シャドバ 自然ビショップ。 【シャドバ】0から始める機械ビショップ【ローテーション】

【シャドバ・森羅咆哮】ミュースプリンセス・ミルフィ(リトルミュースナイト)のナーフはアリ?ナシ?現環境を支配する自然ビショップを語る! ~アンリミテッド評価!~

シャドバ 自然ビショップ

) まぁ~見事に詰め込んだね~? この出来栄えでゴーサインが出ているところがすごいしこれにゴーサインを出している作り手たちの異常性すら垣間見れる。 ビショップに関してはホント不思議で、 偉い人かなんかが「きくこのヲタ」なのか? …と。 きくこってのはビショップのリーダー「イリス」の声を担当している美熟女系の声優さんで、このきくこのヲタだから特別扱いでもしているのだろうか? 開発陣に「オイお前ら、ビショップは強く作るんだぞ!」「きくこに恥じかかせんなよ」 って、 そんなわけないじゃん www って、 思うじゃん? こから見ていく多くのビショップ新カードたちが破格の性能であり過ぎたためにローテーションではビショップの一択世界に染まってしまっている。 こんなものは作る段階でどんな馬鹿でも感づくものだし作り終えて見渡せば「コレはヤベェな…」と誰しも分かる、それにゴーサインを出しているという点を忘れてはならない。 作り手に言わせれば 「コレでもだいぶ弱くしたんやでぇ www」 「企画の段階ではもっと強かったんやでぇ www」 なんて自慢げにいってきそうだが…。 ミルフィ、過去最高の多機能・万能性 例えばヴァンパイアの「真・ユリウス」も1枚にそれはそれはいろいろな機能を詰め込んだがアレは単発1体の展開だけだった。 リーダーを回復して、相手リーダーにダメージ与えて、進化出来て、ユリウスの体力を回復して、いろいろあるが1枚1体展開であった。 かつてはウィッチのコスト4ゴールド「」がいて、多分この辺りの実装から「1枚にいろいろな機能を詰め込んだカード」というものが多く登場するようになった気がしてます。 1枚1手による味わい深いムーヴと連携連鎖、策の敷きを逸脱して1枚でドカァァァン!!何でもこなす万能カードが多く出て来るようになった。 ドラゴンのフィルレイン然り、利用者は(アンリミテッドでは)ほとんどいなかったがエルフのコルワだってだいぶ詰め込んだ。 さてミュースの話。 コスト4にするならナテラはいらないし、ナテラを付けたいのならネクロのルベル同様に5以上でなければならない。 ルベルと比較するとあちらは多面展開(アニマルの複数出しが可能)なのでコストの差異バランスは正しい。 しかしあまりにもコストが低すぎるため、決着ターンがローテーションですら早まるきっかけをまんまと作ってしまっているし、そこにラインを敷くことで対抗できない太刀打ちできないカードや構成があからさまに浮き彫りとなる。 本来はルベルが6でミュースが5、ルベルが7でミュースが6という辺りが妥当でした。 この手のカードはヘクター的に渾身の一手としなければならないが、コストが低く使いやすいため「とりあえずお茶を濁しとこっ!」って適当な使い方でも良いという、これがタチが悪い。 なぜかって、1枚にいろいろと詰め込まれた高機能・多機能カードだからね。 ドラゴンがポンっと1枚出て来るのとはわけが違う。 過去最高の多機能・万能性とはまさに1枚で複数体の展開を成すというやり方をついに出してしまったワケだ。 さらには出て来る「ミュースナイト」もすごい性能で、疾風、守護、育成可能…これでコストが1らしい。。 上で挙げた「真・ユリウス」なんかは1枚ただ一点に詰め込まれたものだったが、ミルフィは派生させて出てきたソレすら高機能という凄さはシャドウバースらしさでありヲタたちからは「シャドバやなぁ~笑」「これぞシャドウバース!ドヤ」って歓迎されて受け入れられるが普通に楽しく楽しいゲームを楽しみたい者達からすると怒りを通り越してあきれる…とはまさにこのことで。 