マスト 細胞 と は。 マスト細胞(ますとさいぼう)とは

マスト細胞はアレルギーの原因?酒さとマスト細胞の関係を知って治療に役立てよう。

マスト 細胞 と は

免疫とアレルギー 免疫とアレルギー 免疫とアレルギーの関係 免疫機能には特定の抗体 異物 に対して、防御・攻撃するという機能を持っており、この機能が低下すると風邪やガンなど様々な疾患にかかりやすくなります。 ただ、こうした 免疫機能には、本来反応しなくてもいい花粉やダニ、食品なども有害な異物と勘違いし過剰に反応するという事があります。 この免疫の過剰反応により、アレルギーが発症します。 アレルギー体質とは アレルギーをもっている人は、「アレルギー体質」と言われていますが、これは体質的にアレルギーを起こしやすい事を指しています。 アレルギー体質の人は、免疫細胞の司令官の役割を持つ、ヘルパーT細胞の「Th1」と「Th2」のバランスが崩れており、通常は本来反応しなくて良いダニや花粉、食品などのアレルゲンが過剰反応し、IgE抗体を生産しやすいと言われています。 IgE抗体とは、免疫グロブリンEというタンパク質です。 生産されたIgE抗体は再びアレルゲンと反応すると、細胞からヒスタミンなどが放出され様々なアレルギーを引き起こします。 アレルギー発症は体質の他に、アレルゲンや環境要因が重なり初めて発症すると言われます。 IgE抗体とは 免疫グロブリンEというたんぱく質。 花粉などの抗原(アレルゲン)が体内に侵入すると作り出され、皮膚や貼膜に多くある肥満細胞 (マスト細胞)の表面に付着し、再び侵入した抗原(アレルゲン)と結合することでヒスタミン分泌の起因となる免疫抗体。 肥満細胞(マスト細胞) 皮膚や粘膜など全身に広く分布する細胞。 形が丸く肥満を連想させるため肥満細胞と呼ばれるが、肥満とは関係がない。 別名は、マスト細胞と呼ばれている。 アレルギー症状の原因物質を持っていて、免疫反応など身体を守ることに寄与する細胞。 アレルギーを持つ人は増えている 近年、日本人の2人に1人は何らかのアレルギーを持つと言われています。 特に この10年でアレルギー疾患は急増しており、その要因として、食生活や生活環境の変化、スギ花粉の増加などが挙げられます。 また 50年前に比べ衛生状態が改善された事で、本来持っている免疫機能に変調をきたしているとも言われています。 そして、小さい頃から現れたアレルギー疾患が、年齢と共に異なる疾患として現れる事もあります。 例として、アトピー性皮膚炎と食物アレルギーに罹り、大きくなると気管支喘息や鼻炎にかかるといったように、次々と症状が現れます。 ですがその反面、疾患の症状が和らぎ、治る事もよくあります。 本当に衛生状態が改善されたのが原因? 衛生状態が改善された事がアレルギー疾患の急増している一因とも言われていますが、だからと言って、不潔にする事でアレルギーが予防できたりする訳ではありません。 大気汚染などの環境悪化もアレルギーを発症する一因とも言われています。 要は 免疫状態を変調させる原因が全てのアレルギーを引き起こしやすいとも言えます。 衛生状態が良いにこした事はないのです。

