牛乳石鹸 青 ニキビ。 【牛乳石鹸】思春期にニキビで悩んでいた私を救ってくれた石鹸と洗顔の方法をまとめてみた

牛乳がニキビの原因?知られざる真実に驚愕!?

牛乳石鹸 青 ニキビ

・スクワラン・・・保湿効果、新陳代謝促進効果、古い角質を剥がすピーリング効果、肌を柔らかくする効果、アクネ菌を抑えニキビを予防する効果 ニキビに効くのは赤箱?それとも青箱? 結論から申し上げますと、牛乳石鹸の赤箱と青箱はどちらも保湿成分が多く、添加物を極力押さえたシンプルな石鹸に仕上がっているので、両方ともニキビ肌や敏感肌との相性抜群です。 ただ、同じニキビでも 脂性肌が原因になっている場合は、さっぱりした洗い上がりの 青箱が向いています。 一方、 乾燥によるニキビに悩まされている方は、スクワランたっぷりの 赤箱が最適なので、肌質によって選びましょう。 暑い季節はどうしても汗の量も増えるため、夏場だけ青箱を使っている方も少なくありません。 初期のニキビなら洗顔だけで治る・・・かも? カウブランドの牛乳石鹸は石鹸素地で作られている本当にシンプルな固形石鹸で、余計な添加物をできるだけ使っていないのが特徴です。 ほど良い洗浄力で毛穴の奥の汚れまで洗い流すことができるので、初期のニキビや毛穴詰まりなら、牛乳石鹸で洗顔するだけでも治すことも可能です。 ニキビ痕ができるほどニキビトラブルをこじらせないためにも、 1日2回の洗顔で皮脂や角質を丁寧に取り除きましょう。 添加物の多くは皮膚に不要な刺激を与え、皮膚障害を引き起こすきっかけになります。 「シンプル イズ ベスト」を代表する牛乳石鹸でお手入れして、ニキビを寄せつけにくい肌環境を整えることが大切です。 香りで選ぶ方も・・・ ニキビなど肌トラブルがない場合は、洗い上がりや香りの違いで選ぶのもおすすめです。 あらい洗い上がりがさっぱりしているのは、ジャスミンの香りの青箱。 しっとりした洗い上がりを求める方は青箱を選びましょう。 青箱の方がローズの香りです。 ジャスミンの香り(青箱)・・・嗅ぐだけで幸せホルモンが分泌され、気持ちが自然に前向きになります。 ストレス緩和に効く香りとしても有名。 ローズの香り(赤箱)・・・女性ホルモンの分泌を促す香りで、美肌効果も抜群。 ターンオーバーが遅れがちな方にもおすすめ。 脳をリラックスさせる鎮静効果も発揮するため、ストレスや不眠にも効果的です。 100円より安い?赤箱と青箱はプチプラの先駆け 赤箱と青箱の牛乳石鹸と言えば、カウブランドのロングセラー石鹸。 プチプラコスメのパイオニアで、現在でも1個約100円で購入することができます。 また、あまり知られていませんが、赤箱の歴史の方が古く、昭和3年に赤箱が発売されてから21年後に青箱が発売されています。 つまり、青箱は69年目、赤箱は90年目を迎える老舗中の老舗石鹸ということ。 品質の良さ、リーズナブルな価格・・・魅力多い石鹸だからこそ、長年売れ続けているのでしょう。 サイズはレギュラーサイズの他、125gタイプとバスサイズも展開されています。

次の

牛乳石鹸で洗顔!どんな効果?ニキビに効く?