極端な話、ミルフィ(コスト4)と、ミュースナイト(百歩譲ってコスト1)とが、それぞれ別々な「いち単体のカード」としてであれば、カード同士のコンビネーションというやり方を以って面白くなったかもしれない。 しかし実際はミルフィから出してナテラも加えてナイトは強化されて疾風で駆けるって、これがコスト4ってナンャワカラヘン。。。。 ルベルと違って1体のみ…は、下で語る場の埋めの回避になっていて実はメリットなんだよね。 なんて過保護で凄まじいつくりなのだ…と驚くばかりの性能を有している。 場を埋める…は短所か?弱点か? 黄金都市、ムニャ~ルなんかと併せて考えるべき箇所でもあるがミルフィ単体で見ても面白い。 まずはミルフィがいて、ナテラを使う、ミュースが出る。 ナイト育成にはさらに「ナテラをプレイするためのもう1枠」という場が必要になる。 これを以って4枠を要することになりここにさらに「黄金都市」や「その他の何か」があると場が埋まる。 アンリミテッドだと実はムニャ~ル特攻隊率いるビショップの数は少ない。 それでも何度も出会っていますその中で「場の埋まり」に関して、つけ込めそうで、あまり意味が無いのだなと悟った私です。 結局厄介なのはファルコンや~サヤブサヤ~ムニャ~ルの疾風連打であり都合よく手札にあるアニが0コストでドォォォン!!飢餓まで付いてドカァァァンんん!!というやり方に落ち着いている。 つまりは「ミルフィは、?」という結論。 実際、ミルフィが出てこない(引けてないだけとは思えない、カード馬鹿みたいに引きまくるて)構成者ともかなり当たっていて、ミルフィではないナテラ供給(ラットなんか)を使ってさらにはアンリミテッド恒例の「儀式」「異端」加えて新カード「エクセス」を駆使して耐え凌ぎ、黄金都市で即割れなので場をとられず、ミルフィを使わない方が巧く回る、扱いやすい、強いのでは…と。 対戦相手の構成から察して…ね。 それで盤面を埋めることに関して、ガチガチの「ザ・自然!」タイプだと盤面の自爆ロックはよく見かける。 ミルフィが手札にあるのかどうかはわからないけど出すに出せない場の埋め尽くし。 これは、自然ビショップとミルフィの一応の弱点、つけ入るすき、つけ込むチャンス場面として捉えてよいでしょう。 しかし困ったことにアンリミテッドでは述べたようにミルフィ不採用ともとれる構成がそこそこ多く、場の埋まりを回避しつつ巧い感じに回して疾風連打にアニの疾風強打でとどめ!というタイプが多い。 盤面ロックなんて夢のまた夢なんやでェ…と。 それと、アンリミテッドあるあるとして ターン2で黄金都市召喚 ターン3で自引きした黄金都市のプレイ という 黄金都市の2枚設置が常套手段として多く見られます。 そしてこれで何が面白いって、超高確率でそれはまるでCPU対戦しているかのような2,3のさも当たり前のように繰り出してくる傾向。 ターン1といい凄いよね…さも当たり前のように引いているぅ! ここにナテラも置いて、それでも疾風連打、ランダム破壊満載即時発動、カード引きまくり、これでアニが引けていないなんて事態は無い、アミュレットで場を3つも埋めておきながらにして問題なく回るという凄さ、これは裏を返せば「カウントダウンを付けることでそのコストには見合っていない強さを与えられたカードたちが、そのカウントダウン(マナレシオによるバランス取り)を無視して即時発動している」から、強くて当然だろう…という側面を感じ取る必要がある。 全ては黄金都市に問題がある、とは多くのユーザーが遥か昔から喚いているところでもある。 ミュースプリンセス・ミルフィの分解論! アンリミテッドだけで見るとミルフィは別にどうでもいい、盤面ロックの結論付で述べたように「一応の弱点は備わっている」ためと、アンリミではそもそもの問題が黄金都市とエクセスをどうにかせぇという事態なのでミルフィの影は薄い。 しかしローテーションでは間違いなく強カードでありアニのコストダウンに寄与しつつような時間稼ぎのプレイングだったり隙あらば強引に押し込むオチとしても利用可能とその万能性は他に例をみない程に異質に見える。 