プリンセス オーロラ姫。 オーロラ姫、ベル、ジャスミン…ディズニー・プリンセスの実写化にハズレなし! /2019年9月14日 1ページ目

【永久保存版】ディズニープリンセス・都市伝説まとめ

プリンセス オーロラ姫

概要 [ ] 原作はの同名の童話であるの『』。 に作業を開始。 だがこの頃、はの建設と運営、テレビ番組・『』に没頭し総監督のにまかせっきりだった。 そんな中で彼は音楽にのを使用する事を決めていた。 それを本作より音楽担当となったが見事に編曲しで彩られた曲がいくつか誕生した。 美術面ではが全体の美しいスタイルを創りだし色彩面ではが退社前にこの作品の為にいくつかの美術ボードを作成した事で後を継いだが見事な色彩を創る事に成功。 そして本作の目玉は大型映画ブームにあわせスーパーテクニラマ方式、6本サウンドトラック・ステレオ音響の使用であった。 また、アニメーターの原画をセルにトレスする工程が手作業であった最後の作品でもある。 生前のウォルトが関わったを原作とする作品としては最後のものとなり、ウォルト・ディズニーの死後、ディズニーのアニメ映画で童話を原作としたものは本作以降の『』まで現れなかった。 6年の歳月と600万ドルの費用をかけ、300人のアニメーター、セル画数100万枚。 これはディズニー映画史上最も贅沢で豪華な長編アニメ映画である。 だが興行収入は530万ドルにとどまった。 ウォルト・ディズニーが、本作に注力出来なかった事が作品の質に悪影響を及ぼしたのではないかと指摘する論者もいる。 しかし1970年、1979年、1986年の再公開で人気が高まり、ディズニーの大切な財産となった。 ストーリー [ ] ヨーロッパのある国に待望のが誕生し、 「夜明けの光」という意味をもつオーロラと名付けられた。 国中の人々がお祝いに訪れる中、生まれたばかりのオーロラに3人のから贈り物が与えられる。 1人目の妖精・フローラからは美しさが、2人目の妖精・フォーナからは歌の才能が贈られた。 ところが、その場に現れた・が呼ばれなかった腹いせに「16歳の誕生日の日没までにで指を刺して死ぬ」という呪いをかけてしまう。 まだ贈り物をしていなかった3人目の妖精・メリーウェザーは、贈り物の代わりに「死ぬのではなく眠るだけで、運命の相手からのキスにより目覚める」というをかけた。 オーロラの父であるステファン王は呪いが実現しないよう国中の糸車を焼却したが、3人の妖精はマレフィセントに気づかれないように自ら魔法を使うことを禁じ、人と同じように暮らしながらオーロラを匿い育てることを決め、彼女にブライア・ローズという仮名を付けて森の奥の家に移り住む。 15年が過ぎ、ローズは16歳の誕生日の日没後に妖精たちの庇護を離れて城に戻ることになっていた。 3人の妖精は内緒で誕生日パーティの準備をするため、いちごをつんで来てほしいと言って外出させる。 訝しがりながらも外に出た彼女は、たまたま近くを通りかかったフィリップと出会い、お互い相手が誰か気づかないまま恋に落ち、夜に再会する約束を交わして別れる。 その夜、妖精たちからオーロラという自分の本当の名前と王女である事、そして既に結婚相手がいるという事実を聞かされ、フィリップに二度と逢えないと知ると、悲しみとショックのあまり泣き崩れてしまう。 そこに居場所を突き止めたマレフィセントがつけ込んで呪いが実現し、オーロラは眠りに落ちてしまう。 城ではお祝いの準備が進められていたが、3人の妖精はオーロラが戻らないことを知って悲しまないよう城にいる人々に魔法をかけて眠りにつかせた。 