山賊鍋 発祥。 山賊焼

山賊焼

山賊鍋 発祥

完成した水炊きは、ポン酢などにつけていただいてもおいしいが、ひと口目はぜひ、何もつけずに味わってほしい。 いつもの水炊きとは別格のおいしさに、感動すること間違いなしだ! 【レシピ作者プロフィール】 レシピ制作:フードクリエイティブファクトリー 「あなたとあなたの大切な人との暮らしをもっと穏やかで創造的に」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。 食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、 イベントなどを手がけています。 HP: Twitter: Instagram: フリーアナウンサー/和酒コーディネーター テレビ、ラジオなど各媒体で活躍する一方、日本の食や和酒の魅力発信を積極的に行い、大切さ、楽しみ方を伝えている。 フィールドワークを信条とし、全国の田んぼや酒蔵に300回以上足を運ぶ。 Club Gastronomic Sake主宰。 女性向け日本酒本「日本酒日和」(舵社)監修。 日本酒造青年協議会「酒サムライ」叙任。 芸人でありながら趣味の料理が高じ、フードコーディネーター・野菜ソムリエ・食育インストラクター・BBQ インストラクター等の料理関係の資格を取得。 テレビ朝日【「ぷっ」すま】の『第2回芸能界お抱えシェフ-1グランプリ』では「大根のフルコース」、またTBS【爆問パニックフェイス!】の『凄腕料理芸人チャーハン対決』では「香り豊かなアナゴのチャーハン」を披露し、それぞれ優勝を果たす。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰 1979年生まれ。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)。 東京農業大学で発酵食品学を学んだのち、小豆島の醤油会社やオランダの帆船でのキッチンクルーとして勤務。 現在は東京・赤坂の「柳原料理教室」にて、近茶流宗家である父・一成と共に、日本料理・懐石料理を指導。 江戸時代の食文化の研究、継承をライフワークとする。 2015年文化庁文化交流使に任命され、約3カ月諸外国を回って英語で日本料理を教えるなど、日本料理をグローバルに広げる活動も積極的に行う。 NHKの大河ドラマ『龍馬伝』や時代ドラマ『みをつくし料理帖』の料理監修、料理考証も担当。 平成30年度、農林水産省・日本食普及親善大使に任命される。 趣味は茶道とクレー射撃。 フードアクティビスト/馬場企画 代表取締役編集者&ライター 食専門誌から一般誌、新聞、書籍、Webなど多方面の媒体を主戦場に、「調理の仕組みと科学」「食文化」「食から見た地方論」など幅広く執筆、編集を行う。 テレビ、ラジオなどでは飲食店や生産地についての知見を踏まえた、食トレンド/ニュース解説も。 近著に『家で肉食を極める! 肉バカ秘蔵レシピ 大人の肉ドリル』(マガジンハウス)ほか、自身も参加する調理ユニット「給食系男子」名義で企画・構成を手がけた『家メシ道場』『家呑み道場』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はシリーズ10万部を突破。 最新刊に『新しい卵ドリル』(マガジンハウス)も。 編集者/著述家 大阪・岸和田生まれ。 神戸大卒。 『Meets Regional(ミーツ・リージョナル)』元編集長/日本文藝家協会会員/神戸松蔭女子学院大教授 京阪神エルマガジン社にて1989年「ミーツ・リージョナル」誌を立ち上げる。 93年~05年編集長。 「西の旅」編集長、取締役編集本部長を歴任した。 06年には編集・出版集団140Bを大阪・中之島に設立。 現在は雑誌、新聞、テレビ、ラジオなどで活躍している。 著者は『有次と庖丁』(新潮社)、『飲み食い世界一の大阪』(ミシマ社)、『濃い味、うす味、街のあじ。 』(140B)ほか。 2017年3月7日に新刊『いっとかなあかん店 大阪』、8月7日に『いっとかなあかん 神戸』(ともに140B)が出たばかり。 DJ/プロデューサー 1966年7月6日生まれ。 京都市出身。 97年秋『The Fantastic Plastic Machine』でデビュー以来、オリジナルアルバム他、アーティストのプロデュース、リミックスなど多数のアーティストの作品も手掛ける。 グルメ通としても知られており、全国各地を網羅する情報量を持つ。 コロムビア、avex、インディーズ時代のレア音源、新曲を含むレーベルの枠を越えた20周年の集大成とも言えるベストアルバム『Moments』がavexより発売中。 fpmnet.

次の

松本市の山賊焼き発祥店

山賊鍋 発祥

「」も参照 北海道 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 秋味鍋 - (沿岸地域) 土鍋に昆布のダシを取り、サケをぶつ切りにして野菜と共に煮込んだ物。 味噌仕立てとを入れる物がある。 - なんこう - なんこ(馬の腸)を鍋に投入した味噌仕立ての鍋料理。 もっぱら産炭地で鉱山労働者の間で広まり食べられていた。 - - - 日本海 太平洋沿岸地域 を用いた味噌汁。 [ ] - - - 道南沿岸地域 を具に用いた味噌汁。 キャベツ、ジャガイモなどを加える事もある。 - - - 日本海沿岸地域 糠ニシン(の糠漬け)や、塩サケ、タラなどとジャガイモ・ダイコン・ニンジンなどを入れて昆布のダシで煮込んだ塩味の汁物。 - - - 日本海・オホーツク海 沿岸地域 稚内・・釧路など カニ(ズワイガニ・)が入った。 - 疙瘩湯 後 団子、タケノコ、シイタケ、豚肉、こんにゃく、ちくわ、卵など10種類以上の具を入れ、とろみをつけた塩味の中華スープ。 中華料理店で考案され広まった。 [ ] - - - 一般的な温かい蕎麦()の上にのが載っている物。 [ ] - イカのめし詰め いかごはん - 生の腹に水洗いした米・もち米を詰めて、砂糖・醤油・酒で甘辛く炊き上げた物。 - イカの - - 函館沿岸地域 生イカをそのままの状態で醤油に漬けた物。 [ ] - イカソーメン - 生のを麺のよう細く切り、に見立てて食する料理。 - - - 沿岸地域() アイヌ語で「溶ける食べ物」を意味する。 冷凍保存食の総称。 一般的には、サケなどを凍らせた刺身。 - いもだんご - ・地方 (畑作地域) 蒸かしたを潰しを混ぜ練り合わせ、焼き上げた物。 焼き上げた物を「いももち」、汁に入っている物を「いもだんご」とされる。 の代用品として出来た物。 を用いた物を「カボチャ(もち・だんご)」とも言う。 - - - 道東地方(畑作地域) 蒸かした(茹でた)南瓜。 又は、カボチャだんごを汁粉に入れた物。 餅の代用品として出来た物。 冬至に食する汁粉。 - - - 蒸かした(茹でた)ジャガイモに液状のの生地のようなものをくぐらせ油で揚げた物。 [ — ] - - - 北海道全域 蒸かしたジャガイモにバターを添えて食する。 好みによっては、塩・砂糖・イカの塩辛を添える。 [ ] - 茹で・焼き キビ - 北海道全域 茹で・焼いたとうもろこし。 ()で販売される物が全国的に有名。 の具材()など。 近年、新品種の白いとうきび(ピュアホワイト)が全国的に有名となる。 [ ] - ご飯 とうもろこしのご飯 - とうもろこし、エビ、しいたけなどを使った炊き込みご飯。 - - - 半羽の鶏肉を焼いた物。 の「ハタハタのいずし」は有名。 [ ] - ぬた - 農業・沿岸地域 北海道名産の魚介類・野菜・山菜(・タコ・・山・など)をお酢・砂糖・味噌で和えた料理。 [ ] - コブ巻き - 沿岸地域 ()・サケなどを昆布で巻き、砂糖・醤油・酒で甘辛く炊き上げた物。 [ ] - 鶏の唐揚げ - 北海道全域 函館・釧路が発祥 、、で味付けした、の一種。 [ ] - ジンギスカン鍋 - 北海道全域 (が発祥) を使った。 独特の形状をした専用の鍋を用い、羊肉から出る肉汁で同時に野菜を調理する。 - - - 日本海・オホーツク海 沿岸地域 の卵巣。 漁師料理。 [ ] - - - 沿岸地域 サケの頭(鼻辺り)の軟骨を削ぎ落として作る酢の物。 [ ] - - - 日本海・オホーツク海 沿岸地域 オスの鮭の中骨に沿って付いている血腸(腎臓)を使って作る塩辛。 [ ] - - - 沿岸地域 鮭を半身におろして皮付きのまま縦に細く切り、海水で洗って潮風に当てて干した保存食。 [ ] - - - 日本海・オホーツク海 沿岸地域 を用いた。 ()又は、を使う。 - - - 山村地域 三升漬(さんじょうづけ)は、米麹・・醤油で作る保存食。 名前の由来は、それぞれ1升使うことに由来する。 家庭によっては、などを加える。 [ ] - の煮付け - - 札幌圏・地方 エイのヒレ部分を使い、醤油味の煮魚料理。 [ ] - - - 囲炉裏で魚介類を焼く料理。 主にで行う。 [ ] - - - に使用される肉は、が一般的だが、豚肉(バラ肉)が使用される。 [ ] - - - 切りとイカの・などを漬けた物。 - - - 日本海・オホーツク海 沿岸地域 ニシン・・サケ等と塩・米麹を漬けた塩辛。 [ ] - - - 北海道全域 北海道のすき焼き・しゃぶしゃぶで使用される肉は、よりもの方が多い。 その他使用される具材がある。 [ ] - - - 北海道全域 冷凍したを薄くスライスし、で食する料理。 [ ] - - - 道南沿岸地域 ・・・函館 冷凍したを薄くスライスし、で食する料理。 - - - 石狩地方 半身にしたサケ・ホッケを鉄板で焼き、味噌タレを塗り焼き上げた料理。 - - (昭和8年) 豚肉(ロース肉など)を甘辛いタレで焼き上げ、ご飯の上に乗せた物。 - 料理 こっこ料理 - 沿岸地域 サケの(、)・の卵巣(筋子)・の卵巣()・の卵巣()・カニの卵巣・ウニの生殖腺(卵巣・)・の卵巣などを用いた料理。 醤油に漬け込んだ料理。 いくらの、のいくら丼 、数の子の醤油漬け。 ギスカジカの卵巣の醤油漬け。 生ウニを用いた軍艦巻き、ウニ丼。 焼きウニ。 甘辛く炊いたウニを用いたおにぎり、弁当など。 塩に漬けた物。 タラコ、塩イクラ、(サケ・マス)筋子、塩数の子、塩ウニ。 