ビクシリン。 溶連菌感染症に使われる抗菌薬ビクシリンとは 薬としての効果と副作用について

LA事業|動物用製品|Meiji Seika ファルマ株式会社

ビクシリン

細菌が原因のいろいろな病気に用います。 作用 【働き】 感染症は、病原微生物が人の体に侵入し悪さをする病気です。 腫れや発赤を生じ、ときに化膿し、痛みや発熱により苦痛をもたらします(実は、このような症状は病原微生物と戦うための体の防衛システムでもあるのです)。 グラム陽性菌のほか、一部のグラム陰性菌にも有効です。 病原菌が死滅すれば、腫れや発赤がおさまり、痛みがとれ、熱があれば解熱します。 いろいろな細菌に有効なので、呼吸器や耳鼻科領域を中心に各科で広く使われています。 【薬理】 細菌の細胞壁の合成を抑えることで、殺菌的に作用します。 ペニシリン系の代表的な抗生物質です。 緑膿菌やセラチアには効果がありません。 扁桃炎や咽頭炎、気管支炎、中耳炎など比較的軽い感染症に用いることが多いです。 安全性の高い抗生物質ですが、まれにアレルギー症状を起こします。• カプセルのほか、子供向けのシロップ用細粒があります。 注意 【診察で】• アレルギーを起こしやすい人は、必ず医師に伝えておきましょう。• 今までに薬を飲んで発疹などアレルギー症状を起こしたことのある人は、その薬の名前を医師に教えてください。• 喘息、じん麻疹、腎臓病など持病のある人は、医師に伝えてください。• 服用中の薬は、医師に伝えましょう。 【注意する人】• この薬で、じん麻疹などアレルギー症状を起こしたことのある人は禁止です。 また、この系統(ペニシリン系)にアレルギーのある人も原則用いません。• 伝染性単核症というウイルス性の病気にかかっているときには用いません。 この薬の影響で、発疹がでやすいためです。• 喘息やじん麻疹などアレルギー性の病気のある人は慎重に用います。 腎臓の悪い人、高齢の人も副作用がでやすいので、服用量、服用間隔などに配慮が必要です。 【飲み合わせ・食べ合わせ】 避妊薬の効果を減弱するおそれがあります。 【使用にあたり】• 決められた飲み方を守ってください。 症状、年齢、製剤によって用法用量が異なります。 症状が重いときは、多めになることがあります。• 時間毎(6時間毎等)のほか、食事に合わせて食後に飲むことも多いです。• カプセルは、コップ1杯ほどの十分な水で飲んでください。 子供用の細粒(ドライシロップ)は、ふつう、1包を適量の水で溶いてから飲みます。大きい子供は、そのままでもかまいませんが、多めの水で飲ませてください。• 指示された期間きちんと続けましょう。 症状によっては、少し長めになるかもしれません。 自分だけの判断で止めてしまうと、再発したり治りにくくなるおそれがあります。• ふつう、3〜4日も飲めば治ってきます。 もし、効果がなかったり、かえって悪化する場合は、早めに受診してください。 薬が合っていないかもしれません。 【その他】• 下痢の予防に、乳酸菌の整腸薬と併用することがあります。• 尿糖検査が不正確になることがあります。 【備考】 抗生物質の効きにくい細菌が増えています。 ある調査によると、中耳炎を起こす肺炎球菌の7割が抵抗力を持っていたそうです。 このような耐性菌を増やさないため、欧米では抗生物質の安易な使用は慎まれています。 