ピン g410 ドライバー 評価。 ピン「G410 LST」ドライバー

PING(ピン)G410ドライバーの口コミ評価・試打レビュー

ピン g410 ドライバー 評価

ストレートフェードで、ヘッドスピードのある人がパワーフェードを打ちたいならぜひ。 内山プロ 顔つきがストレートです。 ヘッドが重めなので、それを活かして打つと、真っすぐ飛んでいきます。 高橋さん 好みの打感だが、球が上がりきらなかった。 HSが遅い人は、9度ロフトよりも、10. 5度をお薦めしたい。 前作の「G400」シリーズの安定した飛距離性能を、さらに熟成させたドライバーが「G410」という評価。 HS遅めの人は10. 5度ロフトで、後方のウェート調整を試してみると飛距離につながるはず。 ヘッドスピード遅めのスライサーに合う 伊丹プロ 打音が金属系とカーボン系の中間で落ちついています。 ボールをかなりつかまえやすいです。 内山プロ バランスがよく、つかまります。 トウ、ヒールで芯を外して打っても飛距離がほとんど落ちません。 高橋さん 気持ちのいいハイドローが打てました。 強い球で飛距離も伸びています。 スライスに悩むアベレージの人が「試すべき1本」という評価だ。

次の

ピンG410シリーズをコースで試打してきました

ピン g410 ドライバー 評価

また今作ではウェイト位置をユーザー自ら変更できる機能を搭載。 スライスしがちな方やフックさせたくない方はぜひこの機能をお試しください。 ホーゼルのデザインにも変更が加えられており、これまではロフト角しか調整できませんでしたが、今作ではライ角をフラットにする調整も可能になりました。 ウェイト位置の調整とこの機能を組み合わせれば、狙い通りの弾道でコース戦略を組み立てていくことができます。 5度の5種類。 ライ調整範囲はノーマルor3度フラットの2種類となります。 組み合わせて合計8種類のロフト・ライポジションからチョイス可能になりました。 ヘッドのタイプも多いので、初心者の方から上級者の方、スライサーからフッカーまで幅広い方に合わせられます。 気になる方は現在の悩みをご記入の上「」よりご相談ください。 オカムラ社長自らお悩みに返信しています。 シャローなヘッド形状• 前作より10cc大きなヘッド• 新デザインのタービュレーター• でありながら空気抵抗は変わらず• 5度の範囲で調整可能• 前作よりも更に深・低重心化が促進• 慣性モーメントは上下左右で9,000超え• 5本のサウンドリブが心地良い打音を実現• ウェイトポジションを3か所から選択可能• ライ角もノーマル・フラットの2種類で調整可• 容易に取り外しできてなおかつ風に飛ばされにくいヘッドカバー• クラウン部をより軽量化する「ドラゴンフライ・クラウン・テクノロジー」 特徴その2:ピン(PING) G410 プラスドライバー 新デザインのタービュレーター、より洗練されたドラゴンフライ・クラウン。 そして心地良い打音をもたらす5本のサウンドリブ。 数値面の向上も見逃せません。 G400ドライバーに比べて10ccヘッドが大きくなったG410ドライバーですが、大きくなったことで空気抵抗も大きくなってしまっては意味がありません。 そこで「タービュレーター」のデザインをより洗練させ、ヘッド形状もシャローにすることで前作と同等の空気抵抗を実現しました。 更にクラウン部を軽くして深・低重心化をもたらす「ドラゴンフライ・クラウン」も引き続き搭載。 おまけにヘッド内部に配された5本のサウンドリブのお陰で心地良い打音も実現しています。 - - 1 ロフト角 度 9. 0 10. 5 12. 0 標準クラブ長 inch 46. 00(ALTA DISTANZA 装着時) 45. 75(ALTA J CB RED 装着時) 45. 25(Tour 173-65&75、ATTAS 11、Speeder EVOLUTION VI、TENSEI CK Pro Orange装着時) ライ角 度 59. 5 バランス - D2 ALTA J CB RED R装着、45. 75インチ時。 75インチ時) 左用の有無 - 左用あり 標準グリップ - Golf Pride 360 Lite Tour Velvet Round 上記数値はメーカー公表値です。 また、 赤色の文字の部分はピンの公表値ではありません(雑誌などに掲載された実測数値です)。 9 〃 〃 〃 先 〃 SR 50 5. 