なんかの大きな大会で自然ビショップ一択世界に染まったとかでそりゃそうだろな…と。 しかしそれはミルフィ一点の悪さではなく最初に述べたように多くの新カードたちが異常なために起こった現象でもある。 これはまさに、ビショップツエェェェな感じは、いつぞやの「ヴァンパイア」と似ている。 昏き底もまんまと弱体化されたがアレはビショップで云うところの「アニ」に当たる箇所なので、アニ、ムニャ~ル、ラットこの辺りがナーフ案件ではなかろうか、黄金都市はどうだろう…とか。 よってミルフィの弱体化は無い寄りの無いと断言しておくぅ! 生成に関しては、これが無くても問題なく遊べる。 ネクロのルベルはあった方がいいし強くなれるがミルフィは無くてもいい。 アンリミテッドではそーゆー構成が溢れているてミルフィは無くても問題ないのだろう。 ミルフィのアンリミでの良さはデッキグルグル大回転とアニのコストダウン狙いで使えるのかな?ってくらいで決着ターンがバカみたいに早いアンリミではあまり悠長なムーヴは推奨されない。 ムニャ~ル特攻隊で遊ぶとき、ガチガチのであれ何であれ、黄金都市を並べるのであれ、場の狭さは必ずできるし手札のぐたり具合や下手くそなプレイでは盤面の自爆ロックを招きやすい。 すると恒例のまずはロイヤル「潜伏二刀流」が強烈だし地味にドラゴンの「攻撃されない軍団攻め」も強力なカウンターとして控えている。 場のロックを回避するためにもミルフィは不要なのかもしれません…。 otomegirl.

次の

【先行公開】『シャドバ』第15弾アディショナルカード“豊穣の西風神”と“夢の使者・アメス”を解説

シャドバ 自然ビショップ

こんにちは、木こりです。 最近シャドウバースをやっていてよくあたるデッキに、 自然ビショップというものがあります。 エイラビショップと合わせるともう2回に1回はビショップと戦っているような気がしますね。 そしてそれと同じくらい ドロシーウィッチにあたっている感じです。 ドロシーウィッチは豪風リノデッキに匹敵するほどの早さと安定性を備えた優秀なデッキで、私も結構な確率で負けちゃっています。 そこで私はドロシーウィッチ対策として 「とりあえず守ればいいんじゃない?」 的な安易な考えで守護ロイヤルデッキを作りました。 そう、今回紹介するのは 相手の攻撃を正面から全て受け止めるのを目的として力技デッキになります。 小細工はありません。 ただひたすら相手の攻撃を体1つで全て受け止めるだけです。 もくじ• 守護フォロワーで固めたデッキ ほぼフォロワー 見て頂くとすぐに分かると思いますが、単純にほぼ守護を持ったフォロワーだけで固めたデッキです。 基本的にはロイヤルフォロワーを多く採用していますが、手札事故を出来るだけ防ぐためにエンハンス効果を持つ 「堅牢なる天使」や 「ゴブリンマウントオーガ」も採用しています。 5コストの 「円卓会議」も3コスト守護フォロワーを並べるのに便利ですし、何気にデッキ圧縮にも役立っています。 それにウィッチ相手には強力な守護1体よりも、そこそこの守護複数を並べる方が効果的ですね。 ロイヤルのカードにおいても、 「ホーリーナイトベア」や 「ドラゴンナイツ」といったエンハンスを持つカードも採用して、 どのコストにおいても隙なく守護フォロワーを並べることを可能としています。 特に要は 「ホワイトパラディン」です。 ドロシー相手だと盤面を満タンにすることは比較的簡単 ドロシーウィッチはフォロワーを並べて一気に畳みかけてくることは分かっているため、そのカウンターとして「ホワイトパラディン」の進化効果で守護フォロワーを並べて時間を稼ぎます。 あとは6コストの 「ダークセイバー・メリッサ」も相手の能力で選択出来ない能力を生かして、ウィッチ得意のスペルカードによる攻撃を防ぎます。 