その頃オーロラとの約束に従って妖精達の家を訪ねたフィリップは、呪いを解かれることを危惧したマレフィセントによって拉致され、魔の城の地下牢に閉じ込められてしまう。 ヒューバート王の寝言から呪いを解く運命の相手がフィリップだと知った3人の妖精は大急ぎで魔の城に向かい、オーロラを救うために 「真実の剣」と 「美徳の盾」を授ける。 王子が魔の城を抜け出してオーロラの元へ向かった事を知ったマレフィセントは、行く手を阻むために城の周りにイバラを巡らせ、自らもドラゴンの姿になって妨害に行くが妖精の加護を受けたフィリップによって倒される。 フィリップは同意を求め、キスをしオーロラにかかっていた魔法が解け、二人は結婚して幸せに暮らした。 日の光のように輝く金髪、のように赤い唇、長身、スリムなスタイルの美しい。 青いドレスを着ている。 そこで呪いを避ける為、3人の妖精(フローラ、フォーナ、メリーウェザー)によって、森の奥の小屋にかくまわれ、農家の娘 ブライア・ローズという名で育てられた。 16歳になって城へ戻ることが決まるが、彼女の存在を嗅ぎつけたマレフィセントに操られ、呪いが成就してしまう。 の一人。 ステファン王(King Stefan) 舞台となる国の国王でオーロラの父。 ほっそりとした体型に黒髪に黒い口髭を生やしている。 作中での言動を見るにかなりの心配症の様である。 リア王妃(Queen Leah) ステファン王の妃でオーロラの母。 容姿がオーロラにそっくり。 新訳版以降はただ「王妃さま」と書かれているだけになっている。 フローラ(Flora) 三人の妖精の一人。 リーダー格。 オーロラ姫の隠蔽を提案した。 赤い服が特徴でピンク色が好き。 メリーウェザーとはよく喧嘩をする。 オーロラの誕生に際しては「美しさ」を贈った。 フォーナ(Fauna) 三人の妖精の一人。 おっとりした性格で涙脆い。 緑の服が特徴。 フローラとメリーウェザーの仲裁によく入っている。 料理好きだが腕前はかなり下手。 オーロラに「美しい歌声」を贈った。 メリーウェザー(Merryweather) 三人の妖精の一人。 ずんぐりむっくりとした体型で、他の2人がグレーの髪なのに対して1人だけ黒髪。 何かと不平不満が多く、フローラとはよく喧嘩をしている。 マレフィセントの呪いを修正した。 青色を好み、自分も青い服を着ている。 怒ると腰を振る癖がある。 (Maleficent) 本作の。 黒くねじれた2本のツノと、炎のような黒い服を着た。 自らを「悪の頂点に君臨する者」と呼ぶ。 2014年、このマレフィセントを主役にしたスピンオフ映画が公開された。 フィリップ王子(Prince Phillip) 隣国の王子。 オーロラ姫の許婚。 幼い頃は金髪だったが、成長後は茶髪になっている。 幼少時に父ヒューバート王と共にオーロラ姫の誕生祝いに訪れたことがある。 成人後に森で暮らしていたブライア・ローズ(オーロラ)と出逢いお互いが婚約者同士とは知らずに恋に落ちる。 後に呪いの為に倒れた姫を救うべく魔女との戦いに向かう。 ヒューバート王(King Hubert) 隣国の国王でフィリップの父。 白髪に白い口髭を生やした恰幅の良い体型をしている。 作中ではステファン王とは「古くからの友人」と紹介されている。 性格はかなり陽気だが少々気が短い様子。 サムソン フィリップ王子の愛馬。 黒いたてがみの白馬。 賢くはあるが主人のフィリップを勢い余って木に引っかけて投げ飛ばしてしまうなど調子に乗りやすい所がある。 