あてにする 漢字。 肴

あてにする 漢字

「肴」という漢字をみると美味しいお酒と美味しい料理の様子を思い描かく人も多いでしょう。 「肴」という漢字の読み方は「さかな」となり、お酒に合う料理という意味があります。 「肴」と「魚」という漢字はなぜ同じ読み方なのか、お酒の席で出てくる「つまみ」や「あて」との違いは何なのでしょうか。 今回は「肴」という言葉に注目して、さまざまな意味や言葉・読み方の違いをご紹介いたします。 肴の読み方 「肴」という漢字は、訓読みでは聞きなれた「さかな」、音読みでは「コウ」という読み方となります。 「肴」を使った熟語には「佳肴」という言葉があり、読み方は「かこう」と読みます。 「佳肴」とは「おいしい料理」という意味があります。 「残肴」は「ざんこう」と読み、食べ残したお酒の席の料理という意味があります。 肴の意味 「肴(さかな)」とは、お酒を飲むときに添える食べ物を意味します。 お酒に合う食べ物のため、味が濃いものが多い傾向にあります。 「さかな」の読み方から、刺身や魚料理を指すイメージがありますが、お酒に合うものであれば魚以外でも「肴」となります。 また食べ物以外でも、お酒を飲むときに添えて楽しむということで、おしゃべりや噂話、余興なども「肴」という意味があり、読み方は「さかな」となります。 肴の使い方例文5つとつまみ/あて 「肴を準備する」という言葉は、「明日の酒の肴の準備をしよう」のように使用します。 この場合、「肴」の読み方は「さかな」で、お酒に合う食べ物という意味になります。 たとえば、ビールであれば枝豆や乾き物、ワインであればチーズやオリーブなどが挙げられます。 ホームパーティーなど、自宅で数名が集まりお酒を飲む前日などに、おつまみを準備しておこうという時に使用するフレーズです。 例文2:いい肴が手に入った 「いい肴が手に入った」という言葉は、いいおつまみが手に入ったという意味です。 この場合の「肴」はおつまみの中でも少し豪華な食べ物を表わす場合が多い傾向にあります。 たとえば、日本酒に合う鯛を友人からもらった人が「いい肴が入ったから、明日うちで飲もう」のように使用します。 「いい肴」は高価なものに限らず、お酒に特に合う食べ物を入手した場合に使用します。 例文3:肴をもらった 「肴をもらった」という表現の場合も「肴」の読み方は「さかな」となります。 お酒のおつまみとなるような食べ物を誰かからもらったという意味になります。 「昨日友人からワインの肴になるキャビアをもらった」のように使用します、お酒に合う食べ物であればどんな食べ物でも構いません。 お酒の肴になるものをもらったら親しい友人を集めてホームパーティーするのもおすすめです。 例文4:何か肴になるもの 「何か肴になるもの」という表現の場合も「肴」の読み方「さかな」となります。 「何か肴になるもの」とは、何かお酒に合う食べ物という意味となります。 たとえば、仕事帰りに立ち寄った居酒屋で「何か肴になるものある?」という質問をした場合、お店の人は「ビールの肴であれば、枝豆やタコワサなどが比較的早くお出しできます」のような会話となります。 また友人宅に行った際におつまみが欲しいときなどにも使えるフレーズです。 例文5:桜を肴に 春になると楽しみの1つとなるのが「お花見」です。 4月頃になると桜が咲き始め、さまざまな場所でお花見を楽しむことができます。 「桜を肴に1杯やりましょう」とは、桜を楽しみながら皆で飲みましょうという意味です。 この場合の「肴」は「さかな」という読み方で、食べ物以外でもお酒を楽しくしてくれるものに対して使用することができます。 室内もいいですが、たまに屋外でお酒を楽しむのも雰囲気が変わるのでおすすめです。 例文6:歌を肴に 幼馴染や親しい友人とは会話を楽しみながらお酒を楽しむことが多い傾向にありますが、会話以外のことをしながらお酒を楽しむ場合もあります。 たとえば、ビリヤードやダーツなどのゲームをしながら楽しむこともあれば、スポーツ観戦をしながら楽しむ場合もあります。 「歌を肴にお酒を楽しむ」場合は、カラオケなどを楽しみながら一緒に飲もうという意味です。 この場合も「肴」の読み方は「さかな」となります。 つまみとは お酒の席で食べるものに「おつまみ」がありますが、厳密にこれは「肴」で、これは「おつまみ」という区別はありません。 