うに・いくら丼は「」では郷土料理ではなくに分類されている。 [ ] - 料理 - - 沿岸地域 ()・を用いた料理。 鍋料理、フライ、バター焼き、煮付け(棒鱈)、 など。 [ ] - サケの料理 - - 沿岸地域 サケの精巣(白子)を用いた料理。 バター焼き、煮付けなど。 [ ] - 料理 - - 沿岸地域 (・・・・・ツブ・)を用いた料理。 炊き込みご飯。 汁物、味噌汁、鍋料理、 、焼き物、酢味噌和えなど。 カキ(・)厚岸のカキめしが有名。 ホッキは、のホッキめし。 シジミは、が有名。 天塩産のシジミ()の大きさは、(2-3cm)程の大きさで有名。 [ ] - 料理 - - 道南日本海 沿岸地域 貝を金網の上で焼き、爪楊枝・フォークで身を取り出して食する。 醤油の甘辛い汁を用いる。 ツブ貝の塩茹で・煮付け。 [ ] - 料理 - - 日本海・オホーツク海 沿岸地域 エビ(・・・)を用いた料理。 寿司ネタで定番のエビは、エビではなく、火を通さない物が一般的。 寿司ネタ、焼き物、塩茹で(北海シマエビのみ)、和え物、塩辛など。 [ ] - 料理 - - 札幌圏・沿岸地域 稚内・函館・・釧路など 名産のカニ(・・・)を用いた料理。 カニの卵巣を用いた、かにこ(カニのこっこ)料理。 かにめし 、を用いたもの、カニの甲羅鍋 、甲羅酒など。 焼き物。 塩茹でなど。 元は、漁師料理。 [ ] - 料理 - - 畔 湖で収獲されるを調理した物。 [ — ] - 料理 - - 地域 湖で収獲されるを調理した物。 [ ] - 寿司 - - 名産のを用いた。 - 料理 - - 道南地方 鯨肉の、塩仕立ての汁物をくじら汁。 [ ] - 料理 - - 山村地域() を用いた料理。 醤油に漬け込んだ醤油漬け。 ジンギスカンの具材、酢味噌和えなど。 [ ] - 料理 山葵 - 山村地域 山で収獲される野生の「山ワサビ」を調理した物。 醤油漬け、薬味。 ワサビに醤油をかけ、ワサビかけご飯に。 [ ] - の - - - 小豆を用いた一般的な赤飯も食されるが、甘い赤飯がある。 赤い色を付ける為に入れ、炊飯をする。 炊き上がった赤飯に小・大粒の甘納豆(・・白花豆など)を入れ、混ぜて出来上がり。 [ ] - - - - に食べるを使った。 [ ] - チャーメン 日高地方(新ひだか町) 宗谷地方(稚内・枝幸) 中華麺を茹でた後にフライパンで焼き、野菜や海産物が入ったあんをのせた物。 あんかけ焼きそばのような物。 詳細な定義は無いとされているが、焼きそばの麺ではなく、ラーメンの麺を用いる店もある。 東北地方 [ ] 「」も参照 青森県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - タラの頭、エラ、中骨、胃袋などをダイコン、ネギ、豆腐と共に煮込んだもの。 - - - 周辺 - [ ] - 烏賊寿司 いかの寿司 - イカの胴体とゲソを茹でて、その茹でたゲソ、生姜と酢を効かせたニンジン、キャベツの浅漬けを、イカの胴体に詰めたもの。 寿司と言うが、今は飯飯を使わない方が一般的。 - 烏賊鍋 - - 八戸市周辺 イカ、豆腐、ネギ、を使った鍋。 イカの肝の風味を付けたイカ腑鍋もある。 - - - 八戸市周辺 の卵巣とを具に用いた。 「いちご」という呼称はウニの卵巣をイチゴの果実に見立てたことに由来する。 - - - 津軽地方 根菜や山菜を煮込んで味噌で味付けした汁物。 - 鱈の 白子鍋 - 沿岸地域 タラの精巣(白子)を用いた醤油風味の寄せ鍋。 - - - - - 汁 - - - - の - - 三厩地区 - - 大根のにしん漬け - 沿岸地域 とをと塩で味付けした。 ニンジン、高菜が加わる例もある。 - - - - - りんご - - 津軽地方 - - - - - - のあえ - - ジャガイモから作ったを用いて作り、の味噌で和えた餅。 - 味噌貝焼き みそかやぎ - - - ひずなます - - - - - 津軽地方 - - - - ・ 青を茹でてすり潰し、上新粉(米粉)等と混ぜてかまぼこ型に整えた。 - の鍋 - - - - - - - - - - [ ] - - - - - の - - - - - - 下北地方 甘い餡の入っただんごを入れる。 - べごもち - 下北地方 - - 蕎麦餅 - 南部地方 - - - - 南部地方 汁物用に作られたを、鶏肉やネギ、キノコといった具と共にだし汁で煮た汁物。 - 岩手県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - - - - ふっちぎり - - 小麦粉に卵と水を加えてこねた生地を醤油ベースの鍋へちぎって投入したもの。 - - - - - - そばはっと 江戸時代 岩手県北部 - - - - - お椀で小分けされ、一杯ごとにお代わりをする形式で食べる。 - ひゅうじもち、かますもち - - - - ぬっぺい汁 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - (昭和29年) かたくり粉と小麦粉を使った。 元々は朝鮮半島北部(現在の)の料理で、朝鮮料理店を通じて広まり盛岡の味として定着した。 「」では郷土料理ではなくに分類されている。 [ — ] - - 後 平打ちのうどんを用いた。 日本の植民地であった旧の料理として持ち込まれ、屋台を通じて広まり盛岡の味として定着した。 「」では郷土料理ではなくに分類されている。 [ — ] - 入り - - - - - 宮城県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - - - - - - 周辺 政宗公開発の陣中食。 [ ] - すいとん - - - - - 年間以前 周辺 の煮汁で炊いた飯の上に、サケの身とを盛った。 - - - 周辺 - [ ] - の - - - - - - - 周辺 - - - - 周辺 三陸沿岸で漁獲されるホヤを用いた料理。 蒸しホヤ 、二杯酢の酢の物 、雑煮 など。 - - - - - - - - - - - 料理 - - 周辺 - - 白石温麺、うーめん 初期 の一種。 油を使わず小麦粉と塩水のみを材料に用いる。 - - (昭和23年) タンとは舌を意味する英語。 が消費した牛肉の余剰部位である舌肉を用いた焼き肉料理が評判になり、仙台の味として広まったもの。 「」では郷土料理ではなくに分類されている。 [ — ] - - - - - - - - - 茹でた枝豆をつぶしたものをあんとして用いる餅料理。 - 秋田県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 石焼料理 - 周辺 漁師料理の磯鍋の一種。 味噌味のだし汁と魚介類の入った桶に、焼けた石を入れることで急沸騰させる。 - - 江戸時代初期 手延べ製法の干しうどん。 日本三大うどんのひとつ。 - - - 燻製にした大根等をにしたもの。 - - - 沿岸北部 潰したご飯を直径3センチほどに丸めたもの。 きりたんぽ同様、鍋に用いられる。 - - 秋田全域 季節の魚(ハタハタ、カワヤツメ)や、鶏肉、クジラ肉などを、葱、豆腐、キノコなどと一緒にだし汁で煮込む鍋料理。 - - - 中央北部 元来は木こりの保存食として用いられたもので、新米を搗いて杉の串に巻きつけて焼いたもの。 鍋などに入れる。 - - - - - - - - - はハタハタなどを発酵させたで、カツオ出汁に加えて魚介や野菜を煮込むのに用い、これで鍋料理とする。 - - - 秋田沿岸 (鰰)を用いたの一種、発酵ずし。 - - (昭和25年)頃 - 露天販売される。 を使って盛り付ける。 [ ] - 畑のキャビア - - の実を食材としたもの。 [ ] - - - - - [ ] - - - - - [ ] - - - - 魚アラを用いた鍋料理。 [ ] - - 沿岸部中央以北 小麦粉・卵・砂糖で作る菓子。 和風バームクーヘンと言ったところ [ ] - - - 県南部 粒納豆をすり鉢でつぶしてお汁に溶かす。 地域により豚汁のようだったり、山菜をたくさん入れたりする [ ] - 山形県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 いものこ汁、いもこ汁 - - 内陸:牛肉、サトイモなどを醤油仕立ての鍋で煮込んだもの。 庄内:豚肉、サトイモなどを味噌仕立ての鍋で煮込んだもの。 - - - - - - くきな煮、菜漬煮 - - - - いがもち - - - - - - を佃煮にした料理。 - - 江戸時代初期 - - - - - - 味噌で味付けしたコイを煮込んだ料理。 [ ] - - - 山形全域 - - - - - - [ — ] - たら - - - - の - - 山形県 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 冷やし汁 - - - - - - - - - の辛和え - - - - [ ] - - - - - - - - - - - - - - - [ ] - - - 水で洗ったご飯に冷水をかけて食べる軽食。 [ ] - - - - 細麺のうどん。 - - - - 茹でた枝豆をつぶしたものをあんとして用いる餅料理。 [ ] - ゆべし - - - [ ] - 福島県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - 福島県南部沿岸 を主な食材とする鍋料理 - - - - スルメとニンジンを細切りにし、醤油、日本酒、みりんなどで味付けしたもの - - - の身をの殻に盛り付け、蒸し焼きにした料理 - - - - - - - - - - - - - 鮭の切り身に米麹、塩を混ぜ、そこにイクラをあえて、漬け込み発酵させたもの - - - 地方 ホタテの貝柱でだしを取り、豆麩、にんじん、しいたけ、里芋、キクラゲ、糸こんにゃくなどを加え、薄味に味を調えたお吸い物をの椀で食す料理- - - - たくさんの根菜などの具材をさいの目に切って作られる汁物 - - - - - - - - - - - - - - - [ ] - - - 地方 半つきのご飯を丸めて串にさし、団子状にし、じゅうねん味噌を塗って焼いたもの - - - - - - - - - - - - - - - - - - 南会津地方 そば粉ともち米を練って延ばし、ひし型に切ったものを茹で、エゴマ(じゅうねん)やきな粉につけたもの [ ] - - - 南会津地方 うるち米をついて作った餅に、(じゅうねん)の甘いタレをかけたもの - - - 周辺 - - - - ほか - [ ] - の天ぷら - - - [ ] - - - 山都地区周辺 - - やもうどりょうり - 周辺 - - の - - - - - - - - - - 関東地方 [ ] 「」も参照 茨城県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 吾子夜鍋 - - アンコウをニンジン・ダイコン・ゴボウ・ネギ・焼き豆腐・白滝と一緒に割り醤油で煮込んだもの。 - - - - - 料理 - - 水戸の納豆は小粒であることが特徴となっている。 - - - - のが発祥とされるを用いたかけ蕎麦、つけ蕎麦。 茨城のけんちん汁には豚肉や味噌が入る。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - ほか茨城県北部及び福島県南部 上記のあんこう鍋の原初形態。 アンコウの肝を炒め、残りの身と白菜やダイコンなどを足して具の水分だけで煮込み、味噌で調味。 もとは船上調理の漁師料理。 - - - - - - 栃木県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - - 塩漬けのを発酵させた。 - すみつかれ - - の頭との、野菜屑といった材料をで細切れにしてで煮込んだもの。 - いとこ煮 - - かぼちゃや根菜、豆といった具を硬いものから順に入れて煮込む。 他地方の同様の料理と比べて甘辛い味が特徴とされる。 - - - - - - - - - - - の - - - - - - - - - - はっと汁 - 東北部 、の一種。 野菜の煮込みに小麦粉で捏ねた団子を入れた味噌汁。 - 料理 - (正徳2年) など かんぴょうの卵とじ など。 かんぴょうはの果実を紐状に剥いて干したもので、栃木県は日本国内におけるかんぴょうの主要な産地となっている。 - - - - - - - - 仙波地区 耳の形に整形した小麦粉をつゆに入れる、に類似した料理。 - 日光湯波 - を煮た際にできる膜を食材としたもの。 京都のゆばと比較すると倍の厚みがあるが、これは製法の違いに由来する。 - - - 地方 栃木県以外では食用の習慣がほとんどないを用いた。 香りが強く独特のが出るチチタケをと炒め、めんつゆの材料にする。 - 群馬県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 味噌焼きまんじゅう 中頃 群馬県全域・栃木県・埼玉県 味噌のたれをつけた饅頭を串焼きにしたもの。 郷土料理として紹介されることもある一方、「」では郷土料理ではなくに分類している。 [ — ] - お切り込み、煮ぼうと、煮ぼうとう - - - - - - 渋川市周辺 - - - - - - [ ] - - - - - [ — ] - - - - - - - - - - の - - - - - - - - - - - - 安中市周辺 - [ ] - かみなり重 - - - - - - - - [ ] - つもっこ - 前橋地方 煮干ダシの醤油(または味噌)仕立ての鍋に幅広の麺を入れたもの。 - - - - - - - - [ — ] - - - - や、など。 - 埼玉県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - 埼玉北部 こしあん饅頭の周りに赤飯を「栗のいが」のようにまぶしたもの - 冷や汁うどん すったて 江戸時代 埼玉県北部 味噌とゴマ、キュウリなどを使用するをツユとする - - - 秩父地方 粟・稗・黍・栗の入った飯。 白飯しか知らない帝が黄金めしと言ったことに由来 - - - 草加市 団子を平らに潰して天日で干し、炙って醤油を塗ったもの [ ] - ゆべし - 秩父地方 小麦粉に柑橘類の皮や木の実を刻んだものを混ぜ込み、砂糖等で味付けして蒸し上げたもの - - - - - - - - - - - - - - - - お切りこみ - - - - - - - - - つとこ - 秩父地方 餅米と小豆を栃の葉で包み茹でたもの。 「包みっ子」から派生したと言われる - - - 加須・久喜地域 - [ ] - 江戸時代 周辺 門前うどん- 周辺 千葉県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 沖膾 - - - - - - - なめろうを焼いたもの。 - - - - にしたカツオやマグロを用いた茶漬け。 - の - - - - - サザエの - - - - - - - - - - の - - - - - 房総巻き・祭り寿司・花寿司 - - - - とうぞ - 、、 - - - - - - - - - はかりめとはのこと。 富津市の特産物であるアナゴを用いた丼物。 - 東京都 [ ] 「」も参照 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 江戸寿司・江戸鮨・ を握り上にを載せた - 江戸蕎麦・蕎麦切り・ザル・セイロ 江戸時代 江戸 元々は庶民の味。 でを飲み最後に蕎麦を食べるスタイルがある - 江戸時代 江戸 使用。 飲み屋でもあり「」は蕎麦屋にてだけを頼む食べ方 - ねぎま 汁 - とを煮た料理 - - 文化年間 江戸日本橋 鰻の蒲焼を載せた丼飯 - 江戸時代 やとネギを煮た物を載せた飯 - - 江戸時代 主として海産物の煮物 - - 江戸時代 シャコを使用した丼飯 [ ] 品川丼とは異なる - 江戸時代 - をで本漬けした。 [ ] - - 江戸時代 とを煮てでとじた鍋料理 - - 江戸下町 ドジョウを煮た鍋料理 - - 両国 やを主体になどを入れて煮込んだ料理 - - - 両国 を使用した鍋料理 [ ] - - 江戸時代 - 小さな土鍋を使用するすっきりとした鍋料理 [ ] - もんじゃ とを主体で味を付けで焼きながら食べる料理。 江戸時代中期の「麩の焼き」を起源とする説もあり、郷土料理に分類される場合もある一方、「」ではこの料理を郷土料理ではなくに分類している。 - - 江戸時代 魚をくさや液に浸けて干した料理 - べっこうずし 明治時代 伊豆諸島 に浸けた刺身を使用するにぎり寿司 - 神奈川県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - - の肉を用いた鍋料理。 - - (文久2年) 周辺 - - 建長汁 - - のから発祥。 - - - - - - の - - - - - - - - - - の - - - - - - - - - - 料理 - - 周辺 - - - - 山菜やきのこなどの具を小麦粉の皮で包んで加熱調理した料理。 - - - 佐島 餡をからめた平たい。 - 中部地方 [ ] 「」も参照 新潟県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - - - - - - [ ] - - - - - - 煮しめ - - - - - - - - - けんさん焼き - 新潟県全域 - - - - - - - けんちょん汁 - - - - - - - - - - - - - - 佐渡市 - - - - - - - - 十日町市松代地区 - - - - 、 の皮や脂身との入った味噌汁。 夏になるとよく食べられる。 - - - - - - - - 新潟県全域 - - - - 高柳町地区 鮭のあらを煮たものに、粗くすり下ろした、、を加えて煮込む。 - 料理 - - 佐渡市 - - - - 柏崎市高柳町地区 - - - - - - - - - - - - - 佐渡市 - - - - - 干し菜雑炊、干し菜煮など。 - - - 佐渡市 - - - - 佐渡市 - - - - 十日町市 - - - - 柏崎市高柳町地区 - - - - 佐渡市 - - - - 佐渡市 - - - - 糸魚川市大野地区 - - - - 佐渡市 - - 料理 - - 下越地方 - - - - - - イゴネリ - - - - - - - あらめの煮付け、あらめの酢漬け、あらめの炒め煮、など。 - - - 十日町市 - - - - 新潟市 - - - - 新潟市 - - - - 上越市 - - - - - - - - 佐渡市 - - - - 長岡市栃尾地区 - - - - 下田地区 - - - - 新潟市 - - - - 佐渡市 - - - - - - - - - - - - - 十日町市松之山地区 - - - - 佐渡市 - - - - 佐渡市 - - - - 佐渡市 - - - - - - ゴロ巻 - 佐渡市 - - - - 新潟市 - - - - 十日町市 - - - - 十日町市 - - - - 新潟県全域 - - 南蛮味噌・寒造里・かんずり - - - - - - - - - - - - - - - - - - くじら鍋 - - - - - - - - - 舞茸と栗の - - 新潟県 - - - - - - [ ] - - - - ウサギ肉を用いた。 - - - 新潟県全域 をで巻いて蒸したもの。 をかけて食べる。 - の佃煮 - - 村松地区、 - - - - 佐渡市、下越地方 - - 富山県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - - かぶと魚 主にブリ を米麹に漬け発酵させた。 - - - - 富山湾で漁獲されるのあらをと共に煮込んだ。 - の - - - - - 料理 - - - 富山湾で漁獲されるを用いた料理。 - の - - - - - - - - - - の - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - を混ぜたイカの。 - ゆべし - - 溶かした寒天を醤油と砂糖で味付けし溶き卵を混ぜて固めたもの。 - - - - - [ ] - - - - - - - - - かまぼこで作られた鯛が婚礼の席などに用いられる。 - - - - 板状にしたすり身を昆布とともに巻いた蒲鉾。 - - - - 刺身を昆布で挟み一晩寝かせたもの。 - - - - - - - - - - - - - - - - 干し料理 - - - - - - (享保2年) - 酢飯の上にの薄切りを敷き詰めた。 - - - - - [ ] - - - - - - - - - - - - - 地方。 などにして食べる。 - 料理 - - - - - - - - 日本海の深海で漁獲されるを用いた。 - 石川県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 べろべろ - - - - - - - - - - - を用いた唐揚げ、佃煮、照り焼きなど。 - - - - 類似の大根寿司もある。 - - - - - - - - 沿岸 新鮮なの刺身を用いた茶漬け。 - - - - の貝殻を器に用い、具を()で煮る。 - - - - - - - - 、との山間部 - - - - 流域より北の地域 - - - - - - - - - - [ ] - - - - - - - - - - [ ] - - - - - - - - 旧 猛毒であるの卵巣をすることによって毒抜きする。 - - - - - - - - - 甘エビ()を頭も殻もつけたまま姿煮にしたもの。 - の - - - - - - - - - - ぶりなます - - - - の - - - - - 大名煮 - - - [ ] - まるゆべし - - [ ] - 福井県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - - - - 料理 - - - 福井県内で水揚げされるを用いた料理。 ゆでがに、かになますなど。 - - - - ズワイガニの卵を混ぜ込んだご飯。 にもなっている。 - 棒焼き鯖 - - - - - - 、地方 - [ ] - 鯖 - - 沿岸部、奥越地方 の原型 [ ] - ひしこ - - - - - - (奥越) - - の - - - - - - - - 単に「小鯛ささ漬け」、「小鯛のささ漬」とも - - - - - - - - - - - - (寛政4年) - 藩主であるをもてなすために作られた料理が発祥とされる。 - - - - 「ぶっかけ汁」の意。 の一種。 - - - - - - - - - - - - (明治38年) - - [ ] - - - の葉に包んだマスの押しずし - 山梨県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - - 静岡の海で漁獲されるを醤油漬けにして保存し、富士川沿いの陸路で内陸の山梨まで運んだもの。 - - - 山梨県 - - - - 山梨県 - - 煮ぼうとう - 甲府市 平打ちのとなどの具を味噌で煮込んだ料理。 - - - - - - - - 十谷 - - - - - - [ ] - - - - - - - - - - - - 江戸時代 こぶりのをとで甘辛く煮たもの - - - - の肉を用いた鍋料理。 [ ] - - - - - - - - - - [ ] - - - - - [ ] - - - - - [ ] - の - - - - - の - - - - - 長野県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - 県内各地 - - - - 県内各地 を佃煮にした料理。 [ ] - - - 、周辺 - [ ] - - - 、地域 味噌や醤油で味付けした野菜、山菜を小麦粉の皮で包んで加熱調理した料理。 - - - 小布施町 - [ ] - - - 周辺 醤油、酒、砂糖で煮たもの。 [ ] - - - 飯山市 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 県内各地 - [ ] - - - - - [ ] - 佃煮、ごはん - - - - - - - - - - - - - - - - 長野市 - - - - 木曽町 - - - - 周辺 、、切昆布など具沢山の煮込で味、味などがある。 - - - - - - - - - - [ ] - - - 周辺 - [ ] - 鯉濃漿 県内各地 で味付けしたを煮込んだ料理。 - - - 佐久市 鯉を輪切りにし、醤油、清酒、砂糖で煮込む。 - の - - 佐久市 活鯉を刺身にし刺身を洗ったものが「あらい」 - 鮒寿司 - - 佐久市 のをの上に載せたもの。 の()とは異なる。 甘納豆 - 佐久市 ご飯に米麹を加え、保温して甘味を出したもの。 煮豆を加えて食べる。 - - - 周辺 - - 干し柿 - 周辺 - [ ] - - - 県内各地 - [ ] - - - 木曽、伊那地域 - - 岐阜県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 ほお葉ずし - - の葉で包んだ寿司。 - - - - - - - - - - [ ] - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 正月 - - - - - - - - - - 里芋 - - - - - - - - [ ] - 猪鍋 - - の肉を用いた鍋料理。 - - - - - [ ] - - - 中津川市 裏ごしした栗を用いた。 - 料理 - - 恵那市 - - - - - 各務原市 にんじんを入れた炊き込みご飯。 - 静岡県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 の - - - - - 料理 - - - 味噌煮など。 - - - - - [ ] - - - - - - - - - - 料理 - - - で獲れるを用いた様々な料理が親しまれている。 かき揚げなど。 - とろろめし - - - - - - - おでんの具などに用いられる。 - - - - の肉を用いた鍋料理。 - - - - - - お日待 - - - - - - - - - - さくらご飯 茶飯 - 遠州地方 米に酒としょうゆと水で炊き上げたご飯。 現地では別の料理もあり、区別のために茶飯とは呼ばない。 地元小中学校の給食でも人気があり受験などのげんかつぎの際にも食べられる。 (名前からさくらさくにあやかって。 ) - 料理 - - 、周辺 浜名湖での養殖が盛んなを用いた料理。 - - - - - - 料理 - - 浜松市 - - なんか焼き - - - - 焼なます - - - - - - - にしたカツオやマグロを用いた茶漬け。 - - - - - [ ] - うずわ定食 - - (うずわ)をと和えたものを刺身・丼として食べ、熱いだし汁をかけて茶漬けとして食べる。 - 愛知県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - 地方 幅の広い。 - - - 地方 土鍋に入れた固めのうどんと具を味噌で煮込む。 - - - - 餅の代用品としてを用いた。 - - - - - - - - - - - - - - - - の - - - - - 切り干し - - - - - - - - - - - - - - - - 地方 - - - - - の蒲焼を刻んで飯の上にまぶした料理。 - - - - - - 近畿地方 [ ] 「」も参照 三重県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - - 、、 - ちらし寿司の一種。 食材として鰹、鮪、シイラ、鯵、鰯などが用いられる。 - (かつお)のへそ料理 - - - 鰹のへそ()を食材として用いる。 - - - - - - 、、 - 志摩市 を生きたまま網、炭火などで焼く。 - 汁 - - - - - の鬼殻焼き - - - - - - - - - - の - - - - - 千貼り(せんばり)寿司、大葉寿司、高菜寿司、芭蕉葉(ばしょば)寿司 江戸時代 - - 料理 - 江戸時代 焼き蛤、の(時雨茶漬け)、、、など。 河口域での蛤の漁猟に由来。 - 料理 - 江戸時代 桑名市多度町 、、甘煮、皮の、鯉だんご、など。 木曽三川での鯉の漁猟に由来。 - 料理 つみ菜、かき菜、つぼみ菜、うまい菜、おいしい菜、芯きり菜 - 桑名市長島町 の成長途中の芽、茎、葉を食用にしたもの。 、、、の食材など。 の原料のアブラナが食用に転化されたことに由来。 昭和40年代にで「なばな」と名付けられた。 雑炊 ボラ飯 - 、桑名市長島町、 「」の名称が用いられるが、実質的にはボラの入った。 木曽三川河口域でのボラの漁猟に由来。 - - - - - 料理 - - - - - ソマカツオの塩切り - - を2か月以上にしたもの。 - 「魚のじふ」 - - など地方 別名「へか」。 コガツオ(マルソウダ)・ソマ(ヒラソウダ)・・・などを肉の代わりに用いた()の一種。 - 滋賀県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - - 残り物のとを煮込んだ料理。 - - - - - - - - - - - フナ汁 - - - - さばそうめん - 周辺 - - 味付けかしわ - 周辺 - - - - - - - - - 水口周辺 - [ ] - 鴨すき - 周辺 の肉をなどの野菜と共に煮た鍋料理、もしくはすき焼き。 - - - 日野町 - - - - 高島市 ニシン、夏野菜などを漬ける。 - - - - - - - - 瀬田周辺 - [ ] - の芥子あえ - - 湖東地方 - - - - 朽木周辺 - [ ] - - - - - [ ] - の・ 子持ちもろこの三杯酢漬 - - - - - - を入れを具に用いる。 「泥亀」という呼称は濁った汁の中のナスをカメに見立てたことに由来する。 - - - - - [ ] - の煮物 - - 周辺 - - 京都府 [ ] 「」も参照 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - - - [ ] - 各種 - - - なすとにしんの煮合わせ、加茂なすの蒸し煮、みず菜とお揚げの炊いたんなど。 - 鯖棒寿司 - - から運ばれたで作る押し寿司。 祭で知人に配ったり、来客に振舞ったりする。 - - - - - - - - - - - - - - - - の酒蒸し - - - - - の煮物 - - - 東寺ゆばなど。 - - - - - [ ] - - - - との実を用いた。 - - - - で漁獲されるを食材としたしゃぶしゃぶ、落とし、湯引き、焼き魚、寿司など。 ハモは日持ちが良いため内陸に位置する京都でも重宝されたが、硬い小骨が多いため、骨切りなどの調理技術を必要とする。 - - - - - - - - - - - 漬け - - や、などの切り身を()で漬け込んだもの。 - 鰊蕎麦 - - - - - - - - [ ] - - - - - [ ] - - - 宇治市 ののひとつ。 [ ] - の煮物 - - 宇治市 ののひとつ。 [ ] - - - 亀岡市、長岡京市 - - - - - - [ ] - - - 舞鶴市 - [ ] - - - - - - - - - - - 大阪府 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - 小鯛寿司など。 - 鯖の箱寿司 - - の一種。 - 蒸し寿司 - - の一種。 - - - - - - - - - 元来は鯨肉と水菜を用いた鍋。 現在は鯨肉の代わりに牛や豚肉を用いることが多い。 [ ] - - - - - - - - - の「美々卯」がうどんすきを商標登録している。 - - - - - - - - - - - - - - うどんを入れたで、行事食であったが、今はあまり作られていない。 - - - - - [ ] - - - - - [ ] - - - - 薄作りにしたの刺身。 調理法を誤れば重篤な中毒を引き起こすフグのことを、大阪では「あたれば死ぬ」という意味を込めて「」と呼んでおり、てっさとは「てっぽうの刺身」の意味。 - - - - の鍋料理のこと。 [ ] - - - - 肉や野菜などの具が入った小麦粉の生地を鉄板で焼き、ソースをかけて食べる料理。 「」では郷土料理ではなくに分類されている。 [ — ] - - - もともとは肉うどんのうどんを抜いて提供したもの。 鶏卵を落とし入れるものもある。 - - - 周辺 - - 料理 - - 泉州 から揚げ、天ぷらなど。 [ ] - - - 元はで取れた雑魚を煮たもの。 [ ] - 兵庫県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - - 味付けして煮たにを巻いて焼いた料理。 - の釘煮 - - 沿岸 - - - - - - [ ] - - - - 細かく刻んだ中華そばとご飯をソースで炒めたもの。 - - - - - [ ] - - - - 灘の日本酒作りで出るを使った汁料理。 - 出石皿そば (宝永3年) - - - - - 沿岸 瀬戸内海で漁獲されるを用いた。 - - - 地方 の肉を用いた鍋料理。 - 奈良県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - 奈良時代 - 1200年以上前に、の祭神の子孫狭井穀主が初めて作ったという伝説を持ち、全国ののである。 江戸時代の『日本山海名物図絵』で「大和三輪素麺、名物なり、細きこと糸の如く、白きこと雪の如し、ゆでてふとらず、余国より出づるそうめんの及ぶ所にあらず」と称えられた。 - - 江戸時代中期 流域、南部 から運ばれた塩鯖を薄くそぎ切りにし、酢飯に乗せて柿の葉で包み、押して寝かせた。 6月から10月にかけてに家ごとに作られるごちそう。 関西人の家庭には一家に一台たこ焼き器があるのと同様に、吉野びとの家庭には一家に一つ柿の葉寿司用の木桶があると言われる。 - 豆入り 奈良時代 - に炒りを入れて塩味で炊いた飯で、やので食されていたのが由来。 - - 奈良時代 - 跡地から「粕漬瓜」と記されたが発掘されている。 銘醸地奈良のから生まれる質のよいからつくられた粕漬けが名物となり、「奈良漬け」の名が全国に広まった。 - 飛鳥時代 - 鶏肉を牛乳で煮込む鍋。 - - - - 温かいで食べる。 - おかいさん 奈良時代 - の練行衆が、行の後の就寝前にとる夜食「ごぼ」が起源。 「大和の茶粥、京の白粥、河内の泥喰い」と言い、ほうじ茶で炊いたさらっとした粥である。 - ぼたん鍋、山おやじ鍋 - 山間部 に、、の、、を入れ、で。 - 寿司 釣瓶寿司 平安時代 流域 『』に描かれている。 『』には「大和国土産」として「鰷鮓(あゆのすし)」と記されている。 - - - と同様に作られるが、一つが大きく、葉を巻いたまま包丁で切り分けて食べる。 - 大福茶 - 江戸時代 - とを入れた。 - 大和の雑煮 室町時代 - をから取り出し、と絡めて食べる。 『多聞院日記』に「初献雑煮 二献豆の粉」の記述が見える。 - 田作り、ごまめ - - の幼魚を乾燥させたもの。 奈良県では「ひなご」と呼び、に欠かせない。 - ごぼうのはりはり 室町時代 - ごぼうを茹で、ごま醤油またはごま酢で味を付ける。 おせち料理の三つ肴の一つ。 『多聞院日記』の1478年正月に「タヽキ牛房」の記述が見える。 - 水引きなます - - との紅白にを刻んで入れたの定番のひとつ。 - - - - ごぼうを輪切りにしてと炊いたもの。 - の - - 、東部山間 のごちそうや、として食べる。 - さんま寿司、さえれ寿司 - のにした塩で作る姿寿司。 のごちそう。 - - 江戸時代 - の僧が創始したの始めにふるまわれるを使った。 の『寧府紀事』に「宝蔵院は昨日稽古はじめなるに古格にて狸汁を食するよし也 いにしへは真の狸にて稽古場に精進はなかりしが今はこんにゃく汁を狸汁とてくはするよし也」と記されている。 - ささげ粥、十夜粥 江戸時代 - 小豆またはささげ入りの粥。 の、粥占いの神事、お盆(ささげ粥)、十夜法要(小豆粥またはささげ粥)に食べる。 - の 菜っ葉との炊いたん - - 大和まなと薄揚げを味で炊いた。 に食べる風習がある。 - ミズナの辛子和え - - - を湯がいてでた。 に食べる風習がある。 - - - - 男の子の砂おろしと言われ、やなどに食べる。 - - - - 、、、などの具をとの出汁で煮て、と味噌などで味を付けた汁。 奈良市内の社寺の祭礼などで振る舞いや賄いとして作られることも多い。 - よもぎの餡付け餅 - - - の。 農家の春休み「れんぞ」に作って食べる。 - さぶらきご飯 ふき俵 - 東山中 炒りとを炊き、にして熱いうちにの葉で包む。 始めのでありになる。 - そらまめご飯 - - 東山中 田植えが終わるとそらまめご飯を炊いて豊作を祈る。 - 餅 半夏生餅、さなぶり餅 室町時代 が終わった(7月2日頃)に、とを同量で搗き、をつけて食べる。 - 七色の - - の料理の一つで、その時期に家でとれた初ものの、、、、、、葉、、、、などの中から七品のを選び、自家製の味噌とごまで和えて作り、お下がりをいただく。 - ささげご飯 - - - や出産のお祝いに食べる風習がある。 赤い豆とで炊いたご飯で、見た目はだがあっさりと食べられる。 - 刺し鯖 - 江戸時代 、 2匹の塩鯖を背開きにし、1匹の頭をもう1匹のえらに挿して連ねたの。 - との炊いたん - - - 茄子とを味で炊いた。 旧暦のに食べられた。 - の - - - 大和かしわのすき焼き。 秋祭りのごちそう。 - - 江戸時代中期 奈良盆地、大和高原 きつく握った酢飯の上にた塩を乗せ、竹の皮で包んで重しを乗せる。 秋祭りのごちそう。 『』には「大和国土産」として「鯖鮓(さばのすし)」(現今井町)と記されている。 - の - 江戸時代 のごちそう。 の秋祭りは別名「えそ祭」とも呼ばれる。 - の - 江戸時代 - 1823年(文政6年)に乙木村(現乙木町)の大百姓山本喜三郎が記した古文書『山本家百姓一切有近道』に「かきの白和え」を秋祭りに食べたことが記されている。 - くるみ餅 餅 - 北部 一晩水に漬けてをすりつぶしを加えて煮たで搗きたてのをくるむ。 の日に作る。 - いもぼた の - 中・南部 とを搗き込んだ。 の日に作る。 - 奈良のっぺ、ごんざ 平安時代 - 、、、、をで、とで味をつけたもの。 12月17日ののごちそう。 の農村ではに「ごんざ」と呼ばれる同様のを食べる。 また、十夜法要には「ごんざ」とともに「十夜粥」と呼ばれる小豆またはささげの粥を食べる。 - 小豆と南瓜のいとこねり - - とを炊いてで味をつけたもの。 では煮たものをすりつぶし、をつけて「いとこねり」にする。 に食べる。 - の - 江戸時代 - 入りの。 がたちに振る舞ったことが『寧府紀事』に記されている。 - - 室町時代 - 串に刺した、、など、四季折々のにを塗り、の端で焼いた。 にはの田楽「おおつごもり田楽」を食べる。 - しんこ しんこ団子、しんこ餅 奈良時代 奈良盆地北部 の流れをくみ、米粉を練って作った団子餅を縄状のねじった形にしたもの。 婚礼、祭礼、出産祝い、仏事に供えられ、お下がりが配られる。 作りたては砂糖を付けて、時間がたったものは焼いて醤油を付けたり、吸い物に入れたりして食べる。 - こんごり こうごり餅、こんぐり餅、子福利餅 江戸時代 - 粗く砕いたと、・をあわせ、男児の祝いの意を込めて作った伝統的な大和の餅菓子。 - - - 中曽司町 自家製の日干を茶臼で挽き、湯に少量の塩を加え、で泡立てるように混ぜて、「キリコ」と呼ぶを浮かべて食べる。 お寺での集会や来客時の接待として出された。 「茶の子」と呼ばれると一緒に供されるのが決まりであるという。 - ならあえ - - 急な仏事のもてなし料理として、保存しておいたと手近な材料のにんじん、こんにゃく、などに下味をつけ、と和えた。 - - - - を湯で溶かし、の搾り汁を加えた飲み物。 内には冬場のに飴湯の振る舞いをするが多い。 - の旨煮 - - - - - とう菜ずし、高菜ずし、芭蕉菜ずし - 南部 ので包んだ。 - - - - - - の - - - やのにを入れたもの。 - おみい おみ - - と入りの味噌雑炊。 - きりこ - - - 素焼きの小粒をでは「きりこ」と呼ぶ。 きりこをに浮かべてふやかして食べる。 や、などでもする。 - との和え - - - では「とはあいくち(相性がよい)」と言う。 ごま味噌和えやにもする。 - の炊いたん - 奈良時代 - 跡から「荒カツオ」と記されたが出土している。 海が遠く初がつおを味わえなかった頃の大和では、なまり節を季節野菜 、、、 やとにしたり、粗くほぐしてと共に生姜醤油で賞味した。 - 唐辛子とちりめんじゃこの炊いたん - - - とを炒めて味で炊いた。 や、などでも作る。 - かみなり茄子 - - - 茄子を油でいためて味噌味を付けた。 炒めるときの音が雷に似ているので。 - 高野粉の煮物 - - の寒冷な気候を利用して作られていたを切り分ける時に出る粉を無駄にせず、と一緒にで炊いた。 - の - - - 干し柿のへたと種を取り除き、天ぷらにしたもの。 - の - - ショウガの産地で受け継がれてきた家庭の味。 - 山芋のおとし汁 - - - 粘り気の強いをすりおろし、に落として固めた。 - しきしき しきしき焼き、じゅん焼き - - 水溶きのを鉄板で焼いた。 や刻み葱となど具を巻いて食べることもある。 - ケンペ焼 - - 三輪 水で戻したを練って薄焼きにし、を塗った。 - どや餅 - - - とを一緒に蒸してついたもので、粳米はつぶれずに残るので、表面に米の粒々が見え、ブツブツとした食感があって、普通の餅より歯切れが良い。 - きんごろう 奈良時代 - の根から作られるわらび粉を使って作られる。 奈良はわらび餅の原料であるわらび粉の名産地であった。 の好物だったと言われる。 - - 江戸時代中期 - 特産のを使って作る。 水で溶いたにを加えて火にかけ、透明感が出るまでよく練り、やを掛けて食べる。 - いもぼた いもおはぎ、いもにじり - 塩茹でしたじゃがいもとご飯を粗くにじり潰し、丸餅状にして焼いたおやつ。 - - 奈良時代 - や東大寺文書に「干柿」「串柿」の文字が多数現れる。 「味は大和のつるし柿」ということわざは、大和のつるし柿が他の産地のものに比べて特に味が良いことから、質が飛び切り上等であることの例えとして使われる。 - - - - - - - - - - 和歌山県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - - - - - - - - - 料理 - - 高野町 - [ ] - - - - - [ ] - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - [ ] - 料理 - - - - - - - - - - - 貴志川地区周辺 - - 料理 - - 周辺 クエ鍋など。 - 中国地方 [ ] 「」も参照 鳥取県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - 日本海の深海で漁獲されるの一種、タナカゲンゲを用いた鍋料理。 - - 周辺 - - - - - - - の甘酢漬け - - - ラッキョウはてんぷらなどにも用いられる。 [ ] - - - 青谷町夏泊 殻を剥いたを具として用いた。 - - - - - - の白煮 - - - - - - - 鳥取県中部 - - 、大山こわ飯 - 周辺 - - - - 大山町周辺 - - 料理 - - かに汁 など。 - - - - - - - - - の一種。 [ ] - あごちくわ - - あご(の地方名)の身を使用した。 - 島根県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - - - - - - - - - - - - - [ ] - 割り子蕎麦 - - - - - - - - - - - - - - - - - での漁獲が盛んでありの一つにも数えられる、を具にした味噌汁。 - - - - - - - - - - - - - - - - 鱸の奉書焼き - 江戸時代 宍道湖での漁獲が盛んでありの一つにも数えられる、をに包んで焼いたの一種。 伝説では地元漁師が食するのを見た松江藩主であるが所望し、漁師が献上する際に料理が汚れないよう気遣って奉書紙で包んだのが始まりといわれる。 - サザエカレー - 太平洋戦争後 離島である海士町において、獣肉が手に入りにくい時代にの具として地元特産ので代用したことが起源。 - 岡山県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 岡山寿司、 - - 卵や紅ショウガ、しいたけ、エビなどを酢飯に混ぜた、いろいろな具が入ったご飯 - 料理 - - - 、など。 - 料理 - - - - [ ] - 料理 - - 瀬戸内海沿岸 瀬戸内海で漁獲されるを用いた、や など。 ままかりとは「隣の家に飯(まま)を借りに行かなければならないほど食が進む」という意味合いのサッパの別目。 - の - - - - [ ] - - - エビなどを具にしたソース味の。 カレー屋の名物料理が家庭に広まり郷土料理として定着したものと言われている。 - - - - - [ ] - - - - - - - - [ ] - - - 沿岸 - [ ] - 鯛そうめん - 瀬戸内海沿岸 調理した鯛を盛り付けた。 祭事に供される。 - - - 邑久地区周辺 の代わりにを用いるのようなもの。 の合間に労をねぎらう為に出される。 [ ] - - - - - [ ] - ()料理 - - - - [ ] - - - - - - - - - - - 広島県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - - - - - - - - - - 江戸時代前期 周辺 庶民がぜいたくをしていると思われないよう、ごはんの下にごちそうをかくして食べたのが始まり - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 〜芸北周辺 - [ ] - - - - 、など。 - - - - - [ ] - - - 周辺 魚介類と海草を用いた鍋料理。 - - - - 調理した鯛を盛り付けた。 祭事に供される。 - - - 周辺 瀬戸内海で漁獲されるを用いた。 - - - - - [ ] - - - - - - - - 周辺 - - 漬 - - - - - - - 〜庄原市周辺 古語ではと呼ばれていたやを用いる料理。 - - - 呉市周辺 - [ ] - - 後 - 肉と野菜を小麦粉の生地で挟むように重ねて鉄板で焼き、ソースをかけて食べる料理。 大阪のものとは調理法に差異がある。 「」では郷土料理ではなくに分類されている。 - 山口県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 ふぐ料理 - 下関市他県下全域 で漁獲されるを用いた料理。 「ふく」は「福」とかけて縁起をかついだ呼称。 - - - - - ほうかむり - - を昆布で包み、巾着の形に縛った料理。 - - - - - - ちしゃもみ - - - - - - - - - 殿様寿司 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 岩国市 レンコンなど。 - 岩国茶粥 江戸時代 - - - 白寿司 - 吉部地区 鮮魚が手に入らない代わりに地元の米の味を生かした、具の入っていない寿司。 - - - - - - 四国地方 [ ] 「」も参照 徳島県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - - 地元産の海の幸山の幸7品目を賑やかに盛り付けた料理。 - そば米雑炊 - - - - - - - - - - - - の一種。 - - - - - - - - - たらいのように大きな飯盆に盛り皆で食べるうどん。 - 鳴門わかめ - - わかめ豆腐など。 - - - - - - 香川県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - - - [ ] - ぴっぴ - - しっぽくうどん、生醤油うどん、釜玉うどんなど。 - - - - 讃岐うどんをゆでずに、野菜、油揚げなどと煮込む鍋料理。 - しょい豆 - - を煎って醤油のたれに漬ける。 - - - - 餡を包んだ餅を入れた、白味噌仕立ての。 - - - - - - - - - - - - - - と具とうどんを鍋で煮る。 - まんばの炊いたん - - - - 愛媛県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - 南伊予地方 - - - - - - - 千斬切 初期と伝承 等で下味を付けたを、をまぶしで揚げた料理。 - 鯛そうめん - 沿岸 調理した鯛を盛り付けた。 祭事に供される。 - - - 愛媛県 - - - - 愛媛県 - - - - - 瀬戸内海で漁獲されるを用いた炊き込みご飯。 - - - - 湯を張ったたらいに盛り付けたうどん。 - - (寛永4年) - 色鮮やかな赤かぶの酢漬け。 - - 南予地方 にした魚を飯の上に盛った料理。 鯛を使ったものは宇和島鯛めしと呼ばれる。 - - - - 細切れにしたの身と皮を、ネギやと混ぜ合わせてで味付けしたもの。 - - - 宇和島市 - - - - - - - 北条風鯛めし - - 鯛を丸ごと一匹入れて炊き込んだ飯。 - 、佐妻汁 - 大洲市 - - - - 今治地域 - [ ] - - - - - [ ] - いずみや、ほうかんむり - - - - 高知県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - - - - 土佐造り - - - - - - - 山野に生えるを炒め物などにする。 - - - - を用いた唐揚げ、たたきなど。 - - - - - [ ] - しいたけの - - - - - どろめのにんにくぬた - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 高知県 - - - - - - [ ] - - - - - - - - - - 九州・沖縄地方 [ ] 「」も参照 福岡県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - 福岡市 やでだしを取りで食べる。 - - - 福岡市 スープ炊き、鍋物など。 - - - - - - - - 福岡市 の黒焼き。 - - - - - - 筑前煮 - - 鶏肉、こんにゃく、根菜類を用いる煮物。 - - - - - - - - - - - 料理 - - - 菜焼き、お浸し、吸い物、雑煮など。 - 料理 - - 大川市 塩焼き、煮付け、フライ、南蛮漬けなど。 - 糠みそ炊き じんだ煮 - 北九州市 - - 糠漬け - 北九州市 - - 料理 わけのしんのす、わけ - 柳川市 佐賀県南部にもある。 - の粕漬け 四山漬け - 大牟田市、柳川市 佐賀県南部にもある。 - 佐賀県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - - - - - - - - - 筑前煮 - 東部 福岡県と共通する。 [ ] - - - - カニの塩辛。 - の姿煮 - - - を姿煮にしたもの。 - 鮒の子ぐい、鮒の昆布巻き - - - - - - - で漁獲されるをにする。 - - - - - 松浦漬け - 呼子地区 - - - - - - - だんだらがい - 東部 小正月の料理。 福岡県でも食べる。 - おちゃがい - 嬉野市 - - 長崎県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - (文化10年) 海の幸や山の幸を加えた。 - - 年間 - 塩漬けにしたの魚卵を干したもの。 江戸時代に中国から伝来したものが長崎の珍味として知られるようになり、幕府にも献上された。 - しっぽくりょうり - - 大皿に盛られ円卓に並べられた和洋中の料理を皆で食べる宴会料理。 - - - - 食パンで挟んだエビのすり身を揚げたもの。 から伝来し家庭料理として広まった。 - 豚の角煮 - - - - - - - のシチューが変化した料理。 - - - - [ ] - - - - - [ ] - - - - を水で戻して成形した - - - - - [ ] - - (文明12年) - - - - - - [ ] - 五島手延べうどん 諸説あり 細麺ながらも強いコシを持ち、椿油を塗って熟成する、五島産のうどん。 - - - から長崎へと伝来し、日本独自に変化した菓子。 [ ] - 長崎ちゃんぽん (明治30年)頃 - 鶏がらと豚骨のスープに豚肉や魚介、野菜といった具が入る、ラーメンに類似した太麺の麺料理。 中華料理店で考案され庶民の味として広まったもので、郷土料理に分類される場合もある一方、「」ではこの料理を郷土料理ではなくに分類している。 - 長崎皿うどん (明治30年)頃 - をつけた鶏がらと豚骨のスープに、ちゃんぽん同様に豚肉や魚介、野菜といった具をからめて炒めた太麺(または揚げた細麺)の上にかける、焼きそばに類似した麺料理。 郷土料理に分類される場合もある一方、「」ではこの料理を郷土料理ではなくに分類している。 - - (昭和25年) アメリカ駐留軍兵士から伝わり広まった大振りの。 「」などはこの料理を郷土料理ではなくに分類しているが、佐世保の地域と歴史の中で生まれた郷土食であり町おこしを目的としたご当地グルメとは異なるという主張もある。 - 熊本県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 いきなりだご - - の。 - - - - 軽く茹でたをぐるぐるに巻き酢味噌などで食べる料理。 - - 年間 - - - の姿ずし - - 天草 - - - - - - - - - - を味噌漬けにする。 - - - - - [ ] - 、いきなり団子汁 - - 大分のと同様。 - タイピーエン - - 熊本では根強い人気のある。 「」では郷土料理ではなくに分類されている。 [ — ] - - - 周辺 - - 桜肉 - - 生の馬肉を生食する料理。 と和えたさくら納豆などもある。 - 大分県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 黄飯汁、クチナシ飯 - 周辺 - - - - 周辺 - - きらずまめし - 臼杵市周辺 のきらずまめしなど。 - ・の刺身 - - - - - 料理 - - 周辺 - - - - 、臼杵市周辺 - - 包丁汁 - - - - - - 周辺 - - - - 別府市、大分市周辺 衣をつけて揚げたの。 - - 初期 周辺 魚の頭や内臓を用いた料理。 - - - 周辺 のえらや内臓を用いた食材。 - - - 日田市周辺 の足を甘辛く煮た料理。 [ ] - 料理 - - 周辺 ハモちり、ハモしゃぶ、照り焼きなど。 - - - すった山芋、かまぼこ、しいたけなどの汁物。 - - - 白酒で塩魚を煮る料理。 - - - 、など - - - - 別府市周辺 - - - - 国東半島 - - - - 周辺 - - - 佐伯市周辺 - - 鯛茶漬け - 周辺 - - 埋味噌 - - ひめいち という白身魚の身を入れた焼き味噌。 - 天竺の酢の物 - - の酢の物。 - 宮崎県 [ ] 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 ひやじる - - - - - - - - [ ] - の炭火焼き - - - - - - - - - [ ] - 料理 - - - - [ ] - サラダ巻き (昭和41年) 具としてレタスやマヨネーズで味付けしたエビなどを巻いた。 宮崎市の寿司屋で考案され全国へと広まった。 [ — ] - 飫肥地方の - 日南市 魚のすり身に豆腐、黒砂糖を加え練り上げて、油で揚げたもの - - - 県南部(諸県地方) サツマイモを短冊状にしたものをにしたもの - - - - - - 宮崎市 - - - - 宮崎市 - - - - 沿岸部 の姿寿司 - - - 沿岸部 - - - - - - - ねったぼ、ねったくり - - 蒸したもち米に、蒸かしたサツマイモを加え搗き固めた餅 - - - 県南部(諸県地方) に漬けたを灰汁に漬けた竹皮で包み、灰汁で炊いて作った餅。 [ ] - 鹿児島県 [ ] 「」も参照 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 - - - イワシ科の魚であるを用いた料理。 で食べる、、、など。 煮干を出汁取りにも使う。 - - - - 白飯にをまぜ、魚や蛸の切り身、、かまぼこ、たけのこ、しいたけなどを乗せるちらし寿司。 - - - 周辺 - - - - - 鶏肉、大根、里芋などの味噌汁。 - - - - - [ ] - - - - - [ ] - つけあげ、つきあげ - - すり身にした魚を揚げた。 から全国に広まったとされるが、もともとはから伝わったなど、起源については諸説がある。 ではつきあげと呼ぶ。 - とんこつ - - の骨付き肉を大鍋で煮込んだ料理。 もともとは豚の骨を意味するの「わんふねぃ」。 - - - - - [ ] - ねりくり、ねったくり、ひっきゃげ - - - - - - - に漬けたを灰汁に漬けた竹皮で包み、灰汁で煮て作る。 - - - - やを生地に用いたスポンジ状の蒸し菓子。 - けいはん 1945年 飯に、錦糸卵などの具を盛り、丸鶏のをかける出汁風料理。 - あんばそうむぃん、そうむぃんすーき - じゃこ、豚肉、野菜を油で炒め、水を加えて出汁とし、茹でたを入れてからめる料理。 - - 奄美群島 の肉を使う味噌汁。 の刺身などと共に行事食となっている。 - 沖縄県 [ ] 「」も参照 料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要 出典 備考 アンダミス - - 「油味噌」の訛。 豚肉の脂、砂糖、味噌を熱して混ぜ合わせたもの。 [ ] - - - - - - - - - の汁物。 沖縄ではインスタントのものも売られている。 - - - - - - - - 「イタミ六条」、「イタミ六十」などと表記されるが、語源はと思われる。 豆腐を常温下で干して自然発酵させたもの。 [ ] - - - 「猪もどき」の訛り。 豚肉の白みそ汁。 すまし汁は。 [ ] - - - - の汁物。 - すば 明治中期 - に似た太く平たい麺(沖縄そば)を用いて、鰹、豚骨出汁で食べる麺料理。 具材に豚のあばら肉()を用いたものはソーキそば、ばら肉の煮物を用いたものは三枚肉そばと呼ばれる。 - - - - 「炒り煮」の訛り。 のクーブイリチー、のフーイリチーなど。 - 砂糖てんぷら - - - - ジューシーメー - - 「雑炊(めし)」の訛り。 炊き込みご飯を指し、汁気の多い雑炊はボロボロジューシーと云う。 のふーちばージューシー、いかすみジューシーなど。 - 汁 - - - - - 島寿司 - - - [ ] - - (昭和59年) - であるを飯の上に盛ったもの。 [ — ] - - - - 「ごちゃ混ぜ」を意味する言葉で、豆腐、鶏卵を加えた野菜炒めを指す。 ゴーヤー()を用いたゴーヤーチャンプルーが代表的。 - - 琉球王朝時代 - にとを加えて発酵、熟成させたもの。 - - - - 「泥沸かし」。 のペーストに肉や野菜を混ぜ込んだもの。 - トゥンダーブン - - 琉球王国の宮廷料理。 献立は様々。 - 中身の吸い物 - - 豚のを用いた吸い物。 - - - - - - - - - 「暖鍋」。 中国由来の鍋料理で、角切りにした大根、揚げ豆腐、昆布、にんじん、こんにゃくなどを用いる。 - ヒージャー汁 ヤギ汁 - - ぶつ切りにしたの肉や内臓などを塩で煮込んだ汁。 - - - 「平焼き」。 に似た料理。 - - - - - [ ] - - - - - [ ] - - - - 「耳皮」。 