デザイン違いも含めて何故か3枚持っていたので採用 でもこのデッキで守備力が一番強いのはやはり 「栄光のフロントガードジェネラル」です。 完璧に上位互換ですよね 相手の能力で選択出来ない能力を持ちつつ、ラストワードでまた守護フォロワーを出せるのが強く、完全に「フロントガードジェネラル」の上位互換版ですね。 私は手持ちのカードだけでこのデッキを作ったため、可能であればこの「栄光のフロントガードジェネラル」を3枚入れたかったところです。 その代わりにドロシーウィッチ相手には効果が薄い「不滅の英雄・ローラン」と旧式の「フロントガードジェネラル」を減らしますかね。 4コストの「ミラージュディフェンサー」もスタッツの高い「王たる光・ベイリオン」に差し替えて、5コストも「ロイヤルセイバー・オーレリア」をMaxまで入れたいところです。 攻撃面に関してキーカードとなるものはほとんどなく、単純に守護フォロワーで守りながら相手リーダーにチクチクダメージを与えていきます。 先行の序盤か、もしくは守護を複数並べた状態で 「静かなる炎将・マーズ」をだせばこちらのフォロワーを強化していくことが可能です。 相手にしても厄介な存在なので真っ先に狙われる可能性は高く、注目を集めるという意味では守護のような役割も果たします。 「ドラゴンナイツ」を8コストのエンハンスとして使用すれば、強力な効果を持ったフォロワーを2体同時に出せるため、このカードで勝負が決まることも多いです。 ドロシーウィッチにはまぁまぁ対処される そして肝心なドロシーウィッチとの戦績ですが、既に皆さんお気付きの通りあまり良くはありません。 相手の手札がスペルブーストでぶん回っており、ドロシーもうまいタイミングで使われたりすると、こちらの守護がどんどん減らされてしまいます。 「ホワイトパラディン」の進化を使ってこちらの守護を並べるのは強力ですが、相手の場のフォロワーが多いということは、それだけ既に顔面にダメージを喰らっているということなので、ピンチな状況には変わりありません。 相手の手札の回転は早いため、基本的に後半は手札数でだいぶ不利な状況になります。 ただしドロシーウィッチにおけるフォロワーは疾走を持っている分、スタッツはそんなに高くは無いため、量より質で勝るこちらの守護フォロワーにバンバンぶち当たってくれれば、次第に相手の手札も少なくなってくるんですね。 あとはこちらの高コスト守護フォロワーを並べていけば相手も絶望するでしょう。 自然ビショップには善戦する そしてドロシーウィッチ対策で作り始めたこのデッキでしたが、意外にも最近流行の 自然ビショップとの相性は悪くありません。 というのも、自然ビショップのダメージソースも基本的にはフォロワーによるものなので、しっかりと守護を置いておけばリーダーにダメージが通ることを防げます。 ドロシーウィッチと同じように自然ビショップもアミュレットから出てくる疾走フォロワーの速さを強みとしたデッキですので、アミュレットから出てくるフォロワーは総じてスタッツは低めです。 注意すべきは 「報復の白き刃・アニエス」と 「飢餓の輝き」による疾走大ダメージコンボですが、こちらもしっかりと守護を張っておけば相手もなかなか攻撃のタイミングには困ると思います。 自然ビショップと呼ばれる所以 そしてもう1点注意しておくべきポイントは相手のフォロワー除去手段です。 相手は「黄金都市」でアミュレットを速攻で破壊&発動してくるため、 「詠唱・死の宣告」や「エクセスプリースト」といった対象を選ばずにランダムで除去するアミュレットカードをスペルカードのように即時発動させることができます。 これも結構な確率で飛んでくる そのため、こちらの「ダークセイバー・メリッサ」や「栄光のフロントガードジェネラル」に備わっている選択出来ない能力を無視して、確実にこちらの除去を行ってきます。 それに加えて、自然ビショップも「黄金都市」の効果でドローアミュレットをバンバン発動してきますので手札の回転が早く、こちらもすぐに手札数で不利な状況に陥るでしょう。 