「おつまみ」「つまみ」はお酒の席で「つまんで食べられるもの」という意味からきています。 このため、「つまみ」というと素手で食べられるものを表すことが多く、「肴」は料理され箸でいただくというイメージがあります。 つまみの漢字 「つまみ」を漢字で書くと「摘み」と表記されます。 ですが、居酒屋などで「おつまみ」というとほとんどの場合がひらがなで書かれています。 「摘み」の「摘」とは何かをつまむ際に使われる言葉で、焼き鳥やサキイカなどの簡単につまめる食べ物のことを「つまみ」といいます。 ちなみに「肴」と書いて「つまみ」という読み方をする場合もあまります。 あて お酒の席に出てくる料理に「あて」という言葉もあります。 「あて」は、近畿地方で使われる言葉で「つまみ」や「肴」と同じ意味の言葉です。 「あて」という言い方は、お酒の席に「あてがう」料理と言う意味からきていて、「あて」も「肴」との厳密な違いはありません。 「あて」は、比較的簡単な料理(飲み屋のお通しなど)や珍味など、日本酒や焼酎に合う料理のことを表していることが多いです。 あての漢字 「肴」を「あて」という読み方をする場合もありますが、「あて」を漢字で使うことはほとんどありません。 「あて」を漢字で表すると「宛て」となりますが、ひらがなやカタカナで表現するのが一般的です。 「あて」という言葉は近畿地方の方言の1つなので、どこでも通じる言葉ではありません。 お酒を飲む方であれば知っている方もいる言葉ですが、「おつまみ」という言葉の方が一般的に使われます。 お酒好きには「おつまみギフトセット」がおすすめ お酒に合う食べ物という意味がある「肴」ですが、「肴」はお酒の種類によっても合う食べ物の種類が異なります。 ビールには「枝豆」、ワインには「チーズ」や「オリーブ」といったように、お酒に合わせた定番の「肴」というものが存在します。 親しい仲間たちで集まってお酒を飲む場合は、お酒と肴をセットで持ち込むと喜ばれるでしょう。 では定番の肴をお酒の種類別にご紹介していきましょう。 ビールに合う肴 ビールに合う「肴」といえば、代表的な食べ物の1つが「枝豆」です。 他にも焼き鳥、から揚げも人気の定番メニューです。 ビール=ドイツのイメージもあり、ウインナー・ソーセージとの相性も抜群です。 また定食屋や中華屋、ラーメン屋などでは「餃子」も人気があります。 フライドポテトやスナック菓子などは、ファミリーレストランやカラオケボックスなどで気軽に準備できる食べ物として好まれています。 ワインに合う肴 洋酒の中でも人気が高いお酒の1つが「ウィスキー」です。 ウィスキーの定番の肴とは、ナッツ類、チョコレートなどが定番といえるでしょう。 またスモークサーモンやスモークチーズといったスモーク系の食べ物とも相性がいいお酒です。 ウィスキーも種類によって味や風合いが異なるので、お酒の味に合わせた肴を選ぶようにしましょう。 焼酎に合う肴 焼酎全般の肴としては、鶏のささみや焼き鳥などが定番とされています。 焼酎は焼酎が作られた場所や土地に合わせた食べ物がよく合う傾向にあります。 鹿児島の薩摩焼酎とさつま揚げ、沖縄の焼酎というべき存在の泡盛と島らっきょう、熊本県の麦焼酎には辛子レンコンなどです。 焼酎には原料が芋・米・麦との違いもあります。 原料の違いや焼酎がどこでできたのかを考えながら肴を選ぶという焼酎ならではの楽しみ方があります。 肴の意味を知り、お酒を楽しもう 「肴」は「さかな」という読み方以外にも、「おつまみ」「あて」という読み方をする場合があり、お酒に合う食べ物という意味があります。 お酒の「肴」には、お酒の種類によっておすすめのメニューが異なります。 お酒の席に差し入れなどをする場合は、飲むお酒に合わせた「肴」を持っていくと喜ばれることでしょう。 肴で酒席を盛り上げよう 「さかな」という読み方をする「肴」には、食べ物以外にもお酒と一緒に楽しむものという意味があります。 親しい友人や仲間同士でお酒を楽しむ場合は、季節にあった「肴」を持参し、昔の話を肴に飲むのもいいでしょう。 「肴」には「さかな」「おつまみ」「あて」などのさまざまな読み方があります。 意味や使い方を理解した上で、上手に言葉を使いこなしましょう。