効能 【適応菌種】 本剤に感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、炭疽菌、放線菌、大腸菌、赤痢菌、プロテウス・ミラビリス、インフルエンザ菌、梅毒トレポネーマ 【適応症】• 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症• 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、骨髄炎• 咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、膿胸、慢性呼吸器病変の二次感染• 膀胱炎、腎盂腎炎、淋菌感染症、梅毒• 腹膜炎、肝膿瘍• 感染性腸炎• 子宮内感染• 眼瞼膿瘍、麦粒腫、角膜炎(角膜潰瘍を含む)• 中耳炎、副鼻腔炎• 歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、抜歯創・口腔手術創の二次感染• 猩紅熱• 炭疽、放線菌症• 注:製剤により多少異なる 用法 【カプセル】 通常、成人は1回アンピシリンとして250〜500mg(力価)を、1日4〜6回経口服用する。 なお、年齢、症状に応じて適宜増減する。 【顆粒、ドライシロップ】 用時溶解し、通常成人は1回本剤2. 5〜5g〔アンピシリンとして250〜500mg(力価)〕を1日4〜6回経口服用する。 小児は体重1kg当り本剤0. 25〜0. 5g〔アンピシリンとして25〜50mg(力価)〕を1日量とし、4回に分けて経口服用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 わりと多いのは「下痢」です。 とくに小さい子供は、便がやわらかくなりやすいです。 これは、抗菌作用により、腸内細菌のバランスが乱れるためです。 軟便くらいでしたら、たいてい心配いりませんが、ひどい下痢が続くときや血便がみられるときは受診してください。 人によっては、小さいブツブツした「発疹」ができます。 ときに、発熱をともなうこともあります。 この場合、いったん服用を中止し、医師の指導を受けてください。 ショックに至るような重いアレルギー症状(アナフィラキシー)を起こすことはまずないですが、万一、ひどい「じん麻疹」ができたり、顔や口が腫れてゼーゼーしてくるときは、すぐに受診してください。 そのほか重い副作用として、腎不全、血液障害、大腸炎、皮膚障害の報告もあります。 これらは、きわめてまれな副作用ですが、とくに高齢の人、また長期服用時においては注意が必要です。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• ショック、アナフィラキシー..気持ちが悪い、胸苦しい、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔のむくみ・腫れ、のどが腫れゼーゼー息苦しい、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。• 腎臓の重い症状..尿が少ない・出ない、尿の濁り・泡立ち、血尿、むくみ、だるい、吐き気、側腹部痛、腰痛、発熱、発疹。• 血液障害、溶血性貧血..発熱、喉の痛み、だるい、出血傾向(血豆・青あざ、歯肉出血、鼻血、血尿)、息切れ、動悸、黄疸(皮膚や白目が黄色)、むくみ、尿量減少。• 大腸炎..激しい腹痛、頻回な下痢、発熱、血液便、下血。• 重い皮膚・粘膜障害..発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感。 【その他】• 発疹(小さな赤いブツブツなど)、じん麻疹(プックリと赤く腫れる)• 軟便、下痢、腹痛、吐き気• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

