やむを得 ない 漢字。 米沢上杉まつりの中止決定 秋の「なせばなる秋まつり」も 米沢市長「やむを得ない」

誤字等の館:やむおえない

やむを得 ない 漢字

「やむなし」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。 「やむなし」は、「中止もやむなし」「~という判断もやむなし」といった使い方があり、ビジネスシーンで使用されることもあります。 「やむなし」の意味や使い方、例文について、詳しく見ていきましょう。 「やむなし」の意味は? 「やむなし」は、「やむを得ない」「仕方がない」という意味があります。 例えば、「中止もやむなし」と表現すれば、「中止になってもやむを得ない」「中止になっても仕方がない」という意味を表します。 「~という判断もやむなし」であれば、「~という判断をしてもやむを得ない」「~という判断になっても仕方がない」という意味があります。 「やむなし」は、「他の選択肢がなく、そうするしかない」と考えると、イメージが浮かびやすいでしょう。 「中止もやむなし」であれば、中止以外の選択肢がなく、中止するしかない状態を表します。 例えば、「中止もやむなし」「~という判断もやむなし」「延期はやむなし」「辞職はやむなし」といった使い方があります。 「やむなし」は、「やむを得ない」「仕方がない」という点を強調したい場合に使用できる言葉です。 例えば、「中止になっても仕方がない」という表現を「中止もやむなし」と表現すると、「やむを得ない」「仕方がない」という意味が強く示されます。 また、「辞職はやむなしとの声が上がっている」という表現であれば、「やむなし」を使うことで、「辞職はやむを得ない」「辞職は仕方がない」という点をわかりやすく示すことができます。 「やむなし」はこのような使い方があり、新聞やニュース記事などでもしばしば使用されます。 「やむなし」の例文は? 次に、「やむなし」の例文を具体的に見ていきましょう。 「やむなし」の基本的な例文は? 「やむなし」の基本的な例文は、次のようなものがあります。 ・天候によっては、試合の中止もやむなしと考えている。 ・今回のイベントは、悪天候で中止もやむなしと判断された。 ・この天候では、臨時休校という判断もやむなしだろう。 ・辞職はやむなしとの声が上がっている。 ・解任はやむなしと判断されるだろう。 ・今後の動向によっては、値上げもやむなしと考えられる。 ・職場では、多少の衝突が起こることはやむなしと考えた方が良い。 いずれも、「やむを得ない」「仕方がない」という意味が強調されます。 「やむなし」は「止む無し」「已む無し」と書きます。 以下、詳しく見ていきましょう。 「止む無し」 「やむなし」の書き方の一つに「止む無し」があります。 「やむなし」は、一般的には平仮名で表記されることが多いですが、「止む無し」のように表現されることもあります。 「止む」というのは「止まる」という意味で、ここに「無し」を加え、「止まることが無い」という意味が基本となります。 これが転じて「仕方がない」「やむを得ない」という意味になりますが、この点については後述します。 「已む無し」 「やむなし」は「已む無し」と書く場合もあります。 「已む無し」の「已む」は、「止む」と同じ意味があります。 一方で、「已む無し」は「止む無し」と比べ、使用例は少ない傾向があります。 そもそも「やむなし」は平仮名で表記されることが多く、漢字を使用する場合でも「止む無し」が多く見られます。 これらの表現と比較すると、「已む無し」の使用は少ないと言えるでしょう。 「やむなし」の語源は? 「やむなし」は、「やむない」「やむなく」といった言葉とともにおさえておくと効果的です。 「やむなし」の語源などについて、詳しく見ていきましょう。 「やむない」とは? 「やむなし」は、「やむない」という言葉を基本に考えることができます。 この「やむない」が変化した形が、「やむなし」や「やむなく」となります。 「やむない」は「やむを得ない」「仕方がない」という意味があり、「やむなし」と同じように考えることができます。 例えば、「中止もやむないことだ」と表現すれば、「中止もやむなし」と同じ意味があります。 「やむなし」は「やむない」が基本となるので、「やむなし」の語源を考えるには「やむない」の語源を知っておく必要があります。 「やむない」の語源は? 「やむない」は、漢字で書くと「止む無い」「已む無い」となります。 この場合、「止む」と「已む」は同じ意味ですが、「やむない」の語源は「止む無い」で考えるとわかりやすいです。 「止む無い」は、「止まる」と「無い」に分けて考えられます。 つまり「止まることが無い」という意味があります。 「止まることが無い」は「止まることができない」というニュアンスがあり、転じて「どうしようもない」「どうすることもできない」という意味で考えることができます。 これは、「やむない」が持つ「仕方がない」という意味につながります。 「やむなし」も、漢字で書くと「止む無し」「已む無し」となります。 「止まること無し」と考えることができるので、「やむない」と同様に「仕方がない」という意味になります。 「やむなし」と「やむない」の語源の特徴は? 「やむなし」と「やむない」の語源について、さらに詳しく考えてみましょう。 「やむない」も「やむなし」も、「他の選択肢がなく、そうするしかない」というニュアンスがありますが、これは「止まることが無い」という言葉から考えるとわかりやすいでしょう。 「止まることが無い」は、「止まることができない」「止まれない」という意味で考えることができます。 これは、「進む以外にどうしようもない」という意味になり、転じて「そうするしかない」となります。 この「そうするしかない」という意味は、「仕方がない」「やむを得ない」という言葉で表現することができます。 つまり、「やむなし」「やむない」の意味は「仕方がない」「やむを得ない」となります。 「やむなく」とは? 「やむない」が変化した形に「やむなく」があります。 「やむなし」と関連し、「やむなく」という表現もおさえておくと便利です。 「やむない」は、連用形にすると「やむなく」となります。 この「やむなく」は使用例が多く、「やむなく承諾する」「やむなく値上げする」「やむなく受け入れる」「やむなく変更する」といった使い方があります。 いずれも、「やむを得ず」「仕方なく」という意味があります。 「やむなく」は、「やむなく~する」のように副詞的に使用する例が多く見られます。 「やむなし」と「やむなく」では使い方が異なるので、注意しましょう。 次に、「やむなし」の類語について詳しく見ていきましょう。 「やむなし」は、「やむを得ない」などの類語と比較することが大切です。 「やむなし」の類語の例は? 「やむなし」の類語には、「仕方がない」「やむを得ない」「せざるを得ない」「避けられない」「避けて通れない」「他に手がない」といった言葉があります。 「やむなし」には「仕方がない」「やむを得ない」という意味がありますが、これらの言葉も「やむなし」の類語として挙げられます。 「やむを得ない」 「やむなし」には「やむを得ない」という意味があるので、「やむなし」と「やむを得ない」は同じように使用することが可能です。 特に「やむを得ない」という表現は、日常生活やビジネスシーンで頻繁に使用されています。 また、「やむを得ず」に変えると、「やむを得ず~する」のように表現できます。 これらは「やむなし」や「やむなく」の使い方と同じです。 「やむなし」の対義語・反対語は?.