しかしここでも守護フォロワーで敵の疾走ユニットをしっかりガードし続ければやがて相手も手札が尽きてきますので、粘れば光が見えてきます。 本当はアミュレット破壊カードを使って相手の場の「黄金都市」を破壊するのが相手にもダメージがあって良いのかも知れませんが、最初にも説明しましたが今回のデッキのコンセプトは全て正面から受け切ることです。 エイラビショップには弱い そしてまぁ予想できるとは思いますが、 物凄いスタッツで正面から正々堂々とぶつかってくるエイラビショップには弱いです。 どれだけ守護を並べようが、エイラでどんどん成長するフォロワーにどんどん倒されていきますし、「ホワイトパラディン」で守護を横に並べようものなら、「聖弓の使い手・クルト」で一掃されてしまいます。 一応守護は豊富にあるデッキですので、すぐに勝負を決められることはありませんが、確実に不利な状況に陥ってしまうことが多いです。 ちなみに豪風リノデッキとあまりあたることはなかったのですが、今のところ戦績は五分五分くらいですかね。 どれだけ守っていても豪風リノにどんどん成長されて、2枚の豪風リノで守護破壊後に3枚目のリノをバウンスされて1ターンで倒されることはありました。 しかし豪風リノを使っている私は、守護を何枚も並べられることの厄介さをよく知っているため、こちらとしては楽しんでプレイできています。 まとめ• エンハンスやアクセラレートを駆使して絶え間なく守護を並べる• 守り続けて勝利が訪れることを祈るデッキ• ドロシーウィッチに有利は取れない• 自然ビショップなら少し有利がつく• エイラビショップには不利• 豪風リノには多分有利だが一発逆転はまぁまぁあり得る 元々はドロシーウィッチ対策で作ったデッキでしたが、正面からぶつかるこのデッキ以外にも、隠密フォロワーを育てて二刀流でフィニッシュするという隠密ロイヤルもまぁまぁ楽しいです。 でも実際のところ、私はエイラを持っていないので何とも想像でしか言えないのですが、実際エイラビショップがドロシーウィッチに有利なんじゃないかなぁと思っています。 というのも、守護フォロワー多めでスタッツも高めることが可能。 そしてソニアのような選択出来ない守護もいて、リーダーの回復手段も豊富にあるため、バーンデッキとしてはだいぶ辛いでしょう。 まぁこのデッキは強くはないですが、エイラビショップ以外ではまぁまぁ戦えるので個人的には好きです。 今度はちょっと違うタイプの自然ビショップ対策デッキを考えてみようかと思います。 それじゃあ、またなっ!.

次の

【シャドウバース】サイとライオンに挟まれた姫騎士(自然ダイヤデッキ)

シャドバ 自然ビショップ

) まぁ~見事に詰め込んだね~? この出来栄えでゴーサインが出ているところがすごいしこれにゴーサインを出している作り手たちの異常性すら垣間見れる。 ビショップに関してはホント不思議で、 偉い人かなんかが「きくこのヲタ」なのか? …と。 きくこってのはビショップのリーダー「イリス」の声を担当している美熟女系の声優さんで、このきくこのヲタだから特別扱いでもしているのだろうか? 開発陣に「オイお前ら、ビショップは強く作るんだぞ!」「きくこに恥じかかせんなよ」 って、 そんなわけないじゃん www って、 思うじゃん? こから見ていく多くのビショップ新カードたちが破格の性能であり過ぎたためにローテーションではビショップの一択世界に染まってしまっている。 こんなものは作る段階でどんな馬鹿でも感づくものだし作り終えて見渡せば「コレはヤベェな…」と誰しも分かる、それにゴーサインを出しているという点を忘れてはならない。 作り手に言わせれば 「コレでもだいぶ弱くしたんやでぇ www」 「企画の段階ではもっと強かったんやでぇ www」 なんて自慢げにいってきそうだが…。 ミルフィ、過去最高の多機能・万能性 例えばヴァンパイアの「真・ユリウス」も1枚にそれはそれはいろいろな機能を詰め込んだがアレは単発1体の展開だけだった。 