牛乳石鹸 青 ニキビ

その理由としては、ニキビ肌のタイプの人は皮脂分泌が過剰なパターンが多いですよね。 過剰な皮脂を常在菌であるアクネ菌が食べて、分解することが肌の炎症の原因になります。 そのため、ニキビを予防するには適切なスキンケアが肝心となってくるわけですね。 そして、ニキビ肌のスキンケアは3つのポイントが重要です。 ポイント1. 清潔にする 肌を清潔に保つのが最初のポイントです。 ここをおろそかにすると意味がありません。 ポイント2. 適度な保湿 自分の肌タイプに適した保湿を心がけましょう。 乾燥肌ならしっとり、脂性肌ならさっぱりというイメージですね。 ポイント3. UVカット 紫外線から守りましょう。 スキンケアの基本は保湿とUVカットです。 これは米国皮膚科学会で紹介されている方法にも載っています。 気になる方はこちらから見れます。 最初に青箱がおすすめと言ったんですが、実際には人によります。 脂性肌ならさっぱりタイプの青箱の利用がおすすめです。 ただ、乾燥肌の方でニキビがよく出る方は赤箱の方がいいかも知れませんね。 でもそれだけではありませんね。 洗顔後の洗い上がりが違います。 赤箱がしっとりした仕上がりなのに対して、青箱はさっぱりとした洗い上がりに なっています。 泡立ちも赤箱と青箱では違います。 赤箱がクリーミィなのに対して、青箱はソフトな泡立ちとなっています。 どうして、そういった違いが生まれるかと言えば、配合成分が違うからです。 牛乳石鹸の名前の通り、赤箱、青箱はともにミルク成分は配合されています。 赤箱にはさらにスクワラン(保湿成分)が配合されています。 そのため、赤箱の方が保湿力が高いというわけですね。 成分的にはそういった形で違います。 そしてプラスアルファですが、香りも違います。 赤箱がローズ風、青箱はジャスミン風となっています。 パッケージ 赤箱 青箱 洗い上がり しっとりすべすべのなめらか美肌に洗い上げます。 洗顔にも使えます。 さっぱりすべすべ肌に洗い上げます。 泡立ち ゆたかでクリーミィな泡立ち。 ゆたかでソフトな泡立ち。 うるおい成分 ミルク成分(乳脂:お肌の保護成分)とスクワラン(うるおい成分)配合。 ミルク成分(乳脂:お肌の保護成分)配合。 香り やさしいローズ調の花の香り。 さわやかなジャスミン調の花の香り。 発売開始時期 1928(昭和3)年~ (92年目) 1949(昭和24)年~ (71年目) 赤ちゃんにも使えるやさしい成分 皮膚科でも勧められるという噂の牛乳石鹸ですが、 よくよく調べてみると牛乳石鹸がおすすめというわけでもないようです。 牛乳石鹸がハズれない理由として、固形石鹸ということで泡立てる際に成分が薄まる。 余計な成分が入っていないということで乳幼児にも利用できるようです。 固形石鹸だと使いづらさはありますが、安心感とは代えられませんね。 赤ちゃんにも使えて、コスパもよし牛乳石鹸の汎用性には目を見張りますね。 さすが、安心安全の100年近い実績ですね。 一応原材料はこちらです。 カウブランド 赤箱全成分 カウブランド 青箱全成分 成分名 成分名 石ケン素地 石ケン素地 香料 香料 乳脂(牛乳) 乳脂(牛乳) スクワラン 水 水 ステアリン酸 ステアリン酸 酸化チタン 酸化チタン EDTA-4Na EDTA-4Na.

次の

赤箱(牛乳石鹸)女子が急増中!青箱との絶妙な違いもチェック!

