能力はやや複雑で、現状まだ能力の詳しい解説は出ていません。 バジル・ホーキンスの能力:タロット占い これが、実の能力なのか、もしくはバロックワークスにも登場したミス・ゴールデンウィークのカラーズトラップ同様の悪魔の実の能力、以外の力なのかは判明していません。 しかし、1つ言えるのはそのタロット占いの結果をバジル・ホーキンスは心底信頼しており、海軍大将黄猿を前にしても、動揺することなくタロット占いを行っていました。 バジル・ホーキンスは、行動原則をタロット占いに委ねているようです。 ダメージを負うことで「ライフ マイナス1」とカウントしていたので、それこそスーパーマリオのようにコンティニューが可能だということですね。 藁人形(ストローマン)の悪質な使い方 今までは、バジル・ホーキンスの能力に対する感想としては へぇ~取り込んだ命のぶん、コンティニューできるのかあ、厄介だなあ。 でも何回か致命傷を与えれば良いだけだから、まあまあ・・・ ぐらいのものでした。 しかし今回ローと戦う際、あろうことかホーキンスはローの仲間の命を自分に取り込んでいたのです! そうすることで、自分のライフうんぬん以前に、絶対確実な人質として味方を抑えられるので、ローは攻撃できませんでした! 敵に回すと果てしなく厄介な能力です。 藁人形(ストローマン)を発動する条件 となると、問題になるのは、どういう条件をクリアすれば他人の命を自分に取り込むことができるか?という点ですね。 これはある程度複雑で難しい条件をつけてもらわないと、完全なるチート能力になってしまいます。 なんなら、対戦相手の命を取り込めば、それで勝ちですから。 おそらく、これで斬り付けた相手の命を備蓄することができるのでしょう。 技の名前も【藁】を【備】蓄する【手】段の【刀】で、藁備手刀ではないでしょうか? しかし、一太刀浴びせただけで、命が吸収されるなら、最強すぎますから、なにか例えばそれで拘束をして、体全体を覆うまで時間を長く要するだとか、他にも条件はあるでしょうね。 ライフが削られた時に藁の小さい藁人形が出てきた 今まで、バジル・ホーキンスがダメージを負った際は、必ず小さい藁人形が出てきて、その人形が相応のダメージを負っているような描写でした。 日本で古くから言い伝えられてきた、藁人形の呪いをモチーフとしているのでしょうね。 引いたタロットカードの種類により、効果を得られるというものです。 しかし、それって藁の能力としてカウントできるのか・・・? もしかすると、新しい種類の【悪魔の実の覚醒】みたいなものかもしれませんね。 自分が心底信頼するもの、寝食を共にするほど愛着のあるものが、実の能力の覚醒によりカードに影響を及ぼした。 というのは考えられないでしょうか? 悪魔の実の覚醒とは・・・ ドフラミンゴいわく、悪魔の実の覚醒とはこういうことだそう。 「能力は稀に覚醒し己以外にも影響を与え始める」 ドフラミンゴの場合、シンプルに建物や大地などに能力が影響し、糸になりましたね。 そういった新種の覚醒なのではないでしょうか? まず鎖を具現化しようと決めてからはひたすらイメージ修行を行った。 最初は鎖で遊ぶ以外何もするなと師匠に言われ、実際の鎖を一日中、とにかく四六時中いじくった。 目を閉じて触感を確認したり、何百枚何千枚と鎖を写生したり、ずーっとただながめてみたり、舐めてみたり、音を立てたり嗅いでみたり。 しばらくしたら毎晩鎖の夢を見るようになり、その時点で実際の鎖をとりあげられる。 そうすると今度は幻覚で鎖が見え始める。 さらに日が経つと幻覚の鎖がリアルに感じられ、重さも冷たさも、すれあう音も聞こえてくる。 そしていつの間にか、幻覚ではなく自然と具現化した鎖が出来ていた 肌身離さず持った物というのは、このように愛着が湧き、特別なことが起こる。 つまりホーキンスの中の最強技だということですね。 黄猿と渡り合えると考えた以上、かなりの技なんだと思います。 が、あまりにも情報が少ないですね。 スポンサードサーチ バジル・ホーキンスの能力の弱点 それでは最後に、なんとも異質な能力者バジル・ホーキンスの弱点を考えて行きましょう!このままでは、ローはやられてしまいますからね! 人質にとられた命を開放する方法 バジル・ホーキンスの何がやっかいか?といえば、他人の命を人質にして、己を守ることができる能力です。 この能力を破らない限り、味方の命を捨てない限りバジル・ホーキンスにダメージを与えることはできません。 【丑の刻参り】という起源から見える弱点 バジル・ホーキンスの能力は、まさに【丑の刻参り】そのものです。 皆さんの聞きなれた言葉を使うのであれば、【呪いの藁人形】でしょうか? これは日本古来から伝わる呪術の類ですが、この呪いをかけられた対象は、藁人形に釘をさしたところと同じ部分が傷ついてしまうというものですね。 ですが、この呪い、解く方法も日本古来より伝わっているのです。 行為を他人に見られると効力が失せる 引用:Wikipedia 呪っている行為を見られると効力が失せる。 これは絶対に関連していると思いますが、しかしバジル・ホーキンスは別に逃げも隠れもしていません。 となると考えられるのは、 何か見られてはいけない体の部分がある。 などでしょうか? 傷つけずに戦闘不能にする拘束が有効 ある意味、唯一でしょうか?ローの能力は、相手を傷つけずに行動不能にする能力です。 RooM内でぶった切ってしまえば良いわけですから。 なんだかんだで相性は良さそうです。 ワンピース945話のネタバレを含む考察終了! 対カイドウの前に起こるバトルシーンとしては、ここが1つの山ですね!ホーキンスの【他人の命で身代わりにする】能力は、カイドウやビックマムのような超防御力の敵には最高に有効なので、もしかすると、まさかの共闘もあり得るかもしれませんね! 今後もワンピースの考察を毎週行います!良ければツイッターのフォロー、宜しくお願いします!•

次の