ディアブロ マレフィセントのペットで黄色いくちばしの大きな。 オーロラの隠れ家を真っ先に探し当てたり、妖精の存在にいち早く気がつくなどかなり賢い。 フィリップが逃げた事をマレフィセントに知らせようとした際、気配を察したメリーウェザーから逃げ回った末にに変えられた。 グーン マレフィセントの手下。 鎧を着た豚の姿をしている。 たくさんの数がいるがオーロラを赤ん坊のままだと思い揺りかごばかりを探し回るなど全員おつむが悪く、マレフィセント自身も頭を抱えている。 キャスト [ ] 役名 原語版声優 日本語吹き替え 1960年公開版 1995年公開版 オーロラ姫 ブライア・ローズ 歌: フィリップ王子 歌: 歌: マレフィセント フローラ リア王妃 ? フォーナ メリーウェザー ヒューバート王 ステファン王 グーン ディアブロ 原語版流用 梟 ナレーター ?• スタッフ [ ] 製作 、 原作 脚本 、、、、、、 音楽 バレエ組曲「」より 編曲 作画監督 オーロラ姫 マレフィセント フィリップ王子 フローラ フォーナ メリーウェザー 、 ヒューバート王 ステファン王 グーン レイアウト 、、、、、、、、、 原画 、、、、、、、、、 [ ] 、、、、 エフェクト原画 、、、 動画 、 美術監督 、 美術設定 背景 、、、、、、、、、 色彩協力 色彩設計 特殊効果 、 撮影 音響監修 録音 ミキサー 編集 、 製作担当 演出 エフェクト担当 オープニング担当 アクション担当 アニメーション制作 監督 総監督 配給 日本語版音声制作 [ ] 《1960年版》 総指揮 ジョン・A・カッティング 日本語セリフ監督 日本語音楽監督 録音 国際ラジオ・センター 《1995年版》 演出 音楽監督 (ミュージック・クリエイション) 脚本翻訳 台詞調整 (オムニバス・ジャパン) 録音 (アオイスタジオ) 整音 (東京テレビセンター) 音楽ミキサー (アオイスタジオ) 録音スタジオ 録音制作 日本語版制作 主題歌 [ ] 使用箇所 曲名 作詞 作曲 訳詞 歌手 オープニングテーマ Once Upon a Dream () OP版 挿入歌版 挿入歌版 挿入歌 Hail to the Princess Aurora The Gifts of Happiness and Song I Wonder Wine Sleeping Beauty 出典・参考文献 [ ]• 脚注 [ ]• , pp. 294—5. 2016年8月18日閲覧。 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)171頁• エイドリアン・ベイリー著・玉置悦子訳『ウォルト・ディズニー ファンタジーの世界』講談社、1985年• この色は本作のみの設定で、ディズニープリンセスなどのグッズ展開では容姿が似ているシンデレラとの混同を避けるためかピンク色に変更されており、以降は絵本などでもこの色が反映されている。 1960年 日本初公開時の映画パンフレット• 『キネマ旬報 1984年5月下旬号 No. 886 』139頁• 当時、録音は第二ステージを約三ヵ月借り切って行われた。 417. 関連項目 [ ]• - 眠れる森の美女の城があるディズニーランド(アナハイム)が舞台のゲーム。 オーロラ姫等も登場する。 - 5月30日公開のディズニーの実写映画。 本作に登場するマレフィセントを主役とし、彼女視点で『眠れる森の美女』を描く。 外部リンク [ ]• (日本語)• - (日本語)• - (英語)• - (英語)•