牛乳石鹸 青 ニキビ

しかし、実際に洗顔で牛乳石鹸を使うようになって5、6年が経ちますが、牛乳石鹸を洗顔で使っていても、肌荒れはほとんどありません。 洗顔フォームや化粧品によってはニキビや肌荒れ、アレルギー反応を起こしてしまう敏感肌です。 基本的に固形石鹸が好きなので値段や成分などチェックしますが、 牛乳石鹸ほどのコストパフォーマンスがいい石鹸は正直無い! というわけで、今回は牛乳石鹸は洗顔に使っていいの?っていう疑問や、赤箱と青箱の成分や匂い違いなど素朴な疑問を探っていきたいと思います! さらに、牛乳石鹸はニキビや肌荒れ、美白や美肌効果があるのかも探っていきましょう! もくじ• 牛乳石鹸の赤箱と青箱の成分の違い! 牛乳石鹸には赤箱と青箱があるのはご存知でしょうか? 牛乳石鹸の赤箱と青箱の成分の違いはどこにあるのか探ってみましょう! 牛乳石鹸の赤箱の成分 クリーミィな泡が、 しっとりと洗い上げます。 新鮮なミルクからつくったミルク成分(ミルクバター:保湿成分) スクワラン(うるおい成分)配合。 新鮮なミルクからつくったミルク成分(ミルクバター:保湿成分)配合。 赤箱よりもさっぱり洗い上げてくれるところが特徴と言えそうですね。 牛乳石鹸青箱3個パック238円〜 牛乳石鹸の白箱? 牛乳石鹸の白箱の噂は都市伝説みたいなもののようですね(笑) 牛乳石鹸のカウブランドの商品には無いとのことです。 牛乳石鹸の無添加石鹸もある! 『無添加石けん』着色料・香料・防腐剤・品質安定剤無添加です。 ただ、中には 香料や品質安定剤などに敏感な人もいるので、そういった人には、「カウブランド無添加石けん」がおすすめかもしれませんね! 無添加石けん 3個パック290円〜 ちなみに、赤箱と青箱は無添加ではなく、牛脂、やし油、水、食塩、苛性ソーダの5種類の原料から作られています。 さて、赤箱と青箱の成分の違いは解かりましたが、毎日使う石鹸は匂いもとっても大切ですよね! 次は、赤箱と青箱の匂いは違いがあるのか探っていきましょう。 牛乳石鹸の赤箱と青箱の匂いの違い! さて、牛乳石鹸の赤箱と青箱は匂いはどう違うのでしょうか? 私は赤箱と青箱の両方を使ったことがありますが、両方とも邪魔にならない位の匂いの強さですので、気分によって使い分けてもいいですね! 牛乳石鹸の赤箱の匂い ローズ系の豊かな匂いです。 牛乳石鹸の青箱の匂い ジャスミン系の爽やかな匂いです。 どちらも優しい匂いなので気にせず使えますね。 ところで、牛乳石鹸はカラダ用じゃないの?顔に使っていいの? 疑問が浮かんで当たり前です。 私もそう思ってましたから(笑) そもそも牛乳石鹸は洗顔に使っていいの?使うなら赤箱?青箱? 牛乳石鹸に関わらず、昔からある固形石鹸はカラダを洗うものって思い込んでいませんでしたか? ちょっとだけ思い出してみてください。 カラダ用と洗顔フォームと分け始めたのは、小学生の高学年から中学生くらいの年頃で、ちょうど色気付いてきた時だった気がしませんか? 牛乳石鹸はカラダ用?洗顔用? 牛乳石鹸の公式サイトには、体用や顔用の表記は無いようです。 そもそもが、年頃になって洗顔用とカラダ用って思い込んでいただけなのかもしれませんね。 同じ肌なんだから、 お肌に優しいものなら髪以外全身に使ってもいいんですね! 髪以外と書いたのは、頭皮にはいいかもしれませんが、 髪の毛自体に石鹸カスが残りやすくなるようで、牛乳石鹸の公式サイトでもおすすめはしてないようです。 洗顔におすすめは赤箱?青箱? 私は乾燥肌なので赤箱が好きです! 私が使い始めた頃はまだ関東には青箱しか売ってなかったので青箱を使ってましたが、赤箱を使い始めてからはずっと赤箱です。 