リーダーを回復して、相手リーダーにダメージ与えて、進化出来て、ユリウスの体力を回復して、いろいろあるが1枚1体展開であった。 かつてはウィッチのコスト4ゴールド「」がいて、多分この辺りの実装から「1枚にいろいろな機能を詰め込んだカード」というものが多く登場するようになった気がしてます。 1枚1手による味わい深いムーヴと連携連鎖、策の敷きを逸脱して1枚でドカァァァン!!何でもこなす万能カードが多く出て来るようになった。 ドラゴンのフィルレイン然り、利用者は(アンリミテッドでは)ほとんどいなかったがエルフのコルワだってだいぶ詰め込んだ。 さてミュースの話。 コスト4にするならナテラはいらないし、ナテラを付けたいのならネクロのルベル同様に5以上でなければならない。 ルベルと比較するとあちらは多面展開(アニマルの複数出しが可能)なのでコストの差異バランスは正しい。 しかしあまりにもコストが低すぎるため、決着ターンがローテーションですら早まるきっかけをまんまと作ってしまっているし、そこにラインを敷くことで対抗できない太刀打ちできないカードや構成があからさまに浮き彫りとなる。 本来はルベルが6でミュースが5、ルベルが7でミュースが6という辺りが妥当でした。 この手のカードはヘクター的に渾身の一手としなければならないが、コストが低く使いやすいため「とりあえずお茶を濁しとこっ!」って適当な使い方でも良いという、これがタチが悪い。 なぜかって、1枚にいろいろと詰め込まれた高機能・多機能カードだからね。 ドラゴンがポンっと1枚出て来るのとはわけが違う。 過去最高の多機能・万能性とはまさに1枚で複数体の展開を成すというやり方をついに出してしまったワケだ。 さらには出て来る「ミュースナイト」もすごい性能で、疾風、守護、育成可能…これでコストが1らしい。。 上で挙げた「真・ユリウス」なんかは1枚ただ一点に詰め込まれたものだったが、ミルフィは派生させて出てきたソレすら高機能という凄さはシャドウバースらしさでありヲタたちからは「シャドバやなぁ~笑」「これぞシャドウバース!ドヤ」って歓迎されて受け入れられるが普通に楽しく楽しいゲームを楽しみたい者達からすると怒りを通り越してあきれる…とはまさにこのことで。 極端な話、ミルフィ(コスト4)と、ミュースナイト(百歩譲ってコスト1)とが、それぞれ別々な「いち単体のカード」としてであれば、カード同士のコンビネーションというやり方を以って面白くなったかもしれない。 しかし実際はミルフィから出してナテラも加えてナイトは強化されて疾風で駆けるって、これがコスト4ってナンャワカラヘン。。。。 ルベルと違って1体のみ…は、下で語る場の埋めの回避になっていて実はメリットなんだよね。 なんて過保護で凄まじいつくりなのだ…と驚くばかりの性能を有している。 場を埋める…は短所か?弱点か? 黄金都市、ムニャ~ルなんかと併せて考えるべき箇所でもあるがミルフィ単体で見ても面白い。 まずはミルフィがいて、ナテラを使う、ミュースが出る。 ナイト育成にはさらに「ナテラをプレイするためのもう1枠」という場が必要になる。 これを以って4枠を要することになりここにさらに「黄金都市」や「その他の何か」があると場が埋まる。 アンリミテッドだと実はムニャ~ル特攻隊率いるビショップの数は少ない。 それでも何度も出会っていますその中で「場の埋まり」に関して、つけ込めそうで、あまり意味が無いのだなと悟った私です。 結局厄介なのはファルコンや~サヤブサヤ~ムニャ~ルの疾風連打であり都合よく手札にあるアニが0コストでドォォォン!!飢餓まで付いてドカァァァンんん!!というやり方に落ち着いている。 つまりは「ミルフィは、?」という結論。 