次の

肴の読み方と意味・例文6つ・定番の肴・つまみ/あての漢字

あてにする 漢字

おつまみ 日本におけるになどのように、酒類に応じて一定の組み合わせの食品が好まれることが多い。 に、になどが有名な組み合わせである。 日本酒を飲む際には、一の縁に塩を盛り、肴とすることもある。 つまみとして、肴向きに考案された食品・料理もある。 にはやといった酒とともに楽しむ料理がある。 日本では西洋風のおつまみを指して「オードブル」と呼ぶことがあるが、本来は前菜を意味し、必ずしも肴として食前酒などと共に供されることを意図しない。 肴は酒と一緒に出すための料理であるが、安価な料理というわけではなくや、やと言った料理や手間がかかる料理を出すこともある。 医学的には、食品を酒とともに摂取することは、飲酒の悪影響を軽減するために効果がある。 空腹の状態での飲酒は急激に酔いが進むため健康によくないが、良質のたんぱく質を同時に摂取することで、の吸収が緩やかになるとされる。 飲酒のペースを緩やかにすることも利点である。 によれば、枝豆やにはアルコールの分解を助ける成分が含まれているという。 他方で、などの油の多い食品は、肴としてあまり好ましくないという。 生物 なまもの ・焼き物・煮物・揚げ物・乾き物等、多種多様であり、素材も野菜類、魚介類、肉類、穀類(蕎麦がき)など多種多様にわたる。 (など)を使用する事もある。 食品以外の肴 [ ] その酒席に参加している者が楽める事柄であれば何でも肴となる。 酒席で提供される娯楽となるものが、食品以外の肴である。 酒の余興として演じられる出しものを指す言葉として、、、肴舞といった言葉がある。 他人の噂話をして酒席を盛り上げることを指して「酒の肴にする」ともいう。 は外国人を料亭に連れていくと最後に「そろそろお食事にしましょうか」と聞かれることで外国人はびっくりするという(女将にとってはご飯と香の物と味噌汁のセットの意味なのだが)。 そこから「日本の料理は、ごはんと味噌汁が出てくるまではすべて酒の肴である」という。 脚注 [ ] [].

次の

当て字の名前一覧!後悔しないために知っておきたいルールや禁止事項は?