ニキビ肌の人にも大丈夫なのか探っていきましょう! 牛乳石鹸はニキビ肌に使っていい? 答えはOKです。 ニキビの原因は脂分だけでは無いのだけれど、ありがちなのが オイリー肌と思っている人って必要な脂分まで洗いすぎてしまうことが原因になてることも。 洗顔をしすぎると、脂分以外にも、お肌の水分も持っていってしまうんです。 水分のない肌は炎症を起こしやすくなります。 洗顔しすぎると、乾燥してるのに脂っこいという、まさしくお肌にとっては、よろしく無い状態に。 そうなるとニキビができやすくなってしまうわけ。 牛乳石鹸は低刺激なので、優しく洗い上げてくれる上にちゃんと保湿もしてくれるので、ニキビの炎症はひどくはならないと言えそうです。 これを機に今使ってる化粧品を見直してみるのもいいかもしれませんね! でも、人によっては合わない人もいるので、様子をみながら使ってみてね。 牛乳石鹸の赤箱や青箱には界面活性剤は入ってる? 界面活性剤と聞くとよくないものに聞こえますが、一概には言えないんですね。 牛乳石鹸に使われている界面活性剤は石油系のものではなく、 天然成分の界面活性剤なので肌に優しいと言えます。 牛乳石鹸の赤箱や青箱はアルカリ性なの? 牛乳石鹸は赤箱も青箱も 弱アルカリ性です。 ほとんどの洗顔料やボディーソープなどでうたいもんくのように「弱酸性」という言葉を目にしますね。 それは肌には弱酸性がいいということですよね? 簡単にいうと、肌は弱酸性に保たれることで、肌の健康が守られる仕組みになっているからです。 肌は弱酸性に保たれ、さらにいわゆる常在菌によって守られている状態が安全で幸せというわけなのです。 牛乳石鹸が弱アルカリ性なのはちゃんとお肌にいい理由があるんです。 アルカリ性の石鹸は唯一肌に界面活性剤を残さないのです!! では、なぜ牛乳石鹸は弱アルカリ性の石鹸なのでしょう。 アルカリ性の石鹸は唯一肌に界面活性剤を残さないのです! 界面活性剤を肌に残さず、角質を優しく剥がし、お肌のサイクルを促します。 その彼女が使っていたのは牛乳石鹸の赤箱でした。 お肌の綺麗な子が牛乳石鹸を使っているという時点で試して見る価値があるのに、さらに 値段も安いときたら、牛乳石鹸を使わない手はないですよね! 牛乳石鹸は赤箱も青箱も人気 赤箱も青箱も愛用者が多いようですが、口コミサイトでも保湿効果や潤い効果のある赤箱の人気が高いようですね! 一昔前はニキビの原因が、皮脂だと思われていたのもあるかもしれませんね。 最近では 『肌は保湿力が肝心』と言われています。 ニキビの原因はお肌の保湿力が無いため(いわゆる肌が乾燥してる状態)肌が外部からの刺激で炎症を起こしたり、傷つきやすくなってしまうんです。 もちろん皮脂も保湿された肌をコーティングしてくれるという、とても大切な役割があるので、洗浄力が強すぎたり、洗い流しすぎてはいけないんですね。 牛乳石鹸の赤箱と青箱の洗い上がりの違いを実感してみてください! 『牛乳石鹸の赤箱と青箱の成分や匂いの違い!ニキビ肌に合う洗顔はどっち?』まとめ 朝一でお肌の調子がいいと、一日中気分がいいですよね? 牛乳石鹸を調べながら、お肌の調子によってテンションが上がり下がりする感覚って、女性特有であって、男性にはわからないかもしれないなーと思いながら書いていました。 一晩寝れば元に戻ったお肌も、歳を重ねると復活するまでに時間がかかるし。。。 (汗) 毎日の洗顔はお金をかければいいってもんじゃ無い!! というわけで、牛乳石鹸の赤箱と青箱で洗顔をシンプルにしてみるのもいいかもしれませんね。 ではまた。

次の