ありがたい限りです 例文。 「助かります」は上司への敬語として失礼!正しい言い換え表現を紹介

「お断りメール」の書き方!提案を丁寧に断るビジネス例文と返信

ありがたい限りです 例文

「ありがたい」の意味とは? 「ありがたい」の意味は「滅多にない・感謝」 「ありがたい」の語源は「有り難し(ありがたし)」で、「有る(あること)」と「難い(むずかしい)」の2語からできています。 思いもしない幸運に恵まれたり、期待していなかったような助けが得られたりすると、私たちは「ありがたい」ことが起きたと感じます。 現在では「ありがとうございます」というあいさつ言葉になっていますが、古くは「有り難ふ御座りまする」といいました。 「ありがたい」の表記は「ひらがな」が基本 ネットで変換すると「有難う御座います」の候補もありますが、「ありがたい」も「ありがとうございます」も、表記する場合はひらがなにするのが一般的です。 あいさつ言葉には「今日は(こんにちは)」「今晩は(こんわんは)」「御免なさい(ごめんなさい)」など由来となる言葉が存在しますが、いずれも基本的には「ひらがな」で書くことになっています。 「ありがたい」の使い方と注意点 「ありがたい」はお断りのクッション言葉 「ありがたい」は謝意を伝えるときだけでなく、ビジネスマナーとして欠かすことのできない「クッション言葉」としてもたいへん重要です。 クッション言葉とは、用件を丁寧にお断りしたいときや異論を唱える場面で結論の前にひとこと添えるクッションのような役割をする言葉のことで、「せっかくのありがたいお誘いですが~」「たいへんありがたいお話ではありますが~」のように使います。 「ありがたいです」の乱用は避けよう 「ありがとうございます」の代わりに「ありがたいです」と言うことも可能ですが、「形容詞+です」は短絡的で稚拙な印象になりやすいため、そういった用法が習慣になっていないか見直してみましょう。 しかも、「ありがたい」の丁寧語表現としては「ございます」の方がより丁寧であるため、あいさつ言葉として定着している「ありがとうございます」をわざわざ「ありがたいです」と言い換えると他意を疑われることにもなりかねません。 「感謝の言葉」と「嬉しい」の表現は分けよう あまり一般的でない表現を乱用することのデメリットは、「クセの強い人」と言う印象を相手に与えてしまうことです。 授業中に先生の口ぐせを数えてしまったという経験はないでしょうか。 もうすこし神経質な人ならストレスを感じて授業に集中できなくなってしまったかもしれません。 たしかに、紋切型のあいさつよりも率直な気持ちを口にしたほうが伝わりやすい場合もありますが、「ありがたいです」は自分の気持ちを表現する言葉として、一般的な慣用句である「ありがとうございます」とは使いわけることをおすすめします。 ビジネスでは避けたい「~たいです」 「ありがたいです」の乱用を避けるべきもうひとつの理由に、近年増えつつある「~たいです」という表現に対する評価が分かれていることもあげられます。 「~してください」と依頼するのではなく、「~して頂けるとありがたいです」「~していただきたいです」のような言い回しは自分の希望をやんわりと伝えているだけなので、コミュニケーションとして不完全な印象です。 「して頂きたいならちゃんと依頼しろ」と相手に思わせてしまうリスクがあります。 「ありがたい」の類語と言い換え 類語は「幸いです」「幸甚です」 「幸い(さいわい)」「幸甚(こうじん)」は、かつてはそれほど頻繁に目にすることはありませんでしたが、近年とくに「~してくだされば幸いです」「いただけますと幸いです」という表現は、メールの締めには欠かせない決まり文句となっています。 本来の意味は「~してもらえるとうれしい」という希望の謙遜表現で、「幸甚」は「はなはだ(非常に)うれしい」という意味です。 いずれも書き言葉であり、話し言葉に使われることはありません。 それほど強い意志をあらわす言葉ではないため、近年では「~してください」という依頼の婉曲表現として用いられる傾向がありますが、もともと「~してもらえたら私が幸せです」という表現なので、同じ文面の中で乱発してしまうと「自分の幸いばかり」と違和感を覚える人もいるようです。 また、判で押したような「マニュアル敬語」になってしまうリスクもあるため、適宜「お願いいたします」「助かります」などのふさわしい言葉に置き換えたいところです。 「ありがたい限りです」で喜びをあらわす 「ありがたい」は形容詞なので、ほかの言葉と組み合わせることで生き生きとしたオリジナリティを出すことができます。 「とてもありがたく心に沁みます」など、感謝をあらわすほかの表現と抱き合わせて気持ちを伝えましょう。 「ありがたい限り」とは、「願ってもない」「最高にありがたい」「感謝の気持ちで心がいっぱい」という意味で、丁寧なお断りでも「ご厚意はありがたい限りなのですが、いまは十分間に合っています」のように使います。 「過分なるお言葉」「おかげさま」で言い換える 「過分(かぶん)」とは「身に余るほどの」という意味で、「過分なるご厚情」「過分なるお心遣い」のように「ありがたい」の内容とセットで言い表します。 「おかげさま(御蔭様)」は江戸時代から使われている古い言い回しで、見えない力が働いて実力以上の幸運に恵まれたという謙遜表現です。 感謝をあらわす言い回しに謙譲表現が多いのは、多くの人が感謝するとき自然に謙遜な気持ちになるためではないでしょうか。 まとめ クッション言葉やあいさつ言葉としおなじみの「ありがたい」は、形容詞としてあらゆるシーンや立場で使えるポピュラーな言葉なので、それだけに使い方には注意したいものです。 敬意の足りないビジネス用語はそれだけで問題ですが、あまり大げさな表現になってしまうのもスマートなビジネスパーソンはいえません。 敬語としては間違っていないのに、何となく浮いてしまう「コピペ敬語」「マニュアル敬語」にならないためにも、過不足のない言葉選びを心がけましょう。