GBS(B郡容血性連鎖球菌)|はなおかレディースクリニック

ビクシリン

ペニシリン系の基本的な使い方 ペニシリン系は「時間依存型」の抗菌薬です。 詳しくはこちらの記事参照: つまり、MIC(最小発育阻止濃度)といわれる、抗菌作用を発揮するための最低の血中濃度をいかに長く保てるか、が重要な抗菌薬です。 よって、臨床効果を高めるには、1回の投与量を増やすのではなく、投与回数を増やすことが大切になります。 また、ペニシリン系はグラム陽性球菌に対してはPAEを有しますが、グラム陰性菌には有しません。 PAE:一定時間抗菌薬を作用させると、抗菌薬を除いた後も細菌の再増殖が抑えられる現象 主に腎排泄の薬剤ですが、胆汁中にも排泄されるため胆道感染症にも使用できます。 マイコプラズマ、クラミジア、リケッチア、真菌、ウイルス、原虫には効果ありません。 ペニシリン系の大まかな違い 古典的ペニシリン(ベンジルペニシリン) ベンジルペニシリンは、グラム陽性菌に有効であり、連鎖球菌、肺炎球菌、腸球菌に現在でも有効です。 たとえば、黄色ブドウ球菌は皮膚感染症や感染性心膜炎などを原因菌であり、臨床現場を苦しめています。 こういった菌に対してはペニシリナーゼ抵抗性ペニシリンの適応になりますが、残念ながら日本では未承認なのです。 la9. html) 広域ペニシリン アンピシリンとアモキシシリンがこの広域ペニシリンに分類されており、大腸菌、サルモネラ、赤痢菌などにも効果がある、ということになっています。 「なっています」というのは、実際には効果がないからです!なぜなら、広域ペニシリンもこれらのグラム陰性菌が産生するペニシリナーゼによる分解を受けてしまうからです。 ということで、現状ではアンピシリンは半減期の長く使いやすいため、ベンジルペニシリンの代用として使用されています。 スルバクタムやクラブラン酸といった成分ですね。 これらを広域ペニシリンに加えたことで、ペニシリナーゼに対抗できるようになったのです。 緑膿菌に有効なペニシリン 最後に「緑膿菌」に対抗できるペニシリンです。 緑膿菌に大変有効なので、好中球減少時の発熱がみられたときなど、血液内科でよく使用される抗菌薬です。 ピペラシリンもペニシリナーゼによって分解されるので、嫌気性菌には使用できませんでした。 ペニシリン系の詳細な特徴 ここからは、各薬剤の細かな特徴を箇条書きに挙げていきます。 ベンジルペニシリン(ペニシリンG) ・ペニシリナーゼに不安定のため、大半が耐性化している黄色ブドウ球菌には使えない。 ・ペニシリナーゼ産生菌がみられない下記の菌群には、現在も強い感受性を示す。 ・グラム陰性桿菌では、プロテウス・ミラビリスにしか効果がない。 ・よって、基本的には古典的ペニシリンと同じ活性となるが、血中半減期が長いために臨床では選択されることが多い。 ・アンピシリンは髄液への移行が良好なので、乳児や高齢者でリステリア症が疑われるときなどに他剤と併用される。 ・腸球菌に対する感受性は、現存の抗菌薬でアンピリシンが最も優れているため、腸球菌による感染性心内膜炎に対してはゲンタマイシンとの併用で用いられる。 ・アモキシシリンは腸管からの吸収がアンピシリンよりも良好であり、内服薬ではアモキシシリンが選択される。 ・広域ペニシリンに耐性化した大腸菌、肺炎桿菌、インフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌、プロテウス・ブルガーリス、モラクセラ・カタラーリスにも効果あり。 ・嫌気性菌であるバクテロイデス・フラジリスにも効果が期待できる。 クラバモックスは下痢の原因となるクラブラン酸を減らし、アモキシシリンの配合量を多くしている(らしい)。 ・ペニシリン系なので、腸球菌や連鎖球菌にも効果あり。 ・伝染性単核症の患者には禁忌。 筋注用製剤にはリドカインまたはアニリド系局所麻酔剤が含まれているので、それら成分の過敏症に注意する。 ・ペニシリナーゼを産生してピペラシリン耐性となったメチシリン感受性黄色ブドウ球菌、グラム陰性桿菌、嫌気性菌(バクテロイデス・フラジリス)にも効果が期待できる。 ・伝染性単核症の患者には禁忌 以上、ペニシリン系抗菌薬の基礎部分についての復習でした。 参考になれば幸いです!.