次の

「やむを得ない」とは?意味や使い方を解説!

やむを得 ない 漢字

第51回県学童軟式野球大会の史上初の中止が決定した27日、県野球連盟の関係者からは「やむを得ない」「残念」などの声が上がった。 6年生の救済を目的とした代替大会を開催する方針が決まったことについては歓迎する声が相次いだ。 県学童軟式野球大会をめぐっては、県内の自治体によって新型コロナウイルスの感染防止対策に差があり各支部の足並みがそろわないことから、県連盟の事務局が開催中止を提案。 理事の1人は「全地区がそろわない状況では、やむを得ない」と淡々と受け止めた。 一方、「『2連覇』を目指してきたので残念」と悔しさをにじませたのは、236チームが出場した前回大会を制した城北クラブ(佐野)の石田功(いしだいさお)監督。 チームは今月に入って練習を再開。 メンバーは昨年から変わったが、「成長度は昨年以上」と手応えを感じていたという。 6年生は卒業後に複数の中学校に分かれるだけに、石田監督は「このチームでできる最後の大きな大会なのでやらせてあげたかった」とため息をついた。 県連盟が開催方針を示した代替大会は9月5日に開幕し、土日と祝日の14日間で実施されることが決定したが、それ以外は未定。 県連盟の渡辺起祐(わたなべかつゆう)専務理事は「多くの子どもたちに野球の楽しさを味わってもらえれば」と述べた。 開催にあたっては、新型コロナの影響で減った授業時間を確保するため土曜登校日を設ける学校があるほか、時期的に修学旅行や運動会といった学校行事と重なることも予想される。 県連盟の理事からは「6年生が試合をできる機会が設けられるのはいいこと」との声が聞かれた一方、「大会か学校行事か、チームに苦しい選択をさせないようにしないと」と日程に配慮するべきとの意見が出された。 石田監督は「開催されたら、子どもたちには優勝を目指して頑張ってほしい」と期待を寄せた。

次の

「やむを得ない」とは?意味や使い方を解説!

やむを得 ない 漢字

第51回県学童軟式野球大会の史上初の中止が決定した27日、県野球連盟の関係者からは「やむを得ない」「残念」などの声が上がった。 6年生の救済を目的とした代替大会を開催する方針が決まったことについては歓迎する声が相次いだ。 県学童軟式野球大会をめぐっては、県内の自治体によって新型コロナウイルスの感染防止対策に差があり各支部の足並みがそろわないことから、県連盟の事務局が開催中止を提案。 理事の1人は「全地区がそろわない状況では、やむを得ない」と淡々と受け止めた。 一方、「『2連覇』を目指してきたので残念」と悔しさをにじませたのは、236チームが出場した前回大会を制した城北クラブ(佐野)の石田功(いしだいさお)監督。 チームは今月に入って練習を再開。 メンバーは昨年から変わったが、「成長度は昨年以上」と手応えを感じていたという。 6年生は卒業後に複数の中学校に分かれるだけに、石田監督は「このチームでできる最後の大きな大会なのでやらせてあげたかった」とため息をついた。 県連盟が開催方針を示した代替大会は9月5日に開幕し、土日と祝日の14日間で実施されることが決定したが、それ以外は未定。 県連盟の渡辺起祐(わたなべかつゆう)専務理事は「多くの子どもたちに野球の楽しさを味わってもらえれば」と述べた。 開催にあたっては、新型コロナの影響で減った授業時間を確保するため土曜登校日を設ける学校があるほか、時期的に修学旅行や運動会といった学校行事と重なることも予想される。 県連盟の理事からは「6年生が試合をできる機会が設けられるのはいいこと」との声が聞かれた一方、「大会か学校行事か、チームに苦しい選択をさせないようにしないと」と日程に配慮するべきとの意見が出された。 石田監督は「開催されたら、子どもたちには優勝を目指して頑張ってほしい」と期待を寄せた。

次の