事件 ファイル 24 時。 million-koshien.kayac.com: 密着!アメリカ警察24時: ショーン・ラーキン, スコット・プレストン: generic

[B!] 来月スイスで安楽死してくる予定だけど質問ある? : 事件ファイル24時

事件 ファイル 24 時

日本でも警察官への同行取材したドキュメントシリーズが人気ですが、やはりアメリカでもこういうシリーズは大人気。 特に銃社会、訴訟社会のため、警察官が身に付けているボディカム 小型カメラ の映像は、ものすごい緊迫感です。 警察がこういう映像を公開して、自分達の仕事を国民に知らせる努力をしているのもアメリカ的で面白い! また、それをホンモノの警察官がノリノリで司会しちゃうとか、「PIT」という、車で体当たりして逃走車を止めるテクニック等も、アメリカ的で新鮮! 酔っ払いへの対応でさえ、いつ銃撃戦になるか分からないアメリカの警察官の苦労がしのばれます。 無駄な演出やBGMも少なく、ドライな感じが好感が持てます。 内容によっては、被疑者の顔が丸出しだったり、日本の地上波ではちょっとそのまま放映出来なそうな過激なコンテンツですが、Amazonプライムはこういうものが見れて有難い! これはなかなか面白い番組です。 アマゾンさん、セカンドシーズン願いします。 にしても、、、 まー、どいつもこいつもノーミソ逝ってるヤツばかりが、 よくもまぁこれだけ出てくるもんですな。 しかも容疑者はプロレスラーみたいな体格ばかり。 ヤツラ、盗人猛々しいという言葉がピッタリで、 外見はいかにもって感じ。 職質かけられて素直に応じるヤツ一人もいねぇし、 ハナから私は犯罪者ですって言ってるようなもんだ。 こんなの日本の警官だったら全く歯が立たないよね。 しかも一見、閑静な住宅地って感じのど真ん中で普通に銃撃戦。 まさに命懸け。 ホント、ポリスの皆さまご苦労さんです。 と言うか、これがアメリカなんだろうな。 銃規制支持してる人いるけど、 そもそもノーミソ逝ってるヤツらがこんなに居たら、 銃規制してもムリなんじゃないかな。 逆に私は自衛のために銃がなきゃコワくて住めない。

次の

事件ファイル|名探偵コナン

事件 ファイル 24 時

2020年6月6日(土)放送 第R101話 「蘭も倒れたバスルーム(前編)(デジタルリマスター)」 コナンと蘭は妃英理と待ち合わせした神奈川のマンションのロビーで世良と偶然会う。 世良は大学生の北尾留海(きたおるみ)から彼氏の摂津健哉(せつつけんや)の浮気調査を依頼され、ロビーにいる2人を監視していた。 留海と摂津は半年前から交際。 留海はプレイボーイの摂津が元カノの橋谷和香(はしたにわか)と切れていないと疑っていた。 この後、打ち合わせが長引いていると英理から連絡があり、蘭とコナンは暇になる。 すると世良は潜入捜査のため、留海たちとランチを食べてほしいと蘭に頼む。 この日、留海と摂津は和香、友人の加賀充昭(かがみつあき)とランチを予定していて、蘭は留海の妹と同級生という話題から留海、摂津と合流する事に成功する。 その直後、和香と朝5時まで飲んでいた加賀がロビーに現れる。 和香のこのマンションにある部屋で寝ている可能性が高く、留海が和香の様子を見に行く事に。 すると、摂津は返しそびれていた合鍵を和香に渡してと留海に頼む。 和香の彼氏だった摂津を奪った形の留海。 摂津は2人が揉める事を恐れ、一緒に行ってほしいと蘭にお願いする。 留海と蘭は和香の部屋の呼び鈴を鳴らすが応答はなし。 留海は和香を起こすため、摂津から預かった合鍵でドアを開けて部屋へ入る。 その時、留海の携帯に着信があり、留海は酔うと変な所で寝るクセがある和香を捜して欲しいと蘭に頼む。 蘭は寝室を探した後、シャワーの音に気付いて湯気が立ち込めたバスルームへ。 そこではバスタオルを巻いた和香が倒れていて、蘭は和香を起こそうとして意識を失う。 この後、コナンに起こされた蘭。 留海はバスルームで和香、蘭を見つけた後、自分も気を失ったと説明。 摂津は戻ってこない留海たちを心配して管理人に鍵を開けてもらい、倒れた3人を発見したという。 留海は部屋に入った後に鍵をかけてしまったのだ。 神奈川県警の横溝重悟警部によれば、バスルームには麻酔薬のクロロホルムが充満。 顔全体にパックをした状態の和香は頭を殴られて殺害されていた。 横溝はパックをとって和香の顔を確認。 和香はウインクしているように左目だけ閉じていた。 コナンは右目の目尻にあるマスカラが流れた痕が気になる。 留海が部屋に入る時に電話をかけてきたのは摂津。 リビングにある摂津の腕時計を持ってきてほしいという要件だった。 入室後、留海は左側のリビング、蘭は右側の寝室へ行ったという。 横溝は寝ていた時に和香は殺害されたと推理する。 合鍵を持っていた摂津、酔い潰れた和香から鍵を盗めた加賀、半年前までこの部屋でルームシェアしていた留海…。 横溝は犯行後にドアを閉める事ができた3人を容疑者と考える。 だが、世良は和香を殺害できたのは直前にロビーに現れた加賀と30分前にトイレに行って席を外した摂津だけだと断言。 世良はここに来るまで自分と一緒にいた留海に犯行は不可能と考えるが…。