次の

【公式】ショップディズニー

プリンセス オーロラ姫

ベル 「ディズニープリンセス」とは、ディズニー映画に登場するお姫様のキャラクターの総称です。 現在、ディズニープリンセスは、14人います。 『白雪姫』は、王子様がお姫様を救うという王道の物語。 「お姫様と王子様の真実の愛」がテーマだったディズニープリンセス像も、月日が流れるとともに変化していきます。 『アナと雪の女王(アナ雪)』では、「姉妹の真実の愛」がテーマになりました。 そして、最近では王子様が登場しない作品もあり、ディズニープリンセスの設定にも、実社会の女性像が反映されています。 日本では、次の7人のディズニープリンセスが大活躍しています。 『白雪姫』は、世界初の長編カラーアニメーション映画としても有名な作品です! 物語の簡単なあらすじは、「願いの叶うリンゴ」と聞き毒リンゴを食べて眠りについてしまった白雪姫が、王子様のキスで生き返るというストーリーです。 白雪姫は、雪のように白い肌、真っ赤なくちびるをもつ少女のようなプリンセスです。 こびとたちの家で役立っていましたね。 白雪姫の夢は、いつか「あの日、一目惚れした王子様が迎えにきてくれる」こと。 だから、「願いの叶うリンゴ」と聞き、毒リンゴを食べてしまったのです。 名曲「いつか王子様が」にも表れているように、白馬の王子様を待つという王道のプリンセスの夢をもつ白雪姫。 ディズニープリンセスの映画でもっとも有名な作品ではないでしょうか! 『シンデレラ』は、シンデレラが自身の身分の階級をこえて、王子様に見初められるお話です。 世の女性たちの憧れである「ガラスの靴」「シンデレラ・ストーリー」は、この物語から生まれました。 シンデレラは、王家生まれではなく商人の娘です。 継母と義理の姉2人と、たくさんの仲良しの動物たちと屋敷で暮らしています。 しかし、継母と姉たちからは召使いのように扱われているので、白雪姫と同じように、家事をバッチリこなせる19歳のプリンセスです。 意志の強いシンデレラは、自分の運命を自ら切り開こうとします! それは、2つのシーンを通して感じることができます。 ある日、お城から「年頃の娘は1人残らず出席するように」と舞踏会の招待状が届いたときのことです。 1つ目は、シンデレラが、継母に「わたしにも舞踏会に出席する資格があります」と主張します。 2つ目は、物語の終盤で、ガラスの靴を「試させてください」と主張します。 これらは、夢を信じるシンデレラだからこそ言えたのでしょう。 自分の意見を主張できる意志の強いプリンセスであることがわかりますね! そして、シンデレラが着たドレスは、2着あります。 1着目は、淡いブルーのドレスです。 「ドレスを着て舞踏会に行きたい」というシンデレラの夢を知っていたネズミたちが作ってくれたドレス。 普段、シンデレラがネズミや小鳥たちに優しく接しているからこそ、生まれたドレスです。 『眠れる森の美女』は、ディズニー映画で、もっとも豪華な作品とされています! あらすじは、深い眠りについてしまったオーロラ姫を、フィリップ王子が助けにいく物語です。 オーロラ姫は、王家生まれです。 悪い妖精マレフィセントから守るため、森で良い妖精3人に育てられました。 オーロラ姫は「ブライア・ローズ」と名前を変え、農家の娘として成長します。 縦巻きロールの金髪で、バラのように赤いくちびるをもつ美しいオーロラ姫は、まさにプリンセスそのものです。 豪華なオーロラ姫の姿は、物語の終盤にも観ることができます。 『リトル・マーメイド』は、海の世界と人間の世界が舞台のお話。 人間の世界に憧れる人魚姫アリエルが人間になり、人間エリック王子と結婚するという物語です。 人魚姫のアリエルは、紫色の貝殻を胸につけ、緑色の尾ひれをもっています。 海の王様トリトン王の娘で、7人姉妹の末っ子の王家生まれ。 アリエルの親友はフランダーで、お目付役はセバスチャンです。 