次の

感謝を伝えるお礼のビジネスメールに使えるフレーズと文例

ありがたい限りです 例文

「嬉しい限り」の敬語 「嬉しい限りです」は敬語だが丁寧さにかける 「嬉しい限りです」は、 丁寧の意をもつ断定の助動詞である「です」を使用した言い回しであるため敬語表現であると言えます。 しかし、目上の人に使用するのには丁寧さにかけるので、目上の人に使用するのであればさらに丁寧な言い回しを使用することが望ましいと言えるでしょう。 「嬉しい限りでございます」が目上に使うには最適 「嬉しい限り」を目上の人に使用するのであれば、「 嬉しい限りでございます」が最適です。 「ございます」は、補助動詞「〜である」「〜です」の丁寧な表現で、「〜である」の丁寧表現「ございます」は、「〜だ」の丁寧表現「です」よりもさらに丁寧な言い回しになります。 したがって、目上の人に対しては「嬉しい限りです」と伝えるよりも「嬉しい限りでございます」と表現するほうがより丁寧と言えます。 「嬉しい限り」の注意点 「嬉しいです」は親しい上司や取引先に使う 「嬉しいです」は、上述したように、「だ」の丁寧語である「です」を使用した丁寧語であるため丁寧さには欠けますが、目上の人に使用することができます。 場面や相手によっては相応しい表現ではないという場合もありますが、特に 社内の親しい上司や取引先相手には使用しても問題ないと言えるでしょう。 「嬉しく思います」の方が自然な場合も 場面によっては、「 嬉しく思います」という表現のほうが自然な場合もあります。 例えば、親しい上司や取引先相手に対して「〜させていただけて嬉しいです」と伝える場合など、「嬉しい限りです」は堅苦しすぎてしまう・場の雰囲気に合わないというような場合には「嬉しく思います」と言い換えます。 「嬉しく存じます」の方がより丁寧 「嬉しく思います」を 謙譲語を使用して丁寧に表現すると「嬉しく存じます」となります。 「存じます」は、「思」「の謙譲語「存ずる」+丁寧語「ます」で成り立っていて、「存じます」は「思います」の謙譲表現です。 自分自身をへりくだった言い方であるため目上の人に対して使うことができます。 謙譲語は敬語の一つで、自分の行いをへりくだることで相手に敬意を示せます。 「思います」の「ます」も丁寧語なので敬語ですが、謙譲語「存じます」を使うと、より丁寧な表現になります。 「嬉しい限り」はメールではなく口語で使うのが普通 「嬉しい限り」は、 メールではなく交互で使うのが一般的です。 「嬉しい限り」は「口語体」で、一般的には「話し言葉」として直接言葉で話して相手に伝える場面で使用される言葉として使用されます。 「嬉しい限り」をメールなどの文章内で使用する場合は、「喜ばしい限りです」と言い換えましょう。 とくにビジネスシーンでは誤った使い方をすることのないよう注意しましょう。 「嬉しい限り」は目下や同等の者には使わない 「嬉しい限り」は丁寧な言葉で、少々堅苦しいイメージのある言い回しであるため。 目下や自分と同等の立場の人間に使用するのは不自然です。 目下や、同等の立場の人間には「嬉しい」とシンプルに表現しましょう。 幸福・幸せ ・運が良いこと・都合が良いこと ・そうしていただければ幸せだと人に頼む気持ちを表す になります。 「幸い」は、「こうしてくれると嬉しい・ありがたいこと」を表す言葉です。 つまり「幸いです」は、「 自分にとって嬉しいことです」「 〜であれば幸せになります」といった意味になります。 主に、 幸いです 幸いでございます 幸いに存じます というような言い回しで使用されます。 例文 「お中元のご挨拶代わりに、お菓子の詰め合わせを送らせていただきました。 お口に合えば幸いです」 「果物を詰め合わせてクール便で送りました。 