次の

『法医学教室の事件ファイル24』(2007年2月)あらすじ&ネタバレ 名取裕子VS星野真里

事件 ファイル 24 時

心霊スポット行方不明事件 事件の概要 1996年5月5日、富山県氷見市在住の、少女2人が家族に「肝試しに行く」と告げて乗用車で外出。 そのまま行方が分からなくなった。 行万不明になっているのは、氷見市内の会社員A子さんと元スーパー店員B子さんの二人。 当時はいずれも十九歳で、同市内の県立高校同級生である。 これまでの県警、氷見、魚津署の調べによると、二人は、1996年5月5日午後九時頃、 家族に「魚津へ肝試しに行く」と告げて、B子さんの車で氷見市を出発した。 途中、やはり若者のたまり場所となっている新湊市の海王丸パークに立ち寄り、友人に会っている。 さらに同日午後十時過ぎ、二人が乗ったB子さんの車が、富山市と滑川市の市境の国道八号線を魚津へ向かって走っているのが、確認されている。 その後二人から、友人のポケットベルに、「今魚津市にいる」というメッセージが入ったが、ここで消息はばたりと途絶えた。 「肝試し」「魚津」というキーワードから、二人が向かおうとしたのは、魚津市中心地から約10キロ程入った山間地の、 同市坪野にある元ホテル坪野鉱泉旅館跡(敷地約3300平方メートル、八階建て)と見られ、 富山県警察は、交通事故、さらに事件の両面から捜査。 しかし、現在まで2人の行方は掴めてない。 その後、新潟少女監禁事件の発覚を受け、2000年(平成12年)に富山県警が当事件の捜査について、 再確認を行ったことが『北日本新聞』で報じられている。 失踪時の行方不明者の情報 県警などによると、不明となっている二人の特徴は以下の通りである。 当日の服装は、白のブラウス、黒地に白の縦じまのミニスカート、黒のカジュアルシューズ姿。 当時は黒のTシャツにうぐいす色の綿パン、黒の革靴姿で、髪を茶色に染めていた。 ナンバーは、「富山50 そ 14-02」 坪野鉱泉旅館跡 坪野鉱泉(つぼのこうせん)は、富山県魚津市の富山県道67号宇奈月大沢野線付近にあった鉱泉旅館で1982年に倒産。 魚津市の史跡である坪野城址跡の裏にある。 建物は残っているものの、現在は荒れ放題で、若者の間では「幽霊が出る」と騒がれ、数年前、週刊誌にも取り上げられた。 このため、週末になると県内、さらに石川、福井、新潟、岐阜県から暴走族らが集まってくる。 地元民からは、治安上、不安視する声が出ている場所だ。 2003年7月刊行の『最新 日本の心霊恐怖スポット100』に記載されているほか、 2007年刊行の『ニッポンの廃墟』では北陸随一の肝試しスポットに挙げられている。 二人の失そうを機に、地元では環境や治安悪化の懸念が強まり、施設の取り壊しを求める声が出ているが、その後の利用法に妙案はない。 「提訴も辞さない」という地元の反発に、現所有者は市に寄付を申し出たが、市は「ビルの取り壊し費用だけでもばかにならない」 と二の足を踏んでいる。 かつてはスキー場開発話もあった同地区。 暴走族らのたまり場と化した同ホテル跡も、バブル崩壊のつめ跡として放置されている。 元ホテル坪野跡は、敷地約三千三百平方メートル。 建物は鉄骨八階建てだが、約十五年前に倒産。 経営者は行方不明となり、 九〇年十一月、冨山市内の会社経営者が競売にかけられた同ホテル跡の土地と建物を約三千五百万円で落札した。 一九八〇年代後半まで、近くではスキー場建設などのリゾート開発の話もあり、ある程度、利用価値も見込まれた。 しかし、バブル崩壊で開発話は頓挫、倒産時から敷地と建物は野ざらし状態が続く。 間もなく、深夜に若者たちがたむろするようになり、窓ガラスは無残に割られ、落書きとガラスの破片で、室内も荒れ放題だ。 週末ごとに暴走族が押し掛け、深夜、ビルの屋上に上り爆竹や花火を鳴らして、騒ぎ立てるようになった。 車と猛スピードですれ違ってゆく彼らの車に、地元住民は恐怖感を募らせる。 このほか、自宅に止めていた車が盗まれた、元ホテル跡地にあったお宮が燃やされたなどの届け出さえある。 魚津署桃山公園前交番が検問を実施するなどしているが、トラブルは後を絶たない。 元ホテル跡がある魚津市坪野地区(三十四世帯 では昨年八月、地区役員会を開き、元ホテル坪野跡地問題を審議。 その結果、現所有者に早急に地元との話し合いに着くよう要請した。 また、地元市議が同市に対策を申し入れている。 これに対し現所有者は同月中旬、市役所を訪れ、敷地と建物を「市に寄付したい」と申し入れた。 しかし、建物は建築基準に合わないばかりか、解体費用だけでも、二千五百万円以上かかり、市は断っている。 現所有者は民間人にも譲渡を希望しているというが、同ホテル跡は魚津市中心部から約十キロの山中。 周辺は、山沿いの水田で、目立った観光施設もなく、リゾート開発話が消えた現段階では引き取り手はない。 一部で、民間のリサイクル施設にしたいとする話が浮上しているが、流動的だ。 これまでの調べで、二人は、不明となる昨年五月五日以前にも一度、同ホテル跡を訪れている。 このため、不明となった昨年五月五日も、同ホテル跡を目指していたと見られる。 その日、スーパー店員のB子さんは、勤め先で懐中電灯の電池を購入。 アルバイト店員に「今晩、肝試しに行こう」と誘ったが、断られ、A子さんに電話している。 同日深夜、「今魚津市にいる」というメッセージを友人のポケットベルに送った二人。 その後の足取りは、何も分かっていない。

次の