あてにする 漢字

「肴」という漢字をみると美味しいお酒と美味しい料理の様子を思い描かく人も多いでしょう。 「肴」という漢字の読み方は「さかな」となり、お酒に合う料理という意味があります。 「肴」と「魚」という漢字はなぜ同じ読み方なのか、お酒の席で出てくる「つまみ」や「あて」との違いは何なのでしょうか。 今回は「肴」という言葉に注目して、さまざまな意味や言葉・読み方の違いをご紹介いたします。 肴の読み方 「肴」という漢字は、訓読みでは聞きなれた「さかな」、音読みでは「コウ」という読み方となります。 「肴」を使った熟語には「佳肴」という言葉があり、読み方は「かこう」と読みます。 「佳肴」とは「おいしい料理」という意味があります。 「残肴」は「ざんこう」と読み、食べ残したお酒の席の料理という意味があります。 肴の意味 「肴(さかな)」とは、お酒を飲むときに添える食べ物を意味します。 お酒に合う食べ物のため、味が濃いものが多い傾向にあります。 「さかな」の読み方から、刺身や魚料理を指すイメージがありますが、お酒に合うものであれば魚以外でも「肴」となります。 また食べ物以外でも、お酒を飲むときに添えて楽しむということで、おしゃべりや噂話、余興なども「肴」という意味があり、読み方は「さかな」となります。 肴の使い方例文5つとつまみ/あて 「肴を準備する」という言葉は、「明日の酒の肴の準備をしよう」のように使用します。 この場合、「肴」の読み方は「さかな」で、お酒に合う食べ物という意味になります。 たとえば、ビールであれば枝豆や乾き物、ワインであればチーズやオリーブなどが挙げられます。 ホームパーティーなど、自宅で数名が集まりお酒を飲む前日などに、おつまみを準備しておこうという時に使用するフレーズです。 例文2:いい肴が手に入った 「いい肴が手に入った」という言葉は、いいおつまみが手に入ったという意味です。 この場合の「肴」はおつまみの中でも少し豪華な食べ物を表わす場合が多い傾向にあります。 たとえば、日本酒に合う鯛を友人からもらった人が「いい肴が入ったから、明日うちで飲もう」のように使用します。 「いい肴」は高価なものに限らず、お酒に特に合う食べ物を入手した場合に使用します。 例文3:肴をもらった 「肴をもらった」という表現の場合も「肴」の読み方は「さかな」となります。 お酒のおつまみとなるような食べ物を誰かからもらったという意味になります。 「昨日友人からワインの肴になるキャビアをもらった」のように使用します、お酒に合う食べ物であればどんな食べ物でも構いません。 お酒の肴になるものをもらったら親しい友人を集めてホームパーティーするのもおすすめです。 例文4:何か肴になるもの 「何か肴になるもの」という表現の場合も「肴」の読み方「さかな」となります。 「何か肴になるもの」とは、何かお酒に合う食べ物という意味となります。 たとえば、仕事帰りに立ち寄った居酒屋で「何か肴になるものある?」という質問をした場合、お店の人は「ビールの肴であれば、枝豆やタコワサなどが比較的早くお出しできます」のような会話となります。 また友人宅に行った際におつまみが欲しいときなどにも使えるフレーズです。 例文5:桜を肴に 春になると楽しみの1つとなるのが「お花見」です。 4月頃になると桜が咲き始め、さまざまな場所でお花見を楽しむことができます。 「桜を肴に1杯やりましょう」とは、桜を楽しみながら皆で飲みましょうという意味です。 この場合の「肴」は「さかな」という読み方で、食べ物以外でもお酒を楽しくしてくれるものに対して使用することができます。 室内もいいですが、たまに屋外でお酒を楽しむのも雰囲気が変わるのでおすすめです。 例文6:歌を肴に 幼馴染や親しい友人とは会話を楽しみながらお酒を楽しむことが多い傾向にありますが、会話以外のことをしながらお酒を楽しむ場合もあります。 たとえば、ビリヤードやダーツなどのゲームをしながら楽しむこともあれば、スポーツ観戦をしながら楽しむ場合もあります。 「歌を肴にお酒を楽しむ」場合は、カラオケなどを楽しみながら一緒に飲もうという意味です。 この場合も「肴」の読み方は「さかな」となります。 つまみとは お酒の席で食べるものに「おつまみ」がありますが、厳密にこれは「肴」で、これは「おつまみ」という区別はありません。 