気に入ってもらえたら幸いです」 「大変申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちいただけますと幸いに存じます」 「こちらの資料をご高覧いただければ幸いに存じます」 「手伝っていただけると幸いでございます」 「明日までにお返事をいただけると幸いでございます」 幸甚 「幸甚」は「 こうじん」と読みます。 「幸甚」には、 ・何よりの幸せ ・この上ない幸せ ・最上級の幸福 ・幸せの極み ・大変ありがたい思う といった意味があり、「幸甚」は「 もし〜してくれたら嬉しい」というニュアンスで、どの意味でもありがたい・嬉しいといったポデティブなことを表します。 幸甚です 幸甚でございます 幸甚に存じます というような言い回しで使用されます。 「幸甚」は元々は手紙で多く使われていましたが、最近ではビジネスメールでもよく使われます。 例文 「この度は食事会にお招きいただき幸甚です」 「オープンから今日まで、たくさんの人たちにご来店いただき幸甚です」 「〇〇様にお会いできましたことを、幸甚に存じます」 「本日はこのような素晴らしい会にお招きいただき、幸甚に存じます」 「このような素晴らしいステージにお招きいただき大変幸甚でございます」 「この度は、素晴らしい賞をいただき幸甚んでございます」 感無量 「感無量」は、「 かんむりょう」と読みます。 「感無量」は、「 はかりしれないほど見にしみて感じる」という意味の言葉で、正式には「 感慨無量」という四字熟語になります。 「感慨」が「物事に感じてしみじみとした気持ちになること」という意味で、「無量」は「量がはかり知れないほど大きい」ということを表現している言葉です。 「大変」は、「程度がはなはだしいさま」を表現している言葉で、「光栄」は、「名誉に思うこと」という意味があります。 つまり、「大変光栄」は「 栄誉を受けてうれしい心持ち」を言い表した表現です。 例文 「身に余るお言葉をいただき大変光栄でございます」 「弊社の商品がお役に立てたなら、大変光栄です」 「このような素敵な会にお招きいただい大変光栄です」 有り難い 「有り難い」は、「 ありがたい」読みます。 「有り難い」の意味は、「 感謝に絶えない・かたじけない」です。 自分にとって好都合な状態で嬉しいという気持ち気持ちを相手に対して、「〜していただき感謝します」「〜していただけて嬉しいです」という気持ちを表現することが多い言葉です。 例文 「まだまだ初心者なので、アドバイスをいただけて大変有り難いです」 「たくさんの方にご協力いただけて有り難い限りです」 「有り難いことに、本日は目標としていた売れ上げ金額を上回る結果となりました」 「〜限り」のその他の表現 「〜の限り」は上述したように、「嬉しい」「悲しい」といった人間の感じる感情を強調する言葉として使用されている言葉です。 「嬉しい限り」とは別の「〜の限り」を使用した表現をいくつか紹介いたします。 頼もしい限り 「頼もしい限り」は、「 頼りにできそうで心強い」という意味で使用される表現です。 また、「将来に期待が持てる」「経済的に心配がない」ということを表現している場合もあります。 ・お店は息子が継いでくれると言うので頼もしい限りです。 幸せの限り 「幸せの限り」は、「 しあわせのかぎり」とよみます。 「幸せの限り」は「 その人にとって望ましいこと・不満がない」をいう気持ちを表現した言葉です。 また、運が良いこと・幸福・幸運についても「幸せ」と表現することができます。 例文 ・努力が身を結ぶ結果となり幸せの限りでございます。 素晴らしい限り 「素晴らしい限り」は、 思わず感嘆するような様子を言い表した言葉です。 現代語では、「この上なく優れている」といった好ましい状況について使用される言葉です。 また、程度が甚だしい様子についても「素晴らしい限り」と表現することがあります。 例文 ・ここから見える夜景の景色は何度きても素晴らしい限りです。 ・教え子が優秀な成績を残すなんて素晴らしい限りですね.