次の

共同発表:アレルギー反応を引き起こす化学物質が放出されるメカニズムを解明~アレルギー疾患の治療応用へ期待~

マスト 細胞 と は

九州大学 生体防御医学研究所の福井 宣規 主幹教授らは、 注1)と呼ばれる白血球が、ヒスタミンといったアレルギー反応を引き起こす化学物質を放出する過程で、DOCK5というタンパク質が重要な役割を果たしていることを世界に先駆けて発見し、その作用機序を解明しました。 花粉症、喘息、食物アレルギーといったアレルギー疾患の頻度は年々増加しており、生活の質を低下させるだけでなく、まれに生命を脅かすことさえあります。 このアレルギー反応の誘導に深く関わっているのが、マスト細胞です。 これを 注4)と呼びます。 これまでに、分泌顆粒が 注5)と呼ばれる管状の構造物に沿って運搬されることは知られていましたが、微小管の動きがどのようにして制御されているかは不明でした。 福井主幹教授らの研究グループは、マスト細胞に発現しているDOCK5というタンパク質に注目し、そのアレルギー反応における役割を解析しました。 DOCK5が発現できないように遺伝子操作したマウスでは、マスト細胞の脱顆粒反応が障害されており、その結果アレルギー反応が著しく抑制されることを見いだしました。 さらにDOCK5が脱顆粒反応を制御するメカニズムを詳しく調べたところ、従来知られていた働きとは異なる機序でDOCK5が作用し、微小管の動きをコントロールすることで、脱顆粒反応を制御していることを突き止めました。 現在、アレルギー疾患の治療薬としてヒスタミンの働きを抑える薬剤が使われていますが、DOCK5はヒスタミンの放出そのものに関わっているため、アレルギー反応を根元から断つための新たな創薬標的になることが期待されます。 本研究成果は、独立行政法人 科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業 チーム型研究(CREST)の成果で、2014年6月9日(米国東部時間)に米国科学雑誌「Journal of Experimental Medicine」のオンライン版に掲載されます。 <背 景> 花粉症、喘息、食物アレルギーといったアレルギー疾患の頻度は年々増加しており、生活の質を低下させるのみならず、まれに生命を脅かすことさえあります。 このアレルギー反応の誘導に深く関わっているのが、マスト細胞です。 これを脱顆粒反応と呼びます。 これまでに、分泌顆粒が微小管と呼ばれる管状の構造物に沿って運搬されることは知られていましたが、微小管の動きがどのようにして制御されているかは不明でした。 DOCKファミリーは線虫からヒトに至るまで保存された分子の総称で、共通して保存されたDHR-2と呼ばれる領域を介して、 注6)と総称されるシグナル分子に会合し、その活性化を誘導します。 DOCK5はこのファミリー分子の一員で、低分子量Gタンパク質の一種Racのスイッチを「ON」にする分子ですが、その生体機能、特に免疫システムにおける役割は不明でした。 福井主幹教授の研究グループは、DOCK5がマスト細胞に発現することを見いだし、アレルギー反応におけるDOCK5の役割を解析しました。 <内 容> 研究グループは、DOCK5タンパク質の機能を調べるために、DOCK5を発現しないように遺伝子操作したマウス(DOCK5ノックアウトマウス)を用いました。 DOCK5を発現する通常のマウス(野生型マウス)をIgE抗体で感作し、抗原を投与すると、強いアレルギー反応(アナフィラキシーショック)が引き起こされ、体温が低下しました。 しかし、DOCK5ノックアウトマウスでは、アレルギー反応が著しく抑制され、血清中のヒスタミン値も上昇しませんでした()。 マスト細胞がないマウスに、DOCK5を欠損したマスト細胞を移入しても、アナフィラキシーショックを誘導することはできません。 このことから、DOCK5はマスト細胞で機能し、アレルギー反応を制御していることが明らかとなりました。 さらに詳しく解析したところ、DOCK5を欠損したマスト細胞では、ヒスタミンといったアレルギー反応を引き起こす化学物質の放出がうまく起こらないことを見いだしました()。 この放出には微小管が重要な役割を演じていますが、DOCK5を欠損したマスト細胞では、微小管の動きが著しく低下していました()。 <今後の展開> 現在アレルギー疾患の治療薬としてヒスタミンの働きを抑える薬剤が使われていますが、その効果は限定的です。 本研究より、DOCK5を欠損したマスト細胞では、ヒスタミンといったアレルギー反応を引き起こす化学物質の放出そのものが障害されることが明らかとなりました。 このため、DOCK5はアレルギー反応を根元から断つための新たな創薬標的になることが期待されます。 <本研究について> 本研究は、独立行政法人 科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業 チーム型研究(CREST)「アレルギー疾患・自己免疫疾患などの発症機構と治療技術」(研究総括:菅村 和夫 宮城県立病院機構 理事長)における研究課題「細胞骨格制御シグナルを標的とした免疫難病治療の新戦略」(研究代表者:福井 宣規 九州大学 生体防御医学研究所 主幹教授、研究期間:平成20年10月~平成26年3月)の研究成果です。 <参考図> マスト細胞の脱顆粒反応におけるDOCK5の機能を模式的に示す。 DOCK5は、複数のシグナル伝達分子と会合し、微小管の動きをコントロールすることで、脱顆粒反応を制御している。 <用語解説> 注1) マスト細胞 肥満細胞とも呼ばれる。 白血球の一種で、脱顆粒反応によりヒスタミンを放出することで、アレルギー反応を引き起こす。 注2) IgE抗体 イプシロン重鎖をもつ免疫グロブリンの1つで、アレルギー反応に関与する。 注3) 分泌顆粒 細胞内にみられる顆粒で、マスト細胞では血管作動性タンパク質であるヒスタミンなどの化学伝達物質が蓄えられている。 注4) 脱顆粒反応 マスト細胞の活性化に伴い、細胞内の分泌顆粒が細胞表面へ輸送され、顆粒の中に含まれる化学物質が放出される現象。 注5) 微小管 管状の構造をした細胞骨格成分の1つで、細胞内の小胞輸送などさまざまな機能を持つ。 マスト細胞では、微小管の伸長に伴い、分泌顆粒が細胞外へ放出されると考えられている。 注6) 低分子量Gタンパク質 分子量20-30kDaのグアノシン三リン酸(GTP)結合タンパク質の総称。 グアノシン二リン酸(GDP)が結合しているときは「不活性型」、GTPが結合しているときは「活性型」となる。