豚の耳の部位を使用した料理。 - - - - 豚ロース肉をゴマだれに漬けて蒸した料理。 - - - に似るが、丸い麺を用い、刻んだ肉の煮物を具にする。 - - - - 豚ばら肉の大きな塊を柔らかく煮込んだ。 - - - - 「蒸し(煮)」。 や豆腐など水分を多く含む食材を、煮汁を加えずに蒸し煮にしたもの。 - 代表的な郷土料理の画像 [ ]• 全国料理研究会柊会編『日本の郷土料理』(1974年)のまえがきは「郷土料理は、海の幸、山の幸に恵まれたそれぞれの地方で、材料・気候風土の特徴を十二分に生かした、日本人の食生活の知恵の結晶」と説明。 向笠千恵子監修『郷土料理大図鑑』(2008年)は「郷土料理は、農山漁村のくらしのなかでうまれ育ち、その地域の伝統的な調理法で受け継がれ、現在もふるさとの味として食べられている料理」と説明。 歌志内市ホームページ. 歌志内市. 2010年5月14日閲覧。 函館公式観光情報 はこぶら. 2016年10月31日閲覧。 「」『』• 「」『』• 「」『』• 青森のうまいものたち. 青森県農林水産部総合販売戦略課. 2010年5月28日閲覧。 青森県総合情報サイト. 青森県商工会連合会. 2010年5月28日閲覧。 「」『』• 」『こむぎ粉くらぶ』• 「」『』• 100• 「」『』• 「」『』• 「」『』• 「」(毎日新聞 2009年1月27日)• 「」『』• 「」『』• 「」『』• 」『こむぎ粉くらぶ』• 才本淳子 2010年3月18日. 朝刊 栃木版13版 : p. 35面. 2010年5月15日閲覧。 「」『』• 郷土料理百選• 加須の歴史• 2007年8月12日, at the. 全国のうどん名産地• うどん処• 「」『』• 「」『』• いっしょに作ろう! 新潟の味 ふるさと なるほど レシピ. 新潟市農林水産部 食と花の推進課. 2010年5月30日閲覧。 産業振興部観光交流課観光班. 柏崎市ウェブサイト. 2010年7月15日閲覧。 教育関係情報 新潟県の郷土料理. 新潟県立教育センター. 2010年7月15日閲覧。 食の陣実行委員会. にいがた食の陣公式サイト. 2010年8月6日閲覧。 産業振興部観光交流課観光班. 柏崎市ウェブサイト. 2010年7月11日閲覧。 阿賀町役場 企画観光課. 阿賀町ウェブサイト. 2010年8月6日閲覧。 「」『』• YOMIURI ONLINE 読売新聞社. 2006年5月13日. 2010年5月9日閲覧。 日本うま味調味料協会. 2013年7月21日閲覧。 能美市市民協働まちづくりセンター「のみにこ」• 「」『』• ホームページ• 農林水産省ホームページ• 「」『』• 」『こむぎ粉くらぶ』• 『ふるさと佐久地方の食文化佐久の味』信州佐久いわんだ逸品会2006年11月17日発行全37頁中3頁• 信州佐久いわんだ逸品会『いわんだ逸品会味と技佐久ホテル鯉料理』2004年8月発行全23頁中7頁• 『飲食産業新聞』飲食産業新聞社2000年3月15日発行8面• 佐久市農村生活マイスターの会『』佐久市農村生活マイスターの会、2013年、21ページ。 佐久市志編纂委員会編纂『佐久市志 民俗編 上』佐久市志刊行会、1990年、463ページ。 「」『』• 「」『』• 「」『』• 「伊東駅 伊豆鮮魚商 まるたか 朝獲れ地魚をメインにした海鮮を楽しめる居酒屋」. 2017年2月4日放送. 2019年7月1日時点のよりアーカイブ。 2019年7月1日閲覧。 「」産業労働部観光コンベンション課• 海女桶(木桶)に入った手こね寿司を指して呼称する。 三重県尾鷲農林水産商工環境事務所. 2010年5月9日閲覧。 観光三重. 三重県観光連盟. 2010年5月9日閲覧。 三重県農業技術情報システム. 三重県. 2011年8月27日閲覧。 建設省中部地方建設局木曽川下流工事事務所. 2 1992年7月. 2011年8月27日閲覧。 田中マリ子 2014年8月29日. DoChubu. 特定非営利活動法人ドゥチュウブ. 2019年7月1日時点のよりアーカイブ。 2019年7月1日閲覧。 2019年4月12日時点のよりアーカイブ。 2019年4月12日閲覧。 フナ汁• 「」『』• 「」『』• 「」『』• 「」『』• 「」『』• 大塚武松、藤井甚太郎 共編 『川路聖謨文書 第三』 日本史籍協会、1933年7月25日、5頁。 一箭順三 『』 、2015年4月号。 大塚武松、藤井甚太郎 共編 『川路聖謨文書 第四』 日本史籍協会、1933年10月25日、33頁。 奈良県農業技術センター 『大和の新郷土料理』 奈良県、2001年。 民俗資料解説図録『食をめぐる民俗 アイ(間)とトッキョリ(時折)』 、2005年9月17日、3頁。 奈良の食文化研究会 『出会い 大和の味』 、2007年7月1日、。 大塚武松、藤井甚太郎 共編 『川路聖謨文書 第二』 日本史籍協会、1933年4月20日、435頁。 『ええ古都なら』(インターネット・アーカイブ) 2015年7月17日。 生駒市、2015年8月19日。 奈良県庁、2016年12月3日閲覧。 冨岡典子 『大和の食文化』 奈良新聞社、2005年9月25日、95頁、。 民俗資料解説図録『食をめぐる民俗 アイ(間)とトッキョリ(時折)』 、2005年9月17日、21頁。 奈良県教育委員会、2010年、3頁。 『世界遺産 春日大社』 春日大社、2017年8月14日閲覧。 奈良県教育委員会 『おいしさ発見!ふるさと奈良レシピ-その42-』 奈良県公式ホームページ()、2015年7月13日。 奈良の総合情報サイト「奈良っこ」(インターネット・アーカイブ)、2011年12月25日。 奈良文化財研究所史料研究室 奈良文化財研究所 特別企画展、2009年10月20日-11月29日。 奈良市東部地域おこし協力隊、2016年。 『農山漁村の郷土料理百選』、農林水産省、2007年。 三輪そうめん山本企画広報室編『そうめん』第1集、三輪そうめん山本、1977年。 杉山高世(奈良県農業総合センター) 『奈良新聞』 2012年1月15日。 奈良県教育委員会、2010年、10頁。 『謎解きクルーズ』 日本経済新聞、2015年3月28日。 『奈良新聞』 2010年6月29日。 『観光情報TOPICS』 天川村役場ホームページ(インターネット・アーカイブ)、2012年8月7日。 『全国郷土料理全集』 2017年8月14日閲覧。 「」『』• - ぐるたび• - 2007年8月18日 Exciteニュース• 「」『』• 「」『』• 宇部日報社. 2009年7月10日. 2010年5月10日閲覧。 2013年8月22日閲覧• 2013年8月22日閲覧• 2013年8月22日閲覧• 「」『』• 、pp. 75-78、196-202• 35-36• 「」『』• 、pp. 40-44、192-196• 、pp. 50-55• 、pp. 102-103• 、pp. 121-123• 、pp. 150-154• 、pp. 94-95• 、pp. 113-115• 「」『』• 119-120• 「」『』• 板津直快「コシで勝負 長崎 五島うどん 熱々の手延べ細麺 アゴだし汁、引き立てる」日本経済新聞2006年11月11日付夕刊、7ページ• 『うどん大全 うどん打ちの奥義、うどんの魅力を知る。 』旭屋出版編集部 編、旭屋出版、2006年2月14日、90頁。 木下健児 2009年6月17日. 2010年5月26日閲覧。 河原一郎 2015年2月11日. 2015年2月11日閲覧。 「」『』• 「」『』• 「」『』• 「」『』• 藤井つゆ、「油ぞうめん(又はうどん)」『シマヌジュウリ 奄美の食べものと料理法』p180、1980年、鹿児島、道のシマ社• 久留ひろみ、濱田百合子、「喜界島の郷土料理」『奄美の食と文化』pp168-169、2012年、鹿児島、南日本新聞社、• 「」『』• 「」『』• 「」『』• 「」『』 参考文献 [ ]• 向笠千恵子監修『郷土料理大図鑑』PHP研究所、2008年。 中山美鈴『ふるさとの食卓』葦書房、2001年。 岡田哲著『食文化入門』東京堂出版、2003年。 こぐれひでこ『こぐれひでこの発見!郷土食』NHK出版、2004年。 , 観光navi, , 2010年5月26日閲覧。 , ぐるなび観光・出張お助けナビ, , 2007 , 2010年5月26日閲覧。 , 今週の節約レシピ, ナノ・メディア , 2010年5月30日閲覧。 , こむぎ粉くらぶ, , 2010年5月30日閲覧。 , 財団法人農村開発企画委員会, 2007 , 2010年5月11日閲覧。 楠喜久枝『福岡県の郷土料理』、、1984年10月15日、第1版第2刷。 関連項目 [ ]•

次の

『山賊おむすびの発祥はここ??? ・・・って勝手にきめてます。。。 というくらい、山賊おむすびは大きく...』by しおりべ : 山賊鍋 田川店

山賊鍋 発祥

なんと、「全国からあげグランプリ」で3年連続金賞を獲得するほどの名店中の名店! 名店の味が、駅ナカの店舗で味わえるなんて、なんて贅沢なんでしょう! photo by• 【HP】• 【住所】長野県松本市深志1-1-1 MIDORI松本店 4F• 【アクセス】JR篠ノ井線「松本」駅の駅ビルMIDORI 4F 松本駅から52m• 11 on Jan 9, 2019 at 11:40pm PST 山賊焼き、食べてみたいけど豪快すぎてちょっと手が出せない、というあなたに朗報! こちらの店舗では、オシャレに盛り付けられた小盛の山賊焼きが、プレート飯で味わえちゃうんです! 山賊焼きに挑戦したいけど、気が引けるあなたも、オシャレに盛り付けられた山賊焼きなら、食べやすいのでは!? 【HP】• 【住所】長野県松本市中央4-7-16• 【アクセス】松本駅から徒歩18分 松本駅お城口乗り場より、市内周遊バス「タウンスニーカー」東コースにて5分「薬祖神社」下車すぐ。 とはいえ、昔からの山賊焼きが味わえるというところで、新たな世界観を堪能できるかも!? 【住所】長野県塩尻市宗賀桔梗ケ原71-52• 【アクセス】塩尻駅から977m• 【住所】長野県安曇野市豊科光2052-1• 【アクセス】・長野自動車道豊科I. 車10分 ・JR篠ノ井線田沢駅 車2分 ・田沢駅から1,524m•

次の