好奇心旺盛で人間の世界へ憧れるアリエルは、人間の世界のものを見つけてコレクションするほどになります。 沈没船で見つけたフォーク「カミスキー」では、赤いロングヘアをとかしています。 また、エリック王子に一目惚れしたことで、人間の世界への憧れはより一層強くなります。 遭難したエリック王子を岸へ連れていき、得意な歌で魅了します。 自分で夢を叶えにいきます! それは、人間になるために海の魔女アースラのもとへ向かい、声と引き換えに人間の足を手に入れたほど。 終盤では、アリエルとエリック王子の愛を理解したトリトン王が、アリエルを人間に変えます。 真実の愛を貫くアリエルは、芯の強いプリンセスですね。 人間になったアリエルは、ピンク色のドレスなどを着ていますよ。 『美女と野獣』は、ベルと野獣の真実の愛の物語。 「魔法のバラ」が物語のキーアイテムとなり、野獣やお城にかかった魔女の魔法を解くというストーリーです。 魔法を解く方法はたった1つ、野獣が真実の愛を学ぶこと。 その相手がひょんなことからお城に現れた女性が、ベルでした。 ベルは、フランスの小さな町に住む娘です。 ベルとはフランス語で「美女」という意味。 その名のとおり、ベルは町一番の美人さんです! 父親思いのベルは、発明家の父モーリスと暮らしています。 ベルの趣味は読書と空想で、町人からは「変わり者」だと思われています。 当時、読書をする女性がめずらしかったことからなのだとか。 本当は野獣のお城に残るなんて怖かったはず。 このときベルはなんと、17歳です! また、この物語のメッセージでもありますが、人を見た目で判断しないプリンセスです。 野獣に残るわずかな優しさに気づいたベルは、恋しはじめます。 そのシーンでベルは、豪華な黄色いドレスを着ています。 実写版のダンスシーンは話題となり、その年の結婚式ではベルのような黄色いドレスを選ぶ方が多かったようです。 ちなみに、ベルの普段着は白いブラウスに青いジャンパースカートですよ。 青や本から、聡明さや知的さも感じられますね。 『アラジン』は、初めて、ディズニープリンセスが王子様以外の人と結婚する物語です。 時代背景にあわせて、だんだんとプリンセス像が変わってきていますね。 王家生まれのジャスミンは、アグラバー国王サルタンの1人娘で、賢く自立した女性です。 神秘的な砂漠の国アグラバーの宮殿で暮らしています。 法律によって迫られる王子様との結婚や宮殿の生活に嫌気がさしています。 自由になることを夢みているジャスミンは、家出をしてしまうのです。 『塔の上のラプンツェル』は、塔で暮らすラプンツェルが、毎年自分の誕生日に空に上がる見える不思議な光を見るために外の世界へフリン・ライダーと飛び出す物語です。 好奇心旺盛なラプンツェルは、王家生まれの18歳。 17年間、塔の中で暮らしているというより、閉じ込められています。 なぜ塔の中に閉じ込められているかというと、ゴーテルに「外の世界は危険」と、教えられているから。 でもそれは真っ赤なウソ。 ラプンツェルの髪に宿る魔法の力を使うためにゴーテルがラプンツェルに思い込ませているのです。 ゴーデルはラプンツェルの母親ではありません。 妊娠中に病にかかってしまったラプンツェルの母は、魔法の花の力で病気を治しました。 しかし、そのずっと前からゴーテルはその魔法の花を使って若さを保ちつづけていたのです。 その魔法の花の力はラプンツェルの髪に宿ったため、ゴーテルはラプンツェルをお城から連れていきました。 それによって、ラプンツェルはゴーテルに育てられているというわけです。 金髪に輝く魔法の力が宿ったラプンツェルの髪は、21m! 町で子供たちが結ってくれ、お花を飾っています。 また、ラプンツェルは、淡い紫色のワンピースを着ています。 ラプンツェルの親友は、カメレオンのパスカルです。 塔のなかで一緒に遊んできた仲間です。