実際、ミルフィが出てこない(引けてないだけとは思えない、カード馬鹿みたいに引きまくるて)構成者ともかなり当たっていて、ミルフィではないナテラ供給(ラットなんか)を使ってさらにはアンリミテッド恒例の「儀式」「異端」加えて新カード「エクセス」を駆使して耐え凌ぎ、黄金都市で即割れなので場をとられず、ミルフィを使わない方が巧く回る、扱いやすい、強いのでは…と。 対戦相手の構成から察して…ね。 それで盤面を埋めることに関して、ガチガチの「ザ・自然!」タイプだと盤面の自爆ロックはよく見かける。 ミルフィが手札にあるのかどうかはわからないけど出すに出せない場の埋め尽くし。 これは、自然ビショップとミルフィの一応の弱点、つけ入るすき、つけ込むチャンス場面として捉えてよいでしょう。 しかし困ったことにアンリミテッドでは述べたようにミルフィ不採用ともとれる構成がそこそこ多く、場の埋まりを回避しつつ巧い感じに回して疾風連打にアニの疾風強打でとどめ!というタイプが多い。 盤面ロックなんて夢のまた夢なんやでェ…と。 それと、アンリミテッドあるあるとして ターン2で黄金都市召喚 ターン3で自引きした黄金都市のプレイ という 黄金都市の2枚設置が常套手段として多く見られます。 そしてこれで何が面白いって、超高確率でそれはまるでCPU対戦しているかのような2,3のさも当たり前のように繰り出してくる傾向。 ターン1といい凄いよね…さも当たり前のように引いているぅ! ここにナテラも置いて、それでも疾風連打、ランダム破壊満載即時発動、カード引きまくり、これでアニが引けていないなんて事態は無い、アミュレットで場を3つも埋めておきながらにして問題なく回るという凄さ、これは裏を返せば「カウントダウンを付けることでそのコストには見合っていない強さを与えられたカードたちが、そのカウントダウン(マナレシオによるバランス取り)を無視して即時発動している」から、強くて当然だろう…という側面を感じ取る必要がある。 全ては黄金都市に問題がある、とは多くのユーザーが遥か昔から喚いているところでもある。 ミュースプリンセス・ミルフィの分解論! アンリミテッドだけで見るとミルフィは別にどうでもいい、盤面ロックの結論付で述べたように「一応の弱点は備わっている」ためと、アンリミではそもそもの問題が黄金都市とエクセスをどうにかせぇという事態なのでミルフィの影は薄い。 しかしローテーションでは間違いなく強カードでありアニのコストダウンに寄与しつつような時間稼ぎのプレイングだったり隙あらば強引に押し込むオチとしても利用可能とその万能性は他に例をみない程に異質に見える。 なんかの大きな大会で自然ビショップ一択世界に染まったとかでそりゃそうだろな…と。 しかしそれはミルフィ一点の悪さではなく最初に述べたように多くの新カードたちが異常なために起こった現象でもある。 これはまさに、ビショップツエェェェな感じは、いつぞやの「ヴァンパイア」と似ている。 昏き底もまんまと弱体化されたがアレはビショップで云うところの「アニ」に当たる箇所なので、アニ、ムニャ~ル、ラットこの辺りがナーフ案件ではなかろうか、黄金都市はどうだろう…とか。 よってミルフィの弱体化は無い寄りの無いと断言しておくぅ! 生成に関しては、これが無くても問題なく遊べる。 ネクロのルベルはあった方がいいし強くなれるがミルフィは無くてもいい。 アンリミテッドではそーゆー構成が溢れているてミルフィは無くても問題ないのだろう。 ミルフィのアンリミでの良さはデッキグルグル大回転とアニのコストダウン狙いで使えるのかな?ってくらいで決着ターンがバカみたいに早いアンリミではあまり悠長なムーヴは推奨されない。 ムニャ~ル特攻隊で遊ぶとき、ガチガチのであれ何であれ、黄金都市を並べるのであれ、場の狭さは必ずできるし手札のぐたり具合や下手くそなプレイでは盤面の自爆ロックを招きやすい。 すると恒例のまずはロイヤル「潜伏二刀流」が強烈だし地味にドラゴンの「攻撃されない軍団攻め」も強力なカウンターとして控えている。 場のロックを回避するためにもミルフィは不要なのかもしれません…。 otomegirl.

次の