次の

【肥満細胞】免疫反応とアレルギー反応に大きく関係する細胞

マスト 細胞 と は

免疫とアレルギー 免疫とアレルギー 免疫とアレルギーの関係 免疫機能には特定の抗体 異物 に対して、防御・攻撃するという機能を持っており、この機能が低下すると風邪やガンなど様々な疾患にかかりやすくなります。 ただ、こうした 免疫機能には、本来反応しなくてもいい花粉やダニ、食品なども有害な異物と勘違いし過剰に反応するという事があります。 この免疫の過剰反応により、アレルギーが発症します。 アレルギー体質とは アレルギーをもっている人は、「アレルギー体質」と言われていますが、これは体質的にアレルギーを起こしやすい事を指しています。 アレルギー体質の人は、免疫細胞の司令官の役割を持つ、ヘルパーT細胞の「Th1」と「Th2」のバランスが崩れており、通常は本来反応しなくて良いダニや花粉、食品などのアレルゲンが過剰反応し、IgE抗体を生産しやすいと言われています。 IgE抗体とは、免疫グロブリンEというタンパク質です。 生産されたIgE抗体は再びアレルゲンと反応すると、細胞からヒスタミンなどが放出され様々なアレルギーを引き起こします。 アレルギー発症は体質の他に、アレルゲンや環境要因が重なり初めて発症すると言われます。 IgE抗体とは 免疫グロブリンEというたんぱく質。 花粉などの抗原(アレルゲン)が体内に侵入すると作り出され、皮膚や貼膜に多くある肥満細胞 (マスト細胞)の表面に付着し、再び侵入した抗原(アレルゲン)と結合することでヒスタミン分泌の起因となる免疫抗体。 肥満細胞(マスト細胞) 皮膚や粘膜など全身に広く分布する細胞。 形が丸く肥満を連想させるため肥満細胞と呼ばれるが、肥満とは関係がない。 別名は、マスト細胞と呼ばれている。 アレルギー症状の原因物質を持っていて、免疫反応など身体を守ることに寄与する細胞。 アレルギーを持つ人は増えている 近年、日本人の2人に1人は何らかのアレルギーを持つと言われています。 特に この10年でアレルギー疾患は急増しており、その要因として、食生活や生活環境の変化、スギ花粉の増加などが挙げられます。 また 50年前に比べ衛生状態が改善された事で、本来持っている免疫機能に変調をきたしているとも言われています。 そして、小さい頃から現れたアレルギー疾患が、年齢と共に異なる疾患として現れる事もあります。 例として、アトピー性皮膚炎と食物アレルギーに罹り、大きくなると気管支喘息や鼻炎にかかるといったように、次々と症状が現れます。 ですがその反面、疾患の症状が和らぎ、治る事もよくあります。 本当に衛生状態が改善されたのが原因? 衛生状態が改善された事がアレルギー疾患の急増している一因とも言われていますが、だからと言って、不潔にする事でアレルギーが予防できたりする訳ではありません。 大気汚染などの環境悪化もアレルギーを発症する一因とも言われています。 要は 免疫状態を変調させる原因が全てのアレルギーを引き起こしやすいとも言えます。 衛生状態が良いにこした事はないのです。

次の