次の

「ありがたい」を目上に伝える際の敬語表現とメールで使える例文7選

ありがたい限りです 例文

「幸甚」の意味と正しい使い分け、上手な使い方 「幸いです」のワングレード上の表現=「幸甚」 ビジネスメールや文書で誰かにお願いごとをする際に、定番の言い回しとして「〜していただけると幸いです」が用いられるケースがよくあります。 「幸いです」は「自分にとってうれしい・幸せなことだ」という意味を持ち、「そうなってくれたら運が良い」というニュアンスも含まれています。 「助かります」と比べるとはるかに丁寧な表現ではあるのですが、お得意先や目上の方が相手の場合は、「幸いでございます」や、 「思います」の謙譲語である「存じます」をくっつけた「幸いに存じます」を使います。 そして、もうワングレード上の表現として、ぜひ一度トライしてみていただきたいのが「幸甚」という言葉です。 「この上なくありがたい」という気持ちを伝える「幸甚」 改まった商用の手紙や文書などで、 「幸甚です」「幸甚に存じます」という表現を目にされたこともあるかと思います。 もともとは手紙言葉であり、昨今ではビジネスメールでもよく用いられるようになってきました。 「幸甚」とは、文字通り「甚(はなは)だ(=普通の程度をはるかに超えて)幸せ」の意を表す、「幸福の最上表現」です。 相手に対して敬意を払う表現でもあるため、「幸いです」の代わりに「幸甚です」を使うことによって、「この上なくありがたい」という想いが強く表現されます。 また、より一層気持ちをていねいに表したい場合は、「幸甚に存じます」「幸甚の至りです」という最上級の言い回しもあります。 「依頼」「感謝」「贈り物」の場面でそれぞれ使われる「幸甚」 「幸甚」という言葉には三つの使われ方があります。 一つは、目上の方や立場が上の取引先などに対し、自らの要望や依頼事項を丁寧に伝える場合です。 相手に望みを叶えてもらえると「この上なく助かる」という気持ちが、そこには込められています。 (例) 「ご連絡をいただけると幸甚に存じます。 」 「ご来臨くだされば幸甚の至りに存じます。 」 二つめは、相手からの配慮や心遣いに対する自らの「深い感謝の意」を伝える場合です。 (例) 「お招きいただき幸甚に存じます。 」 「お気遣いをいただき幸甚の至りです。 」 そしてもう一つは、目上の方などに「贈り物」をする場合です。 贈る相手にぜひ喜んでもらいたいという想いです。 (例) 「お気に召していただければ幸甚に存じます。 」 「ご笑納いただければ幸甚に存じます。 」 相手に応じた「使い分け」と、使いすぎないことが肝要 「幸甚」は「これ以上ありがたいことはございません」という意味合いを伝える表現なので、使いすぎると他人行儀なイメージや大げさな印象を与えかねません。 距離が近い相手や親しい関係なら「助かります」や「ありがたいです」、会社関係の相手などには「幸いに存じます」、目上の方の場合は「幸甚に存じます」というように使い分けが大切です。 贈り物に添える文面に使う場合も同じです。 ごく親しい相手に対しては、丁寧さがむしろ嫌味に感じられてしまう恐れがあります。 こちらも「幸いです」「何よりの幸せです」などの表現と上手く使い分けてください。 また、使いすぎると仰々しくなり硬い印象を与える表現であるため、相手に「くどい」と思われないよう、同一文章内での「幸甚」の使用は一回にとどめるように気をつけましょう。 堅苦し過ぎるのも…という人のための「幸甚」の言い換え方 相手との心理的な距離感をつかみかねていて、「幸甚」という言葉は少し堅苦し過ぎるかも…と不安に感じる場合は、「幸い」「ありがたい」「うれしい」などの言葉を使った下記のような表現をお勧めします。 (例) 「ご連絡をいただけると幸いです。 」 「ご来場くださればありがたく存じます。 」 「お招きいただき光栄に存じます」 「お気に召していただければうれしい限りです。 」 なお、目上の人や上司に叱責を受けたときに、「お許しいただけるなら幸甚です」などと用いてしまうと、かえって相手を馬鹿にしたような印象を持たれる恐れがありますので、不用意に使ってしまわないように気をつけましょう。 文豪たちの作品に見る「幸甚」の使われ方 少しかしこまった形で用いられる「幸甚」ですが、昔の文学作品では時折見かける表現でもあります。 いくつか例を挙げてみますので、参考にしてください。 「大方の諸君子にして、予が常識の有無を疑はれなければ幸甚である。 」(芥川龍之介「きりしとほろ上人伝」) 「楽な気持で推理をたのしみながら愛読をたまわれば幸甚です。 」(坂口安吾「明治開化 安吾捕物帖」) 「全文或いは概要を貴誌に掲載して貰へれば幸甚です。 」(萩原朔太郎「蒲原有明に帰れ」) 「各地方小学教師のために備考の一助ともならば幸甚のみ。 」(福沢諭吉「小学教育の事」) 「すでに求め終わっているのなら幸甚である。 」(有島武郎「片信」) 「今後の私抄について彼我対照して戴ければ幸甚である。 」(北原白秋「夢殿」) 「賢明なる読者諸君に対して、いささかでも反省の資料になってくれたら幸甚である。 」(太宰治「花吹雪」) スポンサードリンク.

次の