2 〃 〃 〃 中先 〃 S 55 4. 7 〃 〃 〃 中 〃 X 60 4. 4 〃 〃 〃 〃 〃 PING Tour 173-65 R 57 4. 3 〃 〃 〃 中 〃 S 61 3. 4 〃 〃 〃 中元 〃 X 66 3. 2 〃 〃 〃 手元 〃 PING Tour 173-75 R 68 3. 3 〃 〃 〃 中 〃 S 75 2. 9 〃 〃 〃 中元 〃 X 80 2. 8 〃 〃 〃 手元 〃 ATTAS 11 6 SR 65 3. 8 〃 〃 〃 〃 〃 X 69 3. 8 〃 〃 〃 〃 〃 Speeder 661 EVOLUTION VI SR 64. 0 3. 9 〃 〃 〃 中 〃 S 65. 5 3. 9 〃 〃 〃 〃 〃 X 67. 0 3. 9 〃 〃 〃 〃 〃 TENSEI CK Pro Orange 60 R 60. 5 3. 5 3. 5 〃 〃 〃 〃 〃 X 66. 0 3. 4 〃 〃 〃 〃 〃 TX 67. 0 3. 4 〃 〃 〃 〃 〃 Diamana D-LIMITED 60 SR 62. 5 3. 4 〃 〃 〃 手元 〃 S 64. 0 3. 4 〃 〃 〃 〃 〃 X 66. 0 3. 3 〃 〃 〃 〃 〃 TX 68. 0 3. 5 〃 〃 〃 〃 〃 The ATTAS 6 SR 62 3. 6 〃 〃 〃 〃 〃 X 66 3. 5 〃 〃 〃 〃 〃 ATTAS CoooL 6 SR 64 3. 6 〃 〃 〃 先中 〃 S 66 3. 6 〃 〃 〃 〃 〃 X 68 3. 6 〃 〃 〃 〃 〃 Speeder 661 EVOLUTION V SR 64. 0 3. 7 〃 〃 〃 先中 〃 S 66. 0 3. 7 〃 〃 〃 〃 〃 X 68. 0 3. 7 〃 〃 〃 〃 〃 Speeder 661 EVOLUTION IV SR 65. 5 3. 7 〃 〃 〃 中 〃 S 67. 5 3. 7 〃 〃 〃 〃 〃 X 69. 5 3. 3 〃 〃 〃 〃 〃 6S 65 3. 4 〃 〃 〃 〃 〃 6 Tour 68 3. 4 〃 〃 〃 〃 〃 MagicalATTAS - 34 7. 0 〃 〃 〃 中 〃 S 67 4. 0 〃 〃 〃 〃 〃 X 71 3. 6 〃 〃 〃 〃 〃 ATTAS G7 6 SR 63 3. 8 〃 〃 〃 中 〃 S 65 3. 8 〃 〃 〃 〃 〃 X 66 3. 4 〃 〃 〃 中 〃 S 64 3. 3 〃 〃 〃 〃 〃 X 67 3. 5 4. 0 4. 3 〃 〃 〃 〃 〃 X 59. 0 4. 0 4. 3 〃 〃 〃 中 〃 S 57. 5 4. 3 〃 〃 〃 〃 〃 X 59. 5 4. 3 〃 〃 〃 〃 〃 NS PRO Regio Fomula B TYPE55 R2 52 3. 5 3. 6 〃 〃 〃 〃 〃 S 56. 5 3. 6 〃 〃 〃 〃 〃 N. Pro Regio Formula MB TYPE65 R 66. 5 3. 3 〃 〃 〃 中元 〃 S 68. 5 3. 3 〃 〃 〃 〃 〃 X 70. 5 3. 3 〃 〃 〃 〃 〃 N. Pro Regio Formula M TYPE65 R 64. 5 3. 5 〃 〃 〃 中 〃 S 67 3. 5 〃 〃 〃 〃 〃 X 69. 5 3. 5 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD XC-6 SR 62 3. 2 〃 〃 〃 〃 〃 X 65 3. 2 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD VR-6 SR 63 3. 2 〃 〃 〃 中 〃 S 65 3. 2 〃 〃 〃 〃 〃 X 66 3. 2 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD IZ-6 SR 62 3. 2 〃 〃 〃 中 〃 S 63 3. 2 〃 〃 〃 〃 〃 X 65 3. 2 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD TP-6 SR 64 3. 2 〃 〃 〃 中 〃 S 65 3. 2 〃 〃 〃 〃 〃 X 67 3. 