「おつまみ」「つまみ」はお酒の席で「つまんで食べられるもの」という意味からきています。 このため、「つまみ」というと素手で食べられるものを表すことが多く、「肴」は料理され箸でいただくというイメージがあります。 つまみの漢字 「つまみ」を漢字で書くと「摘み」と表記されます。 ですが、居酒屋などで「おつまみ」というとほとんどの場合がひらがなで書かれています。 「摘み」の「摘」とは何かをつまむ際に使われる言葉で、焼き鳥やサキイカなどの簡単につまめる食べ物のことを「つまみ」といいます。 ちなみに「肴」と書いて「つまみ」という読み方をする場合もあまります。 あて お酒の席に出てくる料理に「あて」という言葉もあります。 「あて」は、近畿地方で使われる言葉で「つまみ」や「肴」と同じ意味の言葉です。 「あて」という言い方は、お酒の席に「あてがう」料理と言う意味からきていて、「あて」も「肴」との厳密な違いはありません。 「あて」は、比較的簡単な料理(飲み屋のお通しなど)や珍味など、日本酒や焼酎に合う料理のことを表していることが多いです。 あての漢字 「肴」を「あて」という読み方をする場合もありますが、「あて」を漢字で使うことはほとんどありません。 「あて」を漢字で表すると「宛て」となりますが、ひらがなやカタカナで表現するのが一般的です。 「あて」という言葉は近畿地方の方言の1つなので、どこでも通じる言葉ではありません。 お酒を飲む方であれば知っている方もいる言葉ですが、「おつまみ」という言葉の方が一般的に使われます。 お酒好きには「おつまみギフトセット」がおすすめ お酒に合う食べ物という意味がある「肴」ですが、「肴」はお酒の種類によっても合う食べ物の種類が異なります。 ビールには「枝豆」、ワインには「チーズ」や「オリーブ」といったように、お酒に合わせた定番の「肴」というものが存在します。 親しい仲間たちで集まってお酒を飲む場合は、お酒と肴をセットで持ち込むと喜ばれるでしょう。 では定番の肴をお酒の種類別にご紹介していきましょう。 ビールに合う肴 ビールに合う「肴」といえば、代表的な食べ物の1つが「枝豆」です。 他にも焼き鳥、から揚げも人気の定番メニューです。 ビール=ドイツのイメージもあり、ウインナー・ソーセージとの相性も抜群です。 また定食屋や中華屋、ラーメン屋などでは「餃子」も人気があります。 フライドポテトやスナック菓子などは、ファミリーレストランやカラオケボックスなどで気軽に準備できる食べ物として好まれています。 ワインに合う肴 洋酒の中でも人気が高いお酒の1つが「ウィスキー」です。 ウィスキーの定番の肴とは、ナッツ類、チョコレートなどが定番といえるでしょう。 またスモークサーモンやスモークチーズといったスモーク系の食べ物とも相性がいいお酒です。 ウィスキーも種類によって味や風合いが異なるので、お酒の味に合わせた肴を選ぶようにしましょう。 焼酎に合う肴 焼酎全般の肴としては、鶏のささみや焼き鳥などが定番とされています。 焼酎は焼酎が作られた場所や土地に合わせた食べ物がよく合う傾向にあります。 鹿児島の薩摩焼酎とさつま揚げ、沖縄の焼酎というべき存在の泡盛と島らっきょう、熊本県の麦焼酎には辛子レンコンなどです。 焼酎には原料が芋・米・麦との違いもあります。 原料の違いや焼酎がどこでできたのかを考えながら肴を選ぶという焼酎ならではの楽しみ方があります。 肴の意味を知り、お酒を楽しもう 「肴」は「さかな」という読み方以外にも、「おつまみ」「あて」という読み方をする場合があり、お酒に合う食べ物という意味があります。 お酒の「肴」には、お酒の種類によっておすすめのメニューが異なります。 お酒の席に差し入れなどをする場合は、飲むお酒に合わせた「肴」を持っていくと喜ばれることでしょう。 肴で酒席を盛り上げよう 「さかな」という読み方をする「肴」には、食べ物以外にもお酒と一緒に楽しむものという意味があります。 親しい友人や仲間同士でお酒を楽しむ場合は、季節にあった「肴」を持参し、昔の話を肴に飲むのもいいでしょう。 「肴」には「さかな」「おつまみ」「あて」などのさまざまな読み方があります。 意味や使い方を理解した上で、上手に言葉を使いこなしましょう。

次の