次の

アンピシリン (Ampicillin):抗菌薬インターネットブック

ビクシリン

~はじめに~ GBS B群溶血性連鎖球菌 は膣内の常在菌で、お母さんに悪さをすることはありませんが、分娩時に赤ちゃんに感染すると、時に非常に状態が悪くなることがあります。 そのため、分娩時には十分対策を立てる必要があります。 B群溶血性連鎖球菌 Group B Streptococcus,GBSまたはStreptococcus agalactiae は新生児における髄膜炎および敗血症に関与する主な起因菌の一つである。 GBS感染症を発症するのは1%前後であり、発症率は低いが、ひとたび発症すれば急速に重篤化し、死亡や後遺症に至ることも少なくない。 2002年に改定された米国CDC(Centers for Disease Control and Prevention:疾病管理予防センター)より発表された、「周産期におけるB群連鎖球菌感染症の予防に関するガイドライン」では、妊娠35~37週のすべての妊婦に対して腟と直のGBS検査を行い、結果に基づく管理をすべきであると改定された。 本邦ではGBS管理に関する関連学会からのガイドラインの提示はないため、現状ではCDCのガイドラインに沿った管理が適切であると考える。 CDCのガイドラインに関して(現在は改定されています) 1996年に発表された周産期GBS感染症予防のCDC・ACOGのガイドラインでは• Culture-Based Screening Approach:スクリーニングに基づくアプローチ(細菌培養によるスクリーニング) 上記の二つのうち、いずれかの予防戦略を選ぶというものであった。 その後のデータ解析の後、2002年8月にCDCガイドラインが改定され、Screening Approachのほうが有用であるとされ、妊娠35~37週のすべての妊婦に対して腟と直腸内のGBS検査を行い、結果に基づく管理をすべきであるとされた。 (Effectiveness of the Risk-Based Approach Versus the Screening Approach) *ACOGも2002年12月にCommittee OpinionとしてCDCガイドラインを支持している。 1:抗生剤投与のメリット(新生児GBS感染症の予防 新生児GBS感染症は分娩時の垂直感染によって引き起こされる。 日齢7日以前の早発型(約80%)と、日齢8以降の遅発型(約20%)に分類される。 早発型 Early onset disease : 出生直後から呼吸障害が発症し、6~12時間で敗血症に至る。 時に、髄膜炎、骨髄炎、敗血症性関節炎を起こすこともある。 遅発型 Late onset disease : 生後1週間から3か月で髄膜炎の臨床像で発症する。 GBS保菌妊婦からは出生した児からは、高率にGBSが分離されるが(40~73%)、そのうちGBS感染症を発症するのは1%前後である。 発症率は低いが、ひとたび発症すれば急速に重篤化し、死亡や後遺症に至ることも少なくないため、発症前の予防が肝要である。 ガイドラインに沿った、分娩時の抗生物質の使用によって1998年の米国において約3900例の新生児早発型GBS感染症が、また約200例の新生児死亡が予防されたと報告されている。 2002年のガイドライン改定以降のCDCのレポートでも罹患率はさらに低下しており、2003年の新生児早発型GBS感染症発症率は0. 2:GBSスクリーニングの方法 対象:妊娠35~37週のすべての妊婦 方法:培養検体は膣鏡を用いず、膣下部、続いて直腸内のスワブも採取する(同一スワブでもよい。 ペニシリンアレルギーの妊婦の場合はclindamycinとerythromycinの感受性検査の追加を依頼する。 今回の妊娠中でGBS細菌尿がある妊婦と前児が症候性のGBS感染症であった妊婦に関しては、GBS陽性扱いとなるため、採取しなくても良い。 直腸の培養を施行しないとGBS偽陰性となることがあり、注意が必要である。 なお、GBS培養陽性妊婦に対して妊娠中には原則として治療は実施しない。 GBS培養陽性でも前期破水、早産などの頻度が陰性妊婦と有意差がないこと、さらに治療して陰性となっても、再び陽性となることが多いためである。 CDCガイドラインにおいて、妊娠35~37週で膣内と直腸から培養スクリーニングを施行する理由として下記があげられる。 