次の

ディズニープリンセス おしゃれドレス オーロラ姫

プリンセス オーロラ姫

とっても美人さん オーロラ姫がプリンセスとして登場するディズニー映画「眠りの森の美女」。 原作はヨーロッパの童話であるシャルル・ペローの「眠れる森の美女」からきています。 6年の歳月と600万ドルの費用をかけ、300人のアニメーターを動員して製作されました。 この映画は、ディズニー映画史上最も贅沢で豪華な長編アニメ映画です。 また、オーロラ姫のほっそりしたルックスはオードリー・ヘップバーンをモデルに描かれたそうです。 あらすじ ヨーロッパのある国に待望の王女が誕生し、「夜明けの光」という意味をもつオーロラと名付けられました。 国中の人々がお祝いに訪れる中、お祝いに呼ばれなかった魔女・マレフィセントが腹いせに「16歳の誕生日の日没までに糸車で指を刺して死ぬ」という呪いをかけてしまいます。 邪悪な魔女のマレフィセントから呪いをかけられ、それを避けようとした両親によって城から遠く離れた場所で暮らすことに。 3人の優しい妖精に育てられたオーロラ姫は、自分の本当の身分を知らず、いつか夢が叶うと信じています。 ある日、たまたま近くを通りかかったフィリップと出会い、お互い相手が誰か気づかないまま恋に落ち、夜に再会する約束を交わして別れます。 そして、16歳になりお城へ戻ることが決まるものの、彼女の存在を嗅ぎつけたマレフィセントに操られ、呪いが完成してしまいます。 眠りについてしまったオーロラ姫。 ヒューバート王の寝言から呪いを解く運命の相手がフィリップだと知った3人の妖精は、大急ぎで魔の城に向かいました。 オーロラ姫を救うために「真実の剣」と「美徳の盾」を授け、オーロラ姫を救いうためにでかけますが…。 マレフィセントと勇敢に闘ったのは、隣国の王子、フィリップなのです。 オーロラ姫は、大事な時には寝ています。 「果報は寝て待て」ということわざもありますが、オーロラ姫はただ寝ていただけ。 なのに、なぜオーロラ姫は恋愛上手なのでしょうか? フィリップ王子は、最初はオーロラ姫に一目惚れし、勇敢でもなんでもないたただの「隣国の男性」でした。 そのフィリップ王子は、オーロラ姫のために苦難を乗り越えていきます。 「オーロラ姫に一目惚れし、なんとか彼女を自分のものにしたい」と強く思いマレフィセントへも挑んだのです。 つまり、オーロラ姫はマレフィセントのせいとはいえ、知らず知らずのうちに男性の狩猟本能を狩り立てていたのです。 男性は「自分の手で手に入れたい」と思う生き物。 「マレフィセントを倒したらオーロラ姫が手に入る」という一見すると不純な動機ですが、オーロラ姫のために必死になって戦っていたのです。 オーロラ姫は、素質がありそうな男性、つまりフィリップに試練を与え、王子が自分の元へ来てくれるのを眠りながら待っています。 自力で困難を乗り越えて成長できる男性こそ、本当の王子様ということなのです。 さらに、スレンダーな身体とブロンドの髪とを持ち、万人受けする美しさです。 オーロラ姫の生誕のお祝いには、国中の人たち、そして妖精までもがお城へ駆けつけたというくらいですから、その人気は生まれながらにしてと言っても過言ではないでしょう。 フィリップ王子と出会い、最初は消極的だったオーロラ姫も、フィリップ王子の積極的な行動に負け踊りだします。 眺めの良い場所で2人きりになると、駆け引き上手のオーロラが恋愛テクを発揮します。 「次、いつ会える?」と尋ねるフィリップに対し、「もう会えないわ」とその場を立ち去ろうとするオーロラ姫。 焦らされると燃える男性が多いように、オーロラ姫の行動や言動は多くの男性の心を惹きつけるポイントと言えます。 もともと魅力的な彼女がそんな風にふるまうと、周りの男性は放ってはおきません。 フィリップ王子もそんなオーロラ姫だからこそ心を奪われ、命がけで助け出すに至ったのです。 オーロラ姫の行動は同じ女性として、見習うべき点がたくさんあります。 「眠りの森の美女」の映画をストーリーではなく、今度は恋愛バイブルとして意識してみると新たな発見があるかもしれません。 オーロラ姫:ディズニーランドで会うならメイン・エントランス ディズニーランドでは、メイン・エントランスでオーロラ姫に会うことができますよ。 ゲートをくぐり、視界が開けたと思ったところがメイン・エントランスです。 ミッキー&フレンズを始め、ピーターパンやロビンフッドなど、ディズニークラシックの映画キャラクター、そして人気のディズニープリンセスたちがキャラクターグリーティングに登場します! ディズニーキャラクターが登場する時間帯はまちまちなので、確実に会えるというわけではなく、運の要素も大きいです。 また、もし雨だとしても、屋根のあるワールドバザールで会うことができますよ。 また、パレードをしている時間はグリーティングで会えることはありません。 オーロラ姫は、キャッセルカルーセルの裏(白雪姫の前)で一緒に写真を撮ることができたり、シンデレラ城の裏にいたという話があったり。 プリンセスの中で一番セリフや登場シーンが少ないにもかかわらず、その人気はとても大きいもの。 ピンク色のドレスは女の子の永遠の憧れですね。

次の