2 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD GP-6 SR 64 3. 1 〃 〃 〃 中 〃 S 66 3. 1 〃 〃 〃 〃 〃 X 67 3. 1 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD MJ-6 SR 61 3. 4 〃 〃 〃 中 〃 S 62 3. 4 〃 〃 〃 〃 〃 X 64 3. 4 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD MT-6 SR 62 3. 3 〃 〃 〃 中 〃 S 64 3. 3 〃 〃 〃 〃 〃 X 65 3. 3 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD GT-6 SR 64 3. 1 〃 〃 〃 中 〃 S 66 3. 1 〃 〃 〃 〃 〃 X 67 3. 1 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD BB-6 SR 63 3. 2 〃 〃 〃 中 〃 S 65 3. 2 〃 〃 〃 〃 〃 X 66 3. 2 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD DI-6 SR 64 3. 4 〃 〃 〃 中 〃 S 65 3. 3 〃 〃 〃 〃 〃 X 67 3. 3 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD PT-6 SR 62 3. 6 〃 〃 〃 中 〃 S 63 3. 5 〃 〃 〃 〃 〃 X 64 3. 5 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD QUATTROTECH 65 SR 65 3. 8 〃 〃 〃 先 〃 S 66 3. 8 〃 〃 〃 〃 〃 X 67 3. 6 〃 〃 〃 〃 〃 VENTUS 6 S 65 3. 1 〃 〃 〃 中元 〃 X 65 3. 1 〃 〃 〃 〃 〃 Speeder SLK 6 S 66. 5 5. 1 〃 〃 〃 中 〃 X 71. 0 5. 0 〃 〃 〃 〃 〃 Speeder 661 TR S 65. 5 3. 5 〃 〃 〃 中元 〃 X 67. 0 3. 5 〃 〃 〃 〃 〃 Diamana ZF60 SR 62. 5 3. 8 〃 〃 〃 中元 〃 S 64. 5 3. 8 〃 〃 〃 〃 〃 X 67 3. 8 〃 〃 〃 〃 〃 TX 69 3. 7 〃 〃 〃 〃 〃 Diamana DF60 SR 62 3. 8 〃 〃 〃 中元 〃 S 64 3. 8 〃 〃 〃 〃 〃 X 66. 5 3. 8 〃 〃 〃 〃 〃 TX 68. 5 3. 8 〃 〃 〃 〃 〃 Diamana RF60 SR 63 3. 5 〃 〃 〃 中 〃 S 65 3. 5 〃 〃 〃 〃 〃 X 68 3. 4 〃 〃 〃 〃 〃 Diamana BF60 SR 62 3. 7 〃 〃 〃 中 〃 S 63 3. 7 〃 〃 〃 〃 〃 X 66 3. 6 〃 〃 〃 〃 〃 KURO KAGE XD 60 SR 63 3. 5 〃 〃 〃 手元 〃 S 64. 5 3. 5 〃 〃 〃 〃 〃 X 67 3. 4 〃 〃 〃 〃 〃 TX 68 3. 4 〃 〃 〃 〃 〃 GRAND BASSARA GB 29 Lite 32. 5 11. 8 〃 〃 〃 先中 〃 R 35. 5 10. 8 〃 〃 〃 〃 〃 S 39. 5 9. 5 11. 8 〃 〃 〃 先 〃 R 36 10. 6 〃 〃 〃 〃 〃 S 39. 5 9. 1 〃 〃 〃 〃 〃 Fubuki V 60 SR 63 4. 9 〃 〃 〃 中 〃 S 64. 5 4. 9 〃 〃 〃 〃 〃 X 67. 5 4. 8 〃 〃 〃 〃 〃 ROGUE SILVER 130 M. I 60 TR 61 3. 7 〃 〃 〃 元 〃 TS 64 3. 7 〃 〃 〃 〃 〃 TX 66 3. 前作より約2. 5cm短い。 バックライン無し。 前作より約2. 5cm短い。 バックライン有り。