持続続性に陽性となったり、一過性に陽性となったりする場合があるため、分娩5週間以上前の採取では分娩時の培養結果と相関しない。 分娩時迅速培養の結果は、未だ信頼性が低い。 抗生物質投与の効果が見られたStudyのGBS培養の時期が35~36週であった。 3:分娩中の予防的抗生物質投与の適応 妊娠35~37週のすべての妊婦に対して、膣内と直腸からGBS培養スクリーニングを施行する。 (前児が症候性のGBS感染症であった場合、今回妊娠中にGBS細菌尿が認められた場合は、抗生剤投与の適応であるので採取しなくても良い。 ) 分娩中の予防的抗生物質投与の適応となる場合 分娩中の予防的抗生物質投与の適応とならない場合 前児が症候性のGBS感染症であった場合 以前の妊娠中にGBSスクリーニング陽性(以前の妊娠時のみGBS陽性で、今回はGBS陰性の場合) 今回妊娠中にGBS細菌尿が認められた場合 陣痛発来前で、かつ未破水の選択的帝王切開 (今回妊娠中のGBSスクリーニング検査の結果にかかわらず。 ) 今回妊娠中にGBSスクリーニング陽性 (陣痛発来前で、かつ未破水の選択的帝王切開は除外) 膣内と直腸からGBS培養が陰性であった場合 GBS培養が行われていない場合は分娩時の臨床危険因子により管理するアプローチとなる。 Risk-Based Approach,CDC1996と同じで、下記が適応となる。 (下記の危険因子が認められても適応にならない。 アナフィラキシーのリスクが高くないとき セファゾリン:初回2g静注、以降分娩まで8時間毎に1g静注• アナフィラキシーのリスクが高いとき クリンダマイシン:900mgを分娩まで8時間毎に静注 エリスロマイシン:500mgを分娩まで6時間毎に静注 クリンダマイシンまたはリスロマイシンに耐性、もしくは感受性不明なときは、バンコマイシン:1gを12時間毎に静注 [CDCガイドライン2002より引用] 5:37週未満の早産時の予防対策 明らかな早産へのリスクを伴う、37週未満の陣発または破水の場合• GBS培養未検査の場合:GBS培養施行と同時に、ペニシリン投与開始。 48時間でGBSの発育が認められなければ、ペニシリン中止。 GBS陽性ならば 2 へ。 GBS陽性:48時間後以降も早産治療中はペニシリン投与継続とし、分娩時も投与。 GBS陰性:GBS感染予防は行わない。 [CDCガイドライン2002より引用] 6:具体的対応の一例(施設によって異なります。 ) 基本的にはCulture-Based Screening Approach(細菌培養によるスクリーニング)を用いて、GBSの予防を行うが、GBS陰性であっても臨床危険因子を伴う場合には予防的抗生剤 投与を行う、Combined Approach Culture-Based Screening Approach+Risk-Based Approach の形式をとる。 をとっている。 膣培養偽陰性の可能性があるからである。 以上CDCガイドラインを中心に述べたが、Combined Approachの一例として、対応の実際を下記にまとめた。 分娩中の予防的抗生物質投与の適応• 前児が症候性のGBS感染症であった場合• 今回妊娠中にGBS細菌尿が認められた場合• 今回妊娠中にGBSスクリーニング陽性(陣痛発来前で、かつ未破水の選択的帝王切開は除外される。 妊娠37未満の分娩(培養が陰性であっても)• 破水後18時間以上経過している場合(培養が陰性であっても)• Revised guideline from CDC. MMWR Recomm Rep 51 RR-11 :0-22,2002 2 Prevention of early-onset group B streptococcal disease in newborn. Obstet Gynecol 100:1045-1412,2002 ACOG Committee Opinion NO. 279 3 渡辺典芳、B群溶血性レンサ球菌感染症. 周産期医学必修知識2006,Vol. 36増刊号:135-137 4 尾見裕子 北川道弘、妊娠中のGBS対策. 周産期治療 vol. 22,S-1,2006 6 鈴木俊治 高橋 肇 山口 暁、最近のGBS感染症の動向、産婦人科の世界 Vol. 57 No. 12 2005 1071-1078 7 池田申之・他、GBSと妊産婦管理、産婦人科治療 vol. 86 no.

次の