次の

ピンG410LST試打評価|低スピン?上級者向け?前作のLSTと何が変わった??

ピン g410 ドライバー 評価

・スタンダード タイプ ・SFT つかまりやすい ・LST つかまりにくい G400にはリリースから約半年後に「」が追加され、4種類になったのです。 今度のG410ドライバーは2タイプでスタート。 ・PLUS プラス ・SFT その後発売になった はこちら G410 PLUS プラス ドライバーの評価 【構えやすさ】 一見前モデルとよく似ているが。 少し大柄になって、どっしりとした安心感がある顔です。 山が高くなったタービュレーターという空気抵抗を低減してくれる凹凸が、目に飛び込んでくる。 好き嫌いは分かれるが「ピンらしい構えやすさ」が引き継がれています。 G400の445ccから10cc増えて、クラウンがこんもりと膨らんでいるようにも見える。 【飛距離性能】 シャフトのしなりがボールにしっかり伝わり、よく弾いてよく飛びます。 前モデル よりも1発の飛びもミスの寛容性も上がった。 確実に飛距離性能は進化してます。 私が打つと「PING TOUR 173-75 S 」が一番飛びました。 シャフトで飛距離が大きく変わった。 シャフト選びが重要ですよ。 【弾道】 溜め込んだパワーを逃さずに速い初速で飛び出し、低スピンの中高弾道で前へ前へと伸び続ける球筋。 圧巻です。 【つかまり】 つかまり過ぎることも、プッシュすることもなく、非常にニュートラルな印象です。 でも新装備の弾道調整ウエイトで見事にキャラが変わります。 ドローポジションにするとつかまりが2段階ぐらいアップするが、フェードポジションにすると、左のミスを消すことができる。 【打感】 軽い打感です。 ぶっ飛んでるような実感がないから、着弾点を見てビックリ。 よく弾き、軽快な感触。 ホールド感は少ないが、悪い打感ではありません。 【操作性】 操作性を求めるゴルファーよりも、直進性を優先するゴルファーに適している。 【安定感】 振り抜きやすいしミスに強い。 安定感は抜群にいい。 「」とよく似た安定感がある。 G400MAXは、カウンターバランスっぽさが振り遅れの原因になるが、これはそんな心配はないし、弾道調整機能が効果的に機能してくれる。 そして弾道も強い。 文句の付けようがない。 ヘッドが大きくなって、小気味良さが薄れてしまったのが少し残念だが「ドライバーは結果が全て」という説得力がそのネガティブ要因も打ち消してくれる。 上級者はコース戦略のプランが組み立てやすくなるし、これから腕を上げたいゴルファーはミスをカバーしてくれる。 方向が左右にブレないから距離を確実に稼いでくれます。 【シャフト】 このドライバーは、シャフト選びが重要です。 シャフトによってキャラが大きく変わります。 オリジナルカーボンシャフトは4種類あり、50g台の「ALTA J CB RED」のみがニューシャフト。 ・ALTA J CB RED ・ALTA DISTANZA ・PING TOUR 173-65 ・PING TOUR 173-75 ・「ALTA J CB RED」は合わせやすくて中から先がよく走ります。 前モデルの「ALTA J CB 」よりもソフトになった印象。 ・60g台の「PING TOUR 173-65」は、よくつかまり振り抜きやすい。 ・70g台の「PING TOUR 173-75」はハードヒッター向け。 その他に、The ATTAS、Speeder EVELUTION V、TENSEI CK Pro Orange が選べます。 【おすすめしたいゴルファー】 ・操作せずにやさしく飛ばしたい。 ・スピン量を減らしたい。 ・オフセンターでも飛んで欲しい。 ・弾道調整機能が欲しい。 G410 PLUS プラス ドライバーのまとめ・総合点 ピン G410PLUSドライバー は、低スピンの高初速でぶっ飛んで、方向性がブレない。 正確なショットが打てるドライバーです。 ・よく飛ぶ ・ブレない方向性 ・高初速 ・強弾道 ・低スピン ・振りやすい ・ミスに強い 大ヒットした前モデルから、さらに進化してます。 素晴らしい! スインガーは確実にミート率が上がって飛びますよ。 【弾道】 低スピンの高弾道で、大きなキャリーになる。 【つかまり】 よくつかまる。 でも、重心距離が長いのか、自然にフェースがターンする感じではない。 ヘッドが大きくなったからなのかなぁ、ちょっとイメージとは違いました。 【打感】 軽くてよく弾く感触です。 【操作性】 操作性がいいクラブではない。 【安定感】 オフセンターでもよく飛ぶし、方向がブレない。 安定感抜群です。 右のミスが気にならないから思い切って振り抜ける。 その結果さらに飛距離アップになる。 「G410PLUSドライバー」と重量を比べると、2g軽い。 この差でかなり振り抜きやすく感じる。 つかまりやすいという位置付けだが、スライサーが打つと丁度いいストレートボールになってくれます。 その反面、ヘッドの重みを利用してガツンと打とうとするとヘッドのバランス不足な感じがする。 軽めのシャフトを好むゴルファーが使うと、かなり安定感が増すと思うが、ヘッドスピードが速めのスライサーはPLUSドライバーの弾道調整機能をドローポジションにした方がいいでしょう。 これがヘッドスピードが平均以下のスインガーにはベストバランスです。 【シャフト】 シャフトバリエーションは「G410 PLUS プラス ドライバー」と同じ。 【おすすめしたいゴルファー】 ・高い弾道が打ちたい。 ・ボールをしっかりつかまえたい。 ・ヘッドスピードは速い方ではない。 ・操作せずにやさしく飛ばしたい。 G410 SFT ドライバーのまとめ・総合点 ピン G410 SFT ドライバー は、右のミスを恐れずに振り抜けるからよく飛ぶ。 つかまりすぎず、安定感が抜群です。 ・よく飛ぶ ・よくつかまる ・高初速 ・高弾道 ・低スピン ・振りやすい ・ミスに強い 軽くて振り抜きやすい。